Ird5quilwf3y8ucnfpro

オーストリア

CATEGORY | オーストリア

【2019最新】オーストリアの物価は高い?安い?日本と比較して徹底解説!

2019.05.11

オーストリアの物価は高いのか旅行へ行く方は気になりますよね。日本とオーストリアの物価を比較して比べてみましたので、旅行のプランのご参考にしてくださいね。また、オーストリアの水の物価や、現地で飲めるのかも記載してあります。

  1. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう①水の物価
  2. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう②カフェの物価
  3. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう③レストランの物価
  4. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう④ファーストフードの物価
  5. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑤路面店でのファーストフード
  6. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑥公共交通機関の物価
  7. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑦タクシーの物価
  8. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑧スーパーマーケットの物価
  9. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑨スーパーマーケットで買う飲料水の物価
  10. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑩観光費用
  11. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑪お土産
  12. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑫宿泊費の物価
  13. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑬長距離電車の移動
  14. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑭消費税はどれくらい?
  15. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑮生活費・住居代金は?
  16. 日本とオーストリアの物価を比較してみよう⑯子育ての費用は?
  17. ⑰オーストリアの水道水について
  18. ⑱オーストリアの基本情報について
  19. ⑲オーストリアの治安について
  20. まとめ

水の物価は高い?

Hamooavy5b7rjzancb1v
引用: https://www.instagram.com/p/BgM5B8XlTbq/
最初に、日本とオーストリアの水の物価についてお伝えします。日本のスーパーで購入するお水は、500mlのペットボトルで、100円以下が相場ですよね。安いスーパーですと、70円などもありますが、相場としては100円ほどですね。オーストリアのお水は1ユーロ以下が相場です。スーパーで安いお水を買っても0.5ユーロからとなっていますので、日本と比較して高いです。また、オーストリアでは観光名所などでお水を買うと3ユーロ、4ユーロとなる場合があります。お水1本で、400円以上は高いです。
Vssqqbc80sxt2ggwmjhj
引用: https://www.instagram.com/p/BxHVbVmHn2G/

カフェの物価は高い?

Hegz4ox2ammt4gsnkkyb
引用: https://www.instagram.com/p/BvNmMTpAETw/
続いて日本とオーストリアのカフェの物価をお伝えしていきます。オーストリアのウィーンのカフェでコーヒーを注文すると、5ユーロほどとなります。日本円にすると650円ほどですね。カフェでのコーヒーは高いです。そしてケーキなどスイーツを食べると、同じように5ユーロから7ユーロほどはします。さらにスープやサンドイッチなどの軽食をいただくとなると、10ユーロはしますので、1300円以上です。日本ではワンコインにてランチが食べられたりするため、オーストリアの食事にかかる物価は高いです。

カフェ ザッハー(CAFÉ SACHER)

Wia3nkxs14k2gnzffhtt
引用: https://www.instagram.com/p/BvlUrk6gQCd/
オーストリアのウィーンと言えば、『カフェ ザッハー(CAFÉ SACHER)』のチョコレートケーキが人気ですね。ホテルの一角にあるカフェ ザッハーで、ケーキセットを注文すると、16.80ユーロ(約2100円ほど)となります。老舗の有名なカフェでの、ケーキ、コーヒー、お水の値段となります。ケーキ、アルコール、お水のセットもあり25ユーロとなります!オーストリアのカフェでは、お水は有料となっています。水道水のお水は無料な場所もありますが。。。
Mnewjlapt32p03mfxvgo
引用: https://www.instagram.com/p/BvcqqLdgGgA/

カフェ基本情報

*名称:カフェ ザッハー(CAFÉ SACHER) *住所:Philharmoniker Str. 4, 1010 Wien, オーストリア
Uq78dyezm4u6r3upvns8
引用: https://www.instagram.com/p/Bw0_TIKHmOX/

カフェ ザッハー(CAFÉ SACHER)公式サイト

Ga5jhzk2k1popoyssdsl
引用: https://www.instagram.com/p/Bv9YlkIhSfi/

レストランの物価は高い?

Cxi7w0tnjpxyje9jaef1
引用: https://www.instagram.com/p/BxFdl98Apf5/
続いて日本とオーストリアのレストランの物価を比較しましょう。日本でもオーストリアでも高級レストラン、カジュアルな場所などによって金額の差はありますが、日本よりも高い物価のオーストリアのレストランです。ウィーンのレストランにていただくメインコースは、20ユーロから30ユーロ(2600円〜3900円前後)です。アルコールに、お水、ジュースなどを別で注文すると、平均的に30〜40ユーロですね。さらには、チップが必要となるオーストリアです。

ファーストフードの物価は高い?

