Rfkdoj2b8kgxtdmysdyc

ドイツ

CATEGORY | ドイツ

【2019年版】まるでおとぎの国!ドイツのリヒテンシュタイン城魅力大全

2019.02.18

ドイツ南西部に位置する深い森の中に、まるでおとぎ話の世界に来たかのようなお城「リヒテンシュタイン城」。可愛らしいメルヘンな街並みでも知られるドイツならではの美しいリヒテンシュタイン城の歴史や魅力など、観光の見どころと合わせて解説していきます。

  1. リヒテンシュタイン城の歴史①ドイツのリヒテンシュタイン城
  2. リヒテンシュタイン城の歴史②築城は12世紀頃
  3. リヒテンシュタイン城の歴史③廃城から狩猟の館へ
  4. リヒテンシュタイン城の歴史④騎士物語が再現されたお城
  5. リヒテンシュタイン城の歴史⑤中世の空気を感じるネオゴシック様式
  6. リヒテンシュタイン城の歴史⑥断崖にそびえ立つ「妖精の城」
  7. リヒテンシュタイン城の歴史⑦外観と庭園
  8. リヒテンシュタイン城の歴史⑧建築スタイル
  9. リヒテンシュタイン城の歴史⑨展望台
  10. リヒテンシュタイン城の歴史⑩内部見学
  11. まとめ
Qienyhfippj0pwnjluwc
引用: https://www.instagram.com/p/BqH4A2KB05v/
ドイツ南西部のバーデン・ヴュルテンベルク州、シュトゥットガルト郊外にある「ホナウ」という小さな町に位置するリヒテンシュタイン城。「シュトゥットガルト」から電車でおよそ40分の「ロイトリンゲン中央駅」で下車し、そこからはバスで「ホナウ」まで行き、バス停を降りてからリヒテンシュタイン城までは徒歩およそ30~40分歩く場所に建てられています。
Alxs2hjmofahnlywq6jz
引用: https://www.instagram.com/p/Bph5cHZFQvr/
混在してしまいますが、ウィーンにあるリヒテンシュタイン城、あるいは西ヨーロッパの中央にあるリヒテンシュタイン公国のファドゥーツ城とは別もの、異なるお城です。観光サイトなどで調べる際も、混在している情報も見られますのでご注意ください。
Rpeawsyumsfp0dyh5fou
引用: https://www.instagram.com/p/BpUuvvynKVo/
現存する姿が12世紀に建設された当時のままの姿ではありませんが、リヒテンシュタイン城の歴史を見ると12世紀頃には確かに存在していました。その後の1311年の帝国戦争で攻撃を受け破壊されてしまい、1315年に再建されますが市民らの反乱から再び破壊され、その後およそ400年以上もの間、1803年までリヒテンシュタイン城は廃城となっていました。
Rgjddqrt7ldlqcrazvnj
引用: https://www.instagram.com/p/Bo4DRKZg3pW/
400年以上も放置されていたリヒテンシュタイン城ですが、ヴュルデンベルク家の公爵フリードリヒ二世の領地となったことから、転機が訪れます。もともと建てられていた廃城はフリードリヒ二世により撤去され、その跡地に「狩猟の館」が新しく建設されたため、リヒテンシュタイン城は一時お城ではありませんでした。
Grk6dgcntwnzetszthmb
引用: https://www.instagram.com/p/BoETC73i2TF/
Jr77cguntww11mixzdvt
引用: https://www.instagram.com/p/BpfGYnZnyVW/
それからフリードリヒ二世の甥である、ヴィルヘルム・フォン・ウラッハ公爵が「狩猟の館」を受け継いだのが1837年のこと。当時ウラッハ公爵は、ドイツロマン派の小説家ヴィルヘルム・ハウフの著、中世の騎士物語「リヒテンシュタイン」に強く感銘を受け、そこから着想を得て誕生したのが現在のリヒテンシュタイン城となります。
Max4sw07twklxvwhpwdm
引用: https://www.instagram.com/p/BpH8MNkguF8/
武器や甲冑など熱心な収集家でもあったウラッハ公爵は、騎士物語「リヒテンシュタイン」の世界に憧れを持ち、その思いを実現させるために中世のお城を築城し、見事に形となったリヒテンシュタイン城。
Dffl2cbwnjf0kmlqud4s
引用: https://www.instagram.com/p/Bo5_blAHYQZ/
跳ね橋をはじめとした、塔や居室など「騎士物語・リヒテンシュタイン」の影響により、中世ネオゴシック様式の佇まいを持つ建物は建築家カール・アレクサンダー・ハイデロッフにより手がけられました。現在のお城の姿となったのは、およそ170年以上前に建設されたリヒテンシュタイン城です。
Zubenmakva0aekpyktfe
引用: https://www.instagram.com/p/Bo5_VINntCx/
G7zgen0bhm3bbevt0v2z
引用: https://www.instagram.com/p/BpydLU1jMIw/
「シュヴァーベンアルプ」と言われる深い森に囲まれているリヒテンシュタイン城。観光雑誌やメディア、旅行会社のパンフレットなどでもよく目にする美しいお城です。それだけでなく、建物は切り立った断崖にそびえ立っており、現実的に考えられない姿と美しさから”妖精の城”とも呼ばれています。実際にその姿を目の前にすると、足がすくむようなロケーションであり、円形型をした塔の美しさと自然とが合わさった風景は、まさにおとぎ話の世界観が広がります。
