Uu65lync2nwmpxv6p50t

ロシア

CATEGORY | ロシア

【2019年最新】ロシアのコンセント事情!電圧は?変換プラグは必要?

2019.02.28

ロシア旅行や海外への旅行を考えている方は、コンセント事情についてよく調べてから行かれる方が多いと思います。海外の電圧は日本と違っていますので、注意が必要です。ロシアのコンセント事情や、プラグのかたち、変換にすいてまとめます。

目次

  1. ロシアのコンセント事情!電圧・変換プラグまとめ①コンセントの形
  2. ロシアのコンセント事情!電圧・変換プラグまとめ②電圧
  3. ロシアのコンセント事情!電圧・変換プラグまとめ③プラグ
  4. ロシアのコンセント事情!電圧・変換プラグまとめ④停電
  5. ロシアのコンセント事情!電圧・変換プラグまとめ⑤海外対応製品
  6. ロシアのコンセント事情!電圧・変換プラグまとめ⑥SEタイプ
  7. ロシアのコンセント事情!電圧・変換プラグまとめ⑦携帯電話
  8. ロシアのコンセント事情!電圧・変換プラグまとめ⑧無料Wi-Fi
  9. ロシア旅行に行く前に
  10. まとめ
Jq7brfwjxrohmz06daha
引用: https://www.instagram.com/p/Bkh4OXMHL4E/

ロシアのコンセントの形は「C」と呼ばれる形になります。丸い穴がコンセントの真ん中に二つ並んでおり、丸棒タイプのプラグを差し込みます。旧ソ連の国々の多く、ヨーロッパではポピュラーな形でもありますので、ヨーロッパへ行ったことがある方は、見たことがあるかもしれません。二つ穴で日本と同じですが、差し込めないので注意が必要です。

Fuqx2zarmtpsecavilji
引用: https://www.instagram.com/p/BYBJFpdD1s5/
Voxxb5pdnzn1rkqwmlow
引用: https://www.instagram.com/p/BmfsVjkBqbe/

電圧は、日本とは違っており、220ボルトになります。ちなみに日本の電圧は100ボルトです。倍以上の電圧の高さになります。旧ソ連の国でも、大体が130から220ボルトのあいだで設定されていますが、電圧の幅があるため、ロシアとその周辺の国々を回る方は、電圧をチェックしてから行くのが良いです。

Aayjx1bpbpydvakbuops
引用: https://www.instagram.com/p/Bo_NkGjn8F4/
Fkllvenqozh7whlicdoz
引用: https://www.instagram.com/p/BjH5m_llokr/

日本の電化製品をロシアで使うためには、変換プラグが必要です。ロシア国内ではあまり売られていなかったり、小さな街にはなかったりもするので、必ず日本から持っていくようにして下さい。ヨーロッパの多くの国がC型というプラグを使って居る、日本のA型プラグをC型にする製品の需要は少ないです。そのため、ホテルなどにも置いてあるとは考えず、日本から持ち込むのがベターと言えます。日本であれば、手軽に百円ショップでも手に入れることができます。また、インターネットでも取り扱っていたり、家電屋でも売られています。渡航回数が多い方や、電化製品をたくさん持っていく方は、予備のプラグを用意していくのが良いです。

Vcr30ovuitczpetvwqjm
引用: https://www.instagram.com/p/BkYGy_bFG8p/
Opztlwstuhncbudopjaq
引用: https://www.instagram.com/p/BuTO1GEFXNt/

それほど頻発するわけではありませんが、海外でよくあるのが停電です。なので、充電が必要となる電子機器は、ホテルに着いたらすぐに充電して、バッテリーを満タンにしておくように心がけるのが良いです。海外で万が一に備えて、予備バッテリーもフルにしておくことをおすすめします。

Qrvobq0bel8pyqnxbhmx
引用: https://www.instagram.com/p/BuOtVOngqm1/
Go6nhlqvvllodtrhtbxp
引用: https://www.instagram.com/p/BTOEae_lkG6/

海外旅行に行く方は、事前に海外の電圧に対応している製品を購入していくのが便利です。パソコンや携帯電話、カメラなどは、対応している電圧の幅が広いものが多いのですが、非対応のものもありますので、行く前には必ず電圧のチェックをしましょう。また、特に女性が気を付けなくてはいけないのが、ヘアドライヤーやヘアーアイロンです。熱を発する電化製品はそれ村用の変圧器がないと、ショートして使えなくなってしまします。すっかり忘れて、普通の変圧器にプラグを差し込み、いざ使おうとすると、一瞬で使えなくなるということも。また、使えたとしても焦げ臭いにおいがしてきたり、もくもくと煙が出てきてしまうこともありますので、注意が必要です。備え付けのドライヤーなどがあるかを確認するか、どうしても自分のものを使いたい場合は、日本から準備をしていくのが無難です。

1 / 3