Djzcj9xtg8bubtxkkimr

マレーシア

CATEGORY | マレーシア

【2019最新】マレーシアの物価は安い!?日本と比較して徹底解説!

2019.04.16

渡航先として大人気のマレーシア、物価を日本と比較すると安いのでしょうか?高いのでしょうか?一般的に東南アジアは物価が安いとして知られていますが、今回は都市としての発展著しいマレーシアの物価についてご紹介したいと思います。

  1. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?1・宿泊費
  2. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?2・食費
  3. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?3・交通費
  4. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?4・水
  5. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?5・アルコール
  6. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?6・トロピカルフルーツが安い!
  7. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?7・観光にかかるお金
  8. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?8・お土産の物価
  9. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?9・マレーシアの消費税
  10. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?10・マッサージやスパの物価
  11. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?11・SIMカードの料金
  12. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?12・マレーシアの日用品の価格
  13. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?13・リーズナブルホテル/ホテル イスタナ クアラルンプールシティーセンター
  14. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?14・リーズナブルレストラン/南香飯店 ・チャイナタウン店
  15. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?15・リーズナブルなスパ/JOJOBA SPA
  16. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?16・リーズナブルなリゾート/レダン島
  17. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?17・マレーシア地方都市の物価
  18. マレーシアの物価を徹底調査!日本と比較して安い?18・マレーシアの通貨
  19. マレーシアへのアクセス
  20. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/BkX1ELXjfnz/
マレーシアに旅行する上でに魅力は、なんといっても憧れラグジュアリーホテルにリーズナブルな金額で宿泊できることですね。 オンラインホテルの予約サイトが世界のメイン都市にあるホテル宿泊料金を調査結果を発表したのですが、2016年には5つ星ホテルの平均価格が最も安い都市としてクアラルンプールが1位になったんです! クアラルンプールのシティセンターにある高級ホテル「リッツカールトン」は、世界一リーズナブルなリッツとして観光客に大人気となっていますが、サービスのクオリティは勿論最高です。 また、とにかく宿泊料金は安く済ませたい!というバックパッカースタイルを好むタイプの観光客の方は、ドミトリータイプの宿の料金も気になるところですね。 日本の場合、東京で考えると例えシェアタイプのドミトリーでもあったとしても大体2000円くらいからですが、この金額を出せばマレーシアの3つ星クラスのホテルに泊まれちゃうんです! 同じレベルのドミトリーをクアラルンプールで探した場合、なんとワンコイン、500円前後で宿泊できる宿を見つけることができますよ! マレーシアの都市部、クアラルンプール等のホテル価格相場を見ると、2・5星つ星~3つ星クラスで3000円~5000円程度、5つ星の高級ホテルでも1泊10000円程度で宿泊が可能です。 例え安いホテルでも衛生面などは気を付けられており、リーズナブルな安宿でも十分に快適なのが嬉しいですね。 また、マレーシアの離島であるペナン島やランカウイ島などの高級ビーチリゾートでも、1泊20000円~探すことが出来ますよ。 自分の旅の予算を考えて、リゾートでもシティでも豊富なホテルチョイスがあるのは楽しいですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BvSTabzB7jk/
引用: https://www.instagram.com/p/Bkm8sM2BG_T/
