G4jnku4f15wlymq8fa2e

沖縄

CATEGORY | 沖縄

【2019年版】神が住む島!宮古島市・大神島をたっぷり観光!

2019.03.21

沖縄県の宮古島より少し離れた場所に位置する離島の大神島。その小さな島は古より神が住む島として知られ、美しいビーチや数々のパワースポットがあることで観光の名所となっています。今回は2019年版、宮古島市・大神島のおすすめ観光スポットをご紹介します!

  1. 大神島へのアクセス
  2. 宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介/①奇岩・ノッチ
  3. 宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介/②西の砂浜
  4. 宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介/③半周道路
  5. 宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介/④遠見台
  6. 宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介/⑤プナイパーの浜
  7. 宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介/⑥大神集落
  8. 宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介/⑦ンナパズ
  9. 宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介/⑧大神島多目的広場
  10. 宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介/⑨カミカキス
  11. 宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介/⑩おぷゆう食堂
  12. 宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介/まとめ
Ptx2btx0oamuap7ngmqx
引用: https://www.instagram.com/p/BuTshM9jAbK/
宮古島から大神島へのアクセス方法は野尻港よりフェリーを利用して4㎞、15分程度の海の旅となります。フェリーは4月~9月の夏季で1日に5往復、10月~3月の冬季で4往復の運航を行っています、詳細については下記のサイトをご確認ください。
野尻港の住所:宮古島市平良字島尻6/お問い合わせ:0980-72-5477/アクセス:宮古空港よりタクシーのご利用で25分程度となります。
Eucnxarpjoizguo9i5iz
引用: https://www.instagram.com/p/Btk3mtmg-9Y/
(片道)大人350円、小人180円 (往復)大人670円、小人350円

