Ardg1gb20d7mcnof6s22

ハンガリー

CATEGORY | ハンガリー

【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?

2019.04.29

治安は海外旅行で気になることの1つ。ハンガリーはヨーロッパでは治安が良い方と言われてます。でも実際はどうなのでしょうか?ここではハンガリーの治安事情をまとめます。治安の悪い地区や注意点などもご紹介しますのでハンガリー旅行を計画中の人は是非参考にしてくださいね。

  1. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?①ハンガリーの治安は良い?悪い?
  2. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?②首都ブダペストの中でも治安の悪い地区
  3. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?③ハンガリー各地域の治安
  4. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?④多額の現金の持ち歩きはNG
  5. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑤現金よりクレジットカードがおすすめ
  6. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑥ATMを使う時に気をつけたいこと
  7. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑦街中を観光する際の簡単なスリ対策
  8. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑧置き引きやひったくりにも注意しよう
  9. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑨ハンガリーのタクシーは安全?
  10. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑩安心のできるタクシー会社・3選
  11. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑪配車アプリを使うのもGOOD
  12. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑫夜に観光しても大丈夫?
  13. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑬ホテルに宿泊する際の注意点
  14. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑭ぼったくりバーに気をつけて
  15. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑮ニセ警察官にも注意が必要
  16. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑯トラブルに遭遇したら日本国大使館へ
  17. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑰携帯電話は常に使える状態にしておくこと
  18. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑱旅行前に外務省の公式HPをチェック
  19. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑲海外旅行保険に加入しよう
  20. 【2019最新】ハンガリー旅行で気になる治安事情!悪い地区や注意点は?⑳大事な番号はメモっておくこと
  21. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/BwrkNnNjZW_/
東欧のなかでも随一の人気を誇る観光国ハンガリー。建築物や町並みがとても美しく見所がいっぱい!全部で8ヶ所の世界遺産があります。食事も美味しくて、日本人の口に合うと好評です。しかも物価が安いので、少しでも旅費を抑えたい人にはおすすめの国。ハンガリーの首都ブダペストを拠点にして、ヨーロッパ各国を旅行するバッグパッカーも多いそうですよ。
引用: https://www.instagram.com/p/Bwu_-XznGjE/
ただ海外ですので、治安については気をつけたいところ。ヨーロッパのなかでハンガリーは治安が良い方だと言われていますが、スリや置き引きなどの軽犯罪は日常茶飯事です。決して治安の悪い国ではありませんが、油断は禁物。でもちゃんと気をつけていればトラブルは概ね回避することが可能ですから安心してくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/Bws3zL1nSDO/
ハンガリーの首都ブダペスト。2017年に犯罪認知件数によると、ハンガリー国内における犯罪件数の約4分の1がブダペストで起きたそうです。居住人口も観光客も多いので、スリや置き引きが多いのは当然でしょう。日本人旅行者がトラブルに巻き込まれるケースも、そのほとんどがブダペストで発生しています。
引用: https://www.instagram.com/p/Bwtn6OZnVxu/
ちなみにブダペストでとくに治安の悪い地区は、5区のくさり橋やVaci通り、6区のAndrassy通り、8区のブタペスト東駅周辺、13区全域です。9区も治安が良くないとされています。なかでも8区と9区の治安の悪さは、昔から群を抜いていたようです。ただ現在では開発が進み、少しずつ改善へと向かっています。

西部地域

引用: https://www.instagram.com/p/BZNVr_NnFKg/
ハンガリーの西部地域には、人気観光地のジェールやシェプロンといった街があります。とくにシェプロンには旧市街地が保存されており、美しい町並みやいろいろな観光スポットが楽しめますよ。しかもハンガリーで最も治安の良い都市と言われています。またジェールの治安も問題ありません。ただ移動の際に利用する駅や鉄道車内ではトラブルに遭遇する恐れがありますので注意しましょう。

東部地域

引用: https://www.instagram.com/p/BvEJhpKnsgr/
ハンガリーの東部地域にはブダペストに次ぐ第2の都市デブレツェンや、ハンガリー有数のワイン産地エゲルがあります。両方とも一見落ち着いた雰囲気の街ですが、西部地域に比べて東部地域の治安はやや不安定。とくにエゲルのヘヴェシュ県へ行く時は注意しましょう。ハンガリーではブダペストの次に犯罪発生率の高い街とされています。なかでも多いのは窃盗罪。貴重品の管理にはくれぐれも気をつけてくださいね。

