Siwrlc1yhjkh7kygaq6h

ネパール

CATEGORY | ネパール

【2019年版】ネパール・カトマンズの観光地から気温や治安まで

2019.02.26

ネパールの首都カトマンズはチベット仏教やヒンドゥー教の寺院、エベレストを望む絶景など見どころいっぱいの人気観光地です。ここではそんなカトマンズのおすすめ観光スポットや気温、治安情報などをまとめてご紹介します。ぜひ旅行計画の参考にしてください。

  1. ネパール・カトマンズとは?
  2. ネパール・カトマンズへの行き方
  3. ネパール・カトマンズの治安
  4. ネパール・カトマンズの気温・観光シーズン
  5. ネパール・カトマンズ観光時の注意点
  6. ネパール・カトマンズのおすすめ観光スポット①ダルバール広場
  7. ネパール・カトマンズのおすすめ観光スポット②スワヤンブナート寺院
  8. ネパール・カトマンズのおすすめ観光スポット③ボダナート
  9. ネパール・カトマンズのおすすめ観光スポット④パシュパティナート
  10. ネパール・カトマンズのおすすめ観光スポット⑤タメル地区
  11. ネパール・カトマンズのおすすめホテル
  12. ネパール・カトマンズ観光情報まとめ
M97atipsyyasf5pa2yfu
引用: https://www.instagram.com/p/BsPJkSzno3s/
ネパールの首都カトマンズ(カトマンドゥ)は、1979年にユネスコの世界文化遺産に登録された「カトマンズ盆地」を中心とした見どころいっぱいの街です。標高約1,300メートルの高さにありながら、年間を通して温暖な気温であることも人気の理由のひとつでしょう。カトマンズ盆地の建物は、2015年の大震災によって甚大な被害を被りましたが、徐々に修復作業が進んでいます。親日的で落ち着いた雰囲気の街ですが、治安については旅行前に必ず最新情報をチェックするようにしてください。
H8codfhgsyxhh4bjbb2c
引用: https://www.instagram.com/p/BglihLngxUc/
2019年2月現在、日本からネパール・カトマンズへの直行便はありません。ただし、早ければ年内には就航が再開される見通しです。運航ルートは関西国際空港〜カトマンズで、2007年以降初めての運航となります。乗継便でよく利用されるのは、タイ航空のバンコク経由、マレーシア航空のクアラルンプールなどです。航空券の相場は約7万〜8万円で、カトマンズだけを観光する場合は3泊4日でも満喫できます。
Mw4ymm0o4lqstltuqb5c
引用: https://www.instagram.com/p/BuL4QPDFYCw/
旅行計画の際に気になる治安についてですが、カトマンズは外務省が発表する危険レベル情報では「危険レベル1:十分に注意してください」。治安が悪いのかと心配になるかもしれませんが、旅行した人の多くは治安はとても良かったと感じています。ただし、観光の際はいくつか注意が必要です。昼間は人通りが多く、賑やかだった道が夜には一変して人気が全くなくなることも。21時以降の外出は避けたほうがいいでしょう。
Iwrgpt3dk5k6wua3unea
引用: https://www.instagram.com/p/BuGToAgg0mh/
外国人観光客を狙ったスリや置き引きなどの軽犯罪も増えてきています。貴重品やスマートフォン、カメラなどの管理には十分に気をつけておいてください。治安ではありませんが、交通事故にも注意が必要です。道路には車やバイクが自由に行き交っているので歩行者優先という意識はなくして、横断の際は現地の人に付いて行ったり遠回りでも安全なルートを選ぶことをおすすめします。
Imikfqvyz5fnabmdptjg
引用: https://www.instagram.com/p/Bf0gQcZBiwC/
カトマンズの気候は大きく分けて2つ、暖かい季節と涼しい季節に分かれます。4月〜10月までは気温が高く、平均最高気温は27°Cとなり、なかでも4月上旬から6月上旬や9月下旬から10月下旬が観光に適しているシーズンです。11月〜3月は平均気温が20°C未満となり、1月がもっとも寒くなります。朝晩の気温差が大きくなるのでこの季節に旅行する方は調整しやすい服を持って行きましょう。
Wx0bsfsp5czm4xon2gx1
引用: https://www.instagram.com/p/BPUWekgBWvf/
ネパールに入国する際には観光ビザが必要です。空港到着時に専用の端末を使って申請・取得することもできますが、操作が不安な方や時間を節約したい方は事前にオンラインで申請しておくこともできます。15日・30日・90日と日数によって料金も変わるので事前にチェックしておきましょう。
Gpsomaw2wuodvr5edtze
引用: https://www.instagram.com/p/Btd4HFKlvCG/
カトマンズ観光で外せないのが「ダルバール広場」です。マッラ王朝時代にカトマンズ王国の中心部として栄えた場所であり、美しい装飾が施された建物がたくさん並んでいます。観光スポットとしてだけでなく、現在も王族の戴冠式や即位式が行われている重要な場所です。
Btgtgcfil9bmnvrl4qwx
引用: https://www.instagram.com/p/Bqd0mG_hRvD/
2015年に起きた大震災によって甚大な被害を受け、多くの建物が修復中となっています。各国の支援を受けて修復作業が進められていますが、元の姿が見られるようになるのは5年ほど先だとか。生き神の住むクマリの館があるのもこの広場です。
Fo4ryvkb0bv2lbdxqmjn
引用: https://www.instagram.com/p/BtIx2frgShp/
「スワヤンブナート寺院」は約2000年の歴史があるネパール最古の寺院です。街を見下ろすように建っている仏塔は高さが約15メートルあり、四方にブッダの眼が描かれています。仏塔があるところまでは約400段の階段を登ることになるので動きやすい格好で行くようにしてください。
Wfcrzwsaodjaemlt70i0
引用: https://www.instagram.com/p/BrEt1owHu2I/
境内にある様々な建物の他、高台から一望するカトマンズ市内の景色も必見です。スワヤンブナート寺院は「モンキー・テンプル」とも呼ばれており、境内には猿がたくさんいます。食べ物が入っているビニールなどを持っていると奪われてしまうので、持ち物には注意してください。
Iexjhau8pxt8xl8ackik
引用: https://www.instagram.com/p/BuI_YBzBS-q/
南アジアでもっとも大きいとされている仏塔がある「ボダナート」は、チベット仏教の聖地であり、カトマンズ観光の定番スポットです。仏塔の高さは約36メートルあり、遠くから見ても存在感があります。境内では観光客の他、参拝をしている地元民の姿も多いです。
Rca10rjuic7gjztndtop
引用: https://www.instagram.com/p/BPj84cABIvJ/
ボダナート周辺にはおしゃれなカフェやお土産屋もあるので、ちょっとした休憩や買い物もお楽しみください。多くがチベット族によって経営されており、チベットアクセサリーなども購入できます。チベット仏教の文化に触れたい方は必見のスポットです。
Grxxru3n2hifpvs3hs3z
引用: https://www.instagram.com/p/BakZQBWjoID/
「パシュパティナート」はネパール最大のヒンドゥー教寺院で、世界遺産にも登録されている外せないスポットです。火葬場が併設されており、観光客でも川沿いで火葬されている様子を目にすることも。焼かれた後に残った灰は川に流され、母なる大河ガンガーに戻っていくと考えられています。
Td7eds0gr1cdg9pcllpf
引用: https://www.instagram.com/p/BuEQrhnguDV/
お墓をもたない彼らの文化は多くの日本人の死生観とは対照的で、興味深いと感じる方もいるでしょう。カトマンズ滞在の機会に違った観念にふれてみてはいかがでしょうか。
Rxv9k9dzmr0gdvdswsnf
引用: https://www.instagram.com/p/BpF03lIFaa6/
タメル地区は安宿や食堂などが集まる賑やかなエリア。世界中から多くのバッグパッカーや登山者、長期滞在者が訪れます。大自然の絶景とは違った雑多な雰囲気がまたネパールらしく、エキゾチックな景色が広がる場所です。美味しい食事もリーズナブルなお土産探しも楽しめますよ。
Iwcqnvuguj6knrqgbxha
引用: https://www.instagram.com/p/BSjBxoODeAk/
カトマンズで安全・快適に滞在したい方におすすめのホテルを3つご紹介します。施設が充実しているので、観光に疲れたときはホテル内でゆっくり休憩してくださいね。

