Xt1dbmhfnmeh0ocjgfzy

トルコ

CATEGORY | トルコ

【2019最新】厳選!トルコのお菓子のお土産おすすめ10選!ロクムやチョコなど

2019.04.25

アジアとヨーロッパの文明が交差するトルコ。そんなトルコにはたくさんのお菓子があり、お土産にもおすすめです。チョコレートなどのメジャーなものから、ロクムなどの珍しい伝統菓子まで幅広いラインナップの中、お土産におすすめなお菓子を10点ご紹介していきます。

  1. 厳選!トルコのおすすめお菓子お土産①ハルヴァ
  2. 厳選!トルコのおすすめお菓子お土産②ピシュマニエ
  3. 厳選!トルコのおすすめお菓子お土産③バクラヴァ
  4. 厳選!トルコのおすすめお菓子お土産④チョコレート菓子
  5. 厳選!トルコのおすすめお菓子お土産⑤ロクム
  6. 厳選!トルコのおすすめお菓子お土産⑥ドライいちじく
  7. 厳選!トルコのおすすめお菓子お土産⑦ポテトチップス
  8. 厳選!トルコのおすすめお菓子お土産⑧ピスタチオ
  9. 厳選!トルコのおすすめお菓子お土産⑨ストーンチョコレート
  10. 厳選!トルコのおすすめお菓子お土産⑩ロクマ
  11. 厳選!トルコのおすすめお菓子お土産 まとめ
さっくりふんわり口の中で甘く溶けるトルコの蜜飴ハルヴァ。この小麦粉と砂糖でできた伝統的なお菓子は、米原万里さんのエッセイ集「旅行者の朝食」の中でも紹介され、そのあまりの美味しそうな描写にわざわざ求めに行く旅行者もいたほど。穀物や、タヒンというゴマペーストやヒマワリの種を元にしたものに、チョコレートや果物、ナッツなどを混ぜて、はちみつや砂糖で固めた、伝統菓子なんです。トルコでは「ヘルワ」と呼ばれることも。サクサクした食感がたまりません。口の中でじんわりとけていく感じも癖になります。一度食べ始めると止まらなくなってしまう人続出です。 なんと紀元前5世紀に誕生し、アフリカやアジアを巡って、バングラデシュからモロッコまで広い地域に伝わっていき、少しずつ形を変えていったそう。今ではトルコの街角にハルヴァ専門店ができるほどメジャーなお菓子になっています。お祝い事やお葬式の日などにふるまわれていたそうです。 たくさんのメーカーから出ていて、味や種類も豊富なので、吟味してチョイスできるのも楽しいですね。
引用: http://www.luckyfrog.com/kakogura/photo2008/20080831_059.jpg
アラビアやアジアにある伝統的なお菓子がピシマニエです。綿あめのような、毛糸のような、エキゾチックで不思議な外観が興味をひきますね。お土産として渡しても、まずそのルックスで盛り上がりそうなお菓子です。 バターと小麦粉で作られたこのピシマニエ。ふわふわの中にもしゃりしゃりとした食感で、ほのかにバニラの甘みがくせになると人気です。 値段もリーズナブルで重量が軽いので、持ち運びも楽です。
引用: https://image.rakuten.co.jp/kilims/cabinet/05/cot250img.jpg
バラクヴァは、トルコのお菓子でも代表的なもので、定番中の定番です。16世紀からトルコの史実に登場するこのお菓子は、地中海周辺や中東でも人気があるそうです。 殻粉やバターや卵やショートニングなどを焼いて作ったペストリーを何層にもして、間にピスタチオやクルミなどのナッツ類を挟んでパイのように焼き上げ、甘くて濃いシロップをかけたものです。中に入る具材の種類などによっても味が変わってきます。チョコレートが入った生地や、上にナッツをのせたり。シロップにはレモン果汁が入れられることもあり、本当にバリエーションが豊か。トルコではバラクヴァ専門店がいくつもあって、とても美味しいと評判です。 老舗の「カラキョイギュッルオール」などが有名で、シロップが少なめの観光客お土産向けのバラクヴァも売られています。 じゅわっと口の中に広がる密はとても甘く、癖になるとしょっちゅうこの激アマなバラクヴァが食べたくなるそうなので要注意ですね。
