E0fwpcnrkfnvklhihhms

モルディブ

CATEGORY | モルディブ

【2019最新】モルディブの物価を徹底調査!ホテル・食事・水などの値段は?

2019.04.17

新婚旅行の渡航先などとして大人気のモルディブ、物価は高いのでしょうか安いのでしょうか?基本的にホテルの宿泊料金に食事や水が含まれているオールインクルーシブの場合も多く一概に計算するのが難しい旅行先です。今回はモルディブの物価についてご紹介したいと思います。

目次

  1. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!1・モルディブの通貨
  2. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!2・両替について
  3. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!3・モルディブのリゾートの仕組み
  4. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!4・安くモルディブに行くには?
  5. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!5・首都マーレの物価
  6. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!6・マーレのリーズナブルホテル/バーニ ホテル
  7. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!7・マーレのリーズナブルレストラン/CITRON
  8. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!8・マーレのリーズナブルお土産ショップ/STOスパーマート
  9. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!9・オプショナルツアー料金
  10. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!10・モルディブの水事情
  11. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!11・モルディブの食事事情
  12. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!12・コスパの良いおすすめリゾート/バンドス
  13. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!13・コスパの良いおすすめリゾート/ビヤドゥ・アイランドリゾート
  14. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!14・サンアイランド・リゾート&スパ
  15. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!15・アダーラン クラブ ランナリ
  16. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!16・ゲストハウスの物価
  17. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!17・出費を安く抑えるための準備
  18. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!18・おすすめのリーズナブルなお土産
  19. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!19・モルディブへのアクセス
  20. まとめ
Leugmfbzlxuswzwobfum
引用: https://www.instagram.com/p/Be2hnZflClv/

モルディブのローカルが使用している通貨単位は「モルディブルフィアRf」(Maldives Rufiyaa)と呼ばれており、モルディブの豊かな自然がデザインされた美しい紙幣なのですが、実はリゾートを旅行していてこの通貨を目にする機会は殆どないと言って良いでしょう。
モルディブのビーチリゾートのほぼ全てにおいて、USドルが使用通貨として採用されており日本から準備をしていく場合もドルだけで全く問題ありません。

Tacmtyw1jsvpcztb213o
引用: https://www.instagram.com/p/Bv1hjNZBe_R/
So8ugh4anyseyo3dffiu
引用: https://www.instagram.com/p/BprsFYYFjB1/

上記でもご紹介したように、モルディブのリゾートの殆どではUSドルが流通通貨として採用されていますが、表示がUSドルということであり、キャッシュレスのリゾートが殆どです。
一度ホテルにチェックインしてしまったら、ドリンクもショッピングもリゾート内で消費したものは全て部屋に付けられ、チェックアウト時に一括で決済します。
ここでカード決済をしてしまえば、殆ど現金が要らないという場合もありますので、日本でUSドルの準備をしていく場合には100ドル程度でも問題ない場合が殆どです。
多くの現金は思わぬトラブルの元にもなりかねませんので、両替は最低限にしておきましょう。

Ldshymymli5h1vvcuu4l
引用: https://www.instagram.com/p/Br11UqQAVtq/
Pza0u9koesxtsbe3lopg
引用: https://www.instagram.com/p/BwHlf1aBmD6/

モルディブは基本的に1島1リゾートを採用している国として知られており、後にご紹介するマーレのホテルやゲストハウス以外では「滞在する島を選ぶ」=「ホテルを決める」ということになります。
そして、このホテルを決めた時に同時に支払のシステムが決定します。
主なシステムは2通りあり、オールインクルーシブか食事が別か、ということになります。
オールインクルーシブの場合には主にアルコールとオプショナルツアーを除く全ての料金が含まれていることが殆どですので、最終的な支払金額を考えると安く済む場合も多々あります。
クラブメッドなどは、オールインクルーシブの最も進んだリゾートとなっており、なんとモルディブのクラブメッドはオールインクルーシブの中にスキューバダイビング1日1本の他殆どのアクティビティが含まれているのが嬉しいですね。

Nui5idnixvpkgs6hdah8
引用: https://www.instagram.com/p/BwGbK27n2iY/
Fgsbjbqhynjqgem2n2kt
引用: https://www.instagram.com/p/BwVY9p1BOOV/
1 / 7