南部地域

引用: https://www.instagram.com/p/Bhw073anUXI/
ハンガリーの南部地域には商業都市であるペーチャ、ハンガリーの伝統的民芸品「カロチャ刺繍」で有名なカロチャがあります。どちらもハンガリーでは観光客に人気の都市。街の雰囲気も明るく、治安も落ちついています。とくにペーチャは世界遺産に登録されていて見所がいっぱい。油断さえしなければ、安全に観光することができるでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bn-oXnGnfRx/
ここからはハンガリーを旅行する際の注意点や対処法などについてまとめましょう。最初の注意点は、多額の現金は持ち歩かないこと。スリや置き引きなどの犯罪者は、必ず観光客に目をつけます。観光客は必ず旅行先で美味しいものを食べたりショッピングを楽しんだり、普段よりちょっと贅沢なことをします。そのため観光客は地元の人よりもたくさんの現金を持って歩いていることが多く、犯罪者たちはそこを狙ってくるのです。
引用: https://www.instagram.com/p/BwsZECshAie/
とくにハンガリーの街中でアジア人が歩いていると、とても目立ちます。日本人観光客はヨーロッパ人より何倍も狙われやすいでしょう。そのため多額の現金を持ち歩くのはNG。一度狙われたら、あの手この手で盗もうとしてくるでしょう。また多額の現金を持っている時は、決して人通りの少ない裏路地には行かないようにしてくださいね。もしそこで複数人の窃盗団に囲まれたらアウトですよ。
引用: https://www.instagram.com/p/Bnz9CPAlKwU/
ハンガリーを旅行するなら、現金よりクレジットカードがおすすめ。クレジットカードをおすすめするいくつかのポイントがあります。1つ目は両替をしなくても良いこと。両替をしなくても良いということは、両替所でのトラブルを回避することにもつながります。
引用: https://www.instagram.com/p/BndbUS5FWC8/
2つ目は、クレジットカードは盗まれてもカード会社に連絡すれば使用を停止できること。現金のように全て使われてしまうのを回避することができます。ただクレジットカードが盗難された時のことを考えて、ある程度の現金も用意しておくのが良いでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bj1snuWlhsc/
ハンガリーのATMを使用する際は、スキミング犯罪に注意しましょう。スキミング犯罪とはATMを利用した人のカード情報が第3者に盗まれ、不正に現金が引き出されてしまう犯罪です。スキミング犯罪はヨーロッパ各国を含め全世界で急増しています。日本でも被害者が後を絶ちません。
引用: https://www.instagram.com/p/BmE8qY_guc0/
ハンガリーでは、観光客が多い通りにあるATMはとくに使わないようにしましょう。カード情報を読み取るスキマーという機器が取り付けられている恐れがあります。なるべく空港や銀行などセキュリティのしっかりした場所のATMを使うようにしてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BwyfTTbl-Lq/
ハンガリーを観光する際、どうしたらスリに遭遇せずに済むのでしょうか?確実な対処法はありませんが、次の方法で被害を小さくすることは可能です。まず貴重品を分散させて持ちましょう。現金やカードならいくつかの財布やポーチに分散させて、鞄や裏ポケットなど別々の場所に入れておくのです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt78dfAlb5p/
またカバンは身体の前で持つように心掛けましょう。例えば斜め掛けカバンを身体の横や後ろに持つと自分からは見ることができません。そのため観光している間に、いつの間にか盗まれてしまう恐れがあります。カバンは常に自分で見ることができる場所に持つのをおすすめします。
引用: https://www.instagram.com/p/Bwx1aSJH2kY/
スリ以外に、置き引きやひったくりなどの軽犯罪にも注意しましょう。ただこの場合もスリを回避するための対処法同様、常に自分の見える範囲にカバンやスーツケースを置いておくのが重要になります。例えば駅や空港の座席に荷物を置いたままトイレに行くのはやめましょう。日本では盗まれなくても、ハンガリーでは盗難される大きな原因になります。
引用: https://www.instagram.com/p/BwyhvuHBY2e/
またひったくりですが、最近ではカバン以外にスマホのひったくりも増えているようです。観光客がカバンからスマホを出した時に、ヒョイッとひったくるのだとか。あまり人ゴミの中でカバンから貴重品を出さない方が良いかもしれませんね。
