Yyuvuv2hz6jugshrwrja

中華人民共和国

CATEGORY | 中華人民共和国

【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!

2019.04.26

世界一物価が高い都市とされる香港。実際のところはどれくらいなのでしょうか?ここでは香港の物価事情をご紹介しましょう。水やビールの価格、交通費、食事代、宿泊費などいろいろな物価をご紹介しますので、これから香港旅行を計画している人は是非参考にしてくださいね。

  1. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!①世界一生活コストが高い都市・香港
  2. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!②香港の物価が上昇し続ける理由は?
  3. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!③香港で使われている通貨とレート
  4. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!④交通:八達通(オクトパスカード)について
  5. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑤交通:MTR
  6. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑥交通:トラム
  7. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑦交通:路線バス
  8. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑧交通:タクシー
  9. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑨交通:昂坪360
  10. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑩食品:水・コーラ・ビール
  11. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑪食品:生鮮食品
  12. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑫食品:カップ麺・お惣菜
  13. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑬外食:ローカルレストラン
  14. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑭外食:高級レストラン
  15. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑮外食:屋台のお店
  16. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑯外食:マクドナルド
  17. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑰外食:スターバックス
  18. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑱宿泊:ホテル
  19. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑲宿泊:ドミトリー
  20. 【2019最新】世界一物価が高い!?香港の物価事情を徹底ガイド!⑳宿泊:民泊(airbnbなど)
  21. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/BwotZ8shh2i/
香港と言えば世界的な金融都市であり、世界一物価が高い都市とされています。イギリスの経済誌『Economist』が発表した「世界生活費調査2019」では、香港が堂々の第1位にランクイン。これは世界133の都市を対象として食料品や日用品、交通費など複数の項目に渡って調査行い、ニューヨークの物価を基準に計算されたものです。
引用: https://www.instagram.com/p/BwqezZcHmG8/
2018年の調査では香港は第4位でしたが、その後物価の上昇を続け2019年にはついに第1位にランクインしました。ちなみに日本の都市では大阪の第5位が最高位。この結果から日本の物価より香港の物価の方が高いと言うことができるでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BwpsYlgH2SO/
現在も物価が上昇し続けている香港ですが、何故そんなに物価が上昇しているのでしょうか?その大きな原因の1つが、中国人による爆買いです。香港では海外での所得や投資・株式による収入には税金がかかりません。不動産や車を購入する際の税率も低く、消費税もありません。香港はいわゆるタックスヘイブンなのです。その香港の税率の低さに目をつけたのが中国本土の富裕層たちです。
引用: https://www.instagram.com/p/BwovRVXHOA0/
