Mcdvoh2larahlksbxmzp

フランス

CATEGORY | フランス

【2019年最新】パリの治安は良い?悪い?注意しておきたいことを徹底解説!

2019.04.19

パリを訪れる前に知っておくべき治安についてまとめていきます。世界中から連日多くの観光客が足を運ぶパリでは、観光客を狙うスリやひったくりが頻繁に発生しています。中でも比較的治安の良い地域と悪い地域があり、どんなことに注意が必要か、ここで知っておきましょう。

目次

  1. 【パリの治安】①治安の悪い地区
  2. 【パリの治安】②治安の良い地区
  3. 【パリの治安】③スリに注意する地区
  4. 【パリの治安】④移動:電車での注意点
  5. 【パリの治安】⑤移動:タクシーでの注意点
  6. 【パリの治安】⑥移動:徒歩での注意点
  7. 【パリの治安】⑦手口:空港からのRER線に注意
  8. 【パリの治安】⑧手口:メトロでのスリに注意
  9. 【パリの治安】⑨手口:サイン下さいの集団スリに注意
  10. 【パリの治安】⑩手口:観光地での物売りに注意
  11. 【パリの治安】⑪要注意観光スポット:ルーヴル美術館
  12. 【パリの治安】⑫要注意観光スポット:クリニャンクール蚤の市
  13. 【パリの治安】⑬要注意観光スポット:エッフェル塔のエレベーター
  14. 【パリの治安】⑭要注意観光スポット:観光地周辺の路上
  15. 【パリの治安】⑮要注意観光スポット:デパート
  16. 【パリの治安】⑯テロについて
  17. 【パリの治安】⑰デモについて
  18. 【パリの治安】⑱服装の注意点
  19. 【パリの治安】⑲支払いに関する注意点
  20. 【パリの治安】⑳ホテル選びの注意点
  21. まとめ
Rbsg5naaz8vpw1y5s531
引用: https://www.instagram.com/p/BwMe2tFAq3l/

■10区、17区~20区

パリの右岸10区および17区~20区に行くと、中心部とはガラッと雰囲気が変わり、中でも18区~20区エリアは移民が多く、貧困層の団地があり治安の悪いエリアとなります。スリやひったくりなどの軽犯罪だけでなく、傷害事件などの発生数も多いため、よっぽどのことがない限り近づくのは避けるべきです。不良集団や民族間の抗争、爆竹など普段から日常的に危険なエリア。治安が悪いパリ北東部はできる限り避けましょう。治安の良い日本では考えられないことが起きる可能性のある地域。

N4qilcmlkokdz1uavjmr
引用: https://www.instagram.com/p/Bvd-qqhjajS/
Ffbr0ash0zcnirst2sjx
引用: https://www.instagram.com/p/Btwnk5lIZLt/

■11区~16区

パリの中では比較的治安の良いエリアです。13~15区の一般住宅街を含め、パリの中心地からは少しありますが、ホテルの宿泊費もそこまで高くなく、静かにホテル滞在を過ごすことができます。ただ、パリにおいて比較的治安の良いといわれる場所でも、常に自分の持ち物には気をつけておくことは必要。ホテル選びの際にも、こちらの治安の良い地域もおすすめです。

Tio6mb3bbw4vgrk05q4h
引用: https://www.instagram.com/p/BqtXvqeg7pb/

■1区~9区

パリの右岸1区、2区、3区、4区、8区と左岸の5区、6区、7区は観光スポットが集中し、そこへ訪れる観光客を狙うスリに注意が必要なエリアとなります。治安の悪い地域のような凶悪犯罪の起こる確率は低いですが、スリや置き引き、ひったくりには警戒しましょう。

Hkang4y6msywevnaiiwd
引用: https://www.instagram.com/p/BwMeXo8H5cU/

中でも1~4区、7区には有名ホテルが建ち並び、観光の拠点としてパリ滞在にはとても便利な立地のエリアですが、その分宿泊費が高くなることも。少々高くついても身の安全には変えられません。スリなどには気をつけるべきですが、便利な立地や比較的治安の良いこちらの地域でホテルを選んでもいいですね。

Pdxwy8dwvpwtjv8wcij0
引用: https://www.instagram.com/p/BkaaVxUle7G/

空港からパリ市内へ直行するRER線はとても便利なアクセス方法です。その一方で盗難被害も多数報告されており、中にはスリやひったくりなどの軽犯罪ではなく、強盗被害も見られます。スリやひったくりにしても、貴重品のバッグだけでなく、スーツケースなどの大きな荷物まで狙われるRER線。安い料金かつ、治安の悪いエリアを運行するため、細心の注意が必要。人が多く乗っている車両と、人が少ない車両が見られますが、できるだけ他の乗客が多い車両に乗りましょう。特に女性一人でRER線を利用するのはおすすめしません。その場合は、パリ市内まで直行するバスがオススメ。

1 / 7