Xrps3hkary8wfndqrwl0

広島

CATEGORY | 広島

【2019年版】広島県厳島神社の魅力を大特集!歴史からご利益まで

2019.03.07

広島県の宮島にある世界遺産である「厳島神社」海に美しく立つ大鳥居は広島観光の目玉としても知られています。今回は厳島神社の見どころや歴史、参拝時のご利益などは勿論、周辺のショッピング情報や素敵なホテル情報までご紹介したいと思います!

  1. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介1・厳島神社の歴史を知ろう
  2. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介2・厳島神社参拝のご利益は?
  3. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介3・厳島神社の四季
  4. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介4・大鳥居を見に行こう
  5. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介5・厳島神社おすすめ参拝コース
  6. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介6・満潮時にろかい舟に乗ろう
  7. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介7・大鳥居の夜間ライトアップを楽しもう
  8. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介8・弥山ハイキングを楽しもう
  9. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介9・表参道商店街をぶらり
  10. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介10・宮島水族館「みやじマリン」
  11. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介11・五重塔目の前のカフェ「天心閣」
  12. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介12・大鳥居を見ながらお茶しよう「Cafe Lente」
  13. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介13・あなご飯を楽しもう「うえの」
  14. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介14・あなご飯を楽しもう「まめたぬき」
  15. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介15・厳島神社観光に便利な宿「岩惣」
  16. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介16・厳島神社観光に便利な宿「有もと」
  17. 広島の厳島神社の歴史は?見どころやご利益までご紹介17・厳島神社観光に便利な宿「錦水館」
  18. もみじ饅頭色々
  19. 厳島神社へのアクセス
  20. まとめ
Dljhv6f03rzapegzqjnc
引用: https://www.instagram.com/p/BurFGlSnIP0/
厳島神社を建立さらたのは今から1500年前の西暦593年。「佐伯鞍職/さえきくらもと」が建てたと言われています。 歴史の教科書によると、ちょうど聖徳太子が政治の世界で活躍していた年代とされていますね。 現在の厳島神社の形や建築スタイルは、この1500年前から少しづつ大きくリノベーションや補修などを繰り返し、現在の姿までなったと言われています。 その後、1146年に平清盛が現在の広島県のトップの役職である「安芸守」に任命され、清盛が一目置いていたお坊さんから「厳島神社を大切に祀るように」というアドバイスを授かります。 その後、清盛は厳島神社を平家の神様として祀ることとし、1168年まで時間をかけて厳島神社を今の形まで大きく作り上げたと言われています。 また厳島神社のシンボルとも言える大きな赤い海に建つ大鳥居、海にそそり立っている大鳥居は、経年劣化により時期 因みに大鳥居は最初からあったわけではなく、西暦1875年から立っているとされています。
Nfstametfmkkkxgeyj8v
