E0fwpcnrkfnvklhihhms

モルディブ

CATEGORY | モルディブ

【2019最新】モルディブの物価を徹底調査!ホテル・食事・水などの値段は?

2019.04.17

新婚旅行の渡航先などとして大人気のモルディブ、物価は高いのでしょうか安いのでしょうか?基本的にホテルの宿泊料金に食事や水が含まれているオールインクルーシブの場合も多く一概に計算するのが難しい旅行先です。今回はモルディブの物価についてご紹介したいと思います。

  1. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!1・モルディブの通貨
  2. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!2・両替について
  3. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!3・モルディブのリゾートの仕組み
  4. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!4・安くモルディブに行くには?
  5. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!5・首都マーレの物価
  6. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!6・マーレのリーズナブルホテル/バーニ ホテル
  7. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!7・マーレのリーズナブルレストラン/CITRON
  8. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!8・マーレのリーズナブルお土産ショップ/STOスパーマート
  9. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!9・オプショナルツアー料金
  10. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!10・モルディブの水事情
  11. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!11・モルディブの食事事情
  12. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!12・コスパの良いおすすめリゾート/バンドス
  13. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!13・コスパの良いおすすめリゾート/ビヤドゥ・アイランドリゾート
  14. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!14・サンアイランド・リゾート&スパ
  15. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!15・アダーラン クラブ ランナリ
  16. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!16・ゲストハウスの物価
  17. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!17・出費を安く抑えるための準備
  18. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!18・おすすめのリーズナブルなお土産
  19. モルディブの物価は高い?ホテルや食事、水の値段をご紹介!19・モルディブへのアクセス
  20. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/Be2hnZflClv/
モルディブのローカルが使用している通貨単位は「モルディブルフィアRf」(Maldives Rufiyaa)と呼ばれており、モルディブの豊かな自然がデザインされた美しい紙幣なのですが、実はリゾートを旅行していてこの通貨を目にする機会は殆どないと言って良いでしょう。 モルディブのビーチリゾートのほぼ全てにおいて、USドルが使用通貨として採用されており日本から準備をしていく場合もドルだけで全く問題ありません。
引用: https://www.instagram.com/p/Bv1hjNZBe_R/
引用: https://www.instagram.com/p/BprsFYYFjB1/
上記でもご紹介したように、モルディブのリゾートの殆どではUSドルが流通通貨として採用されていますが、表示がUSドルということであり、キャッシュレスのリゾートが殆どです。 一度ホテルにチェックインしてしまったら、ドリンクもショッピングもリゾート内で消費したものは全て部屋に付けられ、チェックアウト時に一括で決済します。 ここでカード決済をしてしまえば、殆ど現金が要らないという場合もありますので、日本でUSドルの準備をしていく場合には100ドル程度でも問題ない場合が殆どです。 多くの現金は思わぬトラブルの元にもなりかねませんので、両替は最低限にしておきましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Br11UqQAVtq/
引用: https://www.instagram.com/p/BwHlf1aBmD6/
モルディブは基本的に1島1リゾートを採用している国として知られており、後にご紹介するマーレのホテルやゲストハウス以外では「滞在する島を選ぶ」=「ホテルを決める」ということになります。 そして、このホテルを決めた時に同時に支払のシステムが決定します。 主なシステムは2通りあり、オールインクルーシブか食事が別か、ということになります。 オールインクルーシブの場合には主にアルコールとオプショナルツアーを除く全ての料金が含まれていることが殆どですので、最終的な支払金額を考えると安く済む場合も多々あります。 クラブメッドなどは、オールインクルーシブの最も進んだリゾートとなっており、なんとモルディブのクラブメッドはオールインクルーシブの中にスキューバダイビング1日1本の他殆どのアクティビティが含まれているのが嬉しいですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BwGbK27n2iY/
引用: https://www.instagram.com/p/BwVY9p1BOOV/
基本的に旅行代金が高いことで知られるモルディブ。 高いリゾートであれば1週間で100万円近い金額がかかる場合もありますし、水上コテージなどの最上級のお部屋に泊まればその金額は天井知らずということも・・・ そんなモルディブですが、どうやったら安く予約することが出来るのでしょうか? モルディブは特殊な協定を結んでいるリゾートも多く、旅行会社との提携の都合から日本人の個人予約は受け付けないリゾートや、そもそも日本人がほぼ泊まれないリゾートなどもあるようです。 例えホテルを個人手配をしたとしても、エアを別で予約しなければならずこれが割高になるためあまりお得感がありません。もしも東南アジアやスリランカに在住しているのであれば、物理的な距離が近いので個人手配もひとつの手段でしょう。 やはり少しでも安くリゾートを予約したいのであれば、少しでも安いパッケージを探し、繁忙期を避けるしかありません。 モルディブのベストシーズンは11月から4月くらいの日本の冬になりますので、一番高いのは年越しやクリスマスホリデーのシーズンです。 逆に日本が長期休みなのに安いパッケージが出るのは、モルディブが雨季の8月、夏休みシーズンになります。
引用: https://www.instagram.com/p/BwVQ6zCnbPT/
引用: https://www.instagram.com/p/Bu_a-J1gAxT/
モルディブの首都マーレ。基本的に観光客は深夜便でマーレに到着した場合に翌朝のボートか飛行機までマーレで一泊するか、リゾートからの半日マーレ観光ツアーなどに参加する場合などしか散策するタイミングはなく、ほぼ飛行場からリゾートへの通過点に過ぎません。 そんなマーレですが、観光客が行くスポットではやはり外国人プライスということが多いようです。 それでも高級リゾートと比べると、ビール一杯の値段は半額近い場合もありますのでリゾートにもよりますが少しホテルよりも安いと考えても良いでしょう。 お土産屋さんの怪しい客引きなどには気を付けてください、値段の付いていないお店ではお買い物をしないで下さいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BvktdEZllI_/
引用: https://www.instagram.com/p/Bu6DojXgO53/
マーレで宿泊する際におすすめのリーズナブル3つ星ホテルが「バーニ ホテル/Baani Hotel」になります。 フェリー乗り場からも近く、分かりやすいロケーションなのも嬉しいですね。 宿泊翌日の空港送迎サービスなども無料で利用でき、フロントスタッフの対応は丁寧で定評があります。 少しマーレで時間を取るのであれば「フクル・ミスキー」や「国立博物館」などへのアクセスもよくグルメスポットも多いのが嬉しいポイントですね。 時期にもよりますが、1泊1万円以下で宿泊が可能です。
引用: https://www.instagram.com/p/Bu5hUJkAj17/

