Eqfuxmdakkix0eekkviw

神奈川

CATEGORY | 神奈川

鎌倉のビーチで遊ぶ・穴場からにぎやかスポットまでをチェック!

2018.06.06

人気の観光地である鎌倉にはビーチもあります。夏の間は海が開かれているので多くの人がこの鎌倉にやってきます。この記事では鎌倉のビーチについて紹介します。これから鎌倉の海に行こうと考えている人は必見ですよ。観光や遊びの参考にどうぞ。

  1. 観光地“鎌倉”はビーチも人気です!
  2. 鎌倉おすすめのビーチ“由比ガ浜海水浴場”
  3. 鎌倉おすすめのビーチ“材木座海水浴場”
  4. 鎌倉おすすめのビーチ“腰越海水浴場”
  5. 鎌倉おすすめの海岸“稲村ヶ崎”
  6. さいごに
Jjud2adfdsuybszeddoy
引用: https://pixabay.com/ja/%E6%B5%B7-%E6%B3%A2-%E9%8E%8C%E5%80%89-%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E6%B9%BE-735936/
観光地として名高い“鎌倉”。歴史ある寺院だけでなくビーチもあり、夏場は海を求めて多くの人が訪れます。全体的には穏やかな雰囲気のビーチですが、それぞれに特色もあります。東京・千葉、埼玉などの関東近辺からもアクセスが良く、電車や車で行きやすい魅力的なビーチです。海辺の散歩をしてリフレッシュしたり、しっかりと海で泳いで満喫したり、様々な楽しみ方で海から元気をもらいましょう。
“由比ガ浜海水浴場”はビーチの長さが約890mと、鎌倉の中で一番長いです。夏休みには海水浴客が多く、にぎやかな場所になります。鎌倉駅から徒歩であれば、15分程度。また、車で来る場合でも近隣にパーキングがあるため、行きやすいです。ライフガードがいる遊泳時間は9時~17時までです。夏場になるとバラエティ豊かな海の家の営業が始まるので、しっかりとご飯も食べられますよ。
朝早くに行くと人も少ないので、白い砂浜を踏みしめながら、ゆったりと散歩が出来ます。海水浴を目当てにこちらのビーチに行っても気持ちいいですし、観光として砂浜を歩くのを目当てに行っても充実した時間を過ごせます。気持ちのいい潮風と共に過ごせるビーチです。
波が穏やかな“材木座海水浴場”では、泳ぐだけでなくボートなどで遊ぶことも出来ます。マリングッズの貸し出しを行っているボート小屋は、現在7店舗あります。多様なマリンスポーツを楽しめます。鎌倉駅からは徒歩20分程度です。バスだと材木座バス停から1分程度で到着します。海開きを行っている間は、1日2回の海の清掃が行われているため、砂浜にゴミが落ちている心配もありません。キレイな海で、充実してすごせるのが“材木座海水浴場”の魅力です。

ZAIMOKUZA SANDS RESORT

材木座の砂浜に位置する、贅沢な食事どころです。海を眺めドリンクを飲みながら過ごす、至福のひと時を味わえますよ。

材木座テラス

“材木座海水浴場”を海を挟んだ場所にあるのが、材木座テラスです。レストラン・カフェ・ショップなどが6店舗あり、雑誌「HONEY」のプロデュースショップや、旬の野菜を使用したレストランがあるので、観光にももってこいです。
鎌倉の海水浴場の穴場“腰越海水浴場”。ファミリー向けの海水浴場になります。漁港も近いので、タイミングと運が良ければ、とれたての新鮮な海産物を買うこともできるかも知れません。腰越駅から徒歩3分と、電車でも通いやすい位置にありますよ。江ノ島の近くにこのビーチはあるため、江ノ島観光のついでに立ち寄ることも出来ます。
日差しを浴びながら、砂浜を散歩すると気持ちのいい開放感を味わえますよ。
夕日が美しいスポットとして有名な“稲村ヶ崎”。過去には海水浴場として使用されていた時期もありましたが、現在は閉鎖されています。さらにその昔は、この地で製鉄が行われており、稲村ヶ崎にて砂鉄を取っていたようです。富士山から江ノ島が一望できるスポットでもあるので、デートや友人との旅行にはぴったりです。稲村ヶ崎駅から徒歩5分と行きやすい場所になります。海で泳ぐだけでなく、景色も楽しみたいと考えている人には、特におすすめですよ。
時間帯によって、見せる景色が変わってきます。大切な人と一緒に見る夕日は格別に美しく、記憶に残っていくでしょう。日が沈む観光の終わりの際に、この海岸へと足を運ぶことをお勧めします。
日によっては、荒々しい雰囲気にもなります。
いかがでしたか?これまで鎌倉のビーチについての紹介をしました。鎌倉のビーチは数種類あり、それぞれに特色があります。砂浜を散歩をして海を眺めるのも良し、海でたくさん泳ぐのも良し、そして観光のついでに立ち寄るのも楽しそうですね。鎌倉のビーチで過ごす夏の思い出は、忘れられないものになるかもしれません。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/ja/%E6%B5%B7-%E6%B3%A2-%E9%8E%8C%E5%80%89-%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E6%B9%BE-735936/