Tgrxapmvvsnzlnptycg0

神奈川

CATEGORY | 神奈川

【2019年版】江ノ島イルミ「湘南の宝石」日程や見どころをチェック!

2019.03.09

人気観光スポット江ノ島で開催される冬のイベント、江ノ島イルミ「湘南の宝石」は、関東三大イルミネーションに認定されています。その開催日程や見どころを会場やアクセス情報とともに取りあげました。江ノ島全体がライトアップされる幻想的で美しい光の祭典「湘南の宝石」の情報です。

  1. 江ノ島イルミネーション「湘南の宝石」とは
  2. 湘南の宝石! ①日程は
  3. 湘南の宝石! ②開催場所は
  4. 湘南の宝石! ③江の島シーキャンドルの光の大空間
  5. 湘南の宝石! ④サムエル・コッキング苑の湘南シャンデリア
  6. 湘南の宝石! ⑤江の島岩屋の洞窟イルミネーション
  7. 湘南の宝石! ⑥enoshima-光-michi
  8. 湘南の宝石! ⑦公共交通でのアクセス
  9. 湘南の宝石! ⑧車でのアクセスと駐車場
  10. まとめ
Luwuerc8lmzmyuwbukyp
引用: https://www.instagram.com/p/BuqZzJPARs2/
人気の観光スポットである神奈川県湘南海岸の江ノ島は、夏のイメージが強いかもしれませんが、冬にも素晴らしいイベントが実施されるのです。それが江ノ島イルミネーション「湘南の宝石」です。江ノ島での冬の最大イベントになっているこの「湘南の宝石」は、江ノ島全体にライトアップが施されるという、光り輝く大規模なイルミネーションの祭典です。
Gqenqshpq6hdcv7xwlay
引用: https://www.instagram.com/p/Buugj8aABFr/
この江ノ島の「湘南の宝石」は関東三大イルミネーションに認定された他、日本夜景遺産にも選定されるなど、イルミネーションイベントとして高い評価を受けています。地元藤沢市をはじめ、官民一体となって作り上げているイベントだけに、イルミネーションの質の高さと独自の演出や企画が、人気スポット江ノ島の魅力とも合わさって、大変な人気イベントになっています。
Exuy66s8s4qa7zgcmfvb
引用: https://www.instagram.com/p/BusUKKCAPCF/
「湘南の宝石」の日程は、例年、11月の下旬から年をまたいで翌年の2月にかけて開催されており、約3ヶ月にもおよぶ長期間の日程で行われる大イベントということになります。2019~2020年にかけての日程はまだ正式に発表されていませんが、2018~2019年に開催された日程を紹介することにします。
Euaeqgrcvddbv45wcfuk
引用: https://www.instagram.com/p/Bt58ayzFuR0/
開催期間は11月23日から2月17日までで、イルミネーションの点灯時間は、1月14日までが17:00から、1月15日以降は17:30からとなっており、20:00までライトアップされます。開催初日の点灯イベントの他、クリスマス期間をはじめ期間限定の各イベント、最終のフィナーレイベントなどが実施されています。
Lz5fxtlp5blb1kvobhed
引用: https://www.instagram.com/p/BurJlzMgfQz/
「湘南の宝石」の開催場所は、一言でいうと江ノ島の島全体ということになります。島内各所がイルミネーションでライトアップされることになり、期間中の夜は、江ノ島がまさに光輝く、ファンタジーの島に変貌するのです。
Ecbpefaxfpiexu8kfilj
引用: https://www.instagram.com/p/BuY1CfcFWMe/
中でも、メイン会場となるのが、島の中央部にある江の島サミエル・コッキング苑とその中にある江の島シーキャンドル(旧江の島灯台)になります。その他にも中津宮広場、亀ヶ岡広場、江の島岩屋などが会場となっており、島の入口すぐの弁財天仲見世通りからこれらの会場を結ぶ道もライトアップされます。さらに江の島ヨットハーバーのライトアップも見逃せません。
Aoxrblvcjfkvjxowvfwc
引用: https://www.instagram.com/p/Buq4baFlgYd/
江の島のシンボルになっているのがシーキャンドルと呼ばれる灯台で、江ノ島電鉄が管理運営する、日本で初めての民間の灯台です。通常の灯台と観光展望台としての役割を合わせもつ灯台になっています。このシーキャンドルが美しくライトアップされる「光の大空間」は「湘南の宝石」の一番の見どころになっており、遠くからでもイルミネーションイベントのシンボルとして、その輝きを望むことができます。
U5xpke5olvrs9bgv4kzn
引用: https://www.instagram.com/p/BuShkynhRg4/
シーキャンドルの周囲にもイルミネーションが何本も吊り下げられ、その星のような輝きは、本体のシーキャンドルや周囲のライトアップとともに見事な「光の大空間」を作り上げています。さらに、このシーキャンドルの展望室からの美しい夜景もまた見どころになっています。サムエル・コッキング苑の中にあるので、その入園料とシーキャンドル入場料合わせて大人500円、子供250円が必要になります。
Z55okuszwsslersd8mcd
引用: https://www.instagram.com/p/BucT6GRBNQ9/
「湘南の宝石」のメイン会場になっているサムエル・コッキング苑は、明治時代に横浜に在住していたアイルランドの貿易商サムエル・コッキングがこの地を買収して開いた由緒ある植物園です。マイアミビーチ広場やウィンザー広場など藤沢市の友好都市にちなんだ広場などもあり、四季の花や植物を鑑賞することができます。