カレラはとくに投資あるいは投機を狙って、香港にある不動産の買い占めをはじめました。結果として香港の不動産価格は上昇。香港の物価の中でも、とくに居住費やホテル宿泊費などが高騰することになりました。その後政府による課税措置などが導入され、今では少し落ち着きを取り戻しましたが、それでも香港の物価は上昇し続けています。
引用: https://www.instagram.com/p/Bwo2sUBpQqn/
現在香港で使われている通貨は、香港ドルです。現時点(2019年4月25日)でのレートは1香港ドル約14円となっています。当然ながら香港ドルは、中国本土で使われている人民元とは違うもの。例えば香港の中心部から中国広東省深圳までは2時間もあれば行くことができますが、深圳で香港ドルは使えません。
引用: https://www.instagram.com/p/BtKs1skFzhd/
逆に香港で人民元を使うこともできません。香港と深圳の両方に行く人は両替が必要となりますのでで気をつけましょう。なおこの記事では1香港ドルを約14円で物価を計算します。また香港ドルをHKDと表記します。
引用: https://www.instagram.com/p/BwkNxDRggCC/
最初に香港の交通費についてご紹介しますが、その前に八達通(オクトパスカード)について少し説明します。八達通は、日本で言うところのSuicaにあたるカード。MTR、トラム、路線バスで使うことができます。小銭を用意する手間が省けますし、チャージ式なのもSuicaと同じです。
引用: https://www.instagram.com/p/BwgtqWvj9Mm/
また八達通を使うと乗車料金が少し割安になるのも嬉しいポイント。八達通の値段は大人150HKD(約2100円)、子供70HKD(約980円)です。そのうち50HKD(700円)がデポジットとなっています。もし3ヵ月未満で八達通を返すのであれば、デポジットから手数料(9HKD、約126円)を差し引いた金額が返金されます。
引用: https://www.instagram.com/p/BwqUrdCndsu/
ここから香港の交通費についてご紹介します。まずは香港MTRの料金です。MTRとは簡単に言えば地下鉄のこと。MTRの路線は香港中に張り巡らされています。そのため香港での移動はMTRを利用するのが最も便利です。初乗りは大人4.5HKD(約63円)、子供3HKD(約42円)。日本の地下鉄よりずっと安いですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BwZTLloHrsp/
初乗り料金自体は八達通を使っても変わりませんが、長い距離を乗れば乗るほど全体の料金は安くなります。例えば普通チケットでは尖沙咀からディズニーランドまで大人23.5HKD(約329円)、子供12HKDドル(約168円)ですが、八達通を使うと大人20.8HKD(約291円)、子ども10.5HKD(約147円)と安くなります。
引用: https://www.instagram.com/p/Bvv9z5BgivO/
次にトラム(路面電車)の運賃についてご紹介します。香港ではなんと2階建てのトラムが走っています。日本に2階建てのトラムはありませんが、香港ではこれが普通。しかも香港のトラムはいろいろな広告が描かれていて見た目もGOOD。カラフルなトラムが街中を走る風景は、香港ならではのものを感じさせてくれます。
引用: https://www.instagram.com/p/BwoU6ylgjxU/
トラムの運賃は、大人2.3HKD(約32円)、子供1.2HKD(約17円)、65歳以上は1.1HKD(約15円)になります。しかも香港のトラムはどこまで乗っても料金が変わりません。トラムは香港島でしか走っていませんが是非乗ってみましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BwoI52YASgO/
次にご紹介するのは路線バスの乗車料金です。路線バスには普通のバスや2階建てバス、ミニバスなど種類がいくつかあり、それぞれで乗車料金が異なります。さらに乗車する距離によっても料金が変わります。MTRの料金よりもやや安いのが一般的なようです。
引用: https://www.instagram.com/p/BwTTM_ZpOog/
ただ路線が多くて複雑にからみあっていますので、香港に慣れている人じゃないと乗車するのは少し難しいかもしれません。でも乗りこなせればとても便利ですので、チャンスがあれば是非乗ってみましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bkmrygigi--/
次にご紹介するのはタクシーです。タクシーの初乗り運賃は、2㎞で19~24HKD(約266~336円)となります。深夜割増はありませんので、夜でもどんどん利用しましょう。ちなみに香港では各地区によって赤、青、緑で色の違うタクシーが走っています。運賃にそれほど違いはありませんが一番安いのは青、高いのは赤のタクシーとなっています。
引用: https://www.instagram.com/p/BwgZ8s6niZ-/
日本のタクシーと比べてかなり安いですし、複数人で乗車してワリカンすればもっとお得に乗車することができますよ。ただ香港島~九龍半島を結ぶ海底トンネルを通ると、運賃にプラスアルファの料金が加算されますので気をつけましょう。通貨する海底トンネルの種類にもよりますが、10~45HKD(約140~630円)が加算されるとみておいてください。
引用: https://www.instagram.com/p/BjUeHwXBRjb/
