Pxusuwark9e837ocatll

チェコ

CATEGORY | チェコ

【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!

2019.05.01

美しい街並みで大人気の国・チェコ。一度は旅行してみたい東欧の国ですが、チェコの物価は安い?高い?一体どちらなのでしょうか?ここではチェコの物価をいろいろまとめます。チェコの通貨や両替所、ユーロの使用についてもまとめますので是非参考にしてくださいね。

  1. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!①物価が安くて有名な国・チェコ
  2. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!②チェコの通貨とレートについて
  3. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!③悪質両替所には注意しよう
  4. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!④チェコでユーロは使えるの?
  5. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑤交通:地下鉄・トラム・バス
  6. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑥交通:チェコ鉄道
  7. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑦交通:タクシー
  8. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑧食品:水・ビール
  9. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑨食品:パン
  10. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑩食品:生鮮食品
  11. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑪外食:レストラン
  12. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑫外食:カフェ
  13. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑬外食:マクドナルド
  14. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑭外食:スターバックス
  15. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑮宿泊:ホテル
  16. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑯宿泊:ホステル
  17. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑰宿泊:民泊(airbnb)
  18. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑱その他:郵便料金
  19. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑲チェコの税金について
  20. 【2019最新】チェコの通貨はコルナ!物価は安い?高い?疑問を徹底調査!⑳チェコでもチップは必要
  21. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/Bw3aWajgiKk/
チェコは東欧でも有数の観光国。建築物や街並みの美しさが群を抜いており、国内には全部で12か所もの世界遺産があります。見所が盛りだくさんの国です。チェコ料理もとても美味しく、日本人の口に合うチェコグルメがいっぱいあります。しかもチェコはヨーロッパでは物価がかなり安いことで有名です。近年は少しずつ上昇しているようですが、それでもまだ安いと言われています。
引用: https://www.instagram.com/p/BvbXigzHXfm/
北欧の物価に比較すると約3分の1。どれだけ安いのかがよくわかりますね。日本の物価と比較しても交通費や食品などが安いのは嬉しいポイント。そのため安い予算でヨーロッパを旅行したい人や長期滞在したい人にはおすすめの国。毎年多くのバッグパッカーが世界各地から訪れます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bkc8GILgW2X/
現在チェコで使われている通貨は、チェコ・コルナ(英語ではCzech Koruna)。チェコ・コルナの単位表記は、Kčになります。実はコルナはかつて同じ国であったスロバキアでも現在使われています。そのためスロバキアのコルナとの区別をはかろうとチェコではコルナの前に国名をつけて、正式名をチェコ・コルナとしています。
引用: https://www.instagram.com/p/BdKzYPNAXgS/
チェコ・コルナには紙幣と硬貨があります。紙幣は、100Kč、200Kč、500Kč、1000Kč、2000Kč、5000Kčの6種類。硬貨も1Kč、2Kč、5Kč、10Kč、20Kč、50Kčの6種類になります。またハレージュ(haler)という補助単位もあります。100ハレージュは1Kčです。なお現時点(2019年4月30日)でのチェコ・コルナのレートは、1Kč=4.85円。そのためこの記事では、1Kčを約5円として計算します。
引用: https://www.instagram.com/p/Bw2ZBPrBFo4/
チェコでは空港や大きな駅、バスターミナル、銀行、ホテル、観光案内所などで両替することができます。プラハの街中にもたくさんの両替所がありますよ。そのなかでは銀行での両替がおすすめ。他の両替所より比較的レートがいいのが銀行、次に観光案内所です。空港や駅、ホテルではレートがやや悪くなります。
引用: https://www.instagram.com/p/BW4lGg9gVrX/
