Bislyvpkp69o4rxhibsd

神奈川

CATEGORY | 神奈川

江ノ島女子旅【神奈川】まるまる一日楽しむ充実の日帰りプランは?

2018.06.07

「久々に友達と休みが1日だけ重なった!」「どこかへ日帰りで女子旅したいってことになったけど、どこがいいかな?」とお悩みのあなたへ!パワースポットとしても人気の江ノ島はいかがでしょうか?今回は、日帰りで楽しめちゃう江ノ島の魅力&女子旅プランをご紹介します。

  1. 女子旅にも人気!江ノ島とは?
  2. 江ノ島行くなら、江ノ電で気分を上げよう!
  3. 女子旅で楽しめる!江ノ島日帰りプラン!
  4. 1日楽しむなら「eno=pass」でお得な女子旅を!
  5. 江ノ島女子旅☆まとめ☆
Pmhdpfm7csu9j1jd5zhm
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/499983?title=%E6%B1%9F%E3%81%AE%E5%B3%B6%E3%81%A8%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1
神奈川県藤沢市の湘南海岸に浮かんでいるのが、江ノ島。小さい島ではありますが、神社や水族館、絶景ポイント、歴史を感じさせる参道沿いのお土産屋さんなど見どころがたくさん詰まっていて、観光でもデートスポットとしても楽しめます。パワースポットもあり、恋愛成就をお願いするため、女子旅でも人気スポットなのです!
江ノ島への都心からのアクセス方法は、小田急、湘南モノレールなどがありますが、一番おすすめはやっぱり江ノ電!藤沢駅からは約11分の距離です。おなじみの緑と黄色の車体に揺られ、沿線上の景色をのんびり楽しんでいると、レトロな雰囲気をかもし出す駅舎に到着。旅の始まりにぴったり!
様々な観光スポットがある江の島ですが、その中でも、特に女子旅でおすすめスポットを日帰りでまわれるプランをご紹介します!

1.弁財天仲見世通り

まずは、江ノ島駅から弁天橋を渡って江ノ島へ入ります。青銅の鳥居を抜けると、お土産や食べ物などのお店がたくさん並んでいる弁財天仲見世通りです。
パリパリのアイスもなかやお団子、たこせんべいなどで軽く腹ごしらえをしながら、歩くのはいかがですか?土産物屋も多く、色々見ながらゆっくり歩いて通るだけでも十分楽しめますよ。

2.江島神社(辺津宮)

江島神社は、江ノ島にある3つの宮を総称した呼び名で、パワースポットとしても人気の神社です。その1つ、田寸津比賣命を祀る辺津宮には「むすびの樹」と呼ばれる、幹が二つで根が一つになったご神木があります。良縁を招くといわれていて、ピンクのハートが描かれた良縁成就の「むすび絵馬」に願いを書いてみてはいかがですか?

3.江ノ島神社(中津宮)

次に、市寸島比賣命を祀る中津宮。「美しい弁財天さまにあやかり、綺麗になりたい!」という女子必見のスポットです。美人・美肌・美しい恋などの "美" にご利益があり、弁財天さまの羽衣をイメージした中津宮独自のピンクのマークがあるなど、とても可愛い女子向け神社です。

4.江の島サムエル・コッキング苑

明治時代のイギリス人貿易商サムエル・コッキング氏に由来した植物園です。和洋折衷で四季折々の様々な花や植物が植えられ、訪れる人を楽しませてくれます。また、文化遺産でもあるサムエル・コッキング氏が造ったレンガ造りの温室遺構が今も残っていて見所の1つです。

5.江の島シーキャンドル(展望灯台)

湘南のシンボルとして親しまれる江の島シーキャンドルは、サムエル・コッキング苑の中にある、高さ59.8メートルの展望灯台です。
屋内・屋外にある360度の展望室から湘南の大パノラマを楽しめ、天気が良いときは東京スカイツリーを見ることもできます。夕方から夜にかけては、展望台に明かりがつき、イルミネーションもとってもきれいですよ。

ランチ:LONCAFE 江ノ島本店

ゆっくり歩いてまわっていると、そろそろランチの時間!美味しいフレンチトーストはいかがですか?
シーキャンドルど同じく、江の島サムエル・コッキング苑内にある「LONCAFE」は、日本初のフレンチトースト専門店です。豊富な種類のフレンチトーストは、見た目も可愛く、インスタ映え間違いなしです!天気がいい日は、ぜひテラス席へ!ゆっくりと海を見ながら食べるフレンチトーストは、美味しさ倍増です。

6.江島神社(奥津宮)

江島神社の3つ目の宮は、多紀理比賣命を祀る奥津宮です。三姉妹の一番上の姉神は、海を守る神様と言われていています。拝殿天井には「八方睨みの亀」が描かれていて、どの方向から見ても睨まれているように感じますので、ぜひ試してみてくださいね。

7.江の島岩屋

長い歳月を経て波の浸食でできた岩屋で、第一岩屋と第二岩屋があります。弘法大師や源頼朝も信仰の地として訪れたといわれています。入り口でろうそくを受け取って、いざ洞内へ!照明や音響で演出された洞内は、少し不気味な感じもしますが、様々な展示物から歴史や文化を学ぶことができます。

8.稚児ヶ淵

波の浸食によってできた岩場ですが、ここから眺める夕陽の美しさから、かながわの景勝50選にも選ばれました。江ノ島の入り口と反対方向に位置し、遊覧船べんてん丸の乗り場もあるので、歩いて入り口まで戻るのが辛い、時間がないという場合は、ここから遊覧船で弁天橋のたもとまで戻ることもできますよ。所要時間は10分ほどです。
小さな島ではありますが、観光スポットも多く、とにかく坂や階段がたくさんある江の島。
なるべく多くのスポットをまわりたい、階段を上りたくない、時間を短縮したいと考えている方にお勧めなのが、江ノ島の1dayパスポート「eno=pass」です!このパスで、江ノ島エスカーという有料エスカレーターを利用することができるため、通常のぼるのに約20分かかる階段も、4分ほどでのぼることができます!
江ノ島エスカー(上り専用)が利用でき、人気スポットの江ノ島サムエル・コッキング苑、江ノ島シーキャンドル、江ノ島岩屋に1日何度でも出入り自由。お土産品の割り引きなどもあります。
【大人】1,000円 【小人】500円
Ynja6pwu9frlkwg0ukqn
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1336302?title=%E5%A4%A7%E7%AC%91%E3%81%84%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7%E9%81%945
いかがでしたでしょうか。都心からも約1時間で行くことができ、日帰りで楽しめちゃう江ノ島。パワーが欲しいと思ったときに気軽に行けちゃうパワースポットでもあります。もしも時間に余裕があるなら、江ノ島だけでなく鎌倉観光もセットにしてしまうのも、おすすめです。電車で25分程の距離で、午前中に大仏で有名な高徳院や鶴岡八幡宮を訪れ、午後を江ノ島なんてプランもいいですね。楽しい江ノ島女子旅になりますように。