Xe2btc2n7mool3bl7nxb

沖縄

CATEGORY | 沖縄

【2019年版】宮古島を思い切り楽しむ!気温や服装や注意点をチェック♪

2019.03.24

宮古島は一年を通して平均最高気温が20度以上。暖かく過ごしやすい季節もあれば、夏は気温が30度を超えることも。宮古島を観光する際はいつがいいのか、どんな服装がいいのかお悩みの方のために、今回は宮古島観光に役立つ季節ごとの気温、服装についてご紹介します。

  1. 宮古島観光に役立つ気温や服装①:宮古島はどんな気候?
  2. 宮古島観光に役立つ気温や服装②:1~2月の気温と服装
  3. 宮古島観光に役立つ気温や服装③:3~4月の気温と服装
  4. 宮古島観光に役立つ気温や服装④:5月~6月の気温と服装
  5. 宮古島観光に役立つ気温や服装⑤:7月~8月の気温と服装
  6. 宮古島観光に役立つ気温や服装⑥:9月~10月の気温と服装
  7. 宮古島観光に役立つ気温や服装⑦:11月~12月の気温と服装
  8. 宮古島観光に役立つ気温や服装⑧:観光する際の注意点(1)
  9. 宮古島観光に役立つ気温や服装⑨:観光する際の注意点(2)
  10. 悪天候の日はカフェがおすすめ:パイナガマブルーブース
  11. まとめ
Ystn4vtjtbnl6urxvpy7
引用: https://www.instagram.com/p/BvXm9YDDfyn/
宮古島は沖縄本島の南西約300kmに位置し、総面積は164平方kmで沖縄本島の約13分の1を占めている島です。人口は約55,000人ほどで、白い砂浜が続く美しい海岸線や国内最大級といわれるのサンゴ礁群、広大なサヨウキビ畑がある自然豊かな地域。
Sql5anmutjoylemizjdf
引用: https://www.instagram.com/p/BvXjHEslZhd/
亜熱帯海岸性気候で、年間の平均気温は23度。降水量2200mm、湿度は80%です。夏から秋にかけては台風が多く、その威力は凄いもので、沖縄本土と比べても風速は強く、山などがないため暴風域に入ってしまうと雨や風は強力になり、もちろん外を歩くことは困難。一年を通して温暖な気候ではありますが、過酷なシーズンもあるので観光の際は十分考慮しましょう。
Ammrbq6a4a9jue3ojdws
引用: https://www.instagram.com/p/Bs1rh4BDcap/
宮古島の1月から2月はもちろん真冬にあたり、平均最低気温は15.6~15.7度。平均最高気温は20.2~20.4度と東京の気温に比べて10度も高い気温です。日中の平均気温は17~18度なのでちょっと肌寒く感じることはあっても、ダウンジャケットなどの厚手の羽織ものまでは必要がなく、セーターや軽めのジャケット、トレーナー程度で十分。
Doaplkybhtzahwkf7hix
引用: https://www.instagram.com/p/BrcyqjrBCRh/
東京ならば4月くらいの気温なので、2月には桜も咲き始めます。半袖や短パンはちょっと早めかな、というところなのでとても暑がりという場合を除いて薄手の長そで、長ズボンがおすすめです。降水量は400mm前後と雨の日は少なめですが、宮古島はスコールがあるので傘などの雨具は用意しておきましょう。
Kg7owuakmzpl2rjqj5wi
引用: https://www.instagram.com/p/BtR8pq_B4C-/
3月から4月にかけての早春は最低平均気温が17~20度。最高平均気温が22~25度。日中の平均気温が19~22度ほどでポカポカとした陽気です。Tシャツ姿で歩く人も見かけるようになりますが、朝方や夜は気温が下がることもあるので薄手のカーディガンやパーカーなどの羽織ものは用意しましょう。
Vcu57vqbamm6mjrzjtdn
引用: https://www.instagram.com/p/BewES0GlXVs/
宮古島は3月に入ると海水の温度も上がり、海開きがされ海のレジャーも盛んになります。紫外線も強くなるためUVケアは必須。なるべく肌を露出しないよう薄手の長そでシャツなどがおすすめです。
Bm1vylgmltcqfz5uvlpb
引用: https://www.instagram.com/p/BumZUH0HI0A/
宮古島の5月から6月にかけては初夏にあたり、気温も徐々に高くなっています。最低平均気温は21~25度。最高平均気温は27~29度。日中の平均気温は24.5~27度です。梅雨入りとなり6月下旬ごろまで続きますが、宮古島の場合は1日数回のスコールがあり、1日中降り続くことが少ない傾向にあるので雨具があれば観光にそれほど不便は感じません。
Fpza6iygpo5wdkmlnqcu
引用: https://www.instagram.com/p/BvXeqGIF9HO/
服装は半そで、半ズボンのようなスタイルでOK。ビーチで過ごすことも多くなり、雨の場合も考えサンダル履きがおすすめです。観光の際は、雨の時の過ごし方もプランに入れておくと時間を有意義に使えるのではないでしょうか。
Ohhmxskcbyvylxen4nk6
引用: https://www.instagram.com/p/BmQqIlpH0q4/
この時期は真夏真っ最中。宮古島を思い切り堪能できるシーズンです。好天の日が多く、海のアクティビティーも存分に楽しめるのでこの時期を狙って観光に訪れる方も多いことでしょう。この時期の最高平均気温は25~26度。最高平均気温は30~31度。日中の平均気温は28~29度です。
Te8pcyhcnblmxzzy55vs
引用: https://www.instagram.com/p/BvTuD7AABIs/
