Ufmcxvutzbsivalpq8ml

オランダ

CATEGORY | オランダ

【2019最新】オランダの思い出を持ち帰ろう!雑貨のお土産おすすめ9選

2019.04.23

可愛らしい町並みや風景、童話から抜け出たような伝統衣装が素敵なオランダでは素敵な雑貨のお土産が沢山あります。オランダと言えば思い浮かぶチューリップの雑貨やオランダ生まれのミッフィーなど、おすすめのオランダの雑貨のお土産をご紹介したいと思います!

  1. オランダのお土産に雑貨を買おう!おすすめをご紹介1・ミッフィーグッズ
  2. オランダのお土産に雑貨を買おう!おすすめをご紹介2・木靴の小物
  3. オランダのお土産に雑貨を買おう!おすすめをご紹介3・デルフト焼き
  4. オランダのお土産に雑貨を買おう!おすすめをご紹介4・HEMA(エマ)の雑貨
  5. オランダのお土産に雑貨を買おう!おすすめをご紹介5・せっけん
  6. オランダのお土産に雑貨を買おう!おすすめをご紹介6・Blond Amsterdamの雑貨
  7. オランダのお土産に雑貨を買おう!おすすめをご紹介7・Dille & Kamilleの雑貨
  8. オランダのお土産に雑貨を買おう!おすすめをご紹介8・チューリップグッズ
  9. オランダのお土産に雑貨を買おう!おすすめをご紹介9・マグネット
  10. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/BwW99CrHZ91/
ビタミンカラーのオレンジ色がイメージカラーで、日本でも大人気のキャラクター「ミッフィー」。 ミッフィーはオランダ第4の都市、Utrecht/ユトレヒトで1955年の6月に誕生しました。作家の名前はディック・ブルーナ、丸い可愛らしい目とバッテンで書かれた口が特徴ですね。 ディック・ブルーナがミッフィーを生み出したユトレヒトには、Nijntie Museum/ミッフィーミュージアムがあり、街にはミッフィーのモニュメントがあり、なんとパブリックの信号機までミッフィーなんですよ! ヨーロッパの可愛らしい街並みとオレンジ色のミッフィーカラーがマッチして、ユトレヒトの街全体がふんわりと優しいミッフィーの色に染まっており、どこで写真を撮ってもSNS映えしそうなのが嬉しいですね。 可愛らしいミッフィーの街並みを楽しんだら、ぜひミッフィーのお土産雑貨も探してみてくださいね! オランダで有名なデルフト焼きの陶器とコラボしたミッフィーのシックな置物や、王道のぬいぐるみ、可愛らしいキーホルダー、ばらまきにも便利なステーショナリー、チューリップ柄のついたミッフィーのグッズなど、日本では見つけられない、あらゆるミッフィーグッズがオランダでは見つかりますよ!
引用: https://www.instagram.com/p/Bl3t8OThaYh/
引用: https://www.instagram.com/p/Bt8kuIwluoU/
オランダの伝統的なお土産と言って思い浮かぶのが可愛らしい「木靴」です。 木靴は、オランダの歴史を物語る上でとても重要なポイントを握る履物となっており、オランダ最古の木靴は、なんと約700年前の13世紀にまで遡ることが出来るそうです。 木をくり抜いて作られた継ぎ目等の無い木靴は、低湿地帯のオランダの気候に合わせた作りになっているんです。 素材が木100%ですので、水に接触すると靴本体が膨張して冷たさから素足を守る働きがあり、農業の作業時に、ガーデニング用に、釣りなどの水に触れる機会があるアクティビティには欠かせない靴として長期間にわたり用いられてきた実用品です。 保温効果のある長靴などが広く普及した現在では、主に木靴は観光客がお土産として買うのがメインとなっており、見た目も可愛らしくカラフルな色使いでオランダのチューリップや街並みの絵が描いてある物など多種多様なデザインが揃います。 大きめサイズの木靴であれば壁に飾ったり、面白いところでは足を入れる部分を小物入れにしたり、小さな物はキーチェーンとして使ったりなど用途によって選べるのも嬉しいですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BwJk-VhAG7C/
引用: https://www.instagram.com/p/BhJpRDfg4po/
濃青の深い色味と白地が特徴のオランダの陶器「Delfts blauw/デルフト焼き」は、オランダに今も伝わる伝統工芸品のひとつとなっておりお土産としても大人気となっています。 生成りの白地に映える「デルフトブルー」と呼ばれる青い塗料で模様をつけ、シックに焼き上げるデルフト陶器はオランダのみならず周辺ヨーロッパ諸国でも人気が高く熱心なコレクターもいるほど。 高級品を作成している工房などは、専属の絵付師によってハンドメイドで丁寧に絵付けを施されている場合もあるんですよ。 どうしても陶器なので、お土産として海外で購入する場合に「割れやすい、壊れやすい」という心配がありますが、大きなお皿などではなくても割れにくい大きさの小物やデルフト焼きのアクセサリーなども揃っているので探してみると良いですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BsfluxHnJnT/
引用: https://www.instagram.com/p/Bwh8h5llLwV/
「HEMA/エマ」とは、オランダ国内で最もポピュラーな雑貨店となっており、アムステルダムの街中で見かける赤いロゴの看板が目印となっています。 フラッグショップなどの大型の路面店舗はもちろん見ているだけでも楽しいですし、ショッピングセンター内にも小さな店舗がテナントとしても入っていることも多く、気が付いたときに覗いてみるのも良いですね。 HEMAでは、可愛らしくポップなキッチンツール類、ステイショナリー、食器類、コスメティックなどの雑貨が取り揃えられており、他にもばらまきのお土産にもぴったりな小さな小分けのお菓子など、見ているだけで楽しい可愛らしいものが一つのお店で買えるのが嬉しいポイントです。 大型店では、雑貨ショップの中で軽食が食べられたりお茶ができるカフェも併設されていますので、実際にHEMAの食器などを使って試すことも可能です。
