Dpxyjmqukmhlpoy6zq7v

オランダ

CATEGORY | オランダ

【2019最新】オランダの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説

2019.04.17

美しい街並みや運河など、観光地として大人気のオランダ。オランダの、とくにアムステルダムの治安は良いのか悪いのか気になりますね。今回はオランダの治安に関して外務省が発表している情報や治安の悪いエリアランキングなどご紹介したいと思います!

  1. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介1・オランダ人の国民性と移民
  2. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介2・スリや置き引きに注意!
  3. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介3・レンタサイクルでの被害
  4. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介4・バーでの一人飲みには注意
  5. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介5・コーヒーショップに注意
  6. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介6・撮影には細心の注意をしよう
  7. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介7・公共交通機関での注意事項
  8. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介8・空港周辺の注意点
  9. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介9・外出時の注意点
  10. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介10・美術館周辺の治安
  11. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介11・治安の悪い地区ランキング第5位
  12. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介12・治安の悪い地区ランキング第4位
  13. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介13・治安の悪い地区ランキング第3位
  14. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介14・治安の悪い地区ランキング第2位
  15. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介15・治安の悪い地区ランキング第1位
  16. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介16・治安の良いおすすめエリア
  17. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介17・治安の良い安心おすすめホテル
  18. オランダの治安は悪い?外務省の情報や治安の悪いエリアランキングなどをご紹介18・アムステルダムの年越しには注意
  19. オランダへのアクセス
  20. まとめ
Pt23mzxaswgd4co10q6z
引用: https://www.instagram.com/p/BwPYjMPBGAA/
美しい風景や美術館が多く、観光客が多いオランダ。チーズなども美味しく日本人にもとても人気のある渡航先です。 そんなオランダはヨーロッパ諸国の中でも安全な国として知られており、外務省からの発表でも注意喚起及び危険情報ともに2019年4月現在全くありません。 しかしながら、ヨーロッパの西の玄関口としても考えられているハブ空港のあるアムステルダムを擁しているオランダは、周辺のヨーロッパ諸国んは勿論のこと、南アジアからの観光客やビジネストリップの人びとが多く滞在し、またドラッグや売春などに関しても日本とは違った価値観の国になりますので独自の危険があると考えられます。 ヨーロッパに日常的に多いのはやはり置き引きやスリ、盗難などの被害です。 またここ数年、世界に暗い影を落とす問題となっている「テロの危機」もあり、それはどこの国にいても同じですが常に情報の確認をしておくのを忘れてはなりません。 そして、他国に比べてイミグレート、移民、移住に対して寛容なオランダでは、その移民の一部による犯罪被害が多いのも事実です。 移民による犯罪は、ローカルのオランダ人にとっても大変大きな問題となっており、やはり観光をするにあたっても自らの注意が必要と言えるでしょう。 オランダは古くから移民がとても多い国としても有名で、全国民の約8割はゲルマン系と言われるオランダ人で、残りの2割は南アジアやトルコやモロッコからの移民となっています。 オランダの全人口はおよそ1700万人という美しい小さな国で、日常言語はオランダ語になりますが英語もほぼ公用語と同じレベルで通じます。なにかトラブルになったら臆さずに英語で被害を訴えることが大切です。