引用: https://www.instagram.com/p/Buq-ntNn84Q/
Ihmfo2krjjbt7j883mdo
引用: https://www.instagram.com/p/BsnWt38lv11/
安芸の宮島にある歴史ある「厳島神社」のご利益で一番知られているのは御祭神/三女神のご利益でもあります「交通安全/海上交通安全」が有名です。 交通安全ということに由来し、あまり知られてはいないのですが別名で「道主貴/みちぬしのむち」(道を守る主)とも呼ばれるほどの神様なんです。 これはそのまま単純に交通安全を司ることからの「道主=道の主」という訳ではなく、国家鎮護の道筋を守るご利益もあるとされており「世の中のありとあらゆるご利益に通じており、幸福を振りまく貴女/高貴な最高神」とも解釈される素晴らしいご利益を持っているのんですよ! また、海に近いというロケーションから、古くから「漁業大漁」「国家鎮護」のご利益もあると言われています。 他に、現在でも平清盛の繁栄にあやかって「水災消除/海上交通安全」や弁財天に関係して「財産招福」などのご利益があるとされているのも嬉しいですね。
Ldwghewlza8bbgbvbyv7
引用: https://www.instagram.com/p/Buq0OPrhccJ/
Fi3tiuvjrgoxro0rgis9
引用: https://www.instagram.com/p/BPUacp9AOxf/
海と山に囲まれた、安芸の宮島「厳島神社」。四季によりその美しさも変わり、見どころが違ってきます。 春には芽吹き始めた新緑と桜が海の景色に映え、肌寒い風に温かさも加わり観光しやすい季節です。桜は多宝塔の近くに多く咲いていますのでチェックしてみてくださいね。 夏には色濃い緑が美しい季節ですが、暑い時には無理をせず「みやじマリン」などを観光しましょう。 秋には11月下旬ころから紅葉が見られます、こちらも厳島神社の朱色の建物に映え美しく、観光に大人気の季節です。 冬になるといつも降雪があるわけではありませんが、年に数回、雪化粧した大鳥居は驚くほどの美しさですよ。
Cobcksdjhn0s2fmztraf
引用: https://www.instagram.com/p/BtYPu1dlYzw/
Iam2r5gdgkae0nuwu8ee
引用: https://www.instagram.com/p/BtyQDsJn5ch/
厳島神社の大鳥居には、2つの観光タイムがあります。 それは干潮時と満潮時なのですが、日々時間の変わる潮の満ち引きにより、見られる景色が全く変わってくるんですね。 干潮時にはなんと大鳥居の根本まで行ってましたから大鳥居を見ることが出来、満潮時には美しく海に浮かぶ朱色の大鳥居を眺めることが出来るんです。 どちらも美しく、1日宮島に滞在して両方をみるのもおすすめですね。 大鳥居の主軸の周囲はなんと10メートル!その迫力もびっくりです。
Ulul3r9owxaslezefmhl
引用: https://www.instagram.com/p/BsR9SHeD2Wq/
Wlt5miph5ofo6udjupyo
引用: https://www.instagram.com/p/BuqYSIMge7P/
広大な敷地や海にまで広がる厳島神社。境内は全て一方通行で見て回ることになっていますので、基本的には流れに乗って歩いていれば見どころを見逃すことはないと言われています。 時間の限られた旅行ですから、効率よく観光を済ませたいですね。 おすすめの参拝コースをご紹介します。 ①大鳥居 厳島神社に向かう途中にある御笠浜は高さ約16メートルの大鳥居が見られます。厳島神社の一番の観光スポットですので、必ず立ち寄りましょう。 ②入口 神社らしい美しい朱色が映える厳島神社の玄関口です。世界遺産に登録された厳島神社の入り口で記念撮影をしたいですね。 ③客神社(まろうどじんじゃ) 五男神を客として祀っており、まずは向かいの祓い所で身を清めましょう。 ④東回廊 朱塗りの柱や釣り灯籠などが並ぶ美しい回廊で、ここから大鳥居を望むこともできる絶景スポットとしても知られています。 ⑤御本社 三女神を祀った扉や壁のない開放的な本殿です。交通、財福、技芸の神として知られています。 ⑥高舞台 日本三大舞台のひとつとして数えられており、平清盛が舞楽が今も行われている現役の舞台です。 ⑦火焼前 海に向かって細長く突き出ている部分で、大鳥居が眺められるポイントです。 ⑧大国神社 国造りと縁結びの神である大国主命が祀られています。 ⑨天神社 学問の神様が祀られています。 厳島神社の中では珍しく朱塗りがされていません。 ⑩西回廊 東回廊と対になっていますが、こちらの方が長い回廊となっておりゆったりと回ることが出来ることが特徴です。 ⑪出口 その昔はこちらが入り口だったこともあると言われています。