次にご紹介するのは、昂坪(ゴンピン)360の乗車料金です。昂坪360は全長5.7㎞の観光用ロープウェイ。香港島の西側にあるランタオ島の東涌~昂坪の間を運行しています。東涌を出発して約20~30分で昂坪に到着です。乗車料金は標準車(普通のケーブルカー)と水晶車(床がガラスでできたケーブルカー)により異なります。
引用: https://www.instagram.com/p/BwBLCnMBIp_/
標準車の往復チケットは大人235HKD(約3290円)、子供110HKD(約1540円)、片道チケットは大人160HKD(約2240円)、子供75HKD(約1050円)。水晶車の往復チケットは大人315HKD(約4410円)、子供190HKD(約2660円)、片道チケットは大人215HKD(約3010円)、子供135HKD(約1890円)です。香港島の景色がよく見たい人には是非おすすめ。とくに水晶車からの眺めは素晴らしいですよ。なお八達通は使えませんので注意しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BnqMMuoA3ir/
ここからは食品の物価をいろいろご紹介します。まずは水やコーラ、ビールの物価です。香港の水道水はあまり安全ではありませんので、出来れば市販の水を買って飲むようにしましょう。スーパーマーケットでは1.5lの水がだいたい15.5HKD(約217円)で購入できます。コンビニで売られている500mlの水は6~10HKD(約84~140円)です。
引用: https://www.instagram.com/p/4nlX_AyuHU/
コーラはペットボトル1本6.75HKD(約95円)、青島ビールは1缶(350ml)7~9HKD(約98~126円)となっています。ちなみに香港で販売されている水には蒸留水とミネラルウォーターの2種類があります。ミネラルウォーターよりも蒸留水は価格が安め。味や成分にこだわらないのなら蒸留水で十分でしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BrmiakInXMS/
次にご紹介するのは、野菜や果物、卵など生鮮食品の物価です。香港のスーパーマーケットにもいろいろな野菜が売られていますが、だいたい価格の相場は5~17HKD(約70~238円)。果物もいろいろ売られていますよ。例えば南国香港ならではの果物・ドラゴンフルーツは1つ5HKD(約70円)、キウイフルーツは1つ2.5HKD(約35円)程度です。
引用: https://www.instagram.com/p/BwcUMKenTJ3/
オーストラリアから輸入されたオレンジは1つ5HKD(約70円)程度。卵は1パック10個入りで20HKD(約280円)です。これは日本よりもやや高めですね。他には鶏むね肉は1㎏80HKD(約1120円)、チーズは1㎏140HKD(約1960円)程度となっています。
引用: https://www.instagram.com/p/BwkPySAlpd8/
次にご紹介するのは、カップ麺やお惣菜などの加工食品です。ちょっとお腹がすいたときの食事にカップ麺やお惣菜はとても便利。スーパーマーケットで手軽に購入できるのも嬉しいポイントでしょう。カップ麺の価格の相場は7~9HKD(約98~126円)程度です。
引用: https://www.instagram.com/p/Bs1CFUjg5KN/
お惣菜もいろいろ種類がありますよ。例えば焼きそばが19HKD(約266円)、コロッケが1個17HKD(約238円)で購入可能。他にもチャーシューやサラダ、魚の皮のフライなど美味しそうなお惣菜がいろいろ販売されています。
引用: https://www.instagram.com/p/BwbGnjDhY2j/
ここからは食事編ということで外食の物価についてご紹介します。まずローカルレストランでの食事代です。香港には安くて美味しいローカルレストランがたくさんあります。パンや目玉焼きなどがついた朝の食事セットは30HKD(約420円)前後。
引用: https://www.instagram.com/p/BwqsJSQnpaV/
焼きそばなどの麺料理なら30~40HKD(約420~560円)程度です。また飲茶の食事代は、1籠がだいたい18~20HKD(約252~280円)となります。1籠18~20HKDはとても安いですね。複数人でワリカンすればもっと安く食べられます。ローカルレストランでの食事をいろいろ楽しんでくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BqoU4lCF_3N/
次にご紹介するのは、高級レストランでの食事代です。高級レストランにもいろいろありますが、ミシュランの星付きレストランでの食事代は1人につき700HKD(約9800円)以上、やや安めのお店なら1人につき500HKD(約7000円)以上はかかると考えて間違いはないでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BwhPDZwnxOI/
ローカルレストランの食事も美味しいですが、たまには高級レストランで贅沢に食事をするのも良いのではないでしょうか?夜景を見ながら食事ができるお店もありますので、是非行ってみましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BwqmMOQBXb3/
