Jcsbpcvrtird0kr41vqw

鹿児島

CATEGORY | 鹿児島

与論島グルメ【鹿児島】一度は訪れたい絶品おすすめグルメ店7選

2019.10.28

癒しの島「与論島」。観光と共にぜひ楽しんでいただきたいのが与論島グルメ。黒潮と珊瑚礁の島の恵みをいっぱい受けた美味しいグルメがたくさんあります。ここ与論島でしか食べられない、人気の郷土料理や名物などの絶品おすすめグルメをご紹介します。

この記事に登場する専門家

Kaqd0l4uulnvxv7pm3d0

南国に移住してしまった旅バカ

jovi

現在24歳にして47都道府県と51の離島に上陸。
新卒で入った東京の大手旅行会社を半年で退職し、貯めたお金で沖縄に移住してしまいました。

  1. 与論島の人気の絶品おすすめグルメ1 【青い珊瑚礁】 
  2. 与論島の人気の絶品おすすめグルメ2 【食事喫茶 芭蕉亭】
  3. 与論島の人気の絶品おすすめグルメ3 【レストラン「たら」(ヨロンの味たら)】 
  4. 与論島の人気の絶品おすすめグルメ4 【お食事処 味咲(みさき)】
  5. 与論島の人気の絶品おすすめグルメ5 【くねんぼ食堂】
  6. 与論島の人気の絶品おすすめグルメ6 【創作ダイニング 福家】
  7. 与論島の人気の絶品おすすめグルメ7【MEEDUF’S YUI HOSTEL and COFFEE】
  8. まとめ
  9. 執筆者のブログ
Covqworkvksmoqbjkf7s

与論島に訪れたらまずは訪れたい名店が「青い珊瑚礁」。屋根が高く開放的な店内からはヨロンブルーの海と、天気がいいと沖縄本島を望む絶景を楽しむことが出来ます。

そんなこのお店のおすすめは「もずくそば」。栃木から与論島に移住したオーナーが1988年に開発した商品で、今では与論島の郷土料理のひとつになっています。そばに練りこまれているもずくは与論島と沖縄で採れたもの。出汁のきいたさっぱり系の味で食べやすく、そば粉なしで作っているので、そばアレルギーの方も安心して食べることが出来ます。

チャーシューにちくわもついて550円という驚きの安さ。もずくが練りこまれたそばを使わず、トッピングとしてもずくが添えられている「与論そば」はさらに安い350円です。

A3pajg0diy1vytgplnvk

テーブルに置かれている調味料にも注目です。きび酢や塩、島トウガラシのソースなど、すべて与論島で採れた産品を加工したもの。店内にはお土産コーナーもあるので、もずくそばやこれらの調味料はお土産としておすすめです。

Ozg8iuml6izvxoq0iqvy

与論島の繁華街「銀座通り」に位置するレトロな外観のお店です。かつて旅行者として与論島で出会ったというご夫婦が切り盛りしており、ラーメンなどの麺類から丼もの、定食まで幅広いメニューですが揃っています。一般的な定食屋さんとは異なり、少し薄暗く、カウンターと座敷の席がある喫茶店のような雰囲気のお店です。

Yw1cc57mn4bnabiugwpa

おすすめは「とんこつ定食」。「とんこつ」とは沖縄の名物郷土料理「ソーキ」、つまりスペアリブの角煮のこと。しょうゆ味でじっくり煮込まれたお肉は、口に入れるととろけるほどのやわらかさ。お肉のうまみがしみ込んだタレをご飯にかけて食べるのもまたおすすめ。味噌汁、漬物にもずくまで付いたボリューム満点な定食です。ご飯を食べ終わった後も、フレンドリーな奥さんと話をしたりしていると、つい長居してしまうような居心地の良さも魅力です。

ヨロン島ビレッジの中にあるレストランです。与論島の名物郷土料理「鶏飯」は、ほぐした鶏肉やパパイヤの漬物などの具を、ごはんにのせて出汁をかけて食べます。食べやすいので暑い夏でもスイスイ入りますよ。

他にも与論島特産の名物「モリンガ」を使った「モリンガ麺のペペロンチーノ」や「もずく豆腐」などが食べられます。ハイビスカスと与論島食材の天ぷらは、インパクトありますね。