また気をつけたいのは街中の両替所です。PRAHA EXCHANGEなど優秀な両替所もありますが、中には悪質両替所も存在しています。あの手この手でぼったくろうとしてきますので注意しましょう。またチェコでは路上での両替は禁止されています。路上での両替所は決して利用しないでくださいね。勧誘されても断りましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bw1gvfOnt7c/
チェコはEU加盟国ですが、基本的にユーロは導入されていません。大きなホテルや有名な観光地ではユーロが使える場合もありますが、そうした場所は多くありません。どのお店でもチェコ・コルナでの支払いが一般的です。しかもユーロで支払うと、チェコ・コルナで支払う時よりも高くつくことがあります。
引用: https://www.instagram.com/p/BSVyAUuD1UY/
例えばチェコの博物館の入場券では、チェコ・コルナで支払うと80Kč(約400円)、ユーロ支払いだと3.5€(約438円)になります。大差があるわけではありませんが、出来れば少しでも安く購入したいですよね。チェコでの支払いには出来るだけチェコ・コルナの使用をおすすめします。
引用: https://www.instagram.com/p/BwwSs6VlRRs/
ではここからチェコの物価をいろいろご紹介しましょう。まずはチェコの交通費です。チェコでは地下鉄、トラム、バスのチケットが共通になっています。チケットの種類は様々。30分と90分の時間制チケット、24時間の1日チケット、72時間の3日間チケットなどです。時間制チケットでは30分が大人24Kč(約120円)、子人12Kč(約60円)。90分が大人32Kč(約160円)、子人16Kč(約80円)となります。
引用: https://www.instagram.com/p/BvtkeHrHHt_/
24時間の1日チケットは大人110Kč(約550円)、子人55Kč(約275円)。72時間の3日間チケットは大人310Kč(約1550円)で、子人料金はありません。ちなみに大人は15歳以上の成人、小人は6歳から15歳までの子供となります。6歳未満の子供は無料で乗車することが可能です。
引用: https://www.instagram.com/p/6bwqbxwZkq/
プラハからチェコの地方都市へ行く際は、チェコ鉄道を利用しましょう。チェコ鉄道は安くて速くてとても便利ですよ。例えば、プラハ中央駅からブルノ中央駅までは大人1人119~288Kč(約595~1440円)、プラハ中央駅からオロモウツ駅までは大人1人129~245Kč(約645~1225円)になります。鉄道のチケットは時間や季節によって料金が異なります。
引用: https://www.instagram.com/p/BYpoe3ujY_6/
時間で言うと、日中の便より夜行や深夜便の方が安い場合が多いです。旅費を少しでも抑えたい人にはおすすめですよ。なお目的地までの料金が知りたい場合は、チェコ鉄道の公式ホームページを利用しましょう。出発地と目的地を入れて検索すると料金もわかりますし、その場で購入することも可能です。
引用: https://www.instagram.com/p/Brnzlz3hMgK/
チェコのタクシーの乗車料金は、初乗り運賃が40Kč(約200円)ほど。1㎞走行するごとに28Kč(約140円)が加算されていきます。電話で呼ぶと1分待たせるごとに6Kč(約30円)が加算されますので注意しましょう。ちなみにチェコではタクシーのぼったくりが横行しています。チェコ語を話せない観光客なら尚更狙われやすいでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bte8r7WBR54/
そのためチェコでは現在タクシーの配車アプリを利用するのが一般的。チェコではUberも使えますが、Taxifyという配車アプリがとくに使いやすくて人気です。事前に目的地までのルートや料金を確認することができますので、とても便利ですよ。是非使ってみましょう。くれぐれも流しのタクシーには乗らないようにしてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BYWadx0lv9L/
チェコでは食品類がとても安いと評判です。スーパーマーケットでなら500mlペットボトルの水が10~13Kč(約50~65円)、1.5lでも価格はそれほど変わりません。ビールの価格は国産ビールなら500ml瓶で15Kč(約75円)、輸入ビールなら350ml瓶で28Kč(約140円)です。
引用: https://www.instagram.com/p/BpVCBNoAEQG/
水と国産チェコビールの価格がそれほど違わないのに驚きますね。さすがビールの国・チェコ。日本では販売されていない銘柄のチェコビールもありますので、いろいろ購入して飲んでみると良いでしょう。ちなみにチェコでは水道水は飲むことができません。水は必ず市販のものを買って飲むようにしましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BwCR2LWFc3J/
パンが安い国がヨーロッパには多いですが、チェコも例外ではありません。チェコのパンもとても安くて美味しいですよ。普通のシンプルなパンやバゲットの類は1個0.1~1Kč(約0.5~5円)、惣菜パンや菓子パンは1個6~18Kč(約30~90円)になります。
引用: https://www.instagram.com/p/BwJ58WGHbCV/
とくにチェコではBuchty(ブフティ)というパンが大人気。パンの中にアプリコットやプラムなど果実のジャムが入っているとても美味しい菓子パンです。チェコでは定番おやつとされています。値段は1つ16Kč(約80円)ほど。ベーカリーでは必ず売っていますので、是非買って食べてみましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bw3crokFtaS/
生鮮食品の価格もチェコでは安いですよ。なかでも野菜と果物は格安で購入することができます。野菜はトマト1㎏が41Kč(約205円)、玉ねぎ1㎏が16Kč(約80円)、じゃがいも1㎏が16Kč(約80円)、きゅうり1㎏が23Kč(約115円)など。
引用: https://www.instagram.com/p/BqusdyfAyxF/
果物はリンゴ1㎏が30Kč(約150円)、オレンジ1㎏が34Kč(約170円)、洋ナシ1㎏が36Kč(約180円)、バナナ1㎏が30Kč(約150円)などになります。卵はレギュラーサイズ12個パックが42Kč(約210円