次にご紹介するのは、屋台での食事代です。香港では屋台のことを大排檔(ダイパイトン)と呼びます。香港の食事は美味しいと評判ですが、屋台グルメも種類が豊富でとても美味しいですよ。
引用: https://www.instagram.com/p/BvY3lQOn8QP/
例えば厚切りの鶏の照り焼きがのったチキンご飯は45HKD(約630円)、焼き鳥なら1本3HKD(約42円)程度で食べられます。他にもチャーハンや海鮮料理、香港焼きそばなど種類豊富な屋台がありますよ。食べ歩きながら屋台グルメを楽しみましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BpdYaczl9br/
次にご紹介するのは、マクドナルドの価格です。日本でもお馴染みのマクドナルドですが、香港にもたくさん店舗があります。香港ならではのメニューもいろいろありますよ。ここではマクドナルドの代表的なハンバーガー・ビッグマックの価格を比べてみましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BkZi8bOh7NK/
日本のビッグマックは390円。対して、香港のビッグマックは20HKD(約280円)です。香港のビッグマックの方が少し安いですね。他にもチーズバーガーセットなど香港マクドナルドでの方が安いメニューがいろいろありますので、お得に食事を楽しんでみましょう。ちなみに香港のマクドナルドでは八達通での支払いが可能です。
引用: https://www.instagram.com/p/BvmMLWIpq8_/
次にご紹介するのは、スターバックスの価格です。スターバックスもたくさんの店舗が香港にあります。日本のスターバックスのように季節に応じた期間限定メニューもありますよ。香港スターバックスの価格は、まず本日のコーヒーが26HKD(約364円)。カフェラテやカプチーノなどコーヒー系のドリンクが29~41HKD(約406~574円)となっています。
引用: https://www.instagram.com/p/BvVC1lTHxKs/
他にはフラペチーノ系が34~39HKD(約476~546円)です。日本のスターバックスと価格にそれほど大きな違いはありません。これなら安心して利用できそうですね。なお香港のスターバックスにはショートサイズはありません。一番小さいものでトールサイズになります。
引用: https://www.instagram.com/p/BwqQlw3A-IG/
ここからは宿泊費についてご紹介しましょう。まずはホテルの宿泊費です。ホテルと言ってもランクによって宿泊料金は異なります。誰もが知るような高級ホテルの宿泊料金はだいたい1泊2000~4500HKD(約28000~63000円)、チェーン店など中級ランクの宿泊料金は1泊500~1000HKD(約7000~14000円)となります。ちなみにここでご紹介する宿泊料金はオフシーズンのもの。
引用: https://www.instagram.com/p/BwidL3GHEz_/
ハイシーズンにはもっと料金があがるでしょう。先に香港では不動産価格の高騰がホテルなどの宿泊料金を押し上げていることを書きましたが、確かに宿泊料金は安いとは言えません。香港での宿泊には、日本と同じくらい、あるいはそれ以上の料金ががかかってしまうでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BQaiB_CBwLp/
次にご紹介するのは、ドミトリーです。ホテルと同様、ドミトリーの宿泊料金も安いものから高いものまでいろいろ。一番安いもので1泊80HKD(約1120円)ほどになります。ただ安いドミトリーは、衛生面に不安があったりセキュリティがしっかりしていなかったりすることもしばしばです。
引用: https://www.instagram.com/p/BwV2HMJAZKR/
新しい建物で清潔なドミトリーは、もう少し料金があがります。1泊だいたい180HKD(約2520円)です。日本にあるゲストハウスとそれほど変わらない料金ですね。これでドミトリーの周囲に美味しい食事ができるお店があれば最高。長期滞在にもピッタリでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BnAAfPHFP3p/
次にご紹介するのは、民泊です。ここではairbnbの宿泊料金をとりあげましょう。宿泊するエリアや時期にもよりますが、airbnbに掲載されているものでは、だいたい1泊10000円前後の物件が多くみられます。ただなかには10000円未満の物件や3000~5000円代の物件もありますので、いろいろ探してみましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bm__7B5l8Cx/
香港の中心部から少し遠くても、それはそれで香港の郊外をよく知るチャンスになるかもしれませんよ。またいつairbnbに新しい物件情報が掲載されるかはわかりませんので、こまめにサイトをチェックするのをおすすめします。ちなみに長期休暇の前は新しい物件が掲載されやすいですよ。
引用: https://www.instagram.com/p/BwjR_2sHykw/
ここでは香港の物価事情をご紹介しましたが、いかがでしたか?水や交通費、宿泊費など日本の物価と変わらないものもあれば高いものもありましたね。ただ世界一物価が高い都市とは言え、とんでもなく高いというわけではありません。十分旅行が楽しめる範囲の物価ではないでしょうか?計画をしっかりたてて、香港旅行を是非満喫してきてくださいね。