Jwtqn1stc9nc6lulouvc
引用: https://www.instagram.com/p/BuqbUsYHI4p/
Kywy2d4lmgqobcmnzk9z
引用: https://www.instagram.com/p/BswRmU8ljGU/
毎年、満潮の深度が深くなる3月から11月頃まで大鳥居の下を舟で観光が出来る「ろかい舟」が運航しています。 約20分間、800円~1000円でのんびりとした大鳥居観光が楽しめます。 大鳥居は、満潮時には海の中に建つ朱色の鳥居が楽しめ、干潮時には大鳥居の真下まで歩いて行き下から鳥居を見上げてその迫力を楽しむことが出来るのですが、こちらのろかい舟に乗船すると、舟に乗ったまま鳥居の真下まで行くことが出来ますのでその両方の魅力を一気に楽しむことができるのが嬉しいですね!時間の限られた旅行者にはこの「ろかい舟」は大人気となっています。
Sxi0rs7fl0w1kwdtugi4
引用: https://www.instagram.com/p/BsW5Bt8gKTz/
Yh5zl73u2jrrkffkvnxa
引用: https://www.instagram.com/p/BUzPgcjA4HA/
厳島神社は、夜間なんと23時頃までライトアップがされています。 社殿や大鳥居が夜の闇に浮かび上がる様はとてもロマンティック! 特に回廊の美しさは神秘的で息を飲むほどですよ。 宮島の中にあるホテルや旅館に泊まると、夕食前や夕食後に、徒歩で見て回る厳島神社のライトアップツアーなどを企画しているお宿もありますので、そういったものに参加すると効率よくライトアップを見ることが出来そうですね。 出来ればライトアップは日帰りではなく、宿泊してのんびりと楽しみたい素晴らしい景色です。
Fgdkr0jlctmafkjh3vbc
引用: https://www.instagram.com/p/BuqiwdVnpCP/
Trlh6zkud6cj9bvwsysh
引用: https://www.instagram.com/p/BuoNE5pjr2X/
厳島神社の裏手にあり、往復で約3時間あれば楽しめる弥山のハイキング、1日を宮島観光に費やして厳島神社参拝とハイキングを楽しむ人も少なくありません。 山頂まではロープウエイで行くことも可能ですので、気軽にトライすることが出来ますね。 山頂にはパワースポットとしても知られる巨石や弥山本堂などがありますので、ゆっくりと観たい方は時間に余裕を持って出かけましょう。季節によっては軽装でも可能な場合もありますが、足元だけは歩きやすい、履きなれた靴でハイキングをするようにしましょう。 疲れたら休憩をし。、無理をせず下りもロープウエイを使うこともできますよ。
Avthlkx46xjuklcdkk2t
引用: https://www.instagram.com/p/BuoMlGyAjgd/
Tpy8mt2acuygffeenjcc
引用: https://www.instagram.com/p/BqhmfqgHpog/
宮島観光で楽しいのは、神社仏閣や大鳥居だけではありません。 厳島神社へ続く約300メートルのアーケードには左右にお土産ショップやグルメスポットが立ち並び、ここをそぞろ歩くのも宮島観光の大きな楽しみの一つとなっています。 とくにおすすめは食べ歩きです! 立ち食いが出来る牡蠣のカレーパンなどの変わり種から定番の揚げもみじ饅頭までお腹いっぱいになりそうですね。 おすすめは、参拝前の小腹を満たすことが出来る「穴子まん」450円です。あなご飯を食べる時間がない!といった方にもおすすめの宮島の穴子グルメです。
Rtorvbioqxjgcfhnpqzh
引用: https://www.instagram.com/p/BmgXNUinlqm/
Hfalfctlp8s35rwg7xwy
引用: https://www.instagram.com/p/BuRRvVCnZTz/
宮島で家族やカップルに人気の癒しスポットが「宮島水族館・みやじマリン」、1959年に開業した老舗の水族館です。 子連れで神社仏閣巡りをするのも素敵ですが、どうしても子供は飽きてしまいがち・・・なんてこともありますよね。 そんな時にはやはりアシカのライブショーやペンギンの可愛い姿が見られる水族館は最適ですね。 大人にも楽しい宮島ならではの展示もあり「牡蠣の養殖」水槽なんていうのもあるんです! 是非、宮島観光の際には宮島水族館、みやじマリンにお立ち寄りください!
Uhyolokfaod2nqtuf18x
引用: https://www.instagram.com/p/BuctlODFqET/

