Drgaltv8u0tkynf5mczv

福井

CATEGORY | 福井

【2019年最新】福井あわら温泉の観光情報やグルメをご紹介!日帰りでも♪

2019.03.18

福井の「あわら温泉」観光情報をチェック!今回は福井の代表的な温泉スポットであり、関西の奥座敷とも言われる「あわら温泉」を中心とした周辺の観光スポットにも注目をあててご紹介します!日帰りでも楽しめる観光スポットや一度は食べてみたいグルメにも出会えるかも!?

  1. 福井あわら温泉の観光情報やグルメをご紹介!日帰りでも①あわら温泉の歴史を紹介
  2. 福井あわら温泉の観光情報やグルメをご紹介!日帰りでも②温泉街の楽しみ方
  3. 福井あわら温泉の観光情報やグルメをご紹介!日帰りでも③日帰りであわら温泉を楽しもう
  4. 福井あわら温泉の観光情報やグルメをご紹介!日帰りでも④あわら温泉のグルメを楽しもう!「あわら温泉屋台村 湯けむり横丁」
  5. 福井あわら温泉の観光情報やグルメをご紹介!日帰りでも⑤あわら温泉おすすめの宿 / 北陸 あわら温泉 ぐらばあ亭 温泉香房
  6. 福井あわら温泉の観光情報やグルメをご紹介!日帰りでも⑥あわら温泉おすすめの宿 / グランディア芳泉
  7. 福井あわら温泉の観光情報やグルメをご紹介!日帰りでも⑦あわら温泉おすすめの宿 / 伝統旅館のぬくもり 灰屋
  8. 福井あわら温泉の観光情報やグルメをご紹介!日帰りでも⑧あわら温泉おすすめのお土産 / 浅野耕月堂「松乃露(まつのつゆ)」
  9. 福井あわら温泉の観光情報やグルメをご紹介!日帰りでも⑨あわら温泉おすすめのお土産 / だるまや菓舗「どんりん」
  10. まとめ
引用: http://www.awara-onsen.org/html/img/h_3.jpg
1883(明治16)年にあわら温泉を開湯、それ以降、永平寺の精進落とし(今でいう法要の時に頂く料理)の場として、やがて“関西の奥座敷”として発展し続け、多くの著名人から天皇陛下まで訪れるような温泉地となりました。
引用: http://furoyanoentotsu.com/122_kainan20140618.jpg

郷土歴史資料館へ行ってみよう!

引用: http://awara.info/wp-content/uploads/2014/02/6df9dc400cf17002eacb1e8e1cbb1bc3.jpg
あわら郷土歴史資料館は平成25年に開館されました。館内には、国指定重要文化財となっている“桑野遺跡出土石器・石製品”福井県で発見された古代製鉄の模型などいろんなものが展示されています。ここではあわら温泉の歴史なども学べるので展示されているのも鑑賞してみてください。

《郷土歴史資料館》基本情報

▶住所:福井県福井市宝永3丁目12-1 ▶TEL:0776-21-0489 ▶営業時間:9:00~19:00 (3月1日~11月5日)9:00~17:00 (11月6日~2月末日) ▶定休日:年末年始 ▶料金:無料
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQPTH8e0i3FZpgjOZvxDso-eJ6CyRqETBoqnCw-Z8gd4vI3mVE2
温泉街を散策するの楽しみの一つではないでしょうか。温泉街では残念ながら浴衣歩きという文化がないのですが、散策するポイントがいくつか中、特におすすめしたいポインをとご紹介します。

湯おとしめぐりで風情を楽しもう!

引用: https://dearfukui.jp/wp-content/uploads/2017/03/IMG_3386-640x453.jpg
周辺には湯落としの場所が何カ所があります。見ているだけでも風情が楽しめるので、ここはぜひカメラで光景を押さえておきましょう。また夜は照明がつ付くので雰囲気が全然違って見えます。その他にも“セントピアあわらの手湯”はパワースポットしても人気があります!

湯〜わくDoriを覗いてみよう!

