Nmpgc1stxmxz1fdqeksb

千葉

CATEGORY | 千葉

千葉通だけが知ってる!千葉観光の名所12選!

2018.06.05

千葉の観光スポットと言えば何処を思い浮かべますか?真っ先にディズニーリゾートを連想する人も多いのではないでしょうか。しかし千葉の観光名所は他にもたくさんあります。今回は千葉通の人や地元の人おすすめの観光名所をご紹介します。これであなたも千葉通間違いなしですよ。

  1. 千葉観光の名所1 濃溝の滝
  2. 千葉観光の名所2 ふなばしアンデルセン公園
  3. 千葉観光の名所3 佐倉ふるさと広場
  4. 千葉観光の名所4 銚子電鉄
  5. 千葉観光の名所5 マザー牧場
  6. 千葉観光の名所6 酒々井プレミアム・アウトレット
  7. 千葉観光の名所7 養老渓谷
  8. 千葉観光の名所8 袖ヶ浦海浜公園
  9. 千葉観光の名所9 香取神宮
  10. 千葉観光の名所10 大山千枚田
  11. 千葉観光の名所11 仁右衛門島
  12. 千葉観光の名所12 成田山新勝寺
  13. まとめ
まるでジブリのような世界を感じさせてくれるSNSで話題の観光スポット『濃溝の滝』。滝までは遊歩道を歩いて向かいます。滝までの道を散策しつつ歩いていると、幸運の鐘や350年以上前にできたとされる川廻しトンネルなどがあります。また、3月や9月のお彼岸ごろにこちらを訪れると、ハート型をした光が拝めたり、6月下旬~7月中旬頃にかけてはホタルが見れたりと、自然をたっぷりと感じることができます。
自然をたっぷりと満喫して歩きつかれたら、濃溝温泉 千寿の湯で旅の疲れを癒しましょう。大人1人1000円で入浴することができます。遊歩道を歩いて行かなければならないので、できるだけスニーカーなど歩きやすい靴で訪れるのがおすすめですよ。

濃溝の滝のスポット情報

子供連れの家族旅行におすすめの観光スポット『ふなばしアンデルセン公園』。この公園は、ワンパク王国・メルヘンの丘・自然体験・子ども美術館・花の城という5つのエリアから構成されています。公園内には季節に合わせた四季折々の花々が咲き誇り、子供が大喜びすること間違いなしの大型滑り台やアスレチックなども完備されています。
大人900円、高校生600円、小・中学生200円、幼児100円というリーズナブルな入園料もうれしいですね。また、お弁当の持ち込みも可能となっていますので、天気のいい日には、お弁当を持って園内にある芝生広場でのんびりと食べるのも開放感があって気持ちがいいですよ。

ふなばしアンデルセン公園のスポット情報

春はチューリップ、夏はひまわり、秋はコスモスなど四季折々の花々を楽しむことができる『佐倉ふるさと広場』。こちらの広場は、毎年8月に開催される地元の花火大会の会場にもなっています。敷地内にはオランダ風車があり、風車の内部を見学することもできますよ。
また、毎年4月には佐倉チューリップフェスタと呼ばれるチューリップの祭典が開催され、68種類70万本のチューリップが園内一面に咲き誇り、とてもきれいです。4月に千葉を訪れる予定のある方は、ぜひ色鮮やかなチューリップを拝みに出かけてみてくださいね。

佐倉ふるさと広場のスポット情報

『銚子電鉄』は、銚子~外川駅間を走るローカル電車です。かつて昔は、人を乗せるだけでなく魚や醤油の運搬にも利用されていたそうです。全長約6.4kmというこじんまりとしたレトロな電車ですが、終点駅まで乗車しても、約20分ほどなので電車に揺られながらのんびりとした小旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。
2006年に一旦廃線の危機があった銚子電鉄ですが、濡れ煎餅の販売を開始し、廃線の危機から救ってほしいとインターネット上で呼びかけたことで危機を脱したと言われています。濡れ煎餅は銚子電鉄の名物品なので、ぜひお土産にゲットしてみてくださいね。