Xluktgc6ndvfie1mmour
引用: https://www.instagram.com/p/BxNc7l1lWBb/
続いて日本とオーストリアのファーストフードの物価を比較してみましょう。ウィーンの街中にはたくさんのファーストフードのお店があります。駅構内、ショッピングモールなどにあるファーストフードでは、1人あたり7ユーロ以下(900円)で食べることができます。トルコ料理のケバブのファーストフードでは、4、5ユーロほどとなり節約したい方には強い味方となるオーストリアの食事ですね。

オーストリア路面店でのファーストフードは高い?

Uve0vkmo0dbien4llh7r
引用: https://www.instagram.com/p/BxKgxvGHo6N/
オーストリアでは、路面店にファーストフード店があります。ホットドッグにピザ、ヌードルなどが多いのですが、3ユーロから6ユーロほどで食べることができます。400円〜800円くらいですので、レストランやカフェよりは安く食べることができますね。日本よりも食事にはお金がかかるオーストリアです。
Nfege0mf3mk0cc2jwivj
引用: https://www.instagram.com/p/BxBxoy-h0XO/

公共交通機関の物価は高い?

Uhfrl9jxghvvq5gxfr9f
引用: https://www.instagram.com/p/BxI0sSsH5gr/
続いて日本とオーストリアの公共交通機関の物価を比較してみましょう。オーストリアでは、地下鉄、トラム、バスがあり観光に便利となります。1回の乗車チケットは、2,2ユーロ(280円ほど)となり、子供用の1回チケットは、 1,1ユーロです。24時間乗車券は、7.6ユーロ(1000円ほど)、2日間乗車チケットは13.3ユーロ(1730円ほど)となっています。日本より少し交通費が高いオーストリアですね。学生の方、通勤で利用する場合にはお値打ちにトラムやバスの定期が買えます!
Cfef0vnflxezwciy7h5c
引用: https://www.instagram.com/p/BxFQQGil4NR/

タクシーの物価は高い?

Xvpfbtic05yvenbxxpjb
引用: https://www.instagram.com/p/BwR5xvklBN6/
続いてオーストリアのタクシーの物価をみていきましょう。オーストリアでのタクシーの初乗り料金は、3.80ユーロ(500円ほど)となります。オーストリアでは深夜料金(23時〜6時まで)、日曜日および祝日は初乗り料金が高くなります。4.3ユーロ(560円)からの料金となっています。また、スーツケースなど大きな荷物がある時、5人以上で乗るときは別途追加料金がかかります。

スーパーマーケットの物価は高い?

Vkcanlvx0bfzvd6wmhms
引用: https://www.instagram.com/p/BxKrz-6BR4J/
続いて日本とオーストリアのスーパーマーケットの物価を比較してみましょう。オーストリアのスーパーで買うお水は、0.5ユーロほどから、パンのクロワッサンも0.5ユーロ(60円ほど)、ロールパンは、0.1ユーロと安いです。サンドウィッチは2〜3ユーロとなっています。日本よりも高いものもあれば、安いものもあります。野菜やフルーツは、1キロ入りで安い値段にて買えます。ウィーンには、高級スーパーから庶民的なスーパー、そしてディスカウントのスーパーがあります。
Ibfcfe4ziwiohivmoaoa
引用: https://www.instagram.com/p/Buv9TwBBqx1/

スーパーマーケットで買う飲料水は高い?

Efecs7oqnzxjdq2w4mzz
引用: https://www.instagram.com/p/BwmZHAtFeDn/
続いて日本とオーストリアのジュースの物価を比較してみます。コカコーラは、オーストリアのスーパーでは330mlで1.09ユーロ (130円以上)です。オレンジジュース、アップルジュースは、2ユーロからとなっています。ヨーロッパのオレンジジュースは日本と違いフルーツ100%で砂糖が無しのものが多いです。

観光費用は高い?

Olfhs4nj0vffrkif3k6a
引用: https://www.instagram.com/p/BnmxsfEhbJd/
続いてオーストリアの人気観光スポットの物価をお伝えしていきます。ウィーンで世界遺産にも登録されている有名な観光スポット『シェーンブルン宮殿』の入場料は2つあります。インペリアルツアーの大人料金は16ユーロ(2080円ほど)、そして40部屋見れるグランドツアーは、大人料金20ユーロ(2600円ほど)です。
W2ns2xrxk016h657swfe
引用: https://www.instagram.com/p/Bf0oOb6Hkr4/
ウィーン国立歌劇場でオプラを鑑賞する場合には、時期や席によって様々ですが日本よりも高いチケットの相場です。また、『美術史博物館』の入場料は、16ユーロ(2080円ほど)からとなっています。日本の美術館へ入る値段の倍はするオーストリアです。
Eihhqmaiii0tawyk0sdj
引用: https://www.instagram.com/p/BxFZHvkn6eW/

お土産にかかるお金は高い?

