Owz6uwqungcugjorcphd

神奈川

CATEGORY | 神奈川

江の島のお土産【神奈川】これでもう迷わない!絶対失敗しない21選【2019年版】

2019.09.09

海あり、史跡ありの神奈川を代表する観光地と言えるのが「江の島」です。あちこちにお土産屋さんを見かけるのですが、何を買えばいいか意外と決め手を欠いて迷いがちです。そんな江の島のおすすめのお土産をランキング形式で一挙にご紹介しようと思います。

この記事に登場する専門家

Dt3btupjmmrnbthqo1bv

横浜市在住ライターで1児のパパ

柴田幸祐

旅行、自転車、キャンプ、夏フェスなどアウトドア全般が趣味。
IT業界で10年以上勤めながら、プライベートでは音楽イベントの運営、DJ出演も。

  1. 江の島のお土産、何を買いますか?
  2. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト①あさひの丸焼きたこせんべい
  3. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト②扇屋の江ノ電もなか
  4. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト③中村屋羊羹店の元祖海苔羊羹
  5. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト④風凛堂の雑貨、アクセサリー
  6. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑤ラ・プラマージュ・マイアミの江ノ電サブレ
  7. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑥とびっちょの生しらす、しらすビール
  8. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑦江島神社のお守り
  9. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑧BLUE HORIZON(ブルーホライゾン)のアパレル、雑貨 
  10. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑨江ノ電関連の雑貨
  11. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑩新江ノ島水族館のカメロンパン
  12. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑪湘南しらすせんべい
  13. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑫玉屋 江ノ島の雑貨、アクセサリー
  14. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑬コーノロジーのポップコーン
  15. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑭江の島シーキャンドルクランチ
  16. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑮井上総本舗の貝最中
  17. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑯新江ノ島水族館のクラゲファンタジークッキー
  18. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑰マフィンラボのこだわりマフィン
  19. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑱湘南しらすチップ
  20. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑲スワン洋菓子店の江の島アルブル
  21. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト⑳いも吉館のリーフぽてと
  22. 定番物から、かわいい雑貨・アクセサリーまで!江の島のお土産ベスト㉑紀の国屋本店の女夫饅頭(おとめまんじゅう)
  23. まとめ

海あり、水族館あり、パワースポットありと盛りだくさんの観光スポットを有する神奈川の観光地、江の島ですが、お土産もバラエティーに富んだ楽しいものが多いです。大別すると、老舗の和菓子、江ノ電関連の雑貨、海産物関連、サーフ系のスタイリッシュでかわいい雑貨やアクセサリー、江島神社関連、新江ノ島水族館関連といった所でしょうか。そんな江の島のお土産をランキング形式で一挙にご紹介していきたいと思います。

バラエティーの旅番組などでもよく紹介される定番のお土産です。たこを丸ごと2,3匹プレスして、パリッと焼き上げた、醤油ベースのほんのりピリ辛味のせんべいです。他にもエビやカニなどをプレスしたせんべいもあり、手軽に買って帰るお土産としておすすめです。

【住所】神奈川県藤沢市江の島1-4-10【営業時間】9:00~18:00【定休日】木曜日【電話番号】0466-23-1775

長い歴史を持つ、老舗和菓子屋『扇屋』の定番和菓子です。梅肉の入った梅餡、ゆずの風味香るゆず餡、チョコ餡、食感が楽しい粒餡、ゴマ入りのゴマ餡と五つの味が楽しめる、和のテイストのやさしい素朴な味が特徴の一品となっております。パッケージも江ノ島電鉄を模した、5種類別々のかわいい、ユニークな個包装となっていて楽しいです。売り切れ必至の人気商品となっておりますので、お早めのご購入をおすすめします。

【住所】神奈川県藤沢市片瀬海岸1-6-7【営業時間】9:00~17:00(売り切れの場合は早く閉店)【定休日】なし【電話番号】0466-22-3430

こちらも創業明治35年の老舗和菓子店の定番の羊羹です。全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を過去に受賞した経歴のある、間違いのない一品となっております。上質な餡に青海苔が適度に練りこまれた、上品な甘さが特徴です。そして何といってもこの重厚感のある渋いパッケージです。どこに持って行っても恥ずかしくない鉄板のお土産といえるでしょう。

