Msc1z0udvrwcuvbfxuiz

スペイン

CATEGORY | スペイン

【2019年版】スペイン旅行に行ったら現地で味わいたいお酒5選

2019.02.26

美味しい料理の数々と並び、一緒に楽しむお酒も有名なスペイン。そんなスペインで飲むべき美味しいお酒をご紹介します。中でも有名なサングリアやシェリーなどをはじめ、ワインからビールまでスペインに出発する前に人気の種類を押さえておきましょう。

目次

  1. スペインで飲むべきお酒1.【サングリア】
  2. スペインで飲むべきお酒2.【シェリー】
  3. スペインで飲むべきお酒3.【ベルムー】
  4. スペインで飲むべきお酒4.【シードラ】
  5. スペインで飲むべきお酒5.【カバ】
  6. まとめ
Suxwrzwtv3iakqytdtwh
引用: https://www.instagram.com/p/BuH4E98gIgX/

【サングリア(Sangria)】赤ワインで作るフルーティーなカクテル。”赤い血”を意味する名前の由来だけあって、真っ赤なお酒です。本来は赤ワインで作られますが、白ワインを使用した「サングリア・ブランカ(sangría blanca)」も展開されています。現地のスペイン人は、大勢で料理とともに楽しくいただいたり、ホームパーティーや、夏に自宅のテラスなどで楽しむのがサングリアの飲み方。

Og8o6jt9y1ud1amcpxzc
引用: https://www.instagram.com/p/BjcwYDTnx5d/

レストランやバルなどではサングリアを用意していないお店も多いため、飲みたい時は予約しておくと、作ってもらえたりするので安心ですね。

Lb2hgsu5fhmui7natxfq
引用: https://www.instagram.com/p/BuMN-TznY3-/

【シェリー(Sherry)】スペイン南部のアンダルシア州にあるヘレスを中心に製造される白ワインの一種。ポルトガルのポート、そしてマデイラと同じく世界三大酒精強化ワインの一つとして知られています。白ワインにブランデーを加え、酵母を調節しながら作られ、甘口から辛口まで様々な種類が展開されています。

H9vt7d1ng32fcr2wqijr
引用: https://www.instagram.com/p/BuLsHkHFwOw/

アンダルシア州限定のお酒とも言え、お祭りなどのお祝いの席で老若男女問わずドライタイプのシェリー「マンサニージャ」を明るい時間から楽しむスペインの習慣です。料理に合わせてぜひスペインならではのシェリーをお楽しみください。

Pfezpzouzyhfzabewm1b
引用: https://www.instagram.com/p/Bf28Vc9nfHk/

【ベルムー(BERMUT)】ワインにクローブやスミレ、ハーブをなどを漬け込んだ薬酒。赤と白、そして甘口と辛口があり、バルや酒屋さんではショットもしくは、量り売りされる種類です。現地では、レモンやオレンジの入ったグラスにロックで直接飲みます。オリーブやフライドポテトなどのおつまみと一緒に。種類にもよりますが、1リットルあたりおよそ300~500円のびっくりするほどの安価で購入でき、日本でいる養命酒のような存在です。

Y7xcmnvz3j9squj5r5zm
引用: https://www.instagram.com/p/BtHlIRUg2Fh/

お酒ですが、薬酒でもあり、週末のランチに料理をいただく前の食前酒として1杯嗜む週間のスペイン。体にも経済的にも優しいスペインのベルムーは、日本ではなかなか種類が限られる貴重なお酒ですので、ぜひ現地で存分に味わってみてください。

Opaio5aer2f334jtryjl
引用: https://www.instagram.com/p/BuJbb32A7Sp/

【シードラ(Sidra)】りんごをすり潰し、果汁を発酵させて作られる微発泡酒。フランスで作られるものは「シードル」で、スペインのもんは「シードラ」となります。カンタブリア海沿岸での製造が多く見られ、中でもアストリアス産とバスク産は特に有名です。発酵したリンゴ果汁に炭酸ガスと糖を加え、ステンレス製のタンクで保存されて作られます。アルコール度数も低く、りんごのフルーティーな味わいと香り、そして炭酸ガスのスッキリとした飲み口が女性にも人気の種類です。お酒が弱い方でも飲みやすいシードラはオススメ。

1 / 2