Bmqya5k9e2uhfhlmpmqy

中華人民共和国

CATEGORY | 中華人民共和国

【2019年最新】注目スポット!香港大館の歴史やアクセス、アートもご紹介♪

2019.03.13

新しくオープンした香港の新しいアートスポット、香港大館を紹介します。香港大館は、歴史ある美しい建物と、現代アートが上手く調和した香港の新名所です。アクセス方法や入場料、そして営業時間に加えみどころもいち早くお届けします。ぜひチェックしてみて下さいね。

目次

  1. 1.アートな観光スポット香港大館とは?
  2. 2.アートな観光スポット香港大館のアクセス方法
  3. 3.アートな観光スポット香港大館の入場料金について
  4. 4.アートな観光スポット香港大館の営業時間
  5. 5.アートな観光スポット香港大館のみどころ①歴史を感じるお洒落な建物
  6. 6.アートな観光スポット香港大館のみどころ②Tai Kwun Contemporaryの現代アート
  7. 7.アートな観光スポット香港大館のみどころ③老舗店の看板
  8. 8.アートな観光スポット香港大館のみどころ④ビクトリア刑務所跡地
  9. 9.アートな観光スポット香港大館のみどころ⑥ライトアップ
  10. 10.周辺の観光スポット
  11. 11.まとめ

香港大館は2018年5月にオープンしたばかりの、新しい観光スポットです。170年以上もの歴史がある旧中央警察署、中央治安所およびビクトリア刑務所に現代アートを取り入れ、香港の歴史そして現代と未来とをつなぐ場所としてリノベーションされ、地元の方や観光客に公開しています。

Msgdp2sffd6ifuxzr9mc
引用: https://www.instagram.com/p/Buik1fKnMFu/

歴史

これらの建物が建てられたのは、19世紀半ばのイギリス植民地時代です。そのため、建築様式はヨーロッパ風の洋館となっています。ウィリアム・ケイン大尉により初めに中央治安所およびビクトリア刑務所が建てられ、その後植民地警察がウェリントンストリートからこの場所に移されました。

かの有名なベトナムの共産主義者、ホーチミンがイギリス警察に逮捕された際に収監されたのは、ここビクトリア刑務所でした。

第二次世界大戦に入ると、香港は日本軍の占領下となり、この地も日本が敗戦するまで、日本軍の治安部隊および捕虜を収監する場所として使用されていました。実は日本と深く関係のある建物の一つです。

戦後は建物の修理が行われた後は旧中央警察署、中央治安所、ビクトリア刑務所として2004年に旧中央警察署、治安所の廃止、2006年にビクトリア刑務所の廃止が決まるまで、中国やその他の国からの不法入国者を捌く入国管理局の機能も備えた官庁として機能していました。

住所

10 Hollywood Rd, Central, 香港

アクセス方法

香港大館があるのは、尖沙咀からスターフェリーで海を渡った反対側の香港島中環です。アクセス方法は最寄り駅のMTR中環まで行き、そこからは徒歩約8分です。

駅からのアクセスルートは様々ありますが、お洒落な「砵典乍街」の石畳を通るのがおすすめです。この通りを登りきったところが香港大館になります。お土産屋さんがずらりと並んでいるので、この通りも観光スポットの一つですよ。

O0f3io5z58fa84bpyayd
引用: https://www.instagram.com/p/BtqBqCMHr_A/

香港大館は無料で観覧することが可能ですが、事前予約が必要となります。予約は公式ホームページにアクセス後、ホームページ右のGET YOUR TAI KWUN PASSより行います。

1 / 4