Nd9yatmzp232hzu6lizq

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

【2019年最新】グアムの洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説

2019.03.11

グアムに観光するなら洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説をまとめてみました。グアムでトレッキングというのは想像できない方も見えると思いますが、今とても人気のあるスポットなのです。是非プランに組み込んでみてくださいね。

目次

  1. グアムに観光するなら洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説①『パガットケーブに行こう』
  2. グアムに観光するなら洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説②『パガットケーブへの服装』
  3. グアムに観光するなら洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説③『パガットケーブへの持ち物』
  4. グアムに観光するなら洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説④『トレッキング開始』
  5. グアムに観光するなら洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説⑤『パガットケーブに到着』
  6. グアムに観光するなら洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説⑥『マリアナ海溝を目指して』
  7. グアムに観光するなら洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説⑦『ランチタイム』
  8. グアムに観光するなら洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説⑧『マリアナ海溝を堪能』
  9. グアムに観光するなら洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説⑨『ハートに見える』
  10. グアムに観光するなら洞窟へトレッキング!見どころや服装など解説⑩『帰路も楽しもう』
  11. まとめ
Cxzcvy2ynfvwrra82hrb
引用: https://www.instagram.com/p/4QC4kQgl18/

グアムでトレッキングをするのであれば、『パガットケーブ』に行きましょう。パガットケーブは、洞窟の名前です。パガットケープは洞窟にでき洞窟に自然にできた水たまりを泳ぐことができます。その湖はとても綺麗で神秘的なのです。パガットケーブを堪能でき、それまでの道のりをトレッキングとして楽しめるツアーが人気なのです。ホテルまで迎えに来てくれるツアーがほとんどです。

Vzgmkqdy8mdzblxtz2qc
引用: https://www.instagram.com/p/BcLxK1zHj-i/

パガットケーブはアメリカの軍用基地としてのエリアに指定されているため、行けなくなってしまうのも今人気の理由の一つです。チャモロの人が住んでいた村を進み、険しい道を歩いていくとパガットケーブはあるのです。ツアーには、パガットケーブを堪能した後に、お昼ご飯と休憩をするために海岸に出ます。そこはパガットケーブツアーに参加した人しかみることができない絶景が待っているのです。

N5flazgp6ga0ak1tcl0f
引用: https://www.instagram.com/p/Bqwpp6WF-xf/

パガットケーブに行きたい場合は、最初にオプショナルツアーに予約をしましょう。おすすめなのが、日本語で解説してくれるツアー会社が2社ほどあります。英語ができてるかたには他のパガットケーブツアーでもおすすめです。日本語を使う環境だと非日常感はありません。まず、オプショナルツアーの会社が用意してくださるものも予約の時に確認しましょう。ツアー料金は約1万円ほどのものが多いです。

S6qufeecqpi0ajklajng
引用: https://www.instagram.com/p/BlppnTuhvOS/

私達が用意するもので、一番気をつけないと行けないのが服装です。パガットケーブでは、トレッキングもしますし、泳ぐこともします。ホテルで水着は身につけて行きましょう。上に着る長袖はラッシュガードがおすすめです。服装は下は長ズボンがいいでしょう。水着の下にきるUVカットのレギンスでもいいですね。虫刺され予防になります。靴は、トレッキングをするときはトレッキングシューズなどの厚手の靴がおすすめです。岩場などを歩いたりもするので、スニーカーだと滑ったりする場合もあります。マリンシューズは泳いだときに使用したりします。

Bcajkcrkevtfenb2uowr
引用: https://www.instagram.com/p/BuvsD-NnUsH/

個人で用意した方がいい持ち物は、大きめのフェイスタオル(泳いだ後に水を拭き取ります)や虫除けスプレー(すごく虫が多い)です。貴重品や現金はあまり持たないようにしましょう。スマホやカメラは防水対策をしましょう。そして帽子も日差しがきついので必要になります。カバンはリュックサックがおすすめですが、ツアー料金に含まれていることがありますので、確認をしましょう。お昼のお弁当には大きなおにぎりがおすすめですが、ツアー料金に含まれている場合があります。

1 / 3