Zwl12qgknurrdp1hleft

山形

CATEGORY | 山形

【2019年最新】定番からおすすめまで!銀山温泉のお土産4選〜雑貨も〜

2019.02.21

大正ロマンあふれる温泉街、銀山温泉のお土産選びに何を買えばいいか迷いませんか?銀山温泉には、定番人気のお土産がたくさんありますが、その中から選ぶのは大変ですよね。これから銀山温泉へ行く人に、お菓子から雑貨まで、おすすめのお土産を厳選してご紹介します。

目次

  1. 銀山温泉の定番お土産~雑貨もおすすめ~①めいゆう庵 「銀山まんじゅう」
  2. 銀山温泉の定番お土産~雑貨もおすすめ~②もとなり本舗 「すいか糖」
  3. 銀山温泉の定番お土産~雑貨もおすすめ~③おみやげの店江戸屋「吊るし雛」
  4. 銀山温泉の定番お土産~雑貨もおすすめ~④尾花沢農産加工「すいかの子っこ」
  5. 銀山温泉のお土産はこれで決まり!
Hnqnc8mposnfilwqjpex
引用: https://www.instagram.com/p/BtNBKysBs9f/

銀山温泉と言えば、蒸かしたての銀山温泉名物「銀山まんじゅう」があります。この銀山まんじゅうには茶色いおまんじゅうと黒いおまんじゅうの2種類があります。どちらのおまんじゅうも、甘い栗を刻んだものと、上品な粒あんを包み込んでいます。

J5ewrtxs0ykomnguuue1
引用: https://www.instagram.com/p/Bn3VCl9n3aJ/

黒いおまんじゅうは生地の中に竹炭を練り込んでいます。見た目に驚くかもしれませんが、菓子処“めいゆう庵”のこだわりで、さらにおいしく風味が増しているのでとてもおすすめです。ぜひご賞味ください。

主な取り扱い店

<めいゆう庵>
住所 / 山形県尾花沢市大字新畑438-2、銀山大正ろまん館
TEL / 237-28-2588
営業時間 / 8:00~18:00
定休日 / 不定休

Pxzu7lqjqhjuooklrjfd
引用: https://www.instagram.com/p/BYcT3_3gnf-/

「すいか糖」とは、あの夏に食べるすいかを煮詰めて濃縮した糖の事です。銀山温泉周辺の地域では、すいかの名産地として知られています。そのため夏以外にも「すいか糖」専用のすいかも栽培され、このように瓶詰にして販売さ入れています。

Image31
引用: http://www5c.biglobe.ne.jp/~kobatti/12/IMAGE31.gif

「すいか糖」の使い方はさまざまで、料理の隠し味に使ってみたり、食パンなどジャムのように付けて食べてみたり、クラッカーのお菓子などをディップして食べたりいろいろできます。何よりもすいかの成分であるカリウムがとても豊富なので、むくみ防止として女性に人気の商品です。

主な取り扱い店

<江戸屋>
住所 / 山形県尾花沢市銀山新畑410
TEL / 0237-28-2038
営業時間 / 8:00~21:00
定休日 / 不定休

Mjwb0jzrbbydvwsty3l4
引用: https://www.instagram.com/p/BuFE2lxFdWs/

赤いポストが目印のおみやげの店江戸屋では、猫グッズをはじめ、猫キャラがいっぱいのグッズがたくさんあります。オーナーさんが猫好きだからと言う理由ではなく、猫が縁起物であり、福を呼ぶ招き猫などを主に取り揃えています。この銀山温泉へ訪れてきた人に、福を呼ぶという心意気も含まれています。

K3xgiumsqctpohv9b7xy
引用: https://www.instagram.com/p/BuGfSP2lf_8/

猫のグッズのみならず、江戸時代から伝わる民芸品で、銀山温泉の縁起ものとして「吊るし雛」がお土産として買う人が多いです。吊るし雛は、吊るされている小さな人形や小物が、手触りの良いちりめん素材を使用して作られおり、近くで見ると銀山温泉情緒あふれる雰囲気をより感じることができます。お守り代わりに持ち歩くのもいいですよ。

1 / 2