Z2ajmxdnmlcas4sm2kdq
引用: https://www.instagram.com/p/BvxXs0XDhEu/
続いてオーストリアのお土産の物価をお伝えします。オーストリアで有名なザッハートルテをお土産に購入すると1番小さなサイズで、28ユーロ(3600円ほど)となり、1番大きいサイズは直径22cmで、52.50(6800円ほど)となっています。高級なお土産ですね!また、ウィーン老舗の洋菓子店のデメルのお土産も同じように高価なものとなります。
X7pfcgbmuqfxb62o4zpu
引用: https://www.instagram.com/p/BeKltMGn8Z8/
スーパーマーケットで気軽に購入できる、人気のManner(マナー)チョコレートは安く買えますよ!日本と同じで高いものから安いものまであるオーストリアです。

オーストリア宿泊費の物価は高い?

Qy4dbx1s3cs2icphsztr
引用: https://www.instagram.com/p/BvM-dvdAiMP/
続いて日本とオーストリアの宿泊費を比較してみましょう。ウィーンの高級ホテルは1泊3万円以上となり、4つ星のエコノミーホテルでは、6000円〜9000円ほどとなります。立地によってホテルの値段が変わってきますので、近くに地下鉄やトラムの駅があるエリアにすると観光に便利ですね。ウィーンのホテルは1泊の料金となりますので、2人で宿泊すると3000円〜5000円ほどとなりますので、日本より安いですね。バックパッカーの方や、宿泊費を節約したい方は、ドミトリー、ホステルもあります。ドミトリーの相場は2500円ほどとなります。
Ofyrdboch4a1rhjyl1i9
引用: https://www.instagram.com/p/BxNS10NJR6g/

長距離電車の移動は高い費用?

Niajjtm5c8awzlxtlmpr
引用: https://www.instagram.com/p/Bw_JlqSDPYY/
オーストリアでは、国内の移動やスイス、ドイツ、ハンガリー、チェコ方面へ行く電車があります。日本と違い早く予約するほど料金が安いシステムとなっています。オーストリアの国内を結ぶ電車、インターシティー、高速電車の、レイルジェット、インターシティー・エクスプレスなどたくさんの電車で移動することができます。電車は1等席、2等席と別れており値段も様々です。
Eucu4vj4rl27kvn9wzna
引用: https://www.instagram.com/p/Bw3bT6BDwye/
オーストリアの各都市を結ぶ電車は、ウィーンからザルツブルク間は2時間半、ウィーンからグラーツは1時間35分、ウィーンからインスブルックまでは4時間以上となっています。

オーストリアの消費税はどれくらい?

A0vwotwzgybyhqx5kwhx
引用: https://www.instagram.com/p/BwXtVHIlZsv/
続いてオーストリアの消費税を日本と比較してみましょう。日本の消費税率は8%ですが、オーストリアでは20%となっています。しかし、スーパーで買う食品、医療品、公共交通機関の消費税は10%となります。そして、オペラ、美術館、映画館などの税率は13%と低い設定がされています。日本と同じようにオーストリアで買い物する際には、消費税込みの金額が表示されます。

オーストリアで買い物して免税を利用しましょう!

Jv64jykke474hi6fh9et
引用: https://www.instagram.com/p/BveMPXRBza3/
オーストリアでは、免税(タックスフリー)にて買い物ができます。18歳以上でEU圏内に住所がない方は免税の対象となります。1つのお店にて75ユーロ以上買い物をすると、13%の税金が戻ってきます。パスポート、航空券、レシート、未使用の商品を見せると13%免税ができます。大きな買い物をした時や、アウトレットモールでブランド品を購入したときにもタックスフリーが受けられます。ぜひ利用したいですね。オーストリア発祥のブランドといえば、スワロフスキーがあります!

生活費・住居代金はどれくらい?

Vu6moxi5ph7mgum3toob
引用: https://www.instagram.com/p/BwzTLMtBGOJ/
続いてオーストリアの生活費の物価、住居費用をお伝えしていきます。オーストリアで人気のある街、ウィーンのアパート代金は立地によって様々ですが、相場は1人暮らしで400ユーロからとなります。ルームシェアの時には、200ユーロ〜300ユーロ前後で1ヶ月住むことができます。東京の物価より安い住居費用となっています。オーストリアのウィーンでは、1平米辺りの相場が10ユーロ(1300円ほど)と言われています。
Kudyai8akuzto6vwgpid
引用: https://www.instagram.com/p/BwzSI1LBj_g/