Fzkt5lyc99zfw2lpebic
引用: https://www.instagram.com/p/BwTVV-TgdKr/
W6wc2qsqtnqsmfdg8iq8
引用: https://www.instagram.com/p/BqCXJ2egxFP/
日本人をはじめ、極東アジアからの観光客が最も狙われるのが、置き引きやスリ、引ったくり被害と言われています。 狙われているのはズバリ現金、そしてパスポートやカメラ、タブレット端末など貴重品をを狙った犯罪で、最も分かりやすいので被害を防ぐには自己防衛しかありません。 特に日本人はヨーロッパ諸国であればほぼビザが無くても渡航が出来ますので、日本人のパスポートは窃盗犯からとても人気があり狙われやすいのを忘れないでください。 現金主義の日本人が依然多いのも事実で、旅行というと大金をユーロに変えて持ち歩くことが多いことも知られています。キャッシュレスの時代ですので、あまり大金を持ち歩くことはせず、小銭など必要な金額だけを携帯しましょう。 スリや窃盗、置き引きの被害を防ぐには、必ずに荷物は肌身から離さず、カバンなどは斜め掛けがおすすめです。 荷物をどこかに置く場合は足の間に挟むなど、大げさなようですがそれくらいの注意をしましょう。
G02tar3asma6cyoz8eko
引用: https://www.instagram.com/p/BNiDcocBYMy/
Zwv5fgwtx2xjtzz35qr2
引用: https://www.instagram.com/p/BqkzZ36nC2p/
オランダの街を歩いていると、エコな自転車大国とも呼ばれるオランダの呼び名の通りにとても自転車が多く走っています。そしてやはり自転車にまつわる盗難や事故が多発しているのも事実です。 レンタサイクルなどを借りて使用する場合、ちゃんとチェーンなどでガードしていたとしてもタイヤやサドルなどが盗まれてしまう犯罪が多く報告されているのには驚きです。 また、自転車が多い国ならではのトラブルとも言えますが、自転車専用の道路がアムステルダムでは歩道と並行して走っています。 オランダの道になれない観光客の中には、歩道と自転車用の道路の見分けがつかず、うっかり自転車専用道路を歩いてしまいローカルに注意されてしまうなんていうことも・・・カーブなどでぶつかった場合には大事故にもなりかねませんので注意が必要です。
Ylzxoer8qhyt9poymetn
引用: https://www.instagram.com/p/BEiMoLAtD-_/
Qasjfmvua6qvbcfpcqxk
引用: https://www.instagram.com/p/BqCzrhJAdxW/
観光を終えた夜、どこかでディナーを食べた後で一杯飲みたくなることも多いでしょう。 観光の途中や飲食店で隣に座ったローカル客と知り合いになったりすることもあり、それはそれで旅の醍醐味とも言えますが、あまりににこやかに、向こうから日本語などを使って近づいてくる人には正直注意が必要なのは事実です。 片言の英語や日本語で、楽しく会話を楽しんでいる間に飲み物に睡眠薬などを混入され、意識が朦朧となってしまったところで財布や荷物、パスポートなどをごっそり盗まれる事件がアムステルダムでは頻発しています。 どんなに良い人に思えても、決して気を許さず、飲み物からは目を離さずトイレに席を立つときにはグラスを空けてから!知らない間に目の前に置いてあるドリンクには手を付けないなどの注意は必要です。 観光客というのは在住者からすると極めて見分けるのが簡単で、犯罪者からするとカモにしか見えません。どんな時でも周囲に注意を払いましょう。
Sr4kz2prme2pckbkt6tj
引用: https://www.instagram.com/p/BV_dRLrlEP6/
Lizikigg7zgr3hz0leaz
引用: https://www.instagram.com/p/BwTe5_6g7dx/
街歩きが楽しいアムステルダムで、観光に歩き疲れて「一休みしたい!」と思った時に目の前に「coffee shop」の看板があったらどうでしょう? 暑い季節であればアイスコーヒーなど飲んで一休みしたいですよね。 でも、アムステルダムで「coffee shop」というと実は大麻などのソフトドラッグが楽しめるお店なので注意が必要です。 オランダで大麻は合法となっており、自宅や専門店で楽しむことは違法ではありませんがそれはオランダ人に対してのみ。日本人が使用するのはNGとなっています。 日本人の一般的な感覚でいくと「coffee shop」となると、カフェや喫茶店かな?と考えてしまいますがオランダのCoffee shopで売られているチョコレートケーキは合法のドラッグ入りだったり危ない物しか置いていないという認識で絶対に足を踏み入れないようにしましょう。 間違って入店してしまっても、お店の雰囲気ですぐに喫茶店でないことは分かりますので、すぐに退店するのが大切です。