Jiomodhxitekn4llc4tl
引用: https://www.instagram.com/p/BpprOhwB1aV/
豊かな緑とともに、君臨するその姿はまるで外界とは別世界の国に来たかのような光景です。妖精のように美しい姿と、中世の荘厳な雰囲気が漂う魅力的なお城へ、人生に一度は訪れておきたい観光スポットの一つではないでしょうか。
Xwjpwdgnn3uyy2sxetjn
引用: https://www.instagram.com/p/Bp80AM0Hp8W/
現在のリヒテンシュタイン城は、ウラッハ公爵の子孫へと受け継がれており、一般公開されていますので、中世の建築様式が特徴的な外観もしっかりと見ておきましょう。お城の周辺には、こちらのお城が建てられるきっかけとなった小説家のヴィルヘルム・ハウフの記念碑に、小さい展望台も設置されていますので、ぜひ見学できる場所は周っておくべきです。
H4jvlfamgslm5yjpk53k
引用: https://www.instagram.com/p/Bo8i9C3FdwM/
Aiqikauka7auy3mezanz
引用: https://www.instagram.com/p/BpwEJGzjIpk/
中庭や展望台での撮影ができる以外は、城内での写真撮影は禁止されています。中世の情緒あふれる雰囲気や建築様式をしっかり目で見てきてください。中庭では礼拝堂、そして大砲を展示していたりと様々な建物を見ることができます。礼拝堂は現在も使われており、実際に結婚式を行うこともあるそうです。彫刻の数々や庭園の造り、窓や石壁など見るものすべてが中世らしい特徴をもったデザインになっています。
Wjisuglbi1u0y9hvwduv
引用: https://www.instagram.com/p/BtRH0rKFuY8/
彫刻が施された石造りのベンチがさり気なく中庭に設置されていたりと、見どころは十分にあります。お城の入り口にある売店では、アイスクリームに、ここでしか買えな限定グッズも販売されていますので、お土産やリヒテンシュタイン城の観光記念にぜひご覧ください。
Ntms6jykexpwkbjwg1er
引用: https://www.instagram.com/p/BmjIxWmnJyH/
標高817メートルの切り立った岩山に建てられたお城からの眺めはまさに絶景です。眼下に広がるホナウの町並みと周辺の豊かな自然。レンガ色や緑、グレーの色をした屋根が広がり、ドイツらしく可愛い町並みがお城からも見て取れます。とても気持ちの良い大パノラマの景色が広がり、今まさにあの断崖に建つ妖精の城に居ると思うと、鳥肌が立つ思いです。
Vegy4laaqrkcqlkf8yzm
引用: https://www.instagram.com/p/Bo3Oyvki70f/
Bb0nm3iggqbz2cyxbgpo
引用: https://www.instagram.com/p/BnO0WanA1MW/
リヒテンシュタイン城の内部見学はガイドツアーでの見学となります。基本的にドイツ語のみのガイドツアーですが、その時間の利用客が20名を超えた場合は、事前予約にて英語のガイドツアーにすることもできます。20名に満たない場合は、ドイツ語で見学することになります。ただ日本語の説明書が用意されており、1ユーロのデポジットにてレンタルが可能です。ガイドツアーの所要時間は内容により異なり、中庭と城内部が30分、一年を通して利用できます。一方で庭園と城内部は60分(定員9名まで)、4~10月の第一日曜日のみ行われますので、この時期に観光される方は開催時間など事前にご確認ください。
Grxqi1znogkzbswpussw
引用: https://www.instagram.com/p/Bs_V1a2hGMN/
お城にかかる木造づくりの跳ね橋や城門も見応えのある建築ですので、ぜひチェックしてください。門の上部にも紋章が掘られており、こうした彫刻一つとっても細かい手仕事がみられ見事です。ウラッハ公爵が収集した武器や絵画を展示している「武器の間」をはじめ、天井や壁面の装飾が美しい礼拝堂に、木彫りの装飾など豪華な印象の「騎士の間」など中世らしい重厚な佇まいが特徴の城内が見学できます。
Dcgza8evja0yl0al7adn
引用: https://www.instagram.com/p/BnZP7uUHifa/
狩猟の後にお酒を楽しんでいたとされる珍しい「城内バー」があったり、かつて狩猟の館だった頃にフリードリヒ一世が宿泊した「王の部屋」に「紋章の間」など合計8部屋を見学します。どの部屋もそれぞれに魅力があり、壁面や天井、そして装飾品の数々が見応えのある内容です。中でも最も豪華だったと言われるのが「武器の間」と「騎士の間」です。
ここまでドイツの妖精の城「リヒテンシュタイン城」についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?自然あふれるドイツならではの、ロケーションに建てられた美しいお城は、きっと写真やテレビなどどこかで見たことのある方が多いと思います。観光の見どころとして、城内やお城の建築スタイルの他に、切り立った断崖に悠然と建つお城と自然が織り成す景色もぜひおすすめです。離れた場所から眺めるお城も見事な美しさに見惚れてしまうほど。リヒテンシュタイン城の魅力を余すことなく観光をお楽しみください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bpq-jAwB7mP/