【住所】神奈川県藤沢市江の島2-5-25【営業時間】9:00~18:00【定休日】なし【電話番号】0466-22-4214

"地球を楽しもう"をコンセプトに、風、光、音、香りを感じることのできる、雑貨やアクセサリーを販売するお店です。所せましと並べられたアイテムはとにかくスタイリッシュ。貝殻で製作した雑貨、海を感じさせるアクセサリー、ウインドチャイム、サンキャッチャーの他に、天然素材のアロマやコスメまで幅広く取り揃えられています。

【住所】神奈川県藤沢市片瀬海岸2-8-20【営業時間】10:00~19:00(冬季は18:00まで)【定休日】なし【電話番号】0466-62-3939

歴史ある洋菓子の老舗『ラ・プラマージュ・マイアミ』のお土産に最適な定番のサブレです。江ノ島電鉄の電車を模した、かわいいイラストの描かれたパッケージはこれぞ江の島土産という存在感を放ちます。スタンダードな『バター味』、チーズの風味の香る『チーズ味』、香ばしい『ココア味』と3種類の味が楽しめるサクサク食感のサブレです。3枚入り、5枚入り、12枚入りと色々ありますので、お土産を持っていく場所の規模に応じて買い分けられるのもうれしいです。本店だけではなく、各お土産屋や江ノ島電鉄の駅などでも販売されていますので、探してみてください。

【住所】神奈川県藤沢市片瀬3-16-8【営業時間】9:30~18:00【定休日】元日のみ休業【電話番号】0120-75-7733

丼物を中心に、江の島特産のしらすや新鮮な海産物を使用した料理が食べられる『しらす問屋とびっちょ』の販売する名物お土産をご紹介したいと思います。まずは何といっても『生しらす』です。生ものですから、そのままお土産として持って帰る事は出来ませんが、採れたての鮮度を閉じ込めて冷凍したものをクール宅急便で送るサービスが利用でき、地元で食べるのと近い味をご自宅でも楽しめるということです。補足としてですが、1月から3月までは禁漁期間となっているので生しらすは販売していないとの事と、シケなど海の状況によっては販売量に増減があるようなのでご注意ください。

さらにご紹介したいのが、こちらの目玉商品の1つともなっている『しらすビール』です。日本どころか世界でも珍しい、魚が原料に使われているビールです。しらすが原料だからといって特に生臭いというわけではありません。しらすの苦みとコクが効いた、まるで黒ビールのようなマイルドな味わいが特徴です。クール宅急便で送った生しらすをさかなに、江の島の地ビールを自宅で楽しんでみるのはいかがでしょうか。

【住所】神奈川県藤沢市江の島1-6-7【営業時間】11:00~20:00【定休日】なし(嵐、台風などの荒天時は早めの閉店か休業のこともあり)【電話番号】0466-23-0041

江の島にある江島神社は日本三大弁財天の一つとして知られる言わずと知れたパワースポットです。縁結びや芸道上達、財運上昇の効能があると言われています。ここ江島神社で買えるお土産としておすすめしたいのが、幅広い祈願に対応した、たくさんの種類のお守りです。定番の恋愛成就のお守りから、運気上昇や心願成就の効果がある龍神様守り、使われている自然石の種類により効果が変わってくるお守りなど、バラエティーに富んでいます。かわいいアクセサリーのようなデザインのものもあるので、お土産としてもうってつけかもしれません。

Rhbdqw4f4kaon00kvqau
引用: https://www.instagram.com/p/BqmLIFoHcC4/

【住所】神奈川県藤沢市江の島2-3-8【参拝時間】8:30~16:30【電話番号】0466-22-4020

江ノ島電鉄で『江の島駅』から3駅の『七里ヶ浜駅』から徒歩2分、海沿いを走る国道134号線沿いにある、男女共に楽しめる、サーフ系のアパレルショップです。国内外から仕入れたハイセンスなアパレルや、海を感じさせるスタイリッシュなアクセサリーや雑貨が、海沿いの解放感漂う店内に所せましと並べられています。ちなみにサーフスポットとして有名な七里ヶ浜海岸ですが、砂浜から江の島を眺望でき、富士山も見ることのできる、景色のきれいな隠れスポットとなっております。そちらと合わせて、ぜひ足を運んでみるのはいかがでしょうか。

