Hsofkhhydrby6qzxwdfw

ロシア

CATEGORY | ロシア

【2019年版】有名なシベリア鉄道!旅の様子や料金などチェック!

2019.03.08

有名なシベリア鉄道!一生に一度はシベリア鉄道で旅行をして周りたい!という人も多いでしょう。今回はシベリア鉄道を徹底的に大調査!内部はどうなっているの?シャワーやお風呂事情は?気になる料金は?行く前に知っておきたい情報が盛りだくさん!

目次

  1. 1, シベリア鉄道って何?
  2. 2, シベリア鉄道の乗り場
  3. 3, 日本からシベリア鉄道へ
  4. 4, シベリア鉄道の種類
  5. 5, シベリア鉄道で一人旅
  6. 6, シベリア鉄道の注意点
  7. 7, シベリア鉄道内でできること
  8. 8, シベリア鉄道内での楽しみ
  9. 9, シベリア鉄道の内装
  10. 10, シベリア鉄道での寝心地
  11. 11, シベリア鉄道でのお風呂やシャワー
  12. 12, シベリア鉄道の料金
  13. 13, シベリア鉄道での食事
  14. 14, シベリア鉄道旅行のおすすめの時期
  15. 15, シベリア鉄道の車窓から
  16. 16, シベリア鉄道で途中下車
  17. 17, シベリア鉄道での旅行日数
  18. 18, シベリア鉄道の歴史
  19. 19, シベリア鉄道のお土産
  20. まとめ
Vaevoqtu5ccrlqzohocq
引用: https://www.instagram.com/p/BsJxQ2NAt-4/

シベリア鉄道とはよく耳にしますが、実際にどんなものなのか、知っている人は意外と少ないんです。名前からなんとなくこんなものだろうとはもちろん想像がつきますが、世界最長の路線!本当のところはどんなものなのか少し説明しましょう。

Wlvjub4apsjyusb4cpck
引用: https://www.instagram.com/p/BsYETialSq5/

ユーラシアを大横断することができるシベリア鉄道はロシアにあります。広大な大地の広がるロシア、1週間は少なくとも降りずに電車に乗り続けることができるのがこのシベリア鉄道。1901年に完成し、ロシア国内だけでなく、中国をはじめとして、アジアをつなぐ連絡路線となったのは言うまでもありません。

Vyocty5bjyxfl7j5iddx
引用: https://www.instagram.com/p/BaehLkynPAt/

シベリア鉄道には、いくつか路線がありますが、正式に「シベリア鉄道」と呼ばれるのは、ロシア中南部チェリャビンスクからウラジオストクまでの7,416kmのみ。とはいっても、最近ではウラジオストクとモスクワの路線などもまとめてシベリア鉄道と呼ばれているので、ウラジオストク周辺からモスクワ、ロシア中南部あたりの長距離路線は「シベリア鉄道」と呼ばれるんだな、と思っておくといいでしょう。

Jdih5coxauasurxjfmw2
引用: https://www.instagram.com/p/BuaQnt2hNXe/

ロシアからの出発を考えているのであればモスクワ発、ウラジオストク発が多く、ほとんどの観光客がモスクワとウラジオストクを結ぶロシア号と呼ばれるシベリア鉄道の列車に乗り込みます。丸一週間ずつ片道でかかり、モスクワ行きの場合は6泊で下りは7泊で目的地に到着します。

Wnvezl2ofw7dfdbnkbjd
引用: https://www.instagram.com/p/BuZAc3ehc6s/

実はこのロシア号、以前には北朝鮮(ピョンヤン)からの電車が途中で連結することがあったんです。今現在はどうなっているのか知っている人が少なく、情報も乏しいですが、少なくとも今でも月に何度かは、途中で北朝鮮から来る電車が連結されることがあるそう。島国の日本では他国から来る電車と連結することなんてありませんから、日本人にとっては、とっても珍しい鉄道ですよね。

Lpmaqx569m6j0cwv8xz4
引用: https://www.instagram.com/p/w1jwXpRs_8/

日本からシベリア鉄道へは、乗り場によって行く場所が異なってきます。モスクワとウラジオストクがメインとなりますから、この二つへの行き方を紹介します。

日本からモスクワへ

Hnizphww1ceazscmqurx
引用: https://www.instagram.com/p/Br0WpOmDG-B/

日本からモスクワへは、東京発着の便が直行便を出しています。直行便は繁忙期、閑散期関わらず航空券の料金は少し高めで10万円以上の場合がほとんどです。ただ、乗り継ぎがない分、乗ってしまえば特に何かしなくてもあとは到着を待つだけなので楽ですし、ストレスもなく行けるので、お金でストレスと時間を買ったと思えば割に合いますね。

1 / 7