子育ての費用

Swqgnbj05qlidxbghy8v
引用: https://www.instagram.com/p/BwzRkIvhZ4J/
オーストリア、ヨーロッパでは子育ての費用が日本よりも安いです。住居があって日本人の家族の子供でも公立の幼稚園、小学校さらには大学まで無料となります。イギリスでの同じように子どもの学費は一切かかりません。さらに、オーストリアでは子どもの医療費、予防接種料金も無料となっています。
Zbg0zy6l8egzggksmbce
引用: https://www.instagram.com/p/Bwt0nosAOxA/
オーストリア、ヨーロッパなど海外旅行に行くときに『水(水道水)』は安全なのか、飲めるのか気になりますよね。オーストリアでは天然のアルプスのお水が飲める国です。オーストリアの水は、硬水となっていますので、体質に合う合わないはあるかとは思いますが。ウィーンを始め、ザルツブルク、リンツの都市でも街中に水飲み場が設置されています。
Nygdozifhpkvjmxcofhg
引用: https://www.instagram.com/p/Bv-kD5tlkmB/
オーストリアのカフェ、レストランではお水は有料な場所と無料で貰えるところがあります。カフェではコーヒーとお水がセットで出てくる場所が多いです。メニューに、『Leitungswasser(ライトゥングス ヴァッサー)』と記載があれば水道水ということですので、無料で貰えます。
Greyuaxlevaitzjedlnr
引用: https://www.instagram.com/p/BuiCggUA4Lm/
ヨーロッパの中部に位置する、オーストリア共和国(Republic of Austria)は、連邦共和制国家となります。中部に位置するオーストリアの北にはドイツとチェコがあり、西にはスイスが南にはイタリアとスロベニア、そして東にはスロバキアとハンガリーと国境を隣接しています。オーストリアの公用語は、ドイツ語となり、通貨はユーロとなっています。2019年5月1ユーロを130円にて計算してあります)
I3ryflurxbryfo29kb2o
引用: https://www.instagram.com/p/BxKeWhZApqc/
オーストリアの首都は音楽の都や楽都と呼ばれるウィーン(Vienna)です。ウィーンはクラッシック音楽がとても盛んな街となっており、かつてはモーツァルトやベートーヴェン、シューベルトが暮らしていました。ウィーンはヨーロッパの中でも人気の観光スポットが多くあります。世界遺産のシェーンブルン宮殿、シンボル的存在のシュテファン寺院、オペラで有名な国立歌劇場など見どころ満載です。
Mpmohz0uzw13rj68iaek
引用: https://www.instagram.com/p/BwX6NR8HAin/
オーストリアの第2の年は、「グラーツ」です。グラーツ市歴史地区は世界遺産に登録された街となっています。オーストリアのウィーンから日帰りで行ける人気都市は、「ザルツブルク」です。ザルツブルクには、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地となったミラベル宮殿、またモーツァルトの住居も見学することができます。天才音楽家のモーツァルトははザルツブルク出身なのです!
Vbq3q0lfl6c06yknqjbl
引用: https://www.instagram.com/p/BvqRmXPDyju/
オーストリアの物価についてみてきましたが、旅行するにあたって気になるのは治安ですよね。オーストリアはヨーロッパの中でも比較的に治安は良好です。女性の1人歩きや、オペラ鑑賞の後にホテルへ戻るさいも比較的安心して夜の街を歩けます。しかしウィーンなどの観光都市では、スリ、置き引き、スキミングなどの軽犯罪があります。
Gsvjhozqothzsxkelqqg
引用: https://www.instagram.com/p/BvnLRqblraa/
ウィーンやザルツブルクでのトラム、地下鉄内ではスリの集団がいる時もあります。荷物には十分な注意が必要です。また、レストラン、カフェ、ホテル内、電車内などでの荷物の置き引きの被害が多いために、決して自分の体から貴重品、スマートフォンなど離さないようにしましょう。ポケットに貴重品を入れて歩くのも危険です。オーストリアへ旅行へ行かれる方は、外務省の海外安全公式サイトをよくみてください。そして『たびレジ』に登録してから旅行へ出かけてくださいね!治安などの情報をいち早く知ることができます。

オーストリア共和国Republic of Austria外務省・公式サイト

Mw5apbpdzqpaagroorgz
引用: https://www.instagram.com/p/Bvh1Lr9nOXd/

外務省たびレジ・公式サイト

Ieils3n7ihc3eivqmypz
引用: https://www.instagram.com/p/Bvdfv1kgw_j/
オーストリアの物価を日本と比較してみました。日本より物価の高いオーストリア、しっかりとプランを決めてから旅行へ行きましょう。素敵な街のオーストリア、どうぞ思い出に残る旅となりますように!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BxFVVZ6B8-W/