与論島特産もずくのを使った、もずくそば・雑炊、ラーメンなどが食べられます。写真は、「もずく冷やし茶漬けセット」です。暑さでちょっと疲れた体にいただく冷やし茶漬けは、さっぱり食べれて食欲増進間違いなしです。

かき氷も大人気で、写真は「百合ケ浜」という名のかき氷。ふわふわで優しいラムネ味。他にも「木村のあほ」など面白いネーミングのかき氷がいっぱい。何味が出て来るのか試してみましょう。

与論島の新鮮な魚を、オリジナルの調理法でアレンジして提供してくれる創作料理のお店です。店内は木の香りいっぱいのログハウス風で暖かな雰囲気。3組で満席なので、予約をした方が確実です。与論島に来たら必ず訪れたいお店です。

看板メニューで一番人気の「エラブチ(ブダイ)の辛子マヨネーズ焼き」。プリプリとしたブダイとマヨネーズに辛子がマッチした絶品です。一食の価値ありです。

綺麗な青色の島魚のアオブダイ(スズキの仲間)のお造り。その日に取れた新鮮な魚をお刺身にしてくれます。一組に1匹魚を出してくれるので、刺身が多ければお店の人に相談してみて下さい。与論島の多彩な魚介料理を楽しんでください。

昼はお食事処、夜は居酒屋になります。店内は落ち着いた雰囲気で、おひとり様でもOKです。与論島でとれる島の食材を豊富に使った、工夫を凝らした創作料理をぜひ食べてみてください。

名物の看板料理「ヨロンライス」は、与論島特産の焼酎「島有泉」と、サトウキビからできたざらめ「きびざら」を使ったポロネーズソースに、チーズとクリームチーズをのせてつくったミートドリアです。真ん中には百合ヶ浜をモチーフにつくったというカマンベールチーズ入りのポテト餅がのっています。与論島の恵みがたくさん詰まったここでしか食べられない大人気の絶品の味を楽しんで下さい。

こちらは、「福家カレー」。マンゴーがたっぷり入ったカレーに野菜とチーズをのせて焼いた焼きカレーです。他にも与論島産のハーブを使った数量限定の「モリンガ麺のカッペリーニ」や日替わりの定食などランチメニューも充実。一度は行ってみたいおすすめのお店です。

Xlll5fdw9zeqvp7bry24

雑誌などでも取り上げられている、今注目のおしゃれなカフェレストランです。朝のモーニングから夜のディナーまで多くの島民、そして観光客が訪れています。島の方に愛されている、島生まれのオーナーMさんが空き家をリノーべーションして出来たお店です。ランチとディナーはキッチンカーで与論島にカレーを届けている「カスタネット」が運営しています。朝はパンとサラダ、お昼はカレーやタコライス、夜は居酒屋で肉料理がメインになります。

Bjkrbeflgmc9nzuwb7ip

おしゃれな雰囲気の店内。壁には島の歴史が書かれていたり、昔の島の写真も見ることが出来ます。空港などのお土産屋さんでは手に入らない、島の方の手作りお土産も販売されています。

Gywy2pev5p9jdwzhnrbh

店名が「HOSTEL」ということで、飲食店スペースの2階はドミトリーになっており、宿泊することも出来ます。少し離れたところにある別館には個室もありますが、いずれも予約がなかなか取れないほどの人気です。一人旅の方はここに泊まって、食事も3食ここでお世話になるのがおすすめ。島へ行く日が決まったらすぐに予約を取るようにしましょう。置かれている47都道府県の名前が書かれたノートをみると、「この場所で友達が出来た」という書き込みが多くみられます。与論島の本当の良さがここにはあります。

V0km42v0tqj75gupeqvn

与論島の人気の絶品おすすめグルメをご紹介しました。小さな離島にも関わらず、島一番の繁華街にあたる「銀座通り」には、今回ご紹介したお店以外にも色々なお店があります。また、電子マネーや島内通貨も導入されているお店が多いのも何かと便利です。与論島へご旅行の際には、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BU1b2TqFHKt/?tagged=%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A8%E3%83%AD%E3%83%B3