エキゾチックで美味しいマレーシアでの食事、旅の楽しみは何と言ってもグルメにありますね。 食のコストを考えると、やはりどこで食事をするか、何を食べるかによって金額は大きく変わってきます。 高級ホテル内のレストランやカフェ、エアコン付きの快適なレストランでディナーを食べる場合などは日本のカジュアルレストランと比較するとあまり変わらない金額がかかってくると考えておいた方が良いでしょう。 レストランのクラスにもよるのですが、1人1000円~6000円程度の予算を考えておきましょう。 一方、屋外にある屋台やローカルが多く集う食堂などでローカルフードをチョイスした場合には驚くほど安く食事を済ませることが可能です!150円から200円でお腹いっぱいにチャーハンやローカルヌードルを楽しむことが出来るでしょう。 インドネシアの食べ物と思われがちなナシゴレンやミーゴレンは、もともと東南アジアに渡ってきた華僑が広めた食べ物ですのでここマレーシアでも有名です。 入っている具にもよりますが、一皿300円程度てお腹いっぱいになりますよ。 サテなどのお肉料理は少しだけ高く、1本70円程度です。 おすすめはマレーシアのインド系料理! 日本ではあまり食べることが出来ない「ロティチャナイ」を是非お試しください。 小麦粉で作られた薄ーい生地をクレープのようにカリカリに焼いてカレーソースなどを付けて食べるのですが、量も多くないのでちょっとしたオヤツにもピッタリで50円~100円程ととってもリーズナブル! 甘い系のロティチャナイもあり、お砂糖やバナナ、ココナッツなどが入っているデザートタイプは少しだけ割高になるようです。 旅の記念に高級ホテルでアフタヌーンティーを楽しむ場合には日本円で2000円程度かかりますが、これも日本と比べるとかなりの割安感がありますので滞在中に一度トライしてみるのも素敵ですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BndBiQFg6sb/
引用: https://www.instagram.com/p/BC9fgc0ASOS/
やはり旅行をするにあたり、気になるのは交通費ですね。 電車やタクシー、ウーバー、長距離バス、モノレールなど色々な交通手段がありますが、おすすめはモノレールとタクシーです。 ここ数年、マレーシアがオリジナルのタクシーアプリが開発されたおかげでクアラルンプールのタクシーのクオリティとタクシーの捕まえやすさがとても快適になりました。 観光客でも簡単にダウンロードして、到着後すぐに使うことができますし、なんとタイやシンガポールなどのマレーシアに近い近隣諸国でも、同じアプリでその国のタクシーがオンコール出来る優れものなんですよ! タクシーの平均料金は、クアラルンプールの国際空港・KLIAからクアラルンプール市内中心部へタクシーで移動して(約60分)で RM80(約2000円程度)になっています。 他に電車は1駅毎にチャージされ、1ストップで RM2(約50円) クアラルンプールの国際空港・KLIAから地方観光都市のマラッカへ出ている長距離バス(約120分) RM30(約800円)となっています。
引用: https://www.instagram.com/p/n2iKvtxb8A/
引用: https://www.instagram.com/p/BvoEkrxnr9a/
やはり、数日間の旅行で気になるのは「水」ではないでしょうか? やはり体調により「水が合う、合わない」ということもありますし、ペットボトル入りのミネラルウオーターを購入するのがおすすめです。水はコンビニエンスストアやスーパーマーケットでローカルの物であれば1本20~50円で購入可能、因みにオレンジジュースやジンジャエールなどの清涼飲料水も水と同じくらいの料金と考えましょう。 また、主に4つ星以上の高級ホテルホテルに宿泊した場合、ティーセットや洗面所にコンプリメントの水のボトルが置いてあることも多いです。飲めば無料で補充してくれますので活用しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BvgMIydAO2V/
引用: https://www.instagram.com/p/BuoFHRpAXhy/
税金の問題で、マレーシア国内ではアルコール飲料がとても高い傾向にあります。 リーズナブルな居酒屋文化が浸透している日本と比べると、安く楽しく飲みたい!という方にマレーシアは向いていないかもしれません。やはりその理由はマレーシアにはイスラム教徒が多く、酒税が高く設定されているからなんですね外国人も多いので、地元のスーパーマーケットでの品ぞろえは豊富ですが、価格は日本よりも高いと考えましょう。 マレーシアのアルコール飲料に対する課税率は、日本における酒税とは少し違っていてアルコールの強さ、度数に正比例して課税されています。 ビールは5度前後のものが多く、日本酒やワインは14度前後、スコッチやウオッカ、ブランデーなどは40~50度のお酒となり、課税額はブランデー類が一番高く設定されています。 また日本の焼酎もアルコール度数が20度以上ありますので、日本で購入するよりもかなり高い金額になることを覚えておきましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BfIxbyNF2w4/
引用: https://www.instagram.com/p/BnTLtipjrSJ/
南国を旅行して、楽しみなのはなんと言ってもトロピカルフルーツの食べ比べです! フルーツの屋台は色々なところで見かけることが出来、値段も日本と比べるとかなりの割安、とっても安いので、ちょっと歩き疲れたな、などという時にその場でパッと食べられるのが嬉しいですね。 マンゴは1キロ買っても日本円で500円程度、中ぐらいの大きさのマンゴが5個~6個、10本くらい実の付いたバナナの房は200円強、カットパインはクオーターでなんと70円程度!他にもフルーツの女王とも呼ばれるマンゴスチンは1キロ400円で、これはナイフが無くても手で実を割って食べられるのでおすすめです。 また、ランサという小ぶりのフルーツはなかなか日本で食べることが出来ない毛のないライチのようなフルーツで1キロ15円という安さです!