トルコのスーパーでは、安くて気軽に買えるチョコレート菓子がたくさん売られています。個包装になっているので、ばらまき用にいかがでしょうか。これはオレオのようにビスケットの中にチョコレートが挟んであるタイプです。
こちらはトルコでは有名なウルケル社のウエハースチョコです。サクサクのウエハースとチョコが相性ばっちりです。
トルコのお菓子と聞くと「ロクム」というほど定番のお菓子です。日本でいうところの和菓子のような存在で、英語ではTurkish Dekight(ターキッシュデライト)と呼ばれているこのロクムは、お砂糖に、澱粉(コーンスターチなど)、ピスタチオやヘーゼルナッツ、アーモンドやココナッツ、クルミ、などのナッツ類に澱粉を混ぜて固めたものです。ロクムは、15世紀オスマントルコ時代の初期から数百年もの歴史を持つ、トルコを代表する伝統菓子なのです。 イギリスのC.Jルイスが書いた児童文学の名著「ナルニア国物語」にも、子供たちを誘惑する「欲望のお菓子」としてこのロクムが登場しています。
たくさんのメーカーから出されているロクム。色も様々で、こんな可愛らしい色合いのものもありますよ。日持ちもするのでロクムはお土産にぴったりのお菓子です。 弾力があってもっちりとしたロクムの食感が癖になりそうです。現地ではトルココーヒーと一緒にロクムをいただくそうで、トルココーヒーと一緒にお土産にしても喜ばれそうですね。
空気に長くふれるともちもち感がなくなり固くなってしまうので、このようにしっかりとパッケージされたものを選ぶことをおすすめします。このように箱詰めされたものは長期保存がきくので、お土産に最適なんです。パッケージもカラフルでかわいくて、女子にも喜ばれそうですね。
トルコではいちじくは「聖なる果実」として大切にされています。干すとやわらかに甘みが凝縮されて、ビタミンや食物繊維が豊富なドライいちじくは、おやつとしても朝食としても人気。日持ちもするのでお土産に最適です。ねっとりとした食感がはまりそうですね。
個包装されたものも売られています。ばらまき用によさそうですね。
トルコでも、スナック菓子は人気です。ご当地ポテトチップスもお土産におすすめです。 こちらはトルコ限定ケバブ味のポテトチップスです。
引用: https://tokuhain.arukikata.co.jp/istanbul/assets_c/2016/08/FullSizeRender_3-thumb-autox801-223201.jpg
トルコの有名な飲料メーカー「ドウシュ」のポテトチップス。ケチャップの味がして少し辛い味です。
ロクムやハルヴァなど、これまでご紹介したトルコのお菓子にさんざんナッツ類が使われてきたのをみてもわかるように、トルコではナッツが豊富です。その中でもピスタチオはおすすめで、お土産としても人気です。 ピスタチオの生産量はアメリカやイランに次いで世界三位というトルコ。良質で美味しいピスタチオがたくさん売られています。
入れ物もかわいいですね。これは喜ばれそうです。
トルコのお土産に、見た目もカラフルでかわいいストーンチョコレートはいかがでしょう。これは、ドライフルーツにチョコレートがけした人気の品です。
様々な味のストーンチョコレート。セサミやシナモン味。 トルコでは、ストーンチョコレートにドライフルーツを混ぜて売られていることが多いそうです。
「一口」という意味を持つこのロクマというお菓子は、一口サイズの、トルコの揚げドーナツのようなものです。その上にたっぷりシロップがかかっていて、とても甘いお菓子です。これもトルココーヒーが必須ですね。 揚げてから時間が経って冷えていても、少しカリッとした食感が残っているのが不思議。シロップをかける量が絶妙だそうで、すっかり中までひたひたにはなっていないのがポイントです。 もちろん、焼き立ての味は最高なので、トルコ旅行に行かれた際はぜひ屋台で出来立てを味わってみたいですね。
トルコ人は無類のお菓子好き。たくさんの種類のお菓子が町中で売られています。今回、伝統菓子やチョコレート、ドライフルーツといった、トルコのお菓子お土産を厳選してご紹介しました。日本に持って帰っても、「こんなお菓子は初めて!」という珍しいものが多いので、話題になりますし喜ばれること間違いなしです。ぜひお土産に選んでみてくださいね。