宮島水族館・みやじマリン詳細

●住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町10−3
Eticuotqlb1yrdwxymxx
引用: https://www.instagram.com/p/BVbyPAplgio/
カフェの間の前にある日本庭園越しに五重塔と千畳閣が目の前に見える絶景カフェが「天心閣」になります。 貴族の旧邸宅を改装して営業しているカフェになりますので雰囲気も豪華でのんびりとした気分で一休みすることが出来ますよ。 宮島桟橋から徒歩15分、コーヒーが550円と立地を考えるとリーズナブルな価格設定です。
D15vtjlma4leazcohlrf
引用: https://www.instagram.com/p/BnNkCXYHpVH/

天心閣詳細

●住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町413 ●電話:0829-44-0611
A09nnhukeyo13dfa8ynq
引用: https://www.instagram.com/p/Bs4xoXRF-hE/
島内にあるカフェで、いちばん大鳥居を一番間近に見られるカフェがこちら「Cafe Lente」になります。 お店のロゴマークにも厳島神社の大鳥居がデザインされていてインパクト大! カフェのオーナーがデザインチェアのマニアということもあり、凝ったインテリアの店内はシックで落ち着いた雰囲気ですよ。 自家製チーズケーキなどのスイーツからリゾットなどのランチまで幅広いメニューが揃っています。
Jsezb3prxmdbjopzfiwk
引用: https://www.instagram.com/p/Btn9ge8BJx2/

Cafe Lente詳細

●住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町1167-3
Mps69ocwlcs2pkox5ous
引用: https://www.instagram.com/p/BuqK7E6H74r/
安芸の宮島の名物と言えばあなご飯!ふんわりとした身が甘辛く味付けしてあるあなごはふっくらと炊かれていて美味、下に敷かれたご飯もお店によってそれぞれ工夫が凝らされています。 行列の絶えない宮島口にあるあなご飯の有名店「うえの」では、なんとご飯にモチ米が炊き込まれておりその歯ごたえはしっかりとしていてモッチモチです。 ちょっと小腹が減っている、と言う時にはあなご飯よりもボリュームの少ないあなごの白焼き(1296円)もおすすめです。 待たずに食べたい方は開店時間の10時と同時に入店すると良いでしょう。
Kppokrbp0px9sancxhnn
引用: https://www.instagram.com/p/BrNlKIZHOjL/

うえの詳細

●住所:広島県廿日市市宮島口1-5-11
Rmluxuzwbru7e3ose9iu
引用: https://www.instagram.com/p/BulJ7PhnfsU/
老舗旅館「錦水館」の1階にはいっているあなご飯の専門店です。 宮島のあなご飯は焼きあなごを乗せるのが主流なのですが「まめたぬき」のあなご飯は煮あなごを乗せて器ごと蒸して作られています。 あなごのとろける様な食感が魅力です。
Gkbwftuddj2hl9zop6k6
引用: https://www.instagram.com/p/Bt0tRy-HIrt/

まめたぬき詳細

●住所:広島県廿日市市宮島町1133 1階
R6pakn3wxjomwfx2m7fc
引用: https://www.instagram.com/p/Bn3ehSrHiZz/
安政元年(1854年)に創業したという老舗中の老舗の旅館です。 古くは伊藤博文や夏目漱石なども宿泊した宿として知られており、本館の部屋は一部屋づつ趣向が凝らされ異なる雰囲気となっています。 新館は紅葉谷公園を望むことが出来る眺望が自慢、また静かに過ごしたいカップルなどには平屋建ての「離れ」のお部屋もおすすめです。 ゆったりとした大浴場からは、時々宮島の鹿を見つけることが出来るかもしれません。
Vfmdshmgpub7lei39n7d
引用: https://www.instagram.com/p/BuQ2bschWZ-/