引用: http://www.city.awara.lg.jp/mokuteki/industry/kanko/konkojouhou/p006647_d/img/012_s.jpg
あわら温泉のメインストリートと言われる「湯〜わくDori」。この辺はお土産が売られているお店が軒を連ね、カフェも楽しめる事も出来ます。また温泉街には、老舗の有名旅館もこの通りにあります。宿泊の予定はなくても、風情を感じることが出来ます。
Ekuzmabxqztktp8miu4d
引用: https://www.instagram.com/p/BvBJz3RlZ6p/
せっかくあわら温泉へ来たならば、温泉に入らないと意味がありません。あわら温泉は74本もの源泉があるといわれています。せっかく温泉地へ来たのですから、あわら温泉の楽しみ方を少し紹介します。

セントピアあわら

引用: http://awara.info/wp-content/uploads/2014/03/164981d1.jpg
あわら温泉の中止に建てられている「セントピアあわら」。地元の人たちにも良く親しまれていて、良く愛用されている人気の公共温泉です。釜風呂やジェットバスなどたくさんのお風呂やサウナを楽しむことができたり、温泉卵を作りことが出来ます。釜風呂からは星空を見る事ができますよ!

《セントピアあわら》基本情報

▶住所:福井県あわら市温泉4-305 ▶TEL:0776-78-4126 ▶営業時間:10:00~22:00/ 毎週日曜日は7:00から営業 ▶定休日:第4火曜日 ▶料金:大人 /500円 (高校生以上) 中人 /300円(小中学生) 小人

芦湯

引用: https://cdn.jalan.jp/jalan/img/8/kuchikomi/2718/KL/02d01_0002718577_1.JPG
明るいうちから着替えたり、せっかく手掛けたメイクを落としたりするのが面倒という女性におすすめは「芦湯(足湯)」です。場所は、あわら湯のまち駅の目の前にあり、無料で利用することが出来ます。こちらの芦湯5つの浴槽を楽しむことができ、源泉が異なるため温度が少しずつ違います。歩き疲れた際に利用してみるといいですよ!
▶住所:福井県あわら市温泉1-203 ▶TEL:0776-78-6767 ▶営業時間:日月火水木金土祝 7:00~23:00 ▶定休日:年中無休 ※※300円で小さなタオルが購入が可能

《芦湯》基本情報

引用: https://img-cdn.guide.travel.co.jp/article/737/33112/D8368A980E99428E8E5F928CB25244E3_L.jpg
あわら温泉街で食事をしたいと思うなら「あわら温泉屋台村 湯けむり横丁」がおすすめです!場所は、あわら湯の町駅前にあります。あわら温泉の夜の観光スポットとして地元の人たちにも人気があります。また横丁では、あわら温泉の郷土料理なども楽しむことが出来ます。地元に人たちと触れ合いができるのも楽しいですよ!
引用: https://cdn.jalan.jp/jalan/img/2/kuchikomi/1362/KXL/d10b0_0001362298_1.jpeg

《あわら温泉屋台村 湯けむり横丁》基本情報

▶住所:福井県あわら市温泉3丁目201 ▶TEL:0776-77-1877 ▶営業時間:深夜12:00頃(各店舗により異なります。) ▶定休日:不定休
引用: https://trvimg.r10s.jp/share/HOTEL/50247/50247.jpg
あわら湯のまち駅から徒歩7分「北陸 あわら温泉 ぐらばあ亭 温泉香房」。こちらの温泉施設ですが、宿泊者のみの提供となりますが、無料シャトルバスで送迎を行っています。また館内全館すべてに無料Wi-Fiや無料駐車場などもあるので、車でも行くことができます。
引用: https://img.grouponcdn.com/deal/4TGq4wfNx3CQaDytBi4QoPqKTpig/4T-2000x1200/v1/c700x420.jpg
館内では温かみのある露天風呂に浸かり旅の疲れを癒した後は、併設されたレストランで地元の測材を使った料理を楽しんでください。その他に客室には基本的な設備と、無料バスアメニティが備わるなど、安心して利用することが出来ます。

《北陸 あわら温泉 ぐらばあ亭 温泉香房》基本情報

▶住所:福井県あわら市田中々8−1 ▶TEL:0776-77-7333 ▶チェックイン:15:00 ▶チェックアウト:10:00
Gixwife3le1mxvalanbv
引用: https://www.instagram.com/p/BuVQbpwFaXZ/
観光客の中ではリピーターが多いとされる「グランディア芳泉」。昭和39年創業された老舗旅館です。7000坪という広大な敷地を誇る旅館は、高級感が漂っており、敷居が高そうに見えますが、何度もリニューアルを繰り返しているからこそ、建物が今でも残っています。
Oxrguvdi8hbvv5pq1v8g
引用: https://www.instagram.com/p/BsCGz05Byee/
また敷居が高そうな露天風呂付の客室が多く、プライベート空間を見守るような佇まいとなっているため、リピーターに人気が高いのではないでしょうか。また自分たちで作った温泉卵を無料で食べられるコーナーがあ辺り、足湯を楽しめるなど楽しみが満載です。

