Tpdlmdo6z3whhwg13gzx

千葉

CATEGORY | 千葉

【2019年最新】千葉『大福寺(崖観音)』のご利益や御朱印は?見どころを解説

2019.02.18

千葉県内房にある有名なお寺「大福寺」。大福寺は別名「崖観音」と呼ばれています。断崖絶壁に観音堂や観音様がいらっしゃる事から、そう呼ばれるようになりました。崖観音の見所や御朱印、御利益など崖観音について徹底解説いたします!

目次

  1. 【千葉】大福寺崖観音!御朱印や御利益、見所など徹底解説1 「大福寺 崖観音」
  2. 【千葉】大福寺崖観音!御朱印や御利益、見所など徹底解説2 「本堂までの階段」
  3. 【千葉】大福寺崖観音!御朱印や御利益、見所など徹底解説3 「観音堂」
  4. 【千葉】大福寺崖観音!御朱印や御利益、見所など徹底解説4 「観音堂からの景色」
  5. 【千葉】大福寺崖観音!御朱印や御利益、見所など徹底解説5 「御朱印」
  6. 【千葉】大福寺崖観音!御朱印や御利益、見所など徹底解説6 「アクセス方法」
  7. 【千葉】大福寺崖観音!御朱印や御利益、見所など徹底解説7 「拝観料」
  8. 【千葉】大福寺崖観音!御朱印や御利益、見所など徹底解説8 「拝観料時間」
  9. 【千葉】大福寺崖観音!御朱印や御利益、見所など徹底解説9 「那古観音」
  10. まとめ
Eqxyasefhymwwt9iuyo9
引用: https://instagram.com/p/BiCTyboAVh2/

崖観音と呼ばれる大福寺は、千葉県館山市にある有名なお寺があります。館山市の南西に位置する大福寺は、海岸近くにある船形山の中腹にあります。海にせりだすような岩の崖にある観音様ということで、別名「崖観音」とも呼ばれています。崖観音は、養老元年(717)に、東国を巡礼していた行基というお坊さんが建てたと伝えられています。お寺は、真言宗の歴史あるお寺でら断崖絶壁に観音様がいらっしゃる全国でもとても珍しお寺です。崖の観音様ということで、地元の方は、大福寺と呼ぶよりも、崖観音と親しんでいる方のほうが多いようです。

Nubmqsmix747zdtlgsno
引用: https://instagram.com/p/Bt5xjqPlDbd/

崖にはりついたように作られた観音堂は、飛騨国の匠が作ったと伝えられており、その後ろには、ご本尊である十一面観音様がいらっしゃいます。十一面観音は、岩肌に彫刻された仏像で、高さ1.5メートルの十一面観音です。この十一面観音は、お寺を建てた行基が自ら刻んだとされる、日本でもとても古い観音様です。ご本尊の十一面観音は、頭の上に11の頭を持っている観音様です。11の顔を持っているので、いろんな方向から人々を見守るすごい力を持っている観音様です。十一面観音は、延命成就、そして極楽浄土に行けるというご利益があります。

V0uox7qxhaskmaap3yjg
引用: https://instagram.com/p/BtySMnxFXm1/
Xulj1n2xjerqsnwok8mn
引用: https://www.google.com/search?q=%E5%B4%96%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E3%80%80%E9%9A%8E%E6%AE%B5&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjT4fqvz8HgAhUEfLwKHfqmD2UQ_AUIDigB&biw=1536&bih=723#imgrc=kGoHrVtA4_wueM:&spf=1550367062117

大福寺崖観音の本堂に行くまでは、とてもきつい階段があります。崖の上にある観音堂なのでどうしても登らなくてはなりません。観音堂へは2つのルートがあります。2つのルートとも階段になっており、これを登らないと観音堂へは行けません。1つのルートは階段の勾配がきつく、2つ目のルートは比較的緩やかな階段です。しかしどちらも階段は100段以上あるので、登る際には足元には十分お気をつけください。足に自信のないかたやちょっと心配な方は、無料で杖の貸し出しもあるで借りると安心ですよね!階段の途中にもいくつか見所があります。船形山の歴史が感じられる地層が見れたり、日露戦争の碑やお不動さまもいらっしゃいます。長い階段ではありますが、そのような見所を見ながら登っていくとあっという間に観音堂にたどり着きますよ!!

Koppaoqc0ygwpeno3lcq
引用: https://www.google.com/search?q=%E5%B4%96%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E3%80%80%E9%9A%8E%E6%AE%B5&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjT4fqvz8HgAhUEfLwKHfqmD2UQ_AUIDigB&biw=1536&bih=723#imgdii=loL3u0o4I4wJjM:&imgrc=TEny9aegKTIxLM:&spf=1550367062117
Pu1w2gdlfpdtxq8f6jgy
引用: https://instagram.com/p/BtVOQavAz2K/

大福寺の見所は、ご本尊を安置している「観音堂」です。大福寺の観音堂は、標高102メートルという高い位置に作られており、崖にせりだした観音堂です。そんな観音堂はら長年の海風などによる痛みが激しいため、2016年に平成の大修理が行われました。総工費8800万円をかけて全面改修され、とても美しい観音堂に生まれ変わりました。大修理が行われた観音堂は、とても美しく、南房総の植物を中心に生き物や鳥などが描かれており見事です。特に天井絵は素晴らしく、全部で114枚の天井画からできてきます。144枚のうち34枚は、千葉県に住む染川秀輔さんという仏教画家の方がこの崖観音のためだけに描いてくれた貴重な天井画です。

1 / 3