【住所】神奈川県鎌倉市七里ヶ浜1-1-1ウイークエンドハウスアレー1F【営業時間】10:00~19:00【定休日】なし【電話番号】0467-32-2973

主に江ノ島電鉄「江の島駅」改札前、江ノ島電鉄「藤沢駅」改札前、江ノ島電鉄「鎌倉駅」構内(改札内側の駅構内になりますのでご注意ください)などにある、江ノ島電鉄の直営ショップなどで購入可能です。江ノ電をモチーフにした、かわいいキーホルダーや靴下、トートバックやプラレールなどの玩具に至るまで、様々なものが売られています。特にプラレールの中には、ただレールの上を走らせるだけでなく、スイッチ式の操作でリアルなドアの開閉音や警笛音、走行音などを再現した本格的なものまであり、鉄道マニアの方などにはうれしいかもしれません。ネットでも購入可能なようですので、興味のある方はチェックしてみるのはいかがでしょうか。

新江ノ島水族館と地元のパン屋さんがコラボレートして開発した、カメの形のかわいいメロンパンです。お土産として大人気らしく、カメロンパンの作り方なるレシピサイトもあった程です。カメロンパンを模したストラップなどの雑貨も販売されていて、かわいいもの好きの友人やお子様などへのちょっとしたお土産にいかがでしょうか。

【住所】神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1【営業時間】9:00~17:00(季節により変動)【定休日】なし【入館料】大人2100円/高校生1500円/中、小学生1000円/3歳以上幼児600円

湘南エリアのお土産物として抜群の知名度を持つ、名物のしらす入りのパリパリの食感がおいしいせんべいです。様々な種類が売られていて、江の島のあちこちの土産物屋で購入可能です。手軽に買えて日持ちしますし、個包装になっているものも多いので、職場などへのお土産として最適です。

江島神社のほど近くにあり、神社系のアイテムや、海を感じさせるアクセサリー、帽子などの小物や雑貨などの置かれた、落ち着いた雰囲気のお店です。江島神社にちなんで、天然石を用いた開運グッズやアクセサリーも取り揃えられておりますので、江島神社への参拝と合わせて、ぜひ足を運んでみてください。

【住所】神奈川県藤沢市江の島1-4-11【営業時間】10:00~18:00(シーズンにより変更あり)【定休日】なし【電話番号】0466-90-4250

本場アメリカから上陸した、日本ではここだけのポップコーン専門店です。スタイリッシュなチャック式のビニールのパッケージにガサッと入ったポップコーンはまさにアメリカンスタイル。砂糖でコーティングしたカリッとした食感のポップコーンにビターなチョコレートをあわせた『チョコレートドリズル』、スタンダードな塩味の『ムーヴィーポップ』、トリュフオイルの風味香る『トリュフパルメザン』など、他にも様々なフレーバーが楽しめます。店頭でその日にあるポップコーンを一粒づつ試食させてもらえるようなので、ぜひ、自分好みの味を探してみてください。

【住所】神奈川県藤沢市片瀬海岸2-15-17【営業時間】10:00~17:00【定休日】月曜日(祝日なら営業)【電話番号】0466-77-4414

江の島のシンボルとして頂上にそびえる、夜のライトアップがきれいな『江の島シーキャンドル(展望灯台)』を模したお土産用お菓子です。シーキャンドル下のお土産屋さんでしか買えない、限定商品となっています。中身はホワイトチョコクランチ(12個入り)でシーキャンドルのイルミネーションのように、いろいろな色のパッケージがあり、楽しいです。デートの帰りなどにどうぞ。

【住所】神奈川県藤沢市江の島2-3-28サムエルコッキング苑内【営業時間】10:00~閉苑まで【定休日】なし【入苑料】大人200円/小人100円(展望灯台に登るならさらに別途必要)

四代続く老舗の和菓子屋さんです。食べ歩き用のアイス最中が大人気のお店ですが、お土産にはこちら『貝最中』をどうぞ。十勝産の小豆と等級の高い砂糖を使用した、上品な甘さの餡をパリパリ食感の最中で挟んだ、こだわりの逸品となっております。味は小倉あん、こしあん、白あんの3種類で、特筆すべきは最中の形が、『ホタテ貝』『まて貝』『とこぶし』『きんちゃく貝』『はまぐり』とそれぞれに異なる作りの細かいところです。小振りなサイズ感もなんだかかわいいですね。