バーニホテル詳細

●住所/Filigas Higun・マーレ City マーレ City and Airport Maldives 20005
引用: https://www.instagram.com/p/BwNMFkCAo7I/
マーレのフェリーターミナル近くに、目の前の美しい海の景色を楽しみながら食事が楽しめるレストランがあるのをご存知でしたか?「CITRON(シトロン)」というシーフードメインのレストランなのですが、まるで一流ホテルのビーチサイドレストランのようなロケーションながらリーズナブルなのが特徴です。 窓際の席に座れば、マーレ国際空港をのぞむこともでき、離発着する飛行機と美しい海を楽しむことが出来るのは嬉しいですね。 マーレ周辺の海にはイルカも生息していますので、運が良ければ野生のイルカジャンプが見られちゃうことも! こんな絶景が楽しめるレストランであれば、やっぱり値段も高そう・・・なんて心配することはありません。 ちょっとお茶をしたいというだけの利用も可能で、ブラックコーヒーが2ドル、パスタなどは15ドル~20ドル程度となっています。 おすすめは毎日メニューが変わるディナービュッフェです。 海をのぞむオープンテラスのエリアで、空港の光を見ながらの食事は最高ですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BpsT0-WHX8r/
引用: https://www.instagram.com/p/BfV2RCXnUi6/
せっかくマーレ散策をするのであれば、ショッピングも楽しみたいですね。 こちらはマーレ市内にある人気の観光スポット「サルタン公園」から至近距離にある国営のスーパーマーケットです。こちらのマーケットは基本的にローカル向けのお店のため、地元の人が買う金額でお買い物が出来るのが魅力ですね。 観光客に人気なのは何と言ってもお土産の紅茶です。リゾートの売店で買うよりも種類が多く、安い値段で買えますのでまとめ買いしておきましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BsmRwIeHgPd/