Maxdckkkaadnfwtai3lz
引用: https://www.instagram.com/p/BwScOZ2jGm9/
Rdzygecpco5ldtmksnwc
引用: https://www.instagram.com/p/BuD8DUNAKMl/
SNS映えの写真が撮れるオランダ、写真撮影はヨーロッパ旅行の醍醐味の一つとも言えるでしょう。 しかしながら、ここは外国!という事を常に考えながらカメラやスマホを使用しなければ、思わぬトラブルに巻き込まれることもありますので注意が必要です。 オランダに限らず、どの国でもそうだと思いますが空港のイミグレーション、そして軍の関係する人や建物の写真撮影は厳禁です。 特に軍の関係施設などは、カメラを向けるだけでも厳重注意を受けることが多いので注意しましょう。 他にアムステルダムで注意が必要なのは観光スポットとして知られるダム広場付近にある「飾り窓エリア」です。 飾り窓とは、合法の売春宿が密集して建っているエリアなのですが、窓際などに女性が座り客引きをしています。売春が合法の国ならではの景色ですが、絶対に写真を撮ってはいけません。 人は勿論ですが、思わぬ難癖をつけられる可能性もありますので、飾り窓エリアでむやみやたらとシャッターを押すこともしない方が良いでしょう。
Kovii0q9wfxfmpwoqoua
引用: https://www.instagram.com/p/BlFmdpLAqn2/
Cjnxsj2zu6yhgaslb0ti
引用: https://www.instagram.com/p/BnnrpXqi9nf/
オランダに限らず、ヨーロッパのどこの国のどこの駅でも、駅の待合スペースや構内、混雑した電車内、空港のロビーなど、乗客など人で混雑している場所では、置き引きやスリや、ひったくりなどの犯罪者が観光客を狙っているという事実を忘れてはいけません。 ほんの一瞬、チケットを確認するために目を離した荷物が目の前から消えてしまったり、カメラが無くなったり、まるで手品のように巧みな手段で犯人は荷物を盗んでいきます。 怖いのは数人がクループになった窃盗団です。こちらに話しかけてきたり募金を頼んだりして気を引いて、一瞬気持ちが荷物からそれた瞬間を狙って手荷物は勿論、ポケットの中の金品などを窃盗します。 怪しい人たちに囲まれたな、と思ったらすぐにその場を離れること。車内で新聞を広げた子供に囲まれたら荷物を掴んで離さず次の駅で降りる、そもそもポケットの中には何も入れておかないことが大切です。 旅行で乗ってみたいトラムや地下鉄は、時間帯によっては人が多くすぐに身動きが取れないことも多いのでポケットの中は無くなってもよいティッシュくらいにしておきましょう。 また、慣れない旅行で乗り物に乗る時は、出来る限り1人で乗車するのは避けるべきです。
Axogftrccbqyqwvdpvoj
引用: https://www.instagram.com/p/Bc1tm3Znq8Z/
Avhtkvtgcqffgo9n8t6f
引用: https://www.instagram.com/p/BrNAuu1njzC/
オランダで最大規模のアムステルダムにあるスキポール空港から、アムステルダムの中央駅までは、オランダの国鉄電車でたったの15分! とても便利で良いのですが、このたった15分の間にもスリやひったくり犯は観光客を狙っています。オランダに到着したばかりの乗客が多いこの区間は荷物も多く、確実にパスポートや現金を持っているので盗まれるものも多いんですね。 窃盗犯はほんのわずかな観光客の心のスキを見逃しません。かばんや財布を盗んだり、一瞬の間にカメラやスマホ、パスポートが盗まれるケースが多発しています。 到着したばかりで、つい地図や宿泊するホテルのアドレスを確認したくなりますが、そんな時にも地図にばかり気を取られないようにしてください。荷物からは目を放さず、貴重品に関しては全て身に付けるのが大切です。 とにかく空港からの移動は、予約しているホテルに到着して部屋に入り、貴重品をセーフティボックスに入れて鍵を閉めるまで緊張を解かないようにしましょう。 移動に関しては全てをスムーズに済ませることが重要なポイントとなります。 前日にガイドブックや地図などを十分に確認し、何も見ないでもホテルまでたどり着けるようにしておくくらいが安心ですね。ホテルの名前と住所を書いた小さな紙やスマホのスクリーンショットだけあればタクシーに乗るにしても簡単に行先が告げられます。
Sttpsyvrai1aeedbfxxc
引用: https://www.instagram.com/p/BXS_lkyDkGg/
Iot5rz657kbx9gmozpo8
引用: https://www.instagram.com/p/Bv8QonMAmnf/