【住所】神奈川県藤沢市江の島2-1-9【営業時間】8:00~18:00(季節により変動)【定休日】金曜日(祝日の場合は前日)【電話番号】0466-22-4640

無数のクラゲが水中を幻想的にフワフワと泳ぎ回る姿に癒される、新江ノ島水族館の人気アトラクション『クラゲファンタジーホール』にちなんだ、お土産用のクッキーです。水族館内の売店にて購入可能です。クッキーの表面には"ミズクラゲ"や"タコクラゲ"など8種類のくらげのイラストが名前入りでプリントされていて、非常にユニークです。30枚入りと、たくさん入っていますから、バラマキ用のお土産として最適です。

【住所】神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1【営業時間】9:00~17:00(季節により変動)【定休日】なし【入館料】大人2100円/高校生1500円/中、小学生1000円/3歳以上幼児600円

小田急鵠沼海岸駅から歩いてすぐの、おしゃれな外観のマフィン専門店です。バターの風味豊かな『プレーンマフィン』、ラズベリーとクリームチーズの入った『ベリー&ベリーチーズマフィン』などたくさんの種類のマフィンが店頭に並びます。パサパサしてない、しっとりとした生地が人気です。見た目がカラフルでかわいく、小振りサイズなので、お土産にも最適です。

【住所】神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-1-8 1F【営業時間】10:00~19:00【定休日】隔週月曜日【電話番号】0466-53-3007

湘南で水揚げされた特産のしらすをふんだんに使用した、旨味たっぷりの特製チップスです。パリパリの食感で何枚でもいけてしまう、クセになるおいしさです。駅の売店、土産物屋などで購入可能ですので、ぜひ探してみてください。

「スワン洋菓子店」は小田急江ノ島線本鵠沼駅から徒歩1分にお店を構える洋菓子店。

昭和27年に開業した老舗のお菓子屋さんで、店名のスワンは鵠沼の「鵠(くぐい)=白鳥の和名」から由来されているそうです。スワンで扱うケーキ、焼き菓子は全て手作り。その中でも観光のお土産として選ばれる「江ノ島アルブル」は人気商品です。「アルブル」は樹木の意味で、展望灯台シーキャンドルがある江ノ島サムエル・コッキング苑に生息する「シマナンヨウスギ」をモチーフにしたアーモンドクッキーです。7枚、14枚、28枚の3サイズをお買い求め頂けます。

【住所】神奈川県藤沢市鵠沼桜が岡3-5-3 湘南FUJISAWAコンシェルジュ【営業時間】9:00~18:30(日祝18時閉店)【定休日】水曜日(イベント祝日の場合は営業、翌木曜お休み)+最終週の火曜【電話番号】0466-22-4668

JR・江ノ電鎌倉駅より徒歩約10分の若宮大路沿いに位置する「いも吉館鎌倉本店」

食べ歩きにピッタリな紫芋のコロッケやソフトクリームは大人気。今回取り上げたのは手土産にピッタリな「リーフぽてと」です。紫いも、白いも、安納いもの3種類の味が入っていて鮮やかな色合いも楽しめるリーフ型スイートポテトの人気商品です。お値段は税込みで1,000円。芋本来の味を楽しむことが出来る大満足な1品です。観光スポットの近くの好立地に合計4店舗構えているので、観光と併せて立ち寄ることをオススメします。

鎌倉本店

【住所】神奈川県鎌倉市雪ノ下1-9-21【営業時間】10:00~18:00【定休日】無休(※季節・天候により変更することがあります) 【電話番号】0467-25-6038

他にも小町通り店、大仏店、江の島店もありますので下記HPからご確認ください。

寛政元年(1789年)に創業されたという230年以上の歴史を誇る和菓子店「紀の国屋本店

江島神社の参道沿いにお店を構えています。名物はなんと言っても「女夫饅頭(おとめまんじゅう)」1個110円からお買い求め頂け、白の酒饅頭と黒糖を生地に練り込んだ茶饅頭の2種類を食べ比べて楽しむのがオススメです。白饅頭にはこし餡が、茶饅頭にはつぶ餡がたっぷり入っています。出来たては食べ歩きで召し上がり、お土産用には詰め合わせで持ち帰るのはいかがでしょうか。

【住所】神奈川県藤沢市江の島2丁目1−12【営業時間】8:00~18:00【定休日】水曜日【電話番号】0466-22-5663

いかがだったでしょうか。江島神社、新江ノ島水族館、サーフスポット、シーキャンドル(展望灯台)と、江の島のそれぞれの観光スポットごとに、実に特色豊かなお土産があるということを知っていただけたのではないでしょうか。是非、観光の合間にそれぞれの場所でお土産選びを楽しんでみてください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BeCOod-g05S/?tagged