《グランディア芳泉》基本情報

▶住所:あわら市舟津43―26 ▶TEL:0776-77-2555 ▶チェックイン:15:00 ▶チェックアウト:10:00
Qnjuohimjuvxyxack2xn
引用: https://www.instagram.com/p/Bd_PcL5HXuu/
明治17年創業「伝統旅館のぬくもり 灰屋」。明治からの伝統を守り続けてきた温もりを感じることができる旅館です。こちらの旅館は、温泉を楽しむのはもちろんですが、北陸の海から水揚げされたのどくろや鯛の船盛、越前カニなどと言った福井の郷土料理が魅力的です。
Kwlniagcpuido6zdsrhw
引用: https://www.instagram.com/p/BuBblSjHlD8/
館内は日本庭園を見ながらゆっくりとくつろげたり、プライベートな時間を充実させるような空間作りにも力を注いでいます。客室には貸切の露天風呂なども魅力的で、優雅な時間を過ごすにもおすすめです。温泉や料理を楽しむだけではなく、手入れの行き届いた自慢の日本庭園の美しい光景も見てみてくださいね。

《伝統旅館のぬくもり 灰屋》基本情報

Ajf5t3vvmib6jt1jwwm1
引用: https://www.instagram.com/p/BuH_WzLhWhz/
▶住所:あわら市温泉2-205 ▶TEL:0776-78-5555 ▶営業時間:15:00 ▶定休日:10:00
Jzs2k3pyiuzv7n6cfgtk
引用: https://www.instagram.com/p/BulI8aUn2id/
昭和天皇にお代わりをされた日本の国内の12品目のうちの一つ、浅野耕月堂「松乃露(まつのつゆ)」をあわら温泉のお土産にしてみませんか?松林に植えるキノコを型取りをしてつくられたお茶菓子です。大きさは約3㎝くらいでサクッとした食感と上品な程よい甘さが特徴です。こちらの松乃露は浅野耕月堂、もしくはあわら市内のお土産売り場などでお買い求めできます。
Idul9gp6cycqlvccdzut
引用: https://www.instagram.com/p/BUbqVOEjifa/

《浅野耕月堂》店舗情報

▶住所:福井県あわら市温泉4-916 ▶TEL:0776-77-2035 ▶営業時間:8:00~20:00(売り切れ次第閉店) ▶定休日:毎週火曜日
引用: https://dearfukui.jp/wp-content/uploads/2017/03/IMG_3290-640x480.jpg
あわら温泉のお土産にには、あわら湯のまち駅より徒歩3分の場所にあるだるまや菓舗の和菓子はいかがですか?お店の看板には“季節の手作り和菓子”と表記されており、お菓子屋さんですが工芸品も多く取り扱っています。
Laay6mwccwpx9dqtjblb
引用: https://www.instagram.com/p/BeUgnHdAm1q/
だるまやでお土産としておすすめは「どんりん」。太鼓の“どん”と鈴の“りん”をもじったお菓子のことだそうです。最中には大きな文字で「どんりん」という文字が特徴です。たっぷりと入った粒あんと、ドライフルーツの入ったカステラが入っています。ちょっとユニークな和菓子がお土産に人気です。特に夏に冷やして食べのもおいしいですよ!

《だるまや菓舗》店舗情報

▶住所:福井県あわら市温泉3-601 ▶TEL:8:00~19:00 ▶営業時間:0776-77-2154 ▶定休日:不定休
引用: https://hobbytimes.jp/images/20181031f01.jpg
福井県屈指のあわら温泉や温泉街など関西の奥座敷へぜひ行ってみてください。あわら温泉には何本もの源泉が多く引かれ、場所によっては温泉卵が作れる旅館などもあります。他にも観光として散策できる楽しみ方やスポットもいっぱいあります。これから福井のあわら温泉へ興味がある人、これから旅行の計画を立てている人の情報元としてお役立てください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://dearfukui.jp/wp-content/uploads/2017/03/00005020L.jpg