ハレの日のイベント、スペシャルオケージョンの海外旅行!せっかく旅行に行くのだから、と出発の前に旅行用品を色々と揃えたりオシャレな服装などを揃えている方も多いでしょう。写真も撮りますから、あまりに普段着もつまらないというのも分かりますが、ブランド品を色々と身に付けるのは危険です。 犯人からしたら、ブランド品を身に付けている観光客は良いカモにしか見えません。 服装は、とにかく動きやすいことが重要です。できれば現地のファストファッションのお店でチープでオシャレな洋服を揃えてしまうのも一つの手段、とにかく観光客に見えないようにするのが大切です。 また街並みを観光目的で歩く時に、ガイドブックや地図などを見ながら歩いていたら、まるで犯人に「狙ってください!」と言っているようなもの。 目的地はホテルを出発する前に、駅名やポイントをメモしていくと良いでしょう。道端で小さなメモを見ていても、すぐに観光客とは分かりません。 そして歩くときの持ち物は最小限にすることも大切です。現金は必要な金額だけ、パスポートと財布に関しては別々に管理するなども大切です。 また、持ち歩くバッグはファスナーで開閉するタイプで斜め掛け出来るショルダータイプがおすすめです。バッグは背中に回ってしまわないように、必ず目の届く前側にキープしましょう。 カメラやスマホなども、手に持ったままで電車に乗ったり散策したりするのは不安です。必要な時以外は見えない場所にしまっておくようにしてください。 とにかく日本人の観光客は、世界の犯罪者のターゲットになっていることを忘れずに! そして食事に関してですが、オランダ人はあまり外食を好みません。 町のレストランも観光客相手以外のお店は21時くらいになるとクローズしてしまうところも多く、昼間に賑やかだった観光地もひっそりとなってしまうところもあります。 夜遅い時間帯になると、犯罪者や怪しい人達がターゲットを探しています。どうしても夜にお酒などが飲みたくなったら、ホテルのバーがおすすめです。
U4iesy7zlpytjxdojf1b
引用: https://www.instagram.com/p/BwTKOarBA8B/
Afodm4i7qt05weabsh8t
引用: https://www.instagram.com/p/BlknsDUAkL6/
観光客が多い美術館周辺には、窃盗犯が多く集まります。 時に犯人グループは美術館周辺のエリアで窃盗団が「観光客のなりすまし」役と「ニセ警官」役に分かれ、詐欺のようなことを働く事件もあります。誰かが警察官に話しかけられていてそのグループに声をかけられても、怪しいと思ったらスルーしましょう。 財布やパスポートなどを見せろなど、警察官がいきなり道で聞いてくることはまずありませんので注意が必要です。
Vt01htdemexek9eteave
引用: https://www.instagram.com/p/BfZYEEkgBsZ/
Tzvcitfhz0knoocju9i1
引用: https://www.instagram.com/p/BtVbT5LF5L0/
アムステルダムの中でも、とくに治安が悪いと言われているランキングの5エリアをご紹介します。 まず第5位は、ゴッホ美術館付近のフォンデルパークエリアです。 前述した詐欺グループの事件が多発しているのがこのエリアとなりますので、とにかく周辺はうろつかずさっさと美術館の中に入ってしまうのが正解です。
Qjxpjt5stlz4iowqiql3
引用: https://www.instagram.com/p/Bv9sYxkDfjP/
Pp3ztlcplk3mrba4nhbq
引用: https://www.instagram.com/p/BvDEJaOHITN/
治安の悪いエリア第4位は、アムステルダム国立美術館です。 こちらの美術館は周辺が賑やかでとにかく人が多く、スリの被害が多くなっています。美術館の建物も美しく見ごたえがありますが、あまりに無防備に荷物を気にせずに写真などを撮りまくるのにも注意をしてください。
Sv4m2jezs8feti7iinzh
引用: https://www.instagram.com/p/BwSmneCnhzF/
Ck5cxkctmr3n90geuazw
引用: https://www.instagram.com/p/BtH94zahM8w/
治安の悪いエリア第3位はスキポール国際空の発着&出発ロビー、タクシー乗り場、両替所付近、駐車場付近などは観光客がとにかく多く、とくに両替所では現金が目に見える場所でやりとりされるので犯人に目を付けられがちです。 両替所で現金を受け取ったら、その場で財布にしまい、チャック付きのバッグの奥にしまってしまいましょう。 両替も大きな金額はチェンジせず、少しづつ両替するのが安心ですね。
Rhvh6aqatomncklwwak4
引用: https://www.instagram.com/p/BWU5d7ABhB7/
Tsf2e0zrqs9hlsobefnq
引用: https://www.instagram.com/p/Bs0w1iJhQl6/
治安の悪いエリア第2位は、観光地として有名なダム広場周辺です。 このエリアは観光地ですので人が多いのは勿論ですが、売春宿が多く集まる「飾り窓エリア」に隣接しているため、合法ドラッグを扱う「coffee shop」などもあり、売人なども多くいると言われています。 とにかく、見たいものだけを見たら危ないところには近寄らないように注意したいエリアです。
