Tio6ej7ws3tld9tchpyn

愛知

CATEGORY | 愛知

【2019年版】癒しの旅!自然に囲まれた愛知の島を大特集!

2019.04.02

せっかくの休日、ゆっくりと癒されたいと考えている方におすすめなのが、愛知の離島。愛知にはいくつも離島があり、名古屋からもフェリーで日帰りできるのでアクセスも良いです。週末は少しゆったりと、島旅をしてみるのがおすすめです。

  1. アクセス抜群!フェリーで愛知の離島へ行こう!1:篠島【しのじま】
  2. アクセス抜群!フェリーで愛知の離島へ行こう!2:篠島【特産品】
  3. アクセス抜群!フェリーで愛知の離島へ行こう!3:篠島【見どころ】
  4. アクセス抜群!フェリーで愛知の離島へ行こう!4:日間賀島【ひまかじま】
  5. アクセス抜群!フェリーで愛知の離島へ行こう!5:日間賀島【特産品】
  6. アクセス抜群!フェリーで愛知の離島へ行こう!6:日間賀島【見どころ】
  7. アクセス抜群!フェリーで愛知の離島へ行こう!7:佐久島【さくしま】
  8. アクセス抜群!フェリーで愛知の離島へ行こう!8:佐久島【特産品】
  9. アクセス抜群!フェリーで愛知の離島へ行こう!9:佐久島【見どころ】
  10. アクセス抜群!フェリーで愛知の離島へ行こう!10:離島観光に持っていくと良いもの
  11. まとめ
I52owwqyhhqodtx9o8on
引用: https://www.instagram.com/p/BticQ1hFG-d/
美しい自然を満喫したい、ゆっくりと美しい海を見たいという方におすすめなのが、「篠島」です。「篠島」は、東海の松島という別名で呼ばれているほどに、海と島との絶妙な景色を見ることができます。島から沈む夕日は、松島を彷彿とさせる美しさです。うっとりと見入ってしまうこと間違いありません。
Eueobvyywotheaicjecc
引用: https://www.instagram.com/p/BvYQ6M6lBB2/
A8jynzd3mz8k7z881s47
引用: https://www.instagram.com/p/BvbI-gopu2S/
「篠島」の特産は高級魚で有名なフグとシラスです。多くの釣り人が訪れる、絶好の釣りスポットとしても有名です。フグといえば山口県が有名ですが、トラフグは「篠島」も負けてはいません。フグ好きの観光客も訪れる、グルメな島でもあります。また、夏場になると、美しい海と浜辺でのんびりするために、ビーチ目当てで多くの観光客が訪れます。また、足がはやいとされるシラスも、「篠島」は収穫量日本一なので、贅沢な生シラスも食べることができます。そして、もう一つ「篠島」で有名なのが、タイです。じつは「篠島」は、伊勢神宮ともかかわりのある島でもあり、毎年「おんべ鯛」という種類のタイを伊勢神宮へ献上していることでも知られています。おんべ鯛は、身が引き締まっていて、魚の甘みが口の中に広がります。
Zl5rnrzzvst7hajz93z2
引用: https://www.instagram.com/p/BvVU4g6FbM8/
Sfdqwm4cpwu5rkgchrrx
引用: https://www.instagram.com/p/BvLpQdIlwxx/
美しい砂浜が800メートルも続く「篠島」の海岸。透き通った海と美しい砂浜は夏場になると癒しと自然と求めて、多くの観光客が訪れます。ゆったいrと砂浜でくつろいだり、美しい海で遊ぶのも、「篠島」の醍醐味と言えます。また、シラスや鯛にはじまり、多くの魚が釣れることでも有名な「篠島」。釣り人たちが訪れることでも有名です。島で魚釣りを楽しみたい方は、ぜひ多くの魚が釣れる
Rddnkgx31reiusxwgnir
引用: https://www.instagram.com/p/BvI3udfAm7N/

行き方

河和港から名鉄海上観光船25分。 師崎港から名鉄海上観光船7分。 または海上タクシーでも行けます。
Vfribegqwhmnwfhjgfk5
引用: https://www.instagram.com/p/BvnDaICgBG4/
タコやフグといった魚介の他に、「日間賀島」では「イルカ」で観光PRをしています。自然が豊かで美しい島で、イルカと触れ合うことが最大の特徴ともいえる「日間賀島」。また、名古屋から一番近い島としても有名なので、週末に旅行へ行くのにもピッタリな離島です。
N9af0cepfiiqdtgpt3cu
引用: https://www.instagram.com/p/BvmlAqtjOin/
K0mjhq4o4cq8gclhifej
引用: https://www.instagram.com/p/Bvl3xoRFH4W/
離島の最大の魅力としてあげられる魚介類。その中でも、「日間賀島」では、タコが有名です。島では、家の軒先にタコが干されている姿も見られるほど、豊富にタコがとれます。タコ夏にとれますが、冬になるとフグがとれるということでも有名です。島にある多くのレストランでは、絶品のタコ料理を食べることができます。タコのまるゆでなど、タコの姿そのままがドンとお皿に盛られた姿は、一度見たら忘れられないビジュアルです。柔らかく煮られているので、はさみで切りながら食べます。そして、普通のアサリの2~3倍はありそうな大アサリも、島の名物です。タコ飯や蒸しタコなど、様々なタコ料理が楽しめます。
Kcrpynp9vhruausq8j6z
引用: https://www.instagram.com/p/BvYf74DHOtk/
Vj1tperaalh5cfwqtscs
引用: https://www.instagram.com/p/Bn3IxMXlscb/
名古屋から1時間半ほどで到着する「日間賀島」。見どころはなんといっても、離島ならではのゆったりとした空気感。島は三河湾国定公園に含まれ、ゆったりとした自然を味わうことができます。島の周囲は5.5キロほど。そのため、レンタサイクルでの離島一周巡りも楽しむことができます。約1時間もあれば回れてしまう、コンパクトな島です。そして、「日間賀島」一番のスポットといえば、サンセットビーチでのイルカとのふれあい体験です。日間賀島西湊すぐに、間近でイルカを見られるスポットがあります。ふれあい体験や、間近でのジャンプに、最高の思い出作りになります。
Gvciuwbfrmewi8fquhhu
引用: https://www.instagram.com/p/BjEIR36B5Ex/