岩惣詳細

●〒739-0522 広島県廿日市市宮島町南町345−1 ●電話:0829-44-2233
Pfjhfrwjciazizjgwwxs
引用: https://www.instagram.com/p/BmhXzYPHquY/
江戸時代初期から参拝客をもてなしてきたとされる宮島グランドホテル「有もと」。 厳島神社が見える眺望が自慢のお部屋や露天風呂付の客室など、部屋のヴァリエーションも豊かに揃っているのが嬉しいですね。 夜にはなんと、ホテルの公認ガイドによるライトアップツアーが開催されています、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?
Ehu7arvkncuftuvk4g9n
引用: https://www.instagram.com/p/BZybxH2B0Nf/

有もと詳細

●住所:広島県廿日市市宮島町南町364
Cduupfanyri4wk0de079
引用: https://www.instagram.com/p/BtbBFIABrii/
宮島に2軒ある、温泉宿のうちのひとつが錦水館です。客室は「大人の休日」や「海風」など、趣向が違った8つの部屋タイプから選ぶことが出来、館内には居酒屋やブックカフェなども併設されておりスタイリッシュな宿で退屈知らずの時間を過ごすことができそうですね。
Xat29ww8zhm6kniuo6dh
引用: https://www.instagram.com/p/BuFnUsAHZg1/

錦水館詳細

●住所:広島県廿日市市宮島町1133
Zbdf3ybfldht0qvljs0f
引用: https://www.instagram.com/p/BuoZx1zjAA4/
広島土産の定番として外せないのがこちら「もみじ饅頭」です。 新幹線が停車するJR広島駅や空港、市内のお土産ショップなどでも購入はもちろん可能ですが、もみじ饅頭の発祥はこちら宮島です。 是非、厳島神社を観光した際にはもみじ饅頭をお土産に買って帰りたいですね。 近年は、あんこだけのいわゆるもみじ饅頭だけではなく、揚げてある揚げもみじ饅頭、もみじプリン、もみじクッキー、生もみじ饅頭、もみじマドレーヌなど多岐にわたっています。 あんこが苦手!という方にも広島の「もみじ」のお土産を買って帰ることが出来るのは嬉しいですね。
Kc4krpc8wsqyjgvt4lni
引用: https://www.instagram.com/p/Bup2vrWF-ZM/
Iptb1mtru2ihzpjq8rud
引用: https://www.instagram.com/p/Buqq_wFnRwv/
広島市内から宮島の厳島神社へ行くには、まずはフェリー乗り場まで行く必要があります。 基本的には広島市内からJRとフェリーを乗り継ぎ50分程度で到着します。 一番分かりやすいのはJR山陽本線の岩国行きに乗り宮島口へ行き、そこからフェリーに乗り換える方法です。他にも車で宮島口まで行き有料の駐車場に駐車してそこからフェリーも便利ですね。
Iqy8ej6sqcj90wmvaxn3
引用: https://www.instagram.com/p/BuqnYrnlAsN/
Sbvwtqlehsjxihwswxaw
引用: https://www.instagram.com/p/BuqhcRplrZ5/
いかがでしたか?歴史ある厳島神社、大鳥居の観光は勿論のこと、表参道のグルメエリアでの食べ歩きや、ロープウエイに乗ってのハイキングや家族連れに嬉しい水族館まで色々な魅力が詰まった安芸の宮島、厳島神社エリア周辺。 宿泊して1日滞在すれば、満潮時と干潮時の美しい大鳥居が見比べられますし、周辺旅館は1泊2食の宿泊料金を出しているところが多く、豪華な広島グルメも楽しめます。 是非次の宮島旅行では厳島神社を満喫してみてくださいね!
Kdefx9xs6see46l8xxa4
引用: https://www.instagram.com/p/BuqkZNslINX/
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BuLhtbzFRu6/