Ezocz4edvonyzqgmcdpp
引用: https://www.instagram.com/p/BtI4yllg4rR/
Eaabib95ow2umjpoh5zk
引用: https://www.instagram.com/p/BpX5zLRAS2f/
治安の悪いランキング第1位はアムステルダム中央駅やその周辺エリアとなります。 この駅舎自体が美しく、駅自体が観光地にもなっていますし、また空港から市内に到着する電車もこの駅に到着することから多くの観光客が集まるアムステルダム観光のメッカのような場所と考えて良いでしょう。 観光客が集まるので、それを狙った窃盗犯が多く、スリ、置き引き、引ったくりの被害が一番多いエリアとなっており、とにかく荷物からは目を離さないのが大切です。
Irjbdzetihza6o41oi6a
引用: https://www.instagram.com/p/Bp5F6RuDN0f/
Gppjm6uctgezkcfrnlok
引用: https://www.instagram.com/p/Bi5dwLyAlLk/
アムステルダムの中でも、安心できると言われているエリアは「ネーヘンストラーチェス周辺」となります。 9つの個性的なストリートがあるこちらのエリアはプリンセン運河とシンゲル運河という2つの運河に挟まれており、買い物客以外はあまり行き来が無いことが特徴です。 人混みが多いダム広場周辺や駅などよりも窃盗犯などは確実に少なく、比較的安心して散策が楽しめます。 またこちらのエリアにはオーガニックフードなどを扱うスーパーマーケットや若手のデザイナーによるおしゃれなブティック、静かに船が行きかう運河を眺めながら一休みが出来る可愛いカフェなど、旅のお楽しみも詰まっており、高級ブランドもありますのでどんなタイプの観光客にも対応可能な万能エリアなのが嬉しいですね。 是非、小さなお店を巡って自分だけのお土産を見つけてみてくださいね!
Wg0dkb0np0oj2ohiajzz
引用: https://www.instagram.com/p/BwO283DDGgK/
Lagdgbum8g6tnizp6xay
引用: https://www.instagram.com/p/BvpwrmgnVD9/
賑やかなミュージアム広場から、歩いてほんの10分のエリアにあるホテル「ヴェルディ」は、言葉に不安のある観光客におすすめのホテルです。 このホテルは日系人が経営者で、日系オランダ人の家族がフロントで対応してくれることも!ローカルのスタッフも親切ですので、分からないことが色々と聞けるのは嬉しいですね。
Fpczj7plfmcptkgfdx9t
引用: https://www.instagram.com/p/BtxrTZuo3K_/
Lc26fofl5woaal0k8shf
引用: https://www.instagram.com/p/BwMDjL6nXol/
アムステルダムで年越しをしたい!と思っている観光客にはちょっと注意が必要です。 ヨーロッパの他の国では、カテドラルがイルミネーションで飾られたり、花火が上がったりと華やかな年越しが楽しめることが多いのですが、ここアムステルダムの年越しは、時に怪我人が出るほど激しいことで知られています。 お店の中にロケット花火は撃ち込まれたり、ダム広場はとても普通に歩くことが出来るような雰囲気ではありません。 もしもアムステルダムで年越しをしたい場合には、ダム広場やミュージアム広場を見渡せるホテルに宿泊し、ホテルの窓からカウントダウンを眺めるのが正解です。
Ejjvhamj02ndnf6w1jl1
引用: https://www.instagram.com/p/BdYnj_XFeom/
Vo71rac3impti5xyeciq
引用: https://www.instagram.com/p/BwKGsFsj8fQ/
ヨーロッパのハブ空港を持つアムステルダムは、日本からの直行便も飛んでおり便利です。 日本からはKLMオランダ航空が11時間半程度で飛んでおり、トランジットを厭わなければ安くチケットを探すことも可能です。
Mgehx1na94bjxakazez8
引用: https://www.instagram.com/p/BvunbG6hdhr/
B94fe6mt01vdffzdwlrl
引用: https://www.instagram.com/p/Bt6KYOxnMcC/
いかがでしたか? 基本的には安全と言われるオランダですが、やはり観光地が多く集まるアムステルダムはスリなどの被害が多いので多少の注意は必要です。次のオランダ旅行は貴重品は肌身離さず、安全な旅行をお楽しみください!
Hpcb0svjanrrllzgystm
引用: https://www.instagram.com/p/BvyrqPelUN0/
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bu110Ofl2vV/