Zbfvtuytz1uhmdzcqtgi

京都

CATEGORY | 京都

【2019年GWどこ行く⁈】特産物販売も!長岡京 春の観光まつり

2019.04.15

京都府の長岡京市では毎年春に「春の観光まつり」が開かれます。春の観光まつりは、長岡天満宮や乙訓寺の周辺で行われ、樹齢150年をこえるキリヤマツツジが満開となります。春の観光まつりや長岡京の観光スポットをご紹介いたします。

目次

  1. 長岡京春の観光まつり&長岡京市の観光スポット1 「長岡京春の観光まつり」
  2. 長岡京春の観光まつり&長岡京市の観光スポット2 「長岡天満宮」
  3. 長岡京春の観光まつり&長岡京市の観光スポット3 「乙訓寺」
  4. 長岡京春の観光まつり&長岡京市の観光スポット4 「陽谷寺」
  5. 長岡京春の観光まつり&長岡京市の観光スポット5 「勝竜寺城公園」
  6. 長岡京春の観光まつり&長岡京市の観光スポット6 「勝竜寺」
  7. 長岡京春の観光まつり&長岡京市の観光スポット7 「神足ふれあい町家」
  8. 長岡京春の観光まつり&長岡京市の観光スポット8 「長岡宮跡」
  9. 長岡京春の観光まつり&長岡京市の観光スポット9 「たけのこフェスタ」
  10. まとめ
Rldrbguqe108nprug3io
引用: https://www.google.com/search?q=%E9%95%B7%E5%B2%A1%E4%BA%AC%E6%98%A5%E3%81%AE%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiozcOX9tDhAhU6K6YKHdSlDCEQ_AUIDygC&biw=1536&bih=723&dpr=1.25#imgrc=gy_ESyR42_W56M:&spf=1555290925705

京都長岡京の春の風物詩として知られる「長岡京春の観光まつり」。長岡京春の観光まつりは、長岡天満宮のキリシマツツジや、乙訓寺のぼたんなどが見頃を迎え、賑わいます。毎年4月下旬から5月上旬に見頃をむかえる、キリシマツツジやぼたんの花がいっせいに咲き揃います。お花が見頃をむかえるころには、たけのこフェスタも行われる、たけのこ料理が振る舞われたり、竹製品、長岡京の観光グッズなどが販売されます。そんな長岡春まつりの見所や、春の長岡京の見所をたっぷりご紹介いたします。

Q8cvzkgd8usresvkqcvi
引用: https://www.google.com/search?q=%E9%95%B7%E5%B2%A1%E4%BA%AC%E6%98%A5%E3%81%AE%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiozcOX9tDhAhU6K6YKHdSlDCEQ_AUIDygC&biw=1536&bih=723&dpr=1.25#imgrc=7SfuMVmeGfdCfM:&spf=1555290925705
It6ylkhumtzvif0zubpy
引用: https://instagram.com/p/BuLa3HPl6E9/

長岡京市のほぼ中央に位置している「長岡天満宮」。長岡天満宮は、長岡天神とも呼ばれ、広く親しまれています。天神さまというと、学問の神様である菅原道真ということになりますが、長岡天満宮は、その道真が筑紫の大宰府へ左遷されていくときに、お供との別れを惜しんだ所といわるているなが、長岡天満宮です。そのときに送っていた中小路すけふさに、道真が自分の自画像をあたえ、その自画像を本尊としてまったのが長岡天満宮の始まりと伝えられています。

Axapqvktcggozp538urs
引用: https://instagram.com/p/BwHSefXgrxj/

その長岡天満宮で、春をつげゆのが、境内にびっしりと植えられているキリシマツツジです。長岡天満宮のキリシマツツジは樹齢150年をこえるツツジで、満開を迎えると境内が真っ赤にそまりその光景な圧巻です。この景色を求めて全国から花見客が訪れます。

Iigani01j2lcuj0panxa
引用: https://instagram.com/p/BwEx3wIFagY/
Nwjryfp5eovuoyyvmqpz
引用: https://instagram.com/p/BhtHTVgA3-m/

長岡天満宮の1キロほど北にあるのが、長岡京春まつりの見所のひとつでもある「乙訓寺」があります。乙訓寺は、「ぼたんの寺」ともよばれており、真言宗豊山派のお寺です。乙訓寺は、乙訓地方最古のお寺と伝えられており、推古天皇の勅命により、聖徳太子が創建したと言われています。また延暦3年に桓武天皇が長岡京を造営するさいには大規模な増築が行われ、長岡京の建設の責任者の藤原たねつぐ暗殺事件に関係したとされた、早良親王が、淡路島に流される前に幽山されたところとも伝えられています。現在のお寺のたたずまいからは、昔の大寺院としての面影は感じられませんが、境内から出土する瓦などから奈良時代の創建であることが推定されています。

O4fazw1cdj1zp3sr6169
引用: https://instagram.com/p/BhsEvjwgErW/

乙訓寺は、別名「ぼたんの寺」と言われている通り、境内にはたくさんのぼたんの花が植えられています。このぼたんの花は、同じ真言宗豊山派の奈良県大和国にある長谷寺から移植さへたもので、4月下旬から5月上旬にかけて見頃を迎えました。赤、白、黄色、ピンクなど色とりどりのぼたんの花が咲き乱れ、その光景は圧巻です!!ぼたんの花はとても大きく豪華絢爛に咲くため、まさに花の女王とう名前がふさわしいお花です。ぼたんには、王者の風格や、高貴、人見知りなどの意味があります。ぼたんの花は、中国原産のお花で、現在地の中国では、「百花の花」とも呼ばれており、国花にもなっています。そんな豪華絢爛な見た目に由来して「王者の風格や高貴」という花言葉がつけられたと言われています。ぼたんが中国から日本に入ってきたのは奈良時代だと言われており、元々は薬用として輸入されたのではないかと言われています。

1 / 3