フェリーの料金案内です。

Yoxnf9dxedphbisfxpnv
引用: https://www.instagram.com/p/BsuxBa-Hs-5/
宮古島市・大神島おすすめのスポット①は、奇岩・ノッチ岩です。大神島を代表する名物に「ノッチ岩」と呼ばれる奇岩があります。島が隆起したことにより地表から転がり落ちた岩が長い年月をかけて波の浸食により根元が徐々に削られ、現在のような不思議な姿になったということです。今にも折れそうな岩もあり、自然の壮大さと神秘を感じさせるスポットでもあります。
ノッチが見られるスポットは、大神島北側の沿岸部です。それぞれ個性的な形状をしたノッチ岩が点在している光景を眺めることができます。
G6ptbydhvk55lfiufpcc
引用: https://www.instagram.com/p/Btp_1hWgtW_/
引用: https://img.ritou.com/spot/ogami/o4-0.jpg
宮古島市・大神島おすすめのスポット②は、西の砂浜です。文字通り大神島の西部にあるビーチで、岩場の多い島では希少なスポットです。砂浜にはサンゴ礁の殻なども多く裸足で歩くにはあまり向いているとはいえないことから、海水浴より観賞におすすめのスポット。のんびりと散策しながら砂浜に広がる美しい海の景色が楽しめます。
大神港より周回道路を通って北西へ5分程度の場所に入口があります。
Mtlbjqkjlijvmzguquv2
引用: https://www.instagram.com/p/BszSkiKn5tw/
Sjdcp1sssl46bzmoec21
引用: https://www.instagram.com/p/BsT39kCDwWe/
宮古島市・大神島おすすめのスポット③は、半周道路です。大神島の西側半分を周回することができる道路で、ほとんどが海の沿いの道です。自然の景色を楽しみながら散策するのにおすすめです。港より約800メートルで、徒歩で10分程度で端まで到着します。途中に砂の岬や奇岩「ノッチ岩」もあり、道路を歩くだけでも見所満載。
半周道路から眺める海の景色も美しく、清々しい海からの風も感じることができます。のんびりと島の散策をお楽しみください。
Rulzsuf6ukbhlvu0wjqp
引用: https://www.instagram.com/p/BqOCbjhAiqN/
L53jya7mqlizbms61hgc
引用: https://www.instagram.com/p/BoD2c6iAvvn/
宮古島市・大神島おすすめのスポット④は、遠見台です。大神島では最も高所にある展望台です。ウッドデッキの階段を登り展望台まで行くことになりますので体力も必要です。展望台まで登ると少し広いスペースがあり。そこからは360度の大パノラマを存分に楽しむことができます。
南国の小さな離島から眺めることができる、都会では決して体験することができない絶景観賞を心ゆくまで堪能してみてください。
Rw09vsbj2eqsnzhonvy4
引用: https://www.instagram.com/p/BuL_6A-AgxH/
J4ci9otb44ltpmodfr2w
引用: https://www.instagram.com/p/Bt9mXeSnyDl/
宮古島市・大神島おすすめのスポット⑤は、プナイパーの浜です。大神島の東側の海岸で唯一海まで降りられる道の先にある浜で、砂浜も僅かな範囲でありますが岩場が多いビーチです。ノッチ岩もすぐ近くで見ることができます。ただし、ここまでは険しい道のりを行き来する必要があるので、かなりの体力消耗も覚悟しなければいけません。
険しい道のりであることから訪れる人も少なく、美しい景色をゆっくりと味わいたい方にはおすすめのスポットといえます。
Vppc5nckcpghqx1axait
引用: https://www.instagram.com/p/BsqPARvFmI7/
Ri85vhoqa0pcjdkdis74
引用: https://www.instagram.com/p/Bp7wiK4HuPj/
宮古島市・大神島おすすめのスポット⑥は、大神集落です。大神島の中央あたりに位置する高台の小さな集落です。人口も少なく静かな環境で、のんびりと散策しながら心落ち着く街並みの景色を眺めてみてはいかがでしょうか。野良猫が多く、観光の名物になっていますが、島民の方はフン害に困っているということですので猫に餌を与えないようにしましょう。
集落と大神港は道路で繋がっていて、300メートルほどの距離です。
Ex1pd5xjpaflbtj4wlfq
引用: https://www.instagram.com/p/BqcRSnxBP_B/
引用: https://img.ritou.com/spot/ogami/o14-0.jpg
宮古島市・大神島おすすめのスポット⑦は、ンナパズです。サンゴ礁が豊かで、干潮時は海に潜らなくてもサンゴ礁の姿が見えることもあります。また干潮時の干潟では島の方が磯狩りをしている光景も見かけます。潮が満ちている時にはシュノーケリングもできるようですが、流れが物凄い速いので、潜るのは上級者がおすすめです。サンゴ礁の貴重で美しい姿は必見。
もし干潟に踏み入れることがあれば、サンゴを踏まないように注意しましょう。貴重な自然の財産であるということもありますが、ご自分の足を怪我する恐れもあります。
引用: https://img.ritou.com/spot/ogami/o15-0.jpg
C03z6zqndov70pm63fu1
引用: https://www.instagram.com/p/BuJTacMAZMS/
宮古島市・大神島おすすめのスポット⑧は、大神島多目的広場です。南東部に位置する整備された風光明媚が楽しめる広場です。島の祭事なども行われ、大神島ツアーでも利用されるスポット。広場前の海は潮だまりで泳ぐこともできます。トイレ・水道も設置してあり、観光時には便利な場所です。
のんびりと散策し景色を楽しんだり、観光の小休止する場所としてもおすすめ。港まで徒歩で3分程度ということもあり乗船までの待ち時間に立ち寄ってみるのもいいかもしれません。
引用: https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/10/53/54/ac/caption.jpg
Z8hubdcgdlc3qhyonb2j
引用: https://www.instagram.com/p/BroJ85qFg-O/
宮古島市・大神島おすすめのスポット⑨は、カミカキスです。多目的広場前の潮溜まりで岩々に囲まれたスポット。泳ぐにもおすすめのスポットです。海の透明度は高く、熱帯魚に出会うこともできます。美しい海での風光明媚や遊泳を存分にお楽しみください。
潮溜まりということで、流れも緩やかで安心。人も少なく、のんびりと海水浴を楽しむにはおすすめの穴場スポットといえます。
Hzwbkg9ozigq0mt2sroy
引用: https://www.instagram.com/p/BUaxPO2D6yr/
Zlzk6yx217iaboniv7y0
引用: https://www.instagram.com/p/BqXpOsLH7Hz/
宮古島市・大神島おすすめのスポット⑨は、おぷゆう食堂です。ご当地のグルメを味わうのも観光の楽しみです。おぷゆう食堂は大神島で唯一の食堂で宿も併設しています。名物のカーキダコ丼など絶品のグルメがリーズナブルな価格で堪能することができます。
おぷゆう食堂の住所:沖縄県宮古島市平良大神130/お問い合わせ:080-1726-8698/営業時間:10:00~17:00/定休日:不定休。
Ecvvpx5lxa2t6wvtyaib
引用: https://www.instagram.com/p/BhY6shAhmHD/
カーキタコ丼800円/カレーライス500円/宮古そば600円/ホットコーヒー150円(インスタント)

おぷゆう食堂のメニューと料金案内です。

Ef0dsjh7qbdrwr3cbsbz
引用: https://www.instagram.com/p/BtY6NIEAMm6/
いかがでしたか?今回は2019年版、宮古島市・大神島のビーチや観光スポットをご紹介してきました。沖縄の宮古島へ旅行の際には神の住む島といわれる大神島での観光を満喫してみてくださいね。神宿るパワースポットでの美しい景色や楽しいアクティビティなど素敵な時間が過ごせることでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BsQ97CTnBpq/