ザ ドゥワリカズ ホテル(The Dwarika's Hotel)

Urgcyn0bivi7isncuvvk
引用: https://www.instagram.com/p/BM-U9MchnAU/
<ザ ドゥワリカズ ホテルの基本情報> 英名:The DWARIKA'S HOTEL 住所:P.O.Box-459, Battisputali, Kathmandu, Nepal 電話番号: (+977-1) 4479488 / 4470770 メール:info@dwarikas.com

ハイアット リージェンシー カトマンズ(Hyatt Regency Kathmandu)

Cyzbfdtg7b3y8efbxtew
引用: https://www.instagram.com/p/BmvBBmQHVgx/
<ハイアット リージェンシー カトマンズの基本情報> 英名:Hyatt Regency Kathmandu 住所:PO Box 9609, Taragaon, Boudha, Kathmandu, Nepal 電話番号:+977 1 517 1234 メール:kathmandu.regency@hyatt.com

ホテル ヤック & イエティ(Hotel Yak & Yeti)

Frrkulprq5c0yhvotote
引用: https://www.instagram.com/p/BibJ5Qbjtg8/
<ホテル ヤック & イエティの基本情報> 英名:Hotel Yak & Yeti 住所:Paryatak Marg, Durbar Marg, ward no. 1, Kathmandu District, Province 3, Nepal 電話番号:+977 1 4248999, 4240520 メール:reservation@yakandyeti.com.np
Uyvfkcnzbvw9kqgjfhop
引用: https://www.instagram.com/p/Br9mZCRg8jo/
ネパール・カトマンズの観光情報をご紹介してきましたが、お役に立てましたか?美しい寺院を見学し、エベレストの景色を満喫して充実した思い出つくりましょう。カトマンズには美味しいグルメも目白押しなので、観光の合間には現地のご当地グルメも思う存分堪能してきてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bt7qmTUAW2g/