Uuh2pupqhjcg3luuykx3

熊本

CATEGORY | 熊本

熊本市内を観光したい時のモデルコースは?穴場は?すべて知りたい!

2018.07.03

九州の拠点でもある熊本市。復興のシンボルにもなっている熊本城の他にも熊本市内は豊かな自然や歴史など、観光スポットにあふれています。そんな熊本市内を観光したい時のモデルコースは?穴場は?すべて知りたい!そんな人のために、選りすぐりの熊本の魅力をご紹介します。

  1. 熊本市について
  2. 熊本市内を観光したい時のモデルコースや穴場まで、すべて知りたい!【モデルコース①熊本駅から市電に乗って街並み観光】
  3. 熊本市内を観光したい時のモデルコースや穴場まで、すべて知りたい!【モデルコース②水前寺成趣園】
  4. 熊本市内を観光したい時のモデルコースや穴場まで、すべて知りたい!【モデルコース③桜の馬場 城彩苑】
  5. 熊本市内を観光したい時のモデルコースや穴場まで、すべて知りたい!【モデルコース④熊本城】
  6. 熊本市内を観光したい時のモデルコースや穴場まで、すべて知りたい!【モデルコース⑤上通・下通アーケード】
  7. 熊本市内を観光したい時のモデルコースや穴場まで、すべて知りたい!【熊本市動植物園】
  8. 熊本市内を観光したい時のモデルコースや穴場まで、すべて知りたい!【金峰山】
  9. 熊本市内を観光したい時のモデルコースや穴場まで、すべて知りたい!【霊巌洞・五百羅漢(雲巌禅寺)】
  10. まとめ
九州のほぼ中央にある熊本市。車が無くても電車やバスで行く事のできる観光スポットがたくさんあります。上下水道の全てを天然地下水でまかなう、世界でもめずらしい地下水都市。清らかな地下水と豊かな自然に恵まれ、様々な農産物の生産も盛んです。
まずは、市電を使って熊本市を気軽に楽しめるモデルコースをご紹介します。九州新幹線が開通してますます便利になった熊本駅から出発!

レトロな市電で市内を観光

熊本駅から市内中心地まで少し距離があるので、駅から市電に乗って中心地へ向かいます。熊本市の東西を走る市電は熊本の人に親しまれ、無くてはならない存在です。
市電の車両にはいくつか種類があり、木製の椅子がかわいいレトロな車両や、運転士さんの他に車掌さんも乗っている2両編成の車両など様々です。すれ違う市電や線路の石畳、市内の風景も楽しみましょう。
まず最初に訪れるのは「水前寺成趣園」。市内中心地を少し通り過ぎ、水前寺公園電停で下車して徒歩4分ほどで到着します。

日本庭園を眺めながらの風流なひととき

「水前寺成趣園」は、地元では水前寺公園の名前で人々から親しまれている日本庭園です。隅々まで手入れの行き届いた庭園は美しくて趣があります。
敷地内にある古今伝授の間では、お茶とお菓子を味わいながら風景を楽しむ風流なひとときを過ごせます。

詳細情報

【住所】熊本県熊本市中央区水前寺公園8-1 【電話番号】096-383-0074 【営業時間】3〜10月7:30〜18:00、11〜2月8:30〜17:00 【定休日】無し 【アクセス方法】市電で水前寺公園前下車、徒歩4分
水前寺公園でゆっくり景色を楽しんだあとは、再び市電に乗って熊本市の中心地に戻ります。花畑町電停で下車し徒歩5分ほどで「桜の馬場 城彩苑」が見えてきます。
「桜の馬場 城彩苑」は23のお店が集まっている桜の小路や、歴史文化体験施設の「熊本城ミュージアム 湧々座」などがある観光スポットです。「熊本ならでは」をコンセプトに、県内各地の食やお土産が揃い熊本の魅力を堪能する事ができます。
門をくぐると熊本にちなんだ多種多様ななお店がずらりと並びます。絶品スイーツを食べながら城下町散策を楽しみましょう。

「湧々座」で熊本城の歴史を体験

まるで武家屋敷のような外観の建物「歴史文化体験施設 湧々座」は、最新技術を駆使したシアターや江戸時代の文化を体験できるコーナー、さらにはなりきり体験やお芝居などを通して熊本城の歴史を学べます。
中でも人気なのが「なりきり体験」です。お殿様やお姫様、忍者や町娘など様々な時代衣装に着替えて記念撮影をする事ができて、さらに衣装を着たままで館内を見学できます。そのまま城彩苑内も散策できるので、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。

