Hrrivtajindpri0xrfy8

日本

CATEGORY | 日本

【2019年版】女子ウケ抜群!魅力的でかわいいスイスのお土産10選

2019.04.19

アルプスの美しい自然が人々を惹きつけてやまないスイス。そんなスイスには、雑貨やチョコレートなど、見た目やパッケージも色鮮やかで、かわいいおしゃれなお土産がたくさんあります。今回はそんなお土産にも自分用にも手に入れたい、かわいいスイスのお土産をご紹介します。

  1. スイスのかわいいお土産①マカロン
  2. スイスのかわいいお土産②調味料
  3. スイスのかわいいお土産③チョコレート
  4. スイスのかわいいお土産④Klostergartenのハーブティー
  5. スイスのかわいいお土産⑤鳩時計
  6. スイスのかわいいお土産⑥マグカップ
  7. スイスのかわいいお土産⑦ぬいぐるみ
  8. スイスのかわいいお土産⑧ハイジグッズ
  9. スイスのかわいいお土産⑨スウォッチ
  10. スイスのかわいいお土産⑩チーズ
  11. スイスのかわいいお土産 まとめ
これが一番もらって嬉しい!と喜ばれるのは、見た目がカラフルでおしゃれなマカロンです。 これは、世界で最初にマカロンを作ったメーカーとして有名な、チューリッヒで50年以上続いているシュプリンブルグリのルクセンブルグリというマカロン。サクサクとした食感に、ふわふわのクリームが口の中で溶けてなくなる感じ。マカロンはあんまり、という人でも、このルクセンブルグリのマカロンは別で、「美味しい!」と食べる手が止まらなくなってしまうんだとか。 キラキラとしたゴールドのマカロンはなんとシャンパン味だそうです。色鮮やかで、見ているだけで気分が上がってしまいますね。
チューリッヒ市街だけでなく、チューリッヒ空港にも直営店があり、そこでも買えますので、お土産を買いそびれた!なんて時におすすめですよ。スイス以外で購入するのは難しいということなので、お土産に喜ばれるわけですね。
調味料もスイス産は一味違います。たくさんの種類の調味料があり、こちらはSEL DES ALPESの岩塩。スイスアルプスの氷河から出る湧き水から抽出された塩で、カルシウムやミネラルがとても豊富でおすすめです。このかわいさは喜ばれますね。
こちらはキノコブイヨンのハーブソルト。このようにスイスの塩には色々なフレーバーがあるので、数種類買って帰って相手に選んでもらうのも盛り上がるかもしれませんね。
スイスのお土産と言えば最初に浮かぶのが定番のチョコレートですよね。スイス人はチョコレート好きで、スイスでのチョコレート年間消費量は、日本のなんと約6倍だとか。スイスのチョコレートは美味しさはもちろん、パッケージにもこだわりがあります。おしゃれで女子が絶対喜ぶルックスにもご注目ください。木箱に入っているのもおしゃれでかわいいですね。
こちらは人気チョコレートブランドVillarsのミルク缶チョコレート。チョコレートを食べ終わっても、このかわいらしいミルク缶を小物入れにする人が続出です!
こちらはスイスチョコレートでもよく見るウサギ型のチョコレートです。日本でも、リンツ社のゴールドバニーが有名ですね。スイスでは春のイースター近くになると、町のいたるところでカラフルなウサギや卵の形をしたチョコレートが並びます。「イースターバニー」と言って、町の風物詩にもなっています。 写真のものは、結構大きいですね。ボリュームがあるので一人一つずつのばらまきお土産にしてもウケそうですね。
スイスのハーブティーもお土産として人気です。あまりかさばらず軽くていいですよね。 これはklostergarten(クロスターガーテン)のハーブティー。パッケージに色々種類がありますが、体調に合わせての症状別になっているそうで、様々な種類のハーブが使われています。スイスではハーブティーは健康によく、「病気はハーブで治す」という習慣があるそうです。
これは「女性が元気になる」という効用のお茶だそうです。ほっこり癒し系のお味でしょうか。