STOスパーマート詳細

●住所:Sto Trade Centre・ Maafannu・ マーレ ●営業時間:8時半~22時
引用: https://www.instagram.com/p/BwRPnDrAxpf/
1島1リゾートのモルディブにおいて、ビーチでのんびりする、食事をする、以外はやることが無いという贅沢な時間を過ごせます。 それでもやはり1日は24時間ありますので、色々とビーチアクティビティやスパなども試したいですね。 アクティビティの料金はリゾートによっても違ってきますが、シュノーケリングツアーで半日50ドル、60分のスパで100ドル程度、スキューバダイビングは1本50ドル程度となっています。 リゾートによって用意されているアクティビティは違いますが、ダイビング、スノーケリング、アイランドホッピング、スパなどはどこのリゾートでも楽しめるメニューとなっています。 基本的にアクティビティ料金は安くありませんので、よく吟味して選びましょう。 なんでも試したい!ダイビングも1日1本は潜りたい!という希望があれば、すべてがオールインクルーシブのクラブメッドを検討するのも一案です。
引用: https://www.instagram.com/p/BwRpi8dha76/
引用: https://www.instagram.com/p/BhGbzhWDkEY/
モルディブの水道水は、海水から塩を抜いたものや雨水をろ過したものなどが利用されており、飲料水としては利用できません。 飲料水は、必ず水道水ではなく、ミネラルウォーターを利用しましょう。 リゾートによっては1人1泊2本などミネラルウオーターがサービスされるリゾートもありますし、オールインクルーシブではないリゾートであれば売店でその都度購入することになります。 料金はリゾートによって違い、1リットル3ドル~5ドル程度となっています。
引用: https://www.instagram.com/p/BwKic4PFTqv/
引用: https://www.instagram.com/p/BvYo3lEFABv/
モルディブのリゾートで一番多いのは、宿泊料金に料金が含まれているブッフェです。 この場合、ツアー代金を払う時に全ての食事代は払っていることになりますのでなんの心配もなく食事を済ますことが可能です。 フルボードと言われる3食全てが込みの場合と、朝食&ディナーのみの2食のみの場合がありますが、もしもリゾートに1軒しかレストランが無い場合には3食込みにしてしまった方が楽でしょう。 モルディブのブッフェは曜日によってビーチでのBBQになったり、モルディブローカル料理が楽しめたりと、連泊しても毎日楽しめるメニューを組んでいることでも知られています。 一方、フルボードでないリゾートの場合は朝食しか含まれていないパターンも見られます。 この場合、リゾートにはいくつかのレストランの選択肢があることが多く、ブッフェが楽しめるレストラン、コース料理のファンシーレストラン、カジュアルカフェといった感じです。 モルディブの物価を考えるとどれも安くはありませんが、毎日カジュアルカフェでサンドイッチやワンプレートで済ませれば1人1食15ドル程度の出費となり、少しは節約できるかもしれません。 いづれの場合にも、アルコール類は料金に含まれていないので注意が必要です。イスラム圏にあるモルディブではアルコールへの課税が高くビール1杯10ドル程度する場合も散見します。
引用: https://www.instagram.com/p/BvUdYMAncxC/
引用: https://www.instagram.com/p/BwQ9U5sgugI/
北マーレ環礁にあるバンドスは、2000年代に大きなリノベーションを終え、モルディブの中では大きな島のリゾートとなっています。 マーレの船着き場からも近いのでアクセスも便利で、そこまで高級という訳ではないので料金も安く抑えられています。 部屋などはシンプルで、決して豪華という訳ではないのですが清潔、コンパクトなスーペリアルームからジュニアスイート、スイートルームまでが揃っていて用途によって選べます。 このリゾートはフルボードではなく、朝食のみが含まれた料金で販売がされているのが特徴です。 1泊20000円程度~となっていますが、この料金はシンプルに宿泊料金のみとなりますので注意が必要です。
引用: https://www.instagram.com/p/Bavu5E_nVvy/
引用: https://www.instagram.com/p/BnVxlOwHaPb/
マーレからスピードボートで約50分のロケーションにある「ビヤドゥ・アイランドリゾート」は、ヤシの木など緑豊かな島にホテルが建てられています。 1周歩いて回ってもほんの15分ほどという小さなリゾートに、2階建てのシンプルな客室棟が並んでいる老舗です。 客室やリゾートのアクティビティ施設などはシンプルなのですが、この島の特徴はとにかく島周辺の海が美しい!という一言に尽きます。 サンゴ礁が豊かで、ビーチから少し泳いだだけでスノーケリングやダイビングが楽しめるお魚天国となっておりダイバーに人気のリーズナブルリゾートです。 5泊で20万円~
引用: https://www.instagram.com/p/BgIpNbJjrO3/
