Tkd6lcaqjzdkg79wvbwm

広島

CATEGORY | 広島

鞆の浦のカフェ【広島】景色抜群のおすすめカフェやおしゃれ店は?

2018.06.07

鞆の浦には古民家風のおしゃれなカフェや、瀬戸内の海が見渡せる景色の良いカフェがたくさんあります。今回は、鞆の浦でとくにおすすめしたいカフェを9つ紹介します。ぜひ鞆の浦でのカフェ巡りや、観光時の休憩スポットなどの参考にしてくださいね。

  1. 鞆の浦のおすすめカフェ①「BEER & CAFE Gallery 茶屋蔵」
  2. 鞆の浦のおすすめカフェ②「おいしい工房 うみひこ」
  3. 鞆の浦のおすすめカフェ③「鞆の浦 a cafe」
  4. 鞆の浦のおすすめカフェ④「鞆町カフェー/454」
  5. 鞆の浦のおすすめカフェ⑤「kitchennatty」
  6. 鞆の浦のおすすめカフェ⑥「さらすわてぃ」
  7. 鞆の浦のおすすめカフェ⑦「SHION 潮音」
  8. 鞆の浦のおすすめカフェ⑧「茶房セレーノ」
  9. 鞆の浦のおすすめカフェ⑨「鞆の津ミュージアム+Cafe」
  10. まとめ
かつて福山藩の蔵として使われていた建物をリニューアルしたこちらのカフェ。TBSドラマ「流星ワゴン」のロケ地にも使われたそう。店内はギャラリーにもなっていて、趣のある家屋をゆっくりと見学することができます。ちなみに席によっては常夜灯と海が見える場所もあるそうですよ。
そんな茶屋蔵では、ビアソムリエが厳選した30種類にわたる世界のビールや、毎週焙煎しているオリジナルコーヒーを味わうことができます。また、瀬戸内レモンと秘伝のスパイスを使用した「瀬戸内スパイスチキンバーガー」や、瀬戸内の旬野菜や果物を使用した日替わりケーキもおすすめ。おしゃれなカフェでこだわりのメニューを楽しんでみてはいかがですか。
「うみひこ」はテーブル席が3席のみの、こじんまりとした古民家カフェ。静かなカフェで腰を落ち着けたいという人におすすめです。店内には柱時計や黒電話などのアンティークアイテムが飾られており、ノスタルジックかつおしゃれな雰囲気が広がっています。
こちらのお店では、厳選された国産の紅茶や焙煎珈琲などが提供されます。またデザート作りにも力を入れており、レアチーズケーキは30年前のレシピを参考に甘さ控えめのあっさり感が人気。アンティーク・ショコラは熟成させた洋酒を使用し、濃密な味わいに。シンプルな素材でつくられた昔懐かしのプリンも評判です。ただ甘いだけではないこだわりのデザートは、大人のカフェタイムにぴったりです。
常夜灯の目の前にある、古民家を改造したおしゃれなカフェです。木造の店内は梁や土壁をそのまま残されており、昔の家屋らしい雰囲気となっています。また入口の隣にあるテイクアウトコーナーは、「takeout」とかかれた針金のフレームと、ディスプレイされたレモンがあります。ここはインスタ映えスポットとしても人気。もしテイクアウトするなら、商品を待っている間にぜひ撮影しておきましょう。
店内では自家農園のオーガニック野菜や鞆の浦でとれた魚や貝類を使用した、パスタやサンドイッチなどが味わえます。とくに「釜揚げしらすと瀬戸内のレモンの冷製おろしパスタ」や、その日の旬な食材によって変わる日替わりパスタは絶品。またちりめんや保命酒など、鞆の浦の名産を取り入れたご当地メニューもおすすめです。
店長自身の実家であった医院をイタリアンレストランに改装した「鞆町カフェー/454」。店名の454は、番地から名づけられているそう。建物の外見はレトロな雰囲気がありますが、店内はモダンでおしゃれな雰囲気。メイン通りから少し離れた場所にあるので、静かに食事を楽しむことができますよ。
店長はイタリア留学経験があり、本場イタリアンを学んできたプロ。そんな店長が提供する本格的なピザやパスタはまさに絶品。鞆の浦の名産を取り入れた、「釜揚げしらすのサラダ風ピザ」などの独自のメニューを提案しています。ちなみにパスタに使われるベーコンやスモークサーモンも自家製で作っているそうです。