行き方

河和港から高速船で約20分。 師崎港から高速船で約10分。 伊良湖港から高速船で約30分。 または、海上タクシーも運行しています。
T1qo6pxysrvux4ecvafq
引用: https://www.instagram.com/p/BvjnoobgsoR/
コノワタという特産品や、大アサリが有名な佐久島。さらに、江戸時代には海軍で栄えた港町でもあります。平成7年から始まった、アートで島おこしというプロジェクトによって、島中に20個を超えるアート作品が点在していることでも知られており、インスタグラムなどのSNSに映えるとして、人気を集めています。
Gd8ixpebu2usdhkranmq
引用: https://www.instagram.com/p/BvjeLLzhF6w/
Ve2ltk6tzmvv1enzmgak
引用: https://www.instagram.com/p/Bvd_2x5B2uF/
島名物の大アサリは、島のカフェやレストラン、宿泊施設でもたっぷりと堪能することができます。通常のアサリの2倍から3倍ほどの大きさの大アサリは、アジもしっかりしていて、噛み応えも抜群。旨味がかむごとにギュッと押し寄せてきます。また、近海でとれるタコや牡蠣、ナマコなどの魚介類が、とにかくおいしいです。タコしゃぶは見た目にも豪華で、タコの旨味が口の中から離れないおいしさです。シラスやエビなどの魚介もおいしく、海戦が好きな人はぜひ訪れたい島です。また、温暖な気候に恵まれて育った島の野菜も、とても美味しいと評判です。
Uuf7mdyqb4lc9uy5uktg
引用: https://www.instagram.com/p/BvT2cdxnozU/
Udhglfnjl2yl8x5assvl
引用: https://www.instagram.com/p/BvTrPTrgOrY/
「三河湾の黒真珠」とも呼ばれる、家の壁が黒く塗られた家々が続く集落は、趣と風情があり、まさにアートの島の原点とも言えます。ナントの言えないノスタルジックな雰囲気の写真が撮れること間違いありません。また、アートの島としても盛り上がりを見せる佐久島では、数多くのアート作品を、無料で見ることができます。特に人気の作品は、週末や祝日になると人の行列ができることも。早朝がねらい目です。特に大人気の「おひるねハウス」や「イーストハウス」、「かもめの駐車場」は、多くの人が訪れる人気のアートスポットです。美しい自然とマッチした作品を楽しむことができます。
Kntfhkj6amdmnttabj2i
引用: https://www.instagram.com/p/BvPRVIghgzu/

行き方

一色港から高速船で約20分。 一色港周辺に無料の駐車場が1000台完備されていますので、車でのアクセスも良好です。
Opfn6a1gf4fmxwgwliwe
引用: https://www.instagram.com/p/BvMGiw0BQ2g/
魅力がぎっしり詰まった離島ですが、島をもっと楽しむために、持っていくと便利なグッズを紹介します。

日焼け止め

Ooqljof3oogmqfz6fxoc
引用: https://www.instagram.com/p/Bvl-k6aFwhZ/
夏場に観光しようと思っている方や、海を楽しみたい方は特に、日焼け対策は必要です。思っている以上に日差しが強かったり、自転車での観光で焼けてしまうこともあります。

虫よけスプレー

Kajud6oehmjerzkf6ipp
引用: https://www.instagram.com/p/Bm7xk-mnQh-/
自然あふれる島だからこそ、山などには虫がたくさんいることも。小さいお子様連れの方は特に、やぶ蚊などに注意してください。

歩きやすい靴

Q1c4fgsxikk7bnoinew1
引用: https://www.instagram.com/p/Bvlqjk4lvIB/
島観光では、自転車や歩くこともしばしば。ヒールのある靴や、おろしたての靴だと、歩いているときに転んだり靴擦れを起こすことも。歩きなれた靴で行くのが無難です。
名古屋から1時間半程度で行ける3つの離島。様々な魅力と、離島ならではののんびりした空気が大人気の観光スポットです。アクセスも良く、島グルメも絶品。夏は美しい海でのんびり過ごすのも良いですし、冬には高級なフグなどの特別なグルメも味わうことができます。ぜひ週末のプチ旅行に離島を訪れてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/90/900de096136ba7e6a3284a07a9f80480_t.jpeg