引用: https://www.instagram.com/p/BlSMo0lh7qm/
引用: https://www.instagram.com/p/BF048ZeBomZ/
クアラルンプールの観光で、必ず訪れたいバトゥ洞窟やモスク、これらはなんと入場が無料となっていますので、交通費以外の料金はかかりません。 また、博物館などの入場料は有料ですが平均して150円~200円程度となっていますので日本と比べると格安です。 一方、クアラルンプールで一番有名な観光地と言っても良い「ペトロナスツインタワー」は、展望台に登るだけでも有料で、大人2200円程度かかり、日本のスカイツリーと同じ程度となりマレーシアの中ではかなり高額と言えるでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bu2N9TIF3Yy/
引用: https://www.instagram.com/p/BwSj3-lllBY/
ばらまき系のお土産を安く買いたいのであれば、やはり地元スーパーでもお買い物は外せません。 中でも気軽に買える「カヤジャム」はマレーシアのバラマキお土産の中でも定番中の定番!となっています。 カヤジャムとはココナッツに卵黄と砂糖を加えて煮詰めて作られたジャムとなっており、濃厚な甘さが絶妙です。 朝食にカリカリに焼いた薄いトーストに塗って食べるのが一般的で、日本でも簡単に現地の味を再現できるのが嬉しいですね。 値段はカヤジャムのブランドにもよるのですが、一瓶150円~350円ほどで、ホテルのオリジナルブランドのものもありますよ。 他に、マレーシアの甘いインスタントコーヒーも、よくお土産に購入されているお土産のひとつです。 中でも有名なブランドは「オールドタウンホワイトコーヒーOld Town White Coffee」です。 このコーヒーは個包装のスティックタイプになっていますのばらまき用に向いていますし、オフィスや自宅で簡単にマレーシアのコーヒーを作ることができますよ。こちらは20袋ほど入って400円程度となっています。 最後にご紹介したいのは、美容女子に大人気となっているマレーシア土産の「なまこ石鹸」です! 1個350円程と、マレーシアの平均物価からすると決して安いとは言えないのですが、日本産のなまこ石鹸はひとつ1000円近くすることを考えるとリーズナブル。女性には嬉しいお土産ですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BvpyYgPnGF2/
引用: https://www.instagram.com/p/BgYS3NZlXKg/
2015年4月1日より、マレーシアの消費税「GSTジー・エス・ティー」(課税率6%)がローカル観光客関係なく導入されていたのですが、2018年6月1日に完全撤廃されており、現在マレーシアでは消費税がかかりません。
引用: https://www.instagram.com/p/BvEjudNFj-f/
引用: https://www.instagram.com/p/Bv6aCqEFewp/
スパ&マッサージ天国のマレーシアへ旅行したら必ず行っておきたいですね。 日本では10分で1000円ほどが平均価格ですが、スパやマッサージ店の立地や規模、レベルにもよりますが、日本と比べるとかなり安い値段でスパやマッサージを受けることが可能なのが嬉しいですね。 5つ星ホテルのスパや高級なスパに行った場合は、マレーシアでも日本と変わらないような金額にはなってしまいますが、ローカルの小綺麗なマッサージ店を選んだ場合は半額近いお店も多いのが特徴です。 例をあげると、クアラルンプールのリッツカールトンにある有名なスパは3時間で30000円程と日本とあまり変わらないか少し安い程度ですが、街のスパの場合は3時間で8000円程度とかなりリーズナブルな金額で贅沢な時間を楽しめますよ。
引用: https://www.instagram.com/p/BwSPSsHAsmV/
引用: https://www.instagram.com/p/BwSUiUnDEAJ/
最近では旅行のためにSIMフリーのスマホを持っている観光客も増え、海外に到着したらまずSIMカードを購入することが普通になってきたようです。 マレーシア国内にも、観光客が利用しやすいシステムのプリペイドのSIMカードがあり、日本のプリペイドSIMと比べると30%程度割安になっています。 SIMカードの通信速度も問題なく、比較的ストレスのない速度とクオリティでインターネットを利用することができるのは嬉しいですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BphOydUFfVU/
引用: https://www.instagram.com/p/BnQjNWbFBRb/
長期の旅行となると、気になるのは日用品の価格です。 マレーシア国内で消耗品や日用品を買った場合の物価は、国産か輸入品か高いものもあれば安いものもあるのが実情です。 長期旅行者が買うことの多いシャンプーやリンスなどは輸入品が多くなっていて、日本の物価と比較すると少し高い場合が多く、歯磨き粉は日本とあまり変わりません。
引用: https://www.instagram.com/p/Bnu6MjJDKRb/
引用: https://www.instagram.com/p/BowOZzolwK2/
ホテル イスタナ クアラルンプールシティーセンターはなんと繁華街にある5つ星ホテルながら、7000円程度で宿泊できるコストパフォーマンスの良いホテルです。 建物に若干の古さは感じる物の、手入れは良くされており清潔感はバッチリ! ホテルの名前にある通り、プールも自慢のお宿になりますので是非旅の疲れを癒しにのんびりしてみませんか?
引用: https://www.instagram.com/p/BwCjlsbB0zp/

