Orykfw9dfjln9zzavwy4

カナダ

CATEGORY | カナダ

【2019年最新】カナダの治安徹底解説!良い?悪い?注意すべきこともご紹介!

2019.04.29

日本からも旅行者や留学生などが多いカナダ。カナダは自然溢れてのどかなイメージですが、実際のところカナダの治安は良いのでしょうか?悪いのでしょうか?今回はカナダの治安についての情報や、カナダの滞在で注意すべきことも併せてご紹介していきます。

目次

  1. カナダの治安情報<カナダで多い犯罪>①置き引きやスリ
  2. カナダの治安情報<カナダで多い犯罪>②性犯罪
  3. カナダの治安情報<カナダで多い犯罪>③薬物
  4. カナダの治安情報<カナダで多い犯罪>④車上荒らし
  5. カナダの治安情報<都市別治安情報>①トロント
  6. カナダの治安情報<都市別治安情報>②オタワ
  7. カナダの治安情報<都市別治安情報>③バンクーバー
  8. カナダの治安情報<都市別治安情報>④モントリオール
  9. カナダの治安情報<都市別治安情報>⑤ナイアガラ
  10. カナダの治安対策①所持品に気を付ける
  11. カナダの治安対策②安易に誘いに乗らない
  12. カナダの治安対策③夜遅くに出かけない
  13. カナダの治安対策④人気のないところを避ける
  14. カナダの治安対策⑤車に物を置いておかない
  15. カナダでトラブルに遭ったらどうする?
  16. カナダの治安以外の注意点①気候
  17. カナダの治安以外の注意点②チップ
  18. カナダの治安以外の注意点③喫煙
  19. カナダの治安以外の注意点④お買い物
  20. カナダの治安以外の注意点⑤飲酒
  21. まとめ
Xcdj0v1mdnzhxczj0kub
引用: https://www.instagram.com/p/Bwj3BUepvUf/

全般的に治安の良いカナダで、特に観光客や留学生でよく起こる犯罪トラブルとして多いのが、置き引きやスリなどの軽犯罪です。空港やホテルのチェックイン時、ちょっと荷物手を離して手続きに集中している間に盗難にあってしまうなんていうこともあります。

Isrq0irntci1qvegbapw
引用: https://www.instagram.com/p/BwoPAUKB3Xd/

レストランなどで席を確保するために荷物を机やイスに置いて、トイレに行ったり、何かを取りに行ったりするのはつい日本だとやってしまうことですが、カナダでは人がいないところに物が置いてあったら、それが場所取りだとは解釈されません。学校や図書館であっても、置き引きに合うケースが発生しているのです。また、治安の良い日本ではバスや電車で居眠りする方もよく見かけますが、外国では言語道断。カナダでも、無防備に居眠りはしないようにしましょう。

Pa3qqrc8xvfelbzpshrx
引用: https://www.instagram.com/p/Btt48RnDjY1/

カナダへ女性1人で旅行したり、留学するケースも多いかと思います。時々ニュースでも報じられるように、海外では特に身の安全に注意しなければなりません。カナダでも若い女性を狙った性犯罪も発生しています。

B6l7ika7urhaqc82a3yn
引用: https://www.instagram.com/p/BNLzQdojkLE/

英語を教えてあげる、道を案内してあげる、など親切を装い声をかけ、車や家に誘われ、性被害にあってしまったケースもあるようです。カナダ人は親切な人が多いですが、良い人ばかりではありません。見知らぬ男性には容易について行かないこと、知っている人でも、密室で2人きりにならないようにしましょう。また、被害者は女性だけではありません。男性でも十分用心するようにしましょう。

Xbmzedhngbavjwgoyv3j
引用: https://www.instagram.com/p/BpFcY-KlJe6/

カナダでは、2018年10月17日より、大麻の使用が合法化されており、18歳以上であれば、合法的に30グラムまでの大麻を所持したり、他人と共有することが可能となっています。広場で堂々とマリファナを楽しむ「マリファナデー」もあるほどです。

Ie5mw945okbycsvklxbk
引用: https://www.instagram.com/p/BwhdlwBHR9B/

大麻は合法ですが、ドラッグ中毒となった人が、より強い他のドラッグに手を出したりなどして、犯罪に関わりそれに巻き込まれるというケースが考えられます。日本においては、ご存知の通り、大麻の所持や譲渡は違法となっています。回外で使用された場合でも適用されることがありますので、日本からの観光客や留学生も、カナダでも大麻に手を出さないよう、総領事館から注意喚起が出ています。ドラッグがよく使われているようなクラブや怪しげな場所には近づかないようにしましょう。

1 / 7