引用: https://www.instagram.com/p/Bqq7RjPlqCr/
マーレから少し距離があるため、セスナでアクセスすることになるのが「サンアイランド・リゾート&スパ」です。 バンドスと同じく、モルディブでは比較的大きな島を利用したリゾートで、しっかりと泳げる大きなプールや豪華なスパ、アクティビティフロントなども完備しており、カップルからファミリーまで満足させてくれるリーズナブルリゾートです。 この島の特徴はサンゴ礁がなく、遠浅のラグーンにすっぽりと島が囲まれているため、気が向いたらスノーケリングをしよう!という訳にもいかないのですが、白砂にキラキラ輝くラグーンは美しく心癒されるでしょう。 サン・アイランドリゾートの水上コテージは比較的リーズナブルでおすすめ、上記の理由から部屋から熱帯魚を眺めるという訳にはいきませんが、ロマンティックなステイが出来ますよ。 5泊で25万円~となっています。
引用: https://www.instagram.com/p/BuEQuO1AHrQ/
引用: https://www.instagram.com/p/BujFLR9lpvz/
空港からスピードボートで約45分でアクセス可能な「アダーラン・クラブ・ランナリ」は、美しいサンゴ礁に囲まれたリゾートアイランドです。 周辺にはこれと言ったリゾート島が無いため、観光で潜る人も少なく海の透明度は素晴らしいのが特徴です。 高級感があるというよりは、のんびりとした雰囲気が島全体に漂うシンプルなリゾートですが、オールインクルーシブのシステムを採用しており、食事がフルボードなのはもちろん、グラスワインやビールまでがオールインクルーシブ料金に含まれているのが嬉しいですね!お財布の心配がなく過ごせる過ごせるリゾートとして人気があるのもうなずけます。
引用: https://www.instagram.com/p/BwRjtD9hNyZ/
引用: https://www.instagram.com/p/BwG3i_HlBxj/
モルディブに、ゲストハウスがあるのをご存知でしたか? モルディブの一般的なリゾートと違い、モルディブのゲストハウスはモルディブ人が暮らすローカルの島にあることが殆どです。 民宿タイプの宿が多いのですが、価格は安く、おしゃれな雰囲気のゲストハウスも多いのが特徴です。 リーズナブルにきれいな海だけを楽しみたい人にはおすすめです。
引用: https://www.instagram.com/p/BwRnMlygNKZ/
引用: https://www.instagram.com/p/BwVkIL1nIMq/
旅行する時に、サングラスを忘れたら現地で買おう、日焼け止めを忘れたら行ってから買えばいいや、などと考えることがよくあります。 都市部に旅行するのであればそれでも大丈夫なのですが、もしもモルディブに行く場合には現地で調達すると選択肢が殆どない上に高くつく場合が殆どですので注意しましょう。 モルディブのリゾートの物価が高いので、何を買っても東京よりも安いということはないを覚えて、忘れ物が無いように荷物の準備をすることが大切です。 筆者は一度、子供用の水着を忘れてリゾートで購入したことがあるのですが、選択肢は2~3種類しかない上に60ドルほどして、しかも子供の趣味に合わなかったため帰国してからは着なかったという苦い思い出があります。
引用: https://www.instagram.com/p/BwR6CBJhKo6/
引用: https://www.instagram.com/p/BFWwSBLJWd1/
お土産を選ぶのが難しいので知られるモルディブ、絵葉書などは安くどこのショップでも手に入りますがばらまき土産には向きませんね。 やはり人に配るとなるお土産としておすすめなのは紅茶でしょう。紅茶の産地であるスリランカが近いので、モルディブでは可愛らしい小さなパックの紅茶がリーズナブルに手に入ります。
引用: https://www.instagram.com/p/BQ_yDBVhm3M/
引用: https://www.instagram.com/p/BjrIEGOF8Jd/
東京からモルディブのマーレまでは飛行機の直行便が運行していないため、どこかの都市でのトランジットが必要となります。 主に利用されることが多いのはKLで乗り継ぐマレーシアエアライン、コロンボで乗り継ぐスリランカエアライン、シンガポールで乗り継ぐシンガポールエアラインです。 中でも一番時間がかからないのがスリランカ航空で、成田からであればコロンボまで約11時間半、コロンボからマーレまでは、約90分で到着します。 もしもトランジットの都市で途中降機して楽しみたい場合にはシンガポールのシティステイが楽しめるシンガポールエアラインの利用も良いでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BROmZ1zhlm8/
引用: https://www.instagram.com/p/BwUlmuaFIEK/
いかがでしたか?リゾート内の物価が高いモルディブは、旅行を予約する時に全ての出費が大体決まると考えた方がよさそうですね。 次回の旅のプランを練る時には、ぜひ予算とリゾートの価格を比べてみてくださいね!
引用: https://www.instagram.com/p/BwUFxu7gpIg/