Ubdmrb1vzipwie7pz2is

石川

CATEGORY | 石川

【2019年版】金沢で知っておきたい日本酒&酒蔵を大特集!

2019.03.14

城下町の金沢、歴史と伝統のある酒蔵があり、日本酒が作られています。金沢へ来たら、ぜひ飲んでいただきたい有名な、そして人気の日本酒をお伝えしていきます。お土産に金沢の日本酒もいいですね〜。お酒の好きな方は、金沢の酒蔵を見学してみませんか。

  1. 金沢のおすすめの日本酒①菊姫
  2. 金沢のおすすめの日本酒②宗玄酒造
  3. 金沢のおすすめの日本酒③加賀鳶
  4. 金沢のおすすめの日本酒④萬歳楽・石川門
  5. 金沢のおすすめの日本酒⑤鹿野酒造・常きげん
  6. 金沢のおすすめの日本酒⑥ichi椿
  7. 金沢のおすすめの日本酒⑦AKIRA オーガニック純米酒
  8. 金沢の日本酒・酒蔵⑧福光屋
  9. 金沢の日本酒・酒蔵⑨やちや酒造
  10. まとめ
Qiesxepdc10vi6w7kzc5
引用: https://www.instagram.com/p/BuZyT8sn-Hz/
最初にご紹介する、石川の金沢で有名な日本酒には、「菊姫」をおすすめします。石川を代表する日本酒の、菊姫です。こだわりを持って酒蔵にて作られている地酒の菊姫。こだわった原材米、熟成、醸造を味わうことができる日本酒です。
Wad2hbgdjqjmb6k3g7ep
引用: https://www.instagram.com/p/Bu04JXrBRhx/
菊姫は酒造りを子育てと同じように考えています。愛情を注ぎ、慈しみ育ててこそ、納得がいく酒が造れると考えています。 そのための必要条件とは最上質の原料米の吟味、買い付け、そして蔵の設備などです。十分条件とは杜氏以下、蔵人の高い技術とチームワークです。そして、その中心にあるのは本物の旨い酒を毎年造り続けたいという情熱です。 日本酒は一千年を超える試行錯誤の歴史を経て、世界で類のない独創的でかつ、合理的な醸造法を確立してきました。この先人達が築き上げた技術と精神を基本としながら、新しい技術を積極的に導入してきた菊姫の酒造り。

菊姫・公式サイト

Qqe8ytluphlsjixekoru
引用: https://www.instagram.com/p/Buf-f1RgwNJ/
続いてご紹介する、石川の金沢で人気な日本酒には、「宗玄酒造」をおすすめします。おすすめの日本酒は、「宗玄純米酒」です。フルーティーな甘さと酸味のバランスが取れた金沢の代表的な日本酒となります。
Homutnnsa2e0ecujyhof
引用: https://www.instagram.com/p/BuZ1bRDBtBB/

宗玄酒造株式会社・公式サイト

Qkwo8kfcddkijdhpgdgf
引用: https://www.instagram.com/p/Bu04JXrBRhx/
続いてご紹介する、石川の金沢で人気な日本酒には、「加賀鳶」をおすすめします。選び抜かれた酒米を使用して、低温で熟成された香りの高い日本酒の加賀鳶です。酒米を厳選し、契約農家から直接仕入れて酒蔵にて丁寧に作られている日本酒は、どれも深い味わいです。
Jru63kmddn9cbgvsacq0
引用: https://www.instagram.com/p/BusVImGFWIb/

加賀鳶・公式サイト

Ui7whfg1w74bwqwlz1pz
引用: https://www.instagram.com/p/BsDLTy8HA8F/
続いてご紹介する、石川の金沢で人気な日本酒には、「萬歳楽(まんざいらく)・石川門」をおすすめします。新たな日本酒の新ブランドとして新開発された酒造好適米石川門。すっきりとした飲み心地で、辛口となっています。
Vgrsedavo8fibv1n4l1n
引用: https://www.instagram.com/p/BtvoVXcg6O4/

萬歳楽(まんざいらく)小堀酒造・公式サイト

Lyxljknapjunhkfowyjv
引用: https://www.instagram.com/p/Buyg371A6aZ/
続いてご紹介する、石川の金沢で人気な日本酒には、「鹿野酒造・常きげん」をおすすめします。鹿野酒造では、自社の田んぼにて酒米を生産し、鹿野酒造の地に沸いている、「白水の井戸」を使用し、そして守り続け、愛情を込めて日本酒を作っています。常きげんは、深みと旨みを極めたお酒となっており、ふくよかな香りが特徴です。
Rqpk6yynove1qxdviu8b
引用: https://www.instagram.com/p/BsiLtEEA-9P/

鹿野酒造・公式サイト

Cc2eawpr9lbete5heloo
引用: https://www.instagram.com/p/BZ55bLhFdmX/
続いてご紹介する、石川の金沢で人気な日本酒には、「ichi椿 純米吟醸酒」をおすすめします。金沢の老舗酒蔵の中村酒造の人気の日本酒のichi椿です。金沢の地元の原材料を使い、「椿花酵母」を使用しています。フルーティーな飲みやすいアルコール度数13度の日本酒、ichi椿 純米吟醸酒です。
Oizm1pmidqdz5r9xlwoy
引用: https://www.instagram.com/p/BAWytk7JmdI/