ホテル イスタナ クアラルンプールシティーセンター詳細

●住所/73, Jalan Raja Chulan・ Bukit Bintang・ 50200 クアラルンプール・ Wilayah Persekutuan マレーシア ●電話+60-3-2141-9988
引用: https://www.instagram.com/p/BnyQD9GBExc/
クアラルンプールのチャイナタウンにある「南香飯店」は、チキンライスが美味しいことで有名な中華料理店です。 しっとりとしたチキンにチキンスープで炊かれたフレグランスライス、付け合わせのスープも優しい味で大人は勿論子供も食べられる老若男女問わず喜ばれるお店です。 有名なチキンライスですが、なんと1食500円程度!屋台のご飯よりは若干高めかもしれませんが、日本ではなかなか味わえない本場のチキンライスだと思えば安いですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BjonXGDl079/

南香飯店詳細

●住所/556 Jalan Sultan・50000 Kuala Lumpur
引用: https://www.instagram.com/p/BjSKi-djWWw/
マレーシアで最大規模の系列スパ「JOJOBA SPA」は、クアラルンプールでも大人気となっているショッピングモール「タイムズスクエア」と隣接している「ベルジャヤタイムズ・スクエアホテル」の中にあります。 「JOJOBA SPA」は、マレーシア国内で最初に「ウェルネス観光スパ」として国から認められた実力派のスパなのが嬉しいですね。 実際に施術を受けるトリートメントルームには、ジャグジーやシャワールームも完備しており快適。 こちらのスパおすすめは「シグネチャーコース」となっており、気持ちの良いナチュラルスクラブ、イヤーキャンドル、ヨーグルトスプラッシュ、アロママッサージ、ジャグジータイム、フェイシャルスパなどが全て含まれて3時間で10000円以下というリーズナブルさです!
引用: https://www.instagram.com/p/BUGheSYlw97/

JOJOBA SPA詳細

●住所/ 1Jalan Imbi, Imbi・55100 Kuala Lumpur・ Wilayah Persekutuan クアラルンプール マレーシア
引用: https://www.instagram.com/p/BoOrIhThbc8/
クアラルンプールからベルジャヤエアーで飛べる気軽な秘境リゾート「レダン島」です。 モルディブにも負けないようなエメラルドグリーンの海、白い砂浜、豊かなサンゴ礁に熱帯魚と、リゾートに求める全てが揃っているリゾートアイランドですが、料金をモルディブと比べると格段に安く、一泊10000円程度で宿泊可能です。 注意したいのは、マレーシア東海岸が雨季に入る10月~3月頃は雨期となり完全にリゾートがクローズして誰も宿泊することが出来ません。時期を選んで予約をしてみてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/Bvd_AtSH4we/
引用: https://www.instagram.com/p/Bsb9RLVlrF5/
上記でご紹介したレダン島をはじめ、美しいリゾートが多いマレーシア。やはり高級ビーチリゾートとなるとコストも高いのではないのかな?と心配になりますね。 もちろんリゾートのクラスにもよりますが、平均的なリゾートであればクアラルンプールの高級ホテルとあまり変わりない金額で宿泊することが出来ますよ。 ビーチリゾートではなく、シンガポールへの玄関口とも言えるジョホールバルなどは、レゴホテルを除きクアラルンプールやリゾート地よりも安い金額で宿泊することが可能です。
引用: https://www.instagram.com/p/BwRz3X6hPy0/
引用: https://www.instagram.com/p/BvZJPZGnw9P/
マレーシアの通貨は「リンギット」です。表記はMYRやRMととなっており、1マレーシアリンギットは約28円です。少し計算しにくいので1リンギット30円で考えておけば間違いないですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BszxIounXRO/
引用: https://www.instagram.com/p/BuGMxoxnfTa/
日本からマレーシアのクアラルンプールへは、数多くの直行便が運航されていてとっても便利です。 マレーシア発のエアアジアをはじめとするLCCなどの便数が格段に増えたため、KLはシンガポールに次ぐ東南アジアのハブ空港といっても過言ではないでしょう。 日本からは7時間、クアラルンプールから周辺諸国へも気軽にアクセス可能なのが嬉しいですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BsQUphilfkd/
引用: https://www.instagram.com/p/Bn8GCc7A0nv/
マレーシアの物価について、日本と比較しつつお伝えしました。 基本的にリーズナブルホテルやローカルフードを選ぶ場合には日本の物価と比較してみるとかなり安いと言うことができると思いますが、やはり高級ホテルや高級レストランだけを選ぶ場合にはあまり東京と変わらないかもしれません。 旅のシチュエーションや予算に合わせて選べると良いですね!
引用: https://www.instagram.com/p/BoAsxOoBxF4/