引用: https://www.instagram.com/p/Bcd_LBAhNld/
ハンガリー国内で移動する際は、出来るだけトラムやバスなど公共交通機関を利用しましょう。というのは、ハンガリーのタクシーについてあまり良い噂を聴かないからです。とくにハンガリーのタクシーでぼったくり被害に遭遇する人が後を絶ちません。
引用: https://www.instagram.com/p/BPH8MKDDZEx/
わざと遠回りして乗車料金を多くもらおうとしたり、正規のメーターではなかったり、いろいろな手口で少しでも多く乗車料金をぼったくろうとする運転手が多く見られます。とくに政府に認可を受けていない偽タクシーには気をつけましょう。また流しのタクシーも基本的に利用しないのが賢明です。
引用: https://www.instagram.com/p/BiSgdbBAEvh/
ぼったくりの多いハンガリーのタクシーですが、安心して利用することができるタクシー会社もなかにはあります。ここでは信頼がおける3つのタクシー会社をご紹介しましょう。1つ目のタクシー会社は、City Taxi。電話番号は、211-1111となります。2つ目は、Taxi 2000。
引用: https://www.instagram.com/p/BwT6ikNnTHd/
電話番号は、200-2000です。3つ目は、Fo Taxi。電話番号は、222-2222となります。なおこれらの正規のタクシーは基本的に車体は黄色、屋根には「TAXI」の表示があります。電話で呼んだタクシーが来たら必ず確認しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bww2tbPBHp8/
タクシーを呼ぶのなら、タクシー配車アプリ「Bolt(taxify)」を利用することもできます。英語やハンガリー語が全く話せない場合は電話よりも、アプリを利用した方が良いでしょう。ハンガリー語ができなくても大丈夫。英語にも対応していますよ。
引用: https://www.instagram.com/p/BwsEkHklxqG/
タクシーが来る前にアプリ上で乗車料金やルートが全てわかりますので、ぼったくりに遭遇することもありません。優良、安全なタクシーを呼ぶことができます。なおタクシーの配車アプリと言えば「Uber」が有名ですが、ハンガリーでは使えませんので注意しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bwwuh44gEmY/
ハンガリーの街並みは夜になるとライトアップされて、さらに美しくなります。ではハンガリーの夜の治安はどうなのでしょうか?日本より街灯が少ないため、ハンガリーの夜はちょっと薄暗く感じられるかもしれません。ただ夜の観光を楽しみたいという人が大勢出歩いていますから、危険に思うような場面には滅多に出会わないでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BwxhmPBhqc8/
そうは言っても、人通りすらない裏道には近づかないのが賢明です。女性1人なら尚更のこと。また先述したブダペストにある治安の悪い地区にも、夜はとくに近づかないようにしてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BwxoLzEFB04/
ハンガリーではホテルでの侵入強盗が時に発生します。例えば1階の部屋で寝ている間に何者かが窓から侵入し、貴重品などを盗んでいくなどの事件が起きています。そのためホテルでは、出来れば2階以上の部屋に宿泊しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bug2v9eBWtb/
さらにロビーや朝食会場でのスリや置き引き事件も多発しています。ホテルだからといって油断せず、自分の荷物や貴重品は自分できちんと管理しましょう。それは高級なホテルであっても同じです。
引用: https://www.instagram.com/p/BwuZ3hfhuqv/
ハンガリーでは、むやみやたらと声をかけてくる人には気をつけてください。とくに一緒に飲みに行こうとバーに誘われたら、断った方が賢明です。本当に友達になりたい人もなかにはいますが、バーの客引きの可能性も考えられます。
引用: https://www.instagram.com/p/BwxoNg_lRxl/
ハンガリーではバーでのぼったくりが横行しています。外国人旅行者と仲良くなったフリをしてバーに誘い、不当に高額な支払いをふっかけるのです。注文する前にぼったくりバーだと気づいた場合は、いろいろ理由をつけて退店しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bs7sVR_lNMT/