服装は半そで、半ズボン、サンダル履きと夏仕様がおすすめ。海のレジャーを楽しむ際は水着の用意も忘れずに。充分なUV対策をして帽子や日傘なども用意しましょう。ただ、宮古島は7月ごろから台風シーズンに入り8月は特に台風に遭いやすい季節なので、その時期に観光をする際は充分考慮しましょう。
Hbimplljdvxobj85tvbb
引用: https://www.instagram.com/p/BtmBRDRAc7B/
宮古島では9月ごろまでは真夏の気温が続き、台風が最も多く接近するのも9月です。10月中旬ごろまでは秋の気配は感じられず、最低平均気温は23~25度。最高平均気温は28~30度。日中の平均気温は26~28度です。9月は夏のころと同じ服装でOKですが、10月下旬ごろは肌寒く感じる時間帯もあるので長袖シャツや長ズボン、薄手の羽織ものが必要です。
Y6eimopzhkkai0tcayat
引用: https://www.instagram.com/p/BtTQ7qyjTcb/
海は10月中旬ごろまでオープンしているところもあるので水着の用意やサンダルが必要。もちろんUV対策を怠らず、台風に備えた心構えや雨具の準備、台風が上陸した際のスケジュールなども考えておくことをおすすめします。この時期の宮古島は夏ほど観光客が多くないので、混雑を避けたい場合はおすすめです。
L2brj3ruwsgmfvfviigj
引用: https://www.instagram.com/p/BtQvPVUgBz1/
宮古島では秋から晩秋、初冬となる季節です。この時期の最低平均気温は17.5~23度。最高平均気温は21.7~27度。日中の平均気温は219.5~23度です。11月ごろは長袖、長ズボン、パーカーや薄手のコートなどの羽織ものを用意しましょう。12月に入ったら薄手のセーターもあると良いでしょう。
Ews4ets55qveupwhc17a
引用: https://www.instagram.com/p/BtLvuPrFonD/
朝晩は冷え込むことも多いので、日中との気温差に注意をしながら健康管理をしっかりすることが重要です。11月ごろから12月上旬までは、は気温が温暖で台風の心配もほとんどなく、天気も安定しているので観光しやすい季節です。
Vls2enxtcerieucpkgvi
引用: https://www.instagram.com/p/BmYJgZAlWgR/
宮古島観光では台風が心配です。7月から10月までは台風がつきもので上陸すればその威力は半端なく、暴風域に入ってしまえば通過するまでに時間もかかります。この時期に観光する際は、台風を考慮したスケジュール計画が必要です。台風になれば外出はおろか、観光もままなりません。
H8vpajzqq7y3svkmewtu
引用: https://www.instagram.com/p/Bkl61mMF67A/
雨具も用をなさずホテルから一歩も出られなくなることも考えられます。ただ、宮古島の最高シーズンは海が楽しめる7月から9月なので、この時期を避けることが難しい場合は台風の際の過ごし方や安全対策も考えておきましょう。また、夏場は気温が30度以上にもなるので、暑さで体力を消耗し、体調を崩す場合もあります。たっぷり睡眠をとり余裕のあるスケジュールで臨むことをおすすめします。
Vk5glshphfy8f96gpjuw
引用: https://www.instagram.com/p/BvVnEVsgwRg/
宮古島では海のレジャーがとても人気ですが、それぞれに注意すべき点があります。基本的に海ではゴミを散らかさず必ず持ち帰るのがルールです。宮古島の宝である美しい海を汚すのは望ましくないことです。また、シュノーケリングやダイビングなどのアクティビティは、あくまでも自然と向き合うものなので海の変化や状況によっては危険も伴います。
Aw81tb8w6tzrq31w9mha
引用: https://www.instagram.com/p/BvPzB2_Ae2D/
ツアー参加が一番おすすめですが、個人の場合は複数人で行い、必要装備は必須です。ビーチは日射しが特に強く、水面からの照り返しもキツイため日焼けを軽く考えずしっかりとUV対策をし、ビーチではパラソルや帽子、日傘などを活用することをおすすめします。クラゲやイソギンチャクなど海中の有毒生物にも注意しましょう。
F2zgnzv8z4qdstkyi6ca
引用: https://www.instagram.com/p/BuYD-itDPWo/
パイナガマビーチのすぐそばにあるカフェ「パイナガマブルーブース」。店内は宮古ブルーをイメージしたモダンな雰囲気で、木の温もりと海を感じさせる内装デザインが素敵です。ここでは宮古島の食材にこだわったさまざまなメニューがあり、一番人気は「宮古ドッグ」。
Ooqzxgqtpae5vv3ifxo5
引用: https://www.instagram.com/p/Bunx9KujQkI/
こだわりのバンズに新鮮な宮古島の食材がぎっしり詰まった逸品です。ドッグメニューはとても豊富で、価格はお手頃なので仲間同士で幾つか頼んで色々味わうのもおすすめです。また、島の美味しい食材をごちゃまぜにしているという、名物の「ちゃんぷるSOFT」も人気。マンゴーなどのトロピカルフルーツもたっぷり味わえます。

【基本情報】

【住所】沖縄県宮古島市平良下里247-2【電話】050-5595-8404
Swnjcfzv6e0v3wzzrqhf
引用: https://www.instagram.com/p/BvS3tgBF3Rv/
宮古島の気温や服装についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。きれいな海が広がる宮古島は一年を通して魅力あふれるスポットですが、観光の際は気温や最適な服装も重要。注意点も考慮しながら、気温、服装を参考にして充実した宮古島観光にしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BvS3tgBF3Rv/