中村酒造・公式サイト

Ovj1ljfgingz5avwzv9t
引用: https://www.instagram.com/p/BuTSgssFJR0/
続いてご紹介する、石川の金沢で人気な日本酒には、「AKIRA オーガニック純米酒」をおすすめします。先ほどご紹介した、金沢の老舗の酒蔵・中村酒造にて作られている、オーガニック有機米と、金沢の豊かな水を使ったこだわりの日本酒です。素朴な味わいながらも深いコクがあります。
Kbcd6i2bisycocs1v9kw
引用: https://www.instagram.com/p/BtqcELQnqm0/
Hjjqjqv1m6uxqjdb8rlo
引用: https://www.instagram.com/p/Bu5D7AfHll7/
続いてご紹介する、金沢で酒蔵を見学できる場所は、「福光屋」です。1625年創業の長い歴史を持つ、酒蔵の福光屋。酒蔵の見学には、4つのコースがあり、「蔵内コース」、「プレミアムティスティングコース」、「スタンダードティスティングコース」、「団体・グループコース」となっています。蔵内コースの見学は、10月〜4月末まで、参加費は1000円です。実際に、酒造する工程、日本酒の奥深い歴史などを知ることができます。
Gqflkv5jf8czyfweycbe
引用: https://www.instagram.com/p/BumsVYqHRYn/
プレミアムティスティングコースの見学は、5月〜9月となっており、参加費用は2000円です。数量限定で蔵出しをする、希少な長期熟成酒を見ることができます。また、プレミアムの日本酒をティスティングして、日本酒の奥深い味、歴史を知ることができる、人気のある見学コースです。
Kmh2xcrwaraj9h0a7lds
引用: https://www.instagram.com/p/Bu08y36ArTs/

金沢の酒蔵・見学情報

*名称:SAKE SHOP 福光屋 金沢店 *住所:〒920-8638 石川県金沢市石引二丁目8番3号   *電話予約可能:TEL 076-223-1117 *見学・開催期間:10月〜4月末
Kq8bkw720uurggl10uni
引用: https://www.instagram.com/p/BqTMUp6HoMM/
冬、辺りが冷気に包まれる頃、酒蔵には張りつめた空気が漂います。酒を醸す。蔵人たちによって一瞬も気を抜けない仕込みの季節が始まります。福光屋の酒造りは自然が主役。寒の水と吟味された酒米。これら自然の恵みと、酵母や麹カビといった微生物たちによって酒は醸し出されます。蔵人の役割は自然の原理がうまく働く場をつくること。そして、主役である微生物が気持ち良く活躍できる環境を整えること。自然に敬意をはらい、自然のチカラを最大限に引き出すための知恵と工夫を授かるために、蔵人は手造りにこだわります。いい酒を造りたい。そのためには、できる限りあらゆることを試してみたい。福光屋の酒造りを支えてきたものは、蔵人たちの職人魂です。

Hresky0kyduqwaoryurs
引用: https://www.instagram.com/p/BuS7OuVHLuP/

酒蔵・福光屋・公式サイト

Ifnynoyjprpwr4bax2d6
引用: https://www.instagram.com/p/BuVkPQ2gFb7/
最後にご紹介する、金沢で酒蔵が見学できる場所は、「やちや酒造」です。やちや酒造は、金沢で伝統の酒つくりを始めて、400年もの歴史がある老舗の酒蔵です。やちやの酒蔵は、金沢の「文化庁登録有形文化財」に指定されております。歴史深い酒蔵、酒作りの工程を見学することができます。1日のうち3回、見学できます。第1回目は、10時30分より、第2回目は、午後13時30分、最後は15時からとなっています。酒蔵の見学所要時間は、だいたい40分ほどです。見学費用は、500円となっています。
Xgcjetavxunikkpxd3vu
引用: https://www.instagram.com/p/Bmdozueg98o/
前田利家公とともに金沢へ。前田利家公の愛した酒! 天正十一年(1583年)、創始者「神谷内屋 仁右衛門(かみやちや じんうえもん)」が、殿様専用の酒造りをするため、加賀百万石の藩祖前田利家公のお供をして尾張の国から移住したのが、やちや酒造のはじまりです。 ■屋号とブランド名を殿様より拝受 寛永五年(1628年)、「谷内屋(やちや)」の屋号と、加賀の国の「加賀」とおめでたい「鶴」をつけ「加賀鶴」の酒銘を殿様より拝受する。 爾来四百余年、城下町「金沢」で伝統の地酒を今に伝える蔵です。

Hwnmjxywrlzomdjngzyb
引用: https://www.instagram.com/p/BLqguMIBSfW/

金沢の酒蔵・見学情報

*名称:やちや酒造 *住所:〒920-0818 石川県金沢市大樋町8 *予約受付電話:076―252―7077 *予約受付時間:9時~12時・13時~17時・(日曜日は受け付けていません) 「上記時間以外に電話された場合は、受付しません!」 時間を守って見学の予約しましょう。
Sesdmmwtwend10ayj6zd
引用: https://www.instagram.com/p/BtMfgJdAMua/

やちや酒造・公式サイト

城下町の金沢には、歴史のある酒蔵があり、美味しい味わい深いお酒を、手間ひまかけて職人技にて作られています。金沢へ来た時には、ぜひ美味しい日本酒を味わってくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bp0ZkjPn3xC/