H6mmsnjgincdyrwt586d

シンガポール

CATEGORY | シンガポール

【2019年最新】シンガポールの治安は良い?悪い?注意すべきことを解説!

2019.04.24

今回ご紹介させていただくのはシンガポールの治安についてです。シンガポールといえば海外旅行の定番ですが、治安は良いのか悪いのかを、経済面や生活面から紹介します。また注意点も合わせて紹介しますのでシンガポール旅行の参考にしてみてくださいね。

  1. 1:シンガポール治安 海外安全ホームページ情報
  2. 2:シンガポール治安 世界安全国ランキング
  3. 3:シンガポール治安が悪い場所 ゲイラン地区
  4. 4:シンガポール治安が悪い場所 リトルインディア
  5. 5:シンガポール治安が悪い場所 ジョホールバル
  6. 6:シンガポール治安気を付けたいこと スリ・ひったくり
  7. 7:シンガポール治安気を付けたいこと 喫煙
  8. 8:シンガポール治安気を付けたいこと 「ガム」
  9. 9:シンガポール治安気を付けたいこと 服装
  10. 10:シンガポール治安気をつけたいこと ドラッグ
  11. 11:シンガポール治安困った時のWifi
  12. 12:シンガポール治安困った時の日本大使館
  13. 13:シンガポール治安困った時のジャパニーズクリニック
  14. 14:シンガポール治安困った時のシンガポール警察
  15. 15:シンガポール治安 タクシー事情
  16. 16:シンガポール治安 水事情
  17. 17:シンガポール治安 銃事情
  18. 18:シンガポール治安 たびレジに登録しよう
  19. 19:シンガポールってどんなとこ?
  20. 最後に
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQm0X4WZo9rP8KBUgYSb8RzEPQGB6tSwgpde1By0Pssqof35KVS

海外安全ホームページについて

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQfASp8jMKch9j_hipCz3tbQQZzgXbEnyJmRR-ei9PihRQGQDfP
シンガポールの治安が良いか、悪いのかを判断する一番基本的な情報は日本政府が発表している治安情報についてです。外務省が提供している海外安全ホームページをご存知でしょうか。海外安全ホームページでは世界中の治安情報が掲載されており、治安レベルによって色分けされているので、渡航する国をクリックすれば、渡航する国がどうなのかが一目でわかります。警告がない国は地図上が白色、警告はレベル1からレベル4まで色分けされています。レベル1は十分注意してください、レベル4は渡航禁止です。2019年4月現在、シンガポールに色づけはされていないので、治安は良いということが言えます。
引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201501/28/05/b0007805_304544.jpg

世界安全国ランキングについて

引用: https://www.instagram.com/p/BwYOQC1nmRO/
前項は日本政府が治安が良いか悪いかを判断しているサイトでした。世界安全国ランキングというのは、民間の調査機関が発表しているもので、より旅行者の視点でみた判断になっています。https://ecodb.net/ranking/gpi.html左記の世界のネタ帳というサイトではシンガポールの平和度指数は日本よりも1ランクよい8位になっていなす。全世界で200近くある中で一桁にランクインされているのは治安が良いと言えます。前年の2017年は21位だったので13ランク上がっており国をあげて治安をさらに良い方向に進めていることが分かります。
引用: https://www.instagram.com/p/BQW4-AIj8eB/

ゲイラン地区について

引用: https://www.instagram.com/p/Bf5xyyBgo9G/
前項2つでは全体的にみるとシンガポールの治安は悪いということはなく、むしろ良いということを説明させていただきましたが、局所的に見れば時間帯や時期によって治安が悪いと言われている地域もあるので注意が必要です。シンガポールで治安が悪い場所といえば、ゲイラン地区があげれます。ゲイラン地区はシンガポールの中心エリアから東にあるエリアで、治安がよいシンガポールとうたっていますが、政府公認の売春地区として栄えています。シンガポールはせまい国土ですが、再開発が進み高い高層ビルが乱立していますが、この地域は2010年になるまで大きな再開発はされておらず、昔ながらの街並みが残っています。夜になると世界各国の旅行者、地元の人でにぎわっておりスリや置き引きが多発しているので常に注意喚起がされている場所なので注意してください。
引用: https://www.instagram.com/p/Btw8D2HH6O9/

リトルインディアについて

引用: https://www.instagram.com/p/BwXWbGog_2p/
リトルインディアはシンガポールにおいて昔ながらのインドの文化を見る、楽しむ、食べることができる観光スポットとして有名ですが、治安が悪い場所としても有名です。少し前の話しになりますが、2013年にシンガポールでは約40年ぶりに暴動が起こりました。その暴動がおこった場所がリトルインディアでした。原因はインド人出稼ぎ労働者による低賃金、扱いに対する不満が爆発し、1人のインド人が中国人が運転する送迎バスにひかれたことに端をはっしています。東南アジアの優等生と言われているシンガポールですが、もともとシンガポール国籍を所持している人は少なく、多くの労働力は低賃金で外国からきた労働者です。インド人労働者もシンガポールにはたくさん住んでおり、休日になると、シンガポール中のインド人がリトルインディアに集まっているといっても過言ではなく、また同じ事件が起こってもおかしくないので、リトルインディアに訪れる際は十分な注意が必要です。
引用: https://www.instagram.com/p/BaAqsRmlIxP/

ジョホールバルについて

引用: https://www.instagram.com/p/BvSgVx5Fcfy/
シンガポールではないのですが、シンガポールから車で国境を越えて行くことができる場所があるのをご存知でしょうか。マレーシアの領土であるジョホールバルです。ジョホールバルは一昔前はマレーシアで一番治安の悪い場所と言われており、シンガポールから訪れる際は十分な注意が必要なエリアと言われていました。現在は昔ほど治安が悪いということは言われなくなりましたが、ジョホールバルには多数のイスラム教徒住んでいます。イスラム教徒といえば今ではあまり聞かなくなりましたがISISを構成している宗教です。全てのイスラム教の方が怖い、というわけでは決してないのですが、中には過激派もいるので十分に注意してくださいということです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTrk_1__jGtrFDjwI-Ymjdch0bIGlCNXPaFoXAfEc38yxw0bPlq

すりひったくりについて

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSlt7Bfih5vAY5Jh_vVsxw6lgE9cr9QapZHMl2pb4bbFgQa9mrl
どこの国でもスリや置き引き、ひったくりはあるので注意が必要で、シンガポールでもスリやお置き引き、ひったくりの被害は多く報告されています。個人で犯行に及び犯人からグループで犯行に及ぶ犯人まで様々です。海外旅行に行くとついつい開放的になり、身の回りのガードが普段より低くなってしまいます。犯人はその隙を決して逃していないので、海外旅行を楽しみつつも、常に自分の身の回りに目を配り注意するようにしましょう。外に出る時は最低限の持ち物しか持っていかないことをおすすめします。財布も2つ持っていき、最低限の現金と、何かあった時にすぐ止めれるように、番号を控えたクレジットカードだけの持参が一番安全です。携帯電話は女性は小さなカバン、男性でポケットに入れる方は後ろのポケットではなく前のポケットに入れるように注意しましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSW1dQnHUQOVMegQx-hkRy5tVrfTSkEz-k3Najxfy3QAFzP8lE2

喫煙について

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQzQ_9MCGEkpEk84eoI0bewR6s_gR6nq29lFtOhgoRXIDFrbsFu
シンガポールでは国民の健康維持及び、国の治安維持のために禁煙強化がされています。現在シンガポールで喫煙ができるようになる年齢は18歳ですが、今年から19歳に引き上げ、さらに一年ごとに21年まで21歳になるよう引き上げられる法律も施行されています。喫煙ができる場所は限られた場所だけとなっており、日本よりも喫煙に対しては厳しく、喫煙をしてはいけない場所でしてしまうと、最高$1000の罰金もあるので十分に注意が必要です。ホテルやレストラン、バーなどでも喫煙が許された場所でないと吸うことができません。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/zzcj/imgs/f/7/f707cca9.jpg

ガムについて

引用: https://compathy-magazine-assets.compathy.net/uploads/2015/01/large_560915253-640x594.jpg
タバコ以上に厳しいルールがガムです。シンガポールではガムの持ち込みが禁止されており、ガムを外で食べることが禁止されています。ガムの持ち込む、屋内での飲食に対しても罰金があります。これは、ガムによるいたずらに長らく悩まされていた政府がとって苦肉の策でうっかり持ち込んでしまっても罰金をとられてしまうこともあるので十分注意しましょう。ガムの禁止が治安とどうゆう関係があるのか?と思われる方もいるかもしれません。治安とは、国家の秩序のことを指しています。ガムが秩序を乱すというのは大げさかもしれませんが、ガムが秩序を乱しているということでガム禁止という法律が作られているので、ガムと治安は関係があるということです。
引用: https://files.traveloco.jp/area/guide/content_images/1598/images/original-2fa1fb373b0a226a3708cb8a6a51dcf52c3f95de.jpg?1549358176

服装について

引用: https://files.traveloco.jp/area/guide/content_images/1600/images/original-1450d4b8da1e4d3206a09356b1ceaf9ba47d1075.jpg?1549358181
服装についても十分に注意が必要です。シンガポールやタイ、マレーシア、インドネシアといった東南アジアの国は湿気が高く年中暑い国です。暑いだけなら、日本の夏と一緒ですが、紫外線の強さが違います。暑い日は35°以上というのも普通にあり、紫外線も強いことからすぐに赤くなり、日焼けの痛さに悩まれることもたびたびあります。よって暑い国ですが、服装には十分に注意が必要で、できれば肌をできるだけ隠す服装に帽子、サングラス、日焼け止めは必須です。さらに写真のように男性も日傘をさす人がいるくらいなので女性は日傘が必須です。
引用: https://www.instagram.com/p/BwCDM3RDzk2/

ドラッグについて

引用: https://www.instagram.com/p/BwWmu8Yn5xT/
ドラッグが違法であることはみなさんすでにお分かりだと思います。シンガポールの場合は特に厳しく18歳以上でドラッグを所持している場合は外国人も含め斬首刑になります。日本のように逮捕されて、厚生施設に入ってというわけではありません。一発アウトです。治安が悪い場所として紹介したゲイラン地区では、ドラッグが簡単に手に入ります。ちょっとの冒険心でも一生取り返しのつかないことになるので十分に注意というよりも、ドラッグには絶対に手を出さないでください。
引用: https://www.instagram.com/p/BwfnH2UpjI1/

Wifiについて

引用: https://www.instagram.com/p/BwfRm5EhrIh/
ここからはシンガポールの治安で身の危険を感じた時に役立つツールや、場所についてご紹介していきます。まず、積極的に活用したいのがWifiです。シンガポールではいたるところでWifiが普及しているのでインターネットへのアクセス、Line、Facetimeなど容易にできます。何かあった時はWifiを活用し、家族、知人などとすぐに連絡を取るようにしましょう。
引用: http://1.bp.blogspot.com/-jOtb_AyzOps/Tclq9Oq_SwI/AAAAAAAAITo/heV3edJfyrI/s320/IMG_2299.jpg

日本大使館について

引用: https://imagef.navi.com/images/templates/SINGAPORE/5050814/a5bc871204cb7637_S2.jpg
日本大使館は、テロレベルの大きな事件が発生した時に一番頼りになる情報期間です。シンガポール国内にありながら、大使館内は日本の法律圏内のため、安否情報、帰国斡旋、連絡手段など様々な支援をしてくれます。普通の海外旅行ではあまりお世話になることはありませんが、治安が悪い状態になった時や、困った時には積極的に活用しましょう。また旅行ではなく、シンガポールに駐在することになる方は、シンガポール大使館へ在留届けを出すことを忘れないように注意してください。現地で何か発生した時に在留届けを出しておけば、安否確認がしやすいです。
引用: https://sinkanurse.jp/wps/wp-content/uploads/2018/10/IMG_5039-788x525-788x525.jpg

ジャパニーズクリニックについて

引用: https://www.rafflesj-clinic.com/wp-content/uploads/2016/10/img_rjc-3-300x214.jpg
治安とは直接関係ないかもしれませんが、旅行中体調を崩される方もいます。言葉ができない中で現地の病院に行っても、症状が説明できないですし、海外の病院は高額なお金がかかります。シンガポールには日本語が通じる病院、日本人が常駐している病院があります。滞在中に病気にかかってしまった場合に安心なので事前に場所を調べるようにしましょう。写真のジャパニーズクリニックはブギス駅から徒歩3分のブギス本院、伊勢丹の隣接しているShawCenterの5階にあるオーチャード分院、クラークキーから徒歩役3分の場所にあるリャンコート分院があります。
引用: https://www.instagram.com/p/BuV4y2MndJQ/

シンガポール警察について

引用: https://www.instagram.com/p/Bs4HZ0fHPm4/
普段はお世話になりたくない警察ですが、有事の際は警察には頭が下がります。シンガポールは小さい国ながら、6つの地域に警察本部が置かれ、人口約560万人に対して警察官の総数や約1万1000人です。人口に対し約2%です。この数は多いでしょうか?少ないでしょうか?日本と比較してみると、日本の警察官は数は約30万人で、人口は1億2000万人なので約2.5%警察官ということになります。日本と同じくらいが安全かどうかというとわかりませんが、世界からみて安全とされている日本と同じ規模の警察官が小さな国土にいるということから治安は守られており良いと言えます。
引用: https://www.instagram.com/p/BwZozrCJ9mY/

タクシー事情について

引用: https://www.instagram.com/p/Bur74WGnR-M/
ここからはまた、それぞれの事情について説明していきます。シンガポールのタクシーはマレーシアやタイ、インドネシアなどの同じ東南アジアの国と比べると格段に安全と言ってもいいです。シンガポールは小さい国土で時刻資源を持たないので国の発展は外資参入によるところが大きいです。外資参入に障害になることは排除されています。他の東南アジアで悩まされているのは交通渋滞です。シンガポールでは交通渋滞を緩和させるために、自家用車の台数を制限し、代わりにタクシーを普及させています。タクシーも国によって管理されており、支払いはメーター制なので、ぼったくりの注意もほとんどありません。物価が高いで有名なシンガポールですが、国策で初乗り運賃は日本の半額程度に抑えられているので気軽にのることができます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bv86kzSjIKS/

水事情について

引用: http://livedoor.blogimg.jp/singaporeclub/imgs/e/f/eff569ac.jpg
シンガポールの水事情についてですが、シンガポールは日本と同じく、水道水が飲める安全な国です。シンガポールの水資源は国土が小さいため少なく、原水をマレーシアから購入し、高度処理されています。日本でも水道水は飲めますが残留塩素の問題があるように、シンガポールも同じように残留塩素の問題があります。体に害はないとされていますが、気になる方はミネラルウォーターを飲むようにしましょう。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/biz09haru/imgs/0/d/0df2490c-s.png

銃事情について

引用: https://pbs.twimg.com/media/B6vyKNQCAAAUKKl.jpg
シンガポールの治安良いとされているのは銃規制が厳しいのも1つの良い要因です。シンガポールでは日本同様に銃規制が厳しく、一般の人が所持できるのは競技用に許可された人のみです。犯罪が他の国に比べて少ないのは銃規制が徹底的にされている賜物です。
引用: https://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_campaign/img/logo_main.png

たびレジについて

引用: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/img/paspokun.png
たびレジは冒頭で紹介した、海外安全情報と関連しているサービスで、渡航先の治安情報をリアルタイムに知ることができる便利なサービスです。仕事や海外旅行で訪れる際はぜひ利用されることをおすすめします。たびレジの良いところは、自分から情報を見に行かなくても、有事の際に自動的に携帯やパソコンのメールに渡航先の情報が送られてくることです。利用方法は簡単で、たびレジに個人情報及び、渡航期間を登録しておくだけです。個人情報の取扱いに注意が必要ですが、運営先は外務省なので情報漏えいについては最新の注意が払われているので安心だと思います。またこのサービスに登録しておくだけで、有事の際に日本政府が安否確認に動くことから心強いです。何も起こらないのが一番ですが、もしもの時のために登録されておくことをおすすめします。一度個人情報を登録しておけば、次回からは渡航国、期間だけの入力で大丈夫です。良いことしかないのでぜひ登録しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BwV4hPMDgUG/

シンガポール概要について

引用: https://www.instagram.com/p/Br10k_sAPGQ/
最後にシンガポールの概要について簡単にご紹介します。シンガポールの正式名称はシンガポール共和国で、1963年にイギリスから独立し建国したまだまだ新しい国です。国土の大きさは東京23区くらいの大きさで、人口は約560万人です。シンガポール人は中華系、マレー系、インド系で構成されており、最も多いのは中華系で約7割を占めています。世界第4位の金融センター、世界2位の港湾取り扱い量など東南アジアのビジネスの中心地です。治安だけではなくビジネス環境も良いとされており、外国企業がたくさん進出しています。
引用: https://www.instagram.com/p/Bwfrjz7BrCW/
ここまでシンガポールの治安について、良いのか悪いのか、注意が必要な点についてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。総じてシンガポールの治安は良いということがお分かりいただけたと思います。最低限の注意と困った時に頼れる場所、物を事前にインプットしておけば問題ありません。日本から近い場所にあり、時差も1時間しかないので、ぜひ次回の旅行にはシンガポールも候補に入れてみてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BwfRI74B-Xt/