Id9l9f8r6hyyt2wqa44a
引用: https://www.instagram.com/p/Bug0ilvlMf8/
このサムエル・コッキング苑へ入るとすぐ、全長10mにわたって光のトンネルが続き、その中に「湘南の宝石」の見どころの1つ「湘南シャンデリア」があります。トンネルの中を通ると、幻想的なイルミネーションの世界へ引きずり込まれます。この「湘南シャンデリア」は最高級クリスタルと言われるスワロフスキー・クリスタルビーズを7万個も使用した、まさに最高の輝きです。
Dpyjtgsu4zh5p7ztschn
引用: https://www.instagram.com/p/BsS4RJCFf-u/
江の島の一番奥にある「岩屋の洞窟」は、長い年月をかけて波の浸食が作り上げた自然の洞窟で、第一岩屋と第二岩屋の2つ洞窟があります。弘法大師が訪れた時に弁財天が現われたという伝承があり、古くから信仰の対象になってきた洞窟です。さらに、源頼朝が戦勝祈願にやってきた場所とも言われ、江ノ島観光の人気スポットの1つでもあります。
L88w3kkpwlsdev8qsl67
引用: https://www.instagram.com/p/BtyAF2zFVON/
「湘南の宝石」では、この「岩屋の洞窟」の第二岩屋がイルミネーションで彩られます。全長56mの洞窟の中は、天井と通路の両側に宝石が散りばめられたようにライトアップされ、美しく幻想的な洞窟のイルミネーションを体験できます。洞窟の中ということで朝からライトアップされ、点灯時間は9:00~17:00となっています。
Hik5eafji7hygqlsf82v
引用: https://www.instagram.com/p/BuJGnfjn_XZ/
「湘南の宝石」の見どころ、最後に紹介するのは「enoshima-光-michi」です。江ノ島入口の、弁財天仲見世通りから始まって全長1Kmにもおよぶイルミネーションの道になります。各会場を結ぶように続いているので、各会場だけでなく、その途中もイルミネーションが楽しめるのです。
Rqu0u7vlnguggmowpnjn
引用: https://www.instagram.com/p/BuNZFpEF5fr/
弁財天仲見世通りから、中津宮広場、亀ヶ岡広場、そしてメイン会場のサムエル・コッキング苑を巡り、さらには御岩屋道通りを通って、江ノ島神社の3つの社で最も奥にある奥津宮へ続く道のりにイルミネーションが施されます。そして、その先には見どころの1つ岩屋洞窟があります。
As9ck71zowc3s74lnzne
引用: https://www.instagram.com/p/BtaiBikAly_/
江ノ島イルミネーション「湘南の宝石」が開催される江ノ島への鉄道でのアクセスは、3つの路線が乗り入れています。東京方面からは小田急線が江ノ島へ直行するので非常に便利です。小田急新宿駅から片瀬江ノ島駅へ快速急行で約1時10分の所要になります。さらに早い特急もありますが、こちらは特急料金が必要になります。また、JR藤沢駅から小田急線へ乗り換える場合は藤沢から片瀬江ノ島へは所要約7分です。小田急片瀬江ノ島駅から江ノ島入口までは、徒歩で約12分になります。
L00sxnymlz3n44o7was2
引用: https://www.instagram.com/p/BsMEMwvF1sU/
次は江ノ島観光の人気スポット江ノ島電鉄、通称江ノ電を利用する場合です。JR藤沢駅で江ノ電に乗り換えて江ノ島駅まで所要約11分となります。また、JR鎌倉駅で乗り換える場合は江ノ島駅まで所要約24分になります。江ノ電の江ノ島駅から江ノ島入口までは徒歩で約16分の所要になります。
Gyg8ignpdyw74b3dzkni
引用: https://www.instagram.com/p/BugllECDWGS/
そして、もう1つが湘南モノレールです。大船駅と湘南江の島駅の間を運行しており、JR大船駅で乗り換えて、湘南江の島駅まで所要約14分となっています。湘南江の島駅から江ノ島入口までは徒歩で約17分の所要になります。
Niqssbb9q0xylemuddsk
引用: https://www.instagram.com/p/BuQ-BRRFNMv/
江ノ島イルミネーション「湘南の宝石」が開催される江ノ島への車でのアクセスは、各地から高速道路を利用した場合、最寄りのインターチェンジは新湘南バイパスの茅ヶ崎海岸ICになります。この茅ヶ崎海岸ICからは約22分の所要になります。
Jjf7ygamrr54ll1asvy2
引用: https://www.instagram.com/p/Bm_AJHAFG6B/
車でアクセスした場合の駐車場ですが、江ノ島付近の駐車場、まず江ノ島島内に3つの駐車場があります。藤沢市観光協会江の島駐車場が収容78台、江ノ島なぎさ駐車場が収容327台、湘南港臨港道路附属駐車場が収容314台で、計700台以上の収容ですが、休日などは満車必至です。駐車場確保には朝から入れるのが無難です。江ノ島駅周辺にも多くの駐車場がありますが、休日には江ノ島周辺が大混雑で、イルミネーション点灯時間が近づくと顕著になります。藤沢駅付近の駐車場へ入れて、後は電車を利用する方法もあります。
Iq75pqvbkbdsxsax6l7w
引用: https://www.instagram.com/p/BtXwOxuhO65/
関東三大イルミネーションに認定されている、冬の江ノ島イルミネーションイベント「湘南の宝石」について、その日程や会場、見どころをアクセス情報とともに紹介しました。ぜひ参考にしていただいて、2019~2020年の開催時には、美しく幻想的なイルミネーションに輝く江ノ島を訪れてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Buq4baFlgYd/