銚子電鉄のスポット情報

かわいい動物たちとの触れ合いと、美しい景色を楽しむことができる観光スポット『マザー牧場』は、館山君津PAスマートICから約10分ほどの場所にあります。牧場には、牛や羊だけでなく、馬やうさぎなどの動物も飼育されています。それだけでなく、敷地内には菜の花・あじさいなど四季を感じさせてくれる季節の花々が咲き誇りとてもきれいですよ。また、晴れていれば房総半島や東京湾を望むことができます。
また、イチゴの季節にはイチゴの収穫体験ができ、その場で採れたての甘いイチゴを堪能することができます。その他にも牧場ならではのバター作りやフレッシュチーズ作りなどの貴重な体験をすることもできますので、旅のいい記念になること間違いありません。売店で販売されている牧場で取れた牛乳を使った商品も要チェックですよ。

マザー牧場のスポット情報

成田国際空港にも近く、交通の便に富んだ場所にある『酒々井プレミアム・アウトレット』は、思う存分ショッピングを満喫したいというときにもってこいのスポットです。敷地内には、国内外の有名ブランド店を始めとする約180店舗が集結しており、ファッションから雑貨、飲食店まで全てそろっていますので、1日かけてゆっくりとお買い物を楽しむのもいいですね。

酒々井プレミアム・アウトレットのスポット情報

自然を感じながらアウトドアを楽しみたい!というときにもってこいのスポット『養老渓谷』。こちらの渓谷では、バーベキューや魚釣り、亀岩の洞窟など様々な楽しみ方ができます。秋に訪れると、色鮮やかな紅葉と、流れ落ちる滝とのコントラストがとても美しく、思う存分自然を満喫することができます。
夏には、水遊びもできますよ。また、ハイキングコースも用意されているので、自然を感じつつゆったりと散策してみるのもおすすめです。ただし、山間を歩いていくため、ヒールなどはおすすめしません。できるだけスニーカーなどの歩きやすい靴で訪れるのがいいですよ。

養老渓谷のスポット情報

JR内房線袖ケ浦駅から徒歩で25分ほどのところにある『袖ヶ浦海浜公園』は、すぐ目の前に海が見えることで人気の公園です。無料の展望台に上ると、東京湾や海ほたる、スカイツリーなどを望むことができます。また、日没ごろに訪れると沈み行く夕日を見ることができ、とても幻想的です。
またこちらの公園は、猫100匹の公園というほど猫がたくさん生息しています。のんびりと過ごしている猫たちの姿にとても癒されますよ。猫好きの人にはたまらない観光スポットです。

袖ヶ浦海浜公園のスポット情報

佐原駅からバスで15分のところにある『香取神宮』は、2600年以上に渡って続く歴史ある神社です。日本書紀に登場した経津主大神が祀られています。境内の周りは木々に囲まれているので、清々しい気持ちで参拝することができますよ。神宮まで続く参道にはお土産屋さんや出店もありますので、食べ歩きを楽しんでいる人の姿も多くみられます。

香取神宮のスポット情報

東京から一番近い棚田ということで有名な千葉の定番観光スポット『大山千枚田』。約4ヘクタールの面積に、階段のようになった大小様々な375枚の田が並んでいます。田植えの時期には青々とした苗が、秋の収穫時期になると小金色が美しい稲穂をごらん頂けます。
夜には棚田一面がライトアップされ、昼間とはまた違った幻想的な姿を拝むことができますよ。

大山千枚田のスポット情報

全島砂岩でできているというユニークな島『仁右衛門島』は、千葉県指定名勝・新日本百景にも選定されている千葉県でもっとも大きな島です。島の周囲は約4kmほどなので、島一周するのに約30分ほどで廻ることができます。島の周りの海は透明度が高く、とても澄んでいて綺麗です。

仁右衛門島のスポット情報

1070余年の歴史を持つ歴史あるお寺『成田山新勝寺』。1年を通して大勢の参拝客が訪れています。境内まで続く参道には、お土産品や食べ物などが多く販売されており、参拝を終えたあとにお土産品を購入したり、食べ歩きを楽しんでいる人も多いですよ。

成田山新勝寺のスポット情報

千葉観光の名所12撰をご紹介してきましたがいかがでしたか?有名な千葉の観光スポットから知る人ぞ知る穴場スポットまで色んな名所が登場しましたね。これから千葉旅行を計画されている方は、ぜひ今回ご紹介した名所を参考に、素敵な旅行プランを計画してみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BgPWJJkFql5/?hl=ja&tagged=%E5%8D%83%E8%91%89%E5%90%8D%E6%89%80