Yxcrxk9uryva4xgkrlhj

東京

CATEGORY | 東京

【2019年GW特集】府中『くらやみ祭』を徹底ガイド!イベントや屋台は?

2019.04.17

ゴールデンウィークのお出かけにおすすめしたいのが、東京都府中市にある大國魂神社が開催するお祭り「くらやみ祭」です。お神輿や日本最大級の大太鼓が登場し、屋台やイベントで町中が賑わいます。なぜ「くらやみ祭」という名称なのかもご紹介したいと思います。

目次

  1. 府中「くらやみ祭」徹底ガイド①くらやみ祭とは?
  2. 府中「くらやみ祭」徹底ガイド②くらやみ祭の歴史
  3. 府中「くらやみ祭」徹底ガイド③日程
  4. 府中「くらやみ祭」徹底ガイド④行事1日目(4月30日)
  5. 府中「くらやみ祭」徹底ガイド⑤行事2〜5日目(5月1~4日)
  6. 府中「くらやみ祭」徹底ガイド⑥行事6日目(5月5日)
  7. 府中「くらやみ祭」徹底ガイド⑦行事7日目(5月6日)
  8. 府中「くらやみ祭」徹底ガイド⑧イベント
  9. 府中「くらやみ祭」徹底ガイド⑨屋台
  10. 府中「くらやみ祭」徹底ガイド⑩アクセス
  11. 府中「くらやみ祭」徹底ガイド【まとめ】

くらやみ祭は、東京都の府中市にある大國魂神社が毎年5月のゴールデンウィークの時期に行っている伝統あるお祭り行事です。「武蔵府中くらやみ祭」という名称で都指定無形民俗文化財に指定されていて、深い歴史があるので有名です。お神輿や山車の巡行、お囃子の競演など、様々な催しが4月30日から7日間に渡り催されます(一般が参加できるのは5/3~6)。特にメインとなる5月5日は一番の見所で、八基のお神輿に加え六張の日本最大級の大太鼓が華々しく登場します。夕方18時から、花火の合図があり、国内でも一番大きい大太鼓の音とともに、お神輿が町を練り歩きます。暗闇の中をお神輿が練り歩く幻想的なお祭りで、府中の町は大賑わいになります。来場者数はなんと70万人とも言われている大人気のお祭りです。

くらやみ祭りの由来は、お祭りのメインイベントであるお神輿の渡御が、真っ暗な夜に行われることから来ています。昔は町の灯りをすべて消した中で行ったそうです。そもそもなぜ暗闇の中で行われるのか。それは古来からある「尊いもの(神様)を人間が見ることは許されない」という儀礼からそうなったようです。くらやみ祭の正式名称は「大國魂神社例大祭」と言って、千年以上も続いている歴史のある神事です。千年前というと、日本は平安時代。これだけ続いている神事は日本全国見てもあまりないのではないでしょうか。昔はこの暗闇を利用して、子孫繁栄の名のもとに、男女無礼講の出会いの場として奇祭になっていたという歴史もあるようですが、戦後は禁止されて、今は市民や観光客が安心して楽しめる一大お祭りとして定着しています。なんと司馬遼太郎の「燃えよ剣」にもこのくらやみ祭の名前が出てくるんですよ。

4/30(火)〜5/6(月・祝) 詳しい時間は次からの項目をご覧ください。
4/30~5/2は関係者のみですので、実質は5/3~5/6までがお祭り期間となります。

9:30出発 16:00頃帰社 品川海上禊祓式(汐汲み・お浜降り) お祭りの初日「汐盛り」とも言われるこの神事。神職の一行が、品川海上まで出向いて身を清め、清めの汐水を神社に持ち帰ります。お祭り期間中の朝夕のお清めにこの汐水を用います。

1 / 3