小室浜海水浴場が目の前にあり、絶好の海景色が楽しめるカフェ。店内はおしゃれなハワイアンカントリー風で、木製の窓からは美しいオーシャンビューが望めます。屋内席のほかに屋外テーブルもあるので、天気が良い日は海風を感じながら食事をするのも良いかもしれません。
こちらのカフェでは、高温で一気に焼きあげた石窯ピザを味わうことができます。自家製の天然酵母生地は、もちもちで病みつきになるおいしさ。なかでも「PIZZA natural yeast」は、玉ねぎとトマトを煮込んだソースとイタリアのモッツァレラチーズを使用。シンプルなトッピングながらも、素材の味を楽しむことができますよ。
明円寺から少し上、医王寺へと続く坂道の途中にあるおしゃれな屋敷カフェ「さらすわてぃ」。元々地元の名士が所有する屋敷に手を入れてカフェにしたそうです。ウッドデッキのある席では、当時のまま変わらない庭園の景色を眺めることができ、穏やかな時の流れを感じることができますよ。また、ここでは2階も開放されており、鞆の浦の絶景を望むことも可能。自分の好きな席を見つけてみてくださいね。
「さらすわてぃ」では、最高級の素材をローストマスターが焙煎した福岡の豆香洞コーヒーを使用。他にも無添加100%果汁ジュースなどの飲み物がメインに提供されています。軽くなにか食べたい人は、手作りのケーキが付いてくるセットがおすすめ。カフェというよりは知人の家に招かれた時のような、親しみの持てるお店となっています。
市営の渡船場の2階にあるカフェサロン。ここからは、鞆の浦を象徴する仙酔島や瀬戸の海景色を見渡すことができます。また店内では、瀬戸内や鞆の浦に関するお土産も販売しています。渡船場からすぐの場所にあってアクセスが便利なので、下船後のひと休みや帰りの船を待つ時間に利用するのにぴったりですね。
そんな「潮音」では、オリジナルのブレンドコーヒーや夏にぴったりの青いソーダ水のフロート、自家製のチャイなど、幅広いドリンクメニューが揃っています。美しい鞆の浦の景色を眺めながら、有意義な時間を過ごしてみませんか。
鞆の浦からややはずれの場所にある高台のカフェ。2階にある30席ほどのオープンテラスからは、港や仙酔島、福禅寺の対潮楼などを望むことができます。さらに天気の良いと、瀬戸内の島々や四国まで見渡せるとか。美しい鞆の浦の景色が望めると評判のカフェとなっています。
そんな「茶房セレーノ」には、店主が満を持しておすすめするメニュー「特製カレー」があります。コトコト煮込んだホロホロ肉と、バランスのとれたおいしさ&スパイシーさにハマる人続出。ただし、この特製カレーは提供されていない日もあります。ある時は看板に書かれているそう。もし運良く出会えたなら、ぜひ味わってみてくださいね。
現代アートを展示する「鞆の津ミュージアム」の隣にある「プラスカフェ」。店内は木のあたたかみが感じられるつくりで、アーティスティックなインテリアも飾られており、おしゃれな空間となっています。ミュージアム鑑賞後の休憩におすすめです。
こちらのカフェでは、りんごのコンポートが添えられたパンケーキが大人気。生クリームがのったシンプルなパンケーキでありながらも、バニラビーンズの香りに食欲がそそられます。ボリューム感もしっかりしており、心身ともに満足するクオリティです。
古民家や昔の住居・屋敷を利用したカフェは、レトロモダンでおしゃれな所が多いです。カフェは雰囲気重視という人におすすめ。瀬戸内の海などが望める景色の良いカフェは、まったりと過ごしたい人にぴったりです。いずれも訪れたなら、きっと旅ならではの素敵な思い出ができるはず。気に入ったカフェがあったなら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bja5qu4n2bU