ハンガリーではニセ警察官にも注意が必要です。観光客を中心にニセ警察官による被害が年に数件発生します。ニセ警察官による窃盗はグループで行われます。まずグループの1人が観光客に道を尋ねます。するとそこにニセ警察官が通りかかり、麻薬取引の容疑をふっかけ観光客に財布や身分証を出すよう要求します。
引用: https://www.instagram.com/p/Bwn_u0-DnPW/
最後はニセ警察官が財布を確認するフリをしてお金を抜き取り、容疑が晴れた旨を観光客に伝えて終了です。とても巧妙な手口なので観光客はお金を抜き取られたことに後になって気づくそうです。その警察が本物かニセか確かめたい場合は、警察章バッジと身分証カードを提示してもらいましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BGouEL1upU_/
もしハンガリーでスリなどのトラブルに遭遇したら、すぐに在ハンガリー日本国大使館へ連絡しましょう。在ハンガリー日本国大使館の電話番号は、ハンガリー国内からは06-1-398-3100、ハンガリー国外からは+36-1-398-3100になります。夜間や閉館時の緊急連絡先は、ブダペスト市内からは328-5329、ブダペスト市外および携帯電話からは06-1-328-5329。
引用: https://www.instagram.com/p/BwyI_TiANhT/
ハンガリー国外からは+36-1-328-5329になります。パスポートを紛失して新規発給する際も、同様に連絡してください。また何かあった時のために電話番号だけではなく、在ハンガリー日本国大使館へのアクセス方法も知っておくと良いでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BvghQ07lNx4/
トラブルに遭遇した際、在日本国大使館などいろいろなところへ連絡しなければなりません。そのため携帯電話は常に使える状態にしておきましょう。ハンガリーで使えるポケットWi-Fiをレンタルするととても便利ですよ。
引用: https://www.instagram.com/p/BwNDMRHl0UH/
もしロック解除済みのスマホなら、ハンガリーのsimを使うのも良いでしょう。また電池がきれないよう、充電はこまめにしておきましょうね。なおマクドナルドに行くと無料Wi-Fiが使えますが、かなり弱めです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bg8MLHpgmGz/
旅行前には念のため、外務省の公式ホームページをチェックしましょう。外務省の公式ホームページには世界各国の安全情報が掲載されています。日本人が遭遇した最新の犯罪情報も国ごとに掲載されていますので、事前に閲覧しておくのをおすすめします。
引用: https://www.instagram.com/p/BsrAm-xlsG3/
また滞在が3ヵ月未満の場合は、外務省で推進している「たびレジ」に登録しましょう。たびレジに登録すると、滞在国に関する最新情報が自分のメールアドレスに届きます。とても便利ですので利用してみてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/Bn8UOMbAq4L/
ハンガリーでのトラブルに備えて、海外旅行保険にも加入しておきましょう。貴重品が盗まれた場合や滞在先での突発的な事故、飛行機に預けた荷物が返ってこないなど、海外旅行保険では様々な補償が受けられます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bv04nMRl-PR/
最近ではネットを通じて加入できる会社がほとんどですので気軽に入ってみましょう。保険料は加入する保険プランや滞在日数に応じて異なりますが、会社によっては大変安く加入できる保険もありますよ。いろいろ探してみてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BwvfSOiH1iS/
ハンガリー旅行へ行く前に、在ハンガリー日本国大使館の電話番号やクレジットカードの番号など大事な番号はメモっておきましょう。メモはなるべく紙のメモ帳に記録しておくのをおすすめします。
引用: https://www.instagram.com/p/BmdbteAHCnl/
スマホのメモアプリを利用するのも良いですが、スマホも盗難されるかもしれません。そんな時、役に立つのが紙のメモ。同じ内容のメモ紙を複数枚用意して、スーツケースや財布、靴の中などいろいろな場所に忍ばせておけば安心ですよ。
引用: https://www.instagram.com/p/BwqsOxnAr31/
ここではハンガリーの治安事情をまとめました。治安の悪い地区や注意点などもご紹介しましたが、いかがでしたか?治安の悪い地区にはくれぐれも注意しながら、ハンガリー旅行を満喫してきてくださいね。