詳細情報

【住所】熊本県熊本市中央区二の丸1-1 【電話番号】096-288-5577 (湧々座096-288-5600) 【営業時間】時期、店舗により異なる (湧々座8:30〜18:30) 【定休日】年末 【アクセス方法】市電で花畑町下車、徒歩5分
城彩苑で城下町を堪能したあとは熊本城へ。立ち入り区域が限定されている現在の熊本城に行くには、城彩苑の裏から徒歩で登って行くか、無料のシャトルバスもあります。
熊本市のシンボルとして市民に愛され、熊本観光の人気スポットでもある熊本城。熊本地震の影響で今もまだ大部分が立ち入り禁止となっていますが、現時点で唯一入れる二の丸広場からその雄姿を見る事ができます。

今しか見られない貴重な姿

現在の熊本城は、復旧工事を進めているためシートに覆われています。お城の全体は20年ほどを目標に、そして天守閣は2019年に熊本で開催が予定されているラグビーワールドカップを目標に復旧予定です。お城が復元されていく様子を見守りましょう。

詳細情報

【熊本県熊本市中央区本丸1-1 【電話番号】096-352-5900 【営業時間】3〜11月8:30〜18:00、12〜2月8:30〜17:00 【定休日】年末 【アクセス方法】市電で熊本城・市役所前下車、徒歩10分
熊本城の姿を見たあとは、城下町の上通・下通アーケード街へ。2つ合わせて北南に約1km近く伸び、アーケード街で西日本最大級の大きさを誇ります。

落ち着いた雰囲気の上通

上通は明るくて開放感があり、カフェやおしゃれなブティックなどが並ぶ落ち着いた雰囲気の通りです。ゆっくり静かな大人の時間を過ごせます。

ファッション・アミューズメントの中心地、下通

熊本県内でも最大の、華やかなショッピングアーケードの下通。パルコやツタヤなどの商業施設が多く、休日には多くの人で賑わいます。グルメ街としても有名です。
これで今回の熊本市観光は終了です。熊本城を中心に、城下町の雰囲気を楽しむ旅でした。コンパクトに回る事ができるので、気軽に熊本市を楽しみたい時におすすめです。でも熊本市にはまだまだ魅力が盛りだくさん!モデルコースとは別に、いくつかおすすめスポットをご紹介します。
約120種800頭の動物と約800種5万点の植物を観察できる、自然との共存をテーマにした水辺の動植物園。動物園の人気者、ホッキョクグマのマルルにも会えます。熊本地震の影響で休園していましたが、現在は土日祝のみ一部エリアを部分開園しています。
まだまだ見られないエリアは多いですが、ゾウやキリン、ペンギンなどの元気な姿を見たり、動物ふれあい広場では愛らしい動物たちと触れ合う事ができます。美しい白孔雀の姿にもうっとり!

詳細情報

【住所】熊本県熊本市東区健軍5-14-2 【電話番号】動物ゾーン096-368-4416 植物ゾーン096-368-5615 【営業時間】9:00〜17:00 【開園日】当面の間、毎週土日祝のみ開園 【アクセス方法】市電で動植物園入口下車徒歩10分
熊本市のほとんどの場所からその姿を見る事ができる金峰山。「東の阿蘇」と呼ばれる阿蘇山に対し「西の金峰山」と呼ばれ、熊本市の人々に親しまれています。
標高665mの山頂からの景色はとても素晴らしく、熊本市街だけではなく有明海や雲仙、阿蘇、九州山地や天草の島々など、広大な景色を一望できます。

詳細情報

【住所】熊本市西区河内町 【電話番号】096-328-2393 【アクセス方法】(山頂まで)JR熊本駅から車で30分、駐車場から山頂までは5分ほど登ります
金峰山山麓にある洞窟、霊巌洞。うっそうと茂る樹木に覆われ、神秘的な霊場として知られている雲巌禅寺の裏山にあり、洞窟内には観音像「岩戸観音」が安置されています。
晩年を熊本で過ごした宮本武蔵が、霊巌洞にこもり兵法書「五輪書」を著した事が知られています。

神秘的な空気に満ちたパワースポット

雲巌禅寺から霊巌洞に至る岩山を削ってできた細道に、五百羅漢が安置されています。熊本の商人である渕田屋儀平が、24年もの歳月をかけて奉納したと言われています。
座る姿も表情もすべて違うたくさんの石仏はひとつひとつじっくり観察したくなるほど興味深く、岩山にずらりと並んでいる様子はとても神秘的な空気に満ちています。

詳細情報

【住所】熊本県熊本市西区松尾町平山589 【電話番号】096-329-8854 【拝観時間】8:00〜17:00 【アクセス方法】交通センターから車で30分
熊本市には魅力的な観光スポットがたくさん!また、2019年のラグビーワールドカップに向けて着々と街中の再開発も進んでいて、大きな複合施設もできる予定です。これからもますます発展していく熊本市、ぜひ訪れてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://instagram.com/p/BZaMw9XnQz9/