こちらは肝臓に良いハーブティーとのこと。毎朝体調に合わせてセレクトしたいですね。
スイスは時計づくりでとても有名ですが、こんなかわいい鳩時計「cuckooclocks」はいかがでしょう。鳩やカッコウの鳴き声にからくりやオルゴール。時計としてだけでなく、インテリア雑貨として十分にわたしたちの目を楽しませてくれます。山小屋型の外観に、色々な動物やキャラクターが。この時計がひとつあるだけで、部屋の様子がずいぶん変わりそうですよね。
雑貨屋には、こんな小さな時計も売られていますよ。隣にたばこが並べられ比較されていますが、こんなに小さくてもしっかり本物です。
スイス陶器も人気が高いです。陶器産業が盛んで、たくさんの陶器メーカーがあります。 マグカップに関しては、かわいいデザインのものがリーズナブルな値段で雑貨屋さんにたくさん売られています。気軽に変えますし、お気に入りのデザインだとコーヒーや紅茶を飲むのが毎回楽しくなりそうですね。
スイスは日本と比べると少し寒いので、こんな蓋つきのマグカップも売っています。かなり保温できそうですね。雑貨お土産としては少しかさばりますが、喜ばれること間違いなしですね。こういったタイプも雑貨屋さんで見つけることができます。
お子様へのお土産でしたら、かわいいぬいぐるみが雑貨屋でもたくさん売られていますよ。少しかさばりますが、軽いのが助かりますよね。 こちらは優しい手触りの羊のぬいぐるみ。これでしたら、お子様だけでなく、大人女子の部屋にもインテリアとして置いておけそうですね。
国旗模様の服を着たクマのぬいぐるみもかわいいです。手触りもよさそうですね。
スイスの代名詞的存在なのが「アルプスの少女ハイジ」。日本でもアニメ放送されて誰もが知っているキャラクターだと思います。 チューリッヒから列車で一時間少しで行ける、スイス東部の山岳地方であるグラウビュンデン州マインフェルトには、ハイジの世界がリアルに体験できるハイジ村があます。ハイジとおじいさんが住んでいた山小屋を再現したスポットや、博物館やお土産ショップなどもあって、ハイジの雑貨や本などのグッズがたくさん売られています。 雑貨や食品もいいけれど、現地の言葉で書かれた本や絵本もぜひ買ってみたいですね。
こちらは壁に飾れる額入りの切り絵。デザインがとてもおしゃれでかわいいので欲しくなってしまいます。。ペーターがいますね!
雑貨以外でも、「ハイジコーヒー」といったコーヒーもあります。こんな感じのビジュアルで、リアルハイジといった感じですね。ハイジファンにもそうでない人にも喜ばれそうです。 他にも、お弁当箱や水筒、まな板、ハンカチ、マグカップにお菓子など、たくさんのハイジグッズと出会うことができます。
日本でも「気軽に楽しめるセカンドウォッチ」として大流行したスウォッチ。これはスイスの時計会社「スウォッチグループ」が1970年代後半から作っています。スイスは本当に時計産業が盛ん。腕のある技術者が開発したスウォッチは、軽くて安くても質が高く「一生もの」としてファンから愛されてきました。 そんなスウォッチ発祥の地ということで、これはスイスお土産としても外せないですね。デザインも種類豊富で、選ぶのが楽しいです。この時計はクリスマス限定デザイン。限定物があるのもプレミア感があっていいですね。
こちらもまたかわいらしいデザイン。女子用や男子用、年齢に合わせて選べるのもいいですね。
これもまたスイスお土産の定番となっているチーズですが、パッケージもおしゃれで意外と日持ちもするので、お土産としては最適です。
これも昔懐かしいレトロなデザインでかわいいですね。ワインと一緒に楽しみたいです。
様々なスイスお土産をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。チョコレートやマグカップといった定番のお土産でも、スイスのデザイン性の高さは他とは違います。かわいらしく質のいいスイス産のお土産たち。特別な人に喜ばれる旅の思い出として、ぜひ手に入れてくださいね。