引用: https://www.instagram.com/p/BwjB9LclENg/
引用: https://www.instagram.com/p/BwSKACsAIq_/
アムステルダムにはいくつもハンドメイドの石鹸やバスグッズなどが買えるショップがあり、その多くなオーガニックにこだわってオリジナルの石鹸を作っているお店です。 街歩きをしていてふと目についた石鹸屋さんに足を踏み入れると、店内はふんわりとアロマの香りに包まれて一瞬で幸せな気分になりますね。 また店内の壁や棚にディスプレイしてある華やかでカラフルな石鹸も可愛らしく、女性へのお土産にもピッタリです。 ハンドメイドの石鹸の他にも、バス用品、ボディケア用品なども取り扱いがあるお店も多く詰め合わせにしてラッピングをお願いすればスペシャルなギフトになりそうですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BiXg7YggH2A/
引用: https://www.instagram.com/p/Bwe7iQvnr51/
アムステルダムを中心に展開している「Blond Amsterdam/ブロンド・アムステルダム」は、おしゃれな雑貨が買えるとで大人気のお店です! 地元のオランダ人のファンも多い雑貨ブランドなのですが、実はこちらの雑貨は海外のセレブ達からも人気があり、SNSなどでもよく紹介されているんです。 人気の秘密は「とびきりキュートでHAPPYなイラスト!」をコンセプトとしたデザインの数々です。 グリーティングカードやマグカップや、インテリア雑貨などどれもポップで可愛らしく、ものによっては自分の希望を伝えて「名入れ」などのカスタマイズできる商品もあるのでチェックしてみてくださいね! また、お土産として嬉しいのは、多くの雑貨に「オランダらしさ」をイメージし、チューリップや風車、チーズなどをデザインしたものが多いところです。 可愛らしいチューリップの柄のカップとソーサーセットなど、親しい人へのお土産にピッタリですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BvUA0C_BaDh/
引用: https://www.instagram.com/p/BwRDiVJnNCx/
オランダとベルギーの2国で展開している「Dille & Kamille(デイル&カミーユ)」は、最先端が楽しめるおしゃれな雑貨屋さんとして知られています。 こちらのお店には、バス用品、キッチン用品、紅茶、お菓子、ガーデニンググッズなど多種多様な雑貨アイテムが取り扱われており、そのデザインのどれもが、シンプルで大人が使いやすい素敵な物ばかりなんです。 雑貨店の取り扱いとは思えないほど種類が豊富にそろえられた紅茶の葉やスパイス類などは、全て店内で香りを試せますので自分用のお土産に色々な種類を買いそろえたくなりそうです。 キッチン用品は清潔感あふれる白を基調としたなものが多く、自分用にも欲しくなる可愛らしさなんですよ。 ガーデニンググッズのお買い物は問題ありませんが、店頭で売られている観葉植物は検疫の問題がありお土産には出来ませんのでご注意ください。
引用: https://www.instagram.com/p/BwYpW8dHkkg/
引用: https://www.instagram.com/p/BvDEollBVRp/
オランダと言って思いつくのは、風車、チーズ、アムステルダムの喧噪などいろいろとありますが、やはりチューリップもオランダの重要なアイコンの一つです。 春が来ると風車が見えるお花畑に色とりどりのチューリップが咲き乱れる風景は、私たちが子供の頃に絵本や童話の中で見ていた世界観そのままです。 そんなオランダのチューリップモチーフは、色々な雑貨やお菓子となってオランダのスーベニアショップや空港、マーケットなどで売られています。 イラストにしても分かりやすいチューリップは、女性はもちろんお子様へのお土産にもピッタリですね。 おすすめはチューリップの形をしたペンで、一見造花のようですが、実は茎の先がペンになっていて、メモの横に1輪挿しに挿して飾っておけばまるで花がいけてあるかのようです。 また、空港などでは検疫を通過しているチューリップの球根も売られています。 これならば、植物をお土産として日本に持ち帰れますのでおすすめです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bv1EquOFA9P/
引用: https://www.instagram.com/p/BfLvPnsnUbf/
可愛らしい形の小さなマグネットは、ホワイトボードにくっつけたり冷蔵庫にくっつけたりと、いくつかあると部屋やキッチンを和ませてくれ、また旅を思い出す可愛らしいツールになりますね。 オランダで売られているマグネットは、ゴシック様式のオランダの家や、木靴、チューリップに丸いチーズなどまとめ買いしたくなるような物ばかり!値段も手ごろでばらまき土産にもピッタリです。
引用: https://www.instagram.com/p/BlDTonoBRgH/
引用: https://www.instagram.com/p/BuIVyjjlMeY/
いかがでしたか? 素敵な雑貨が買えるオランダでは、観光しながらのショッピングも大きな旅の楽しみですね。 次のオランダ旅行では、可愛いオランダ雑貨を見つけてみてくださいね!
引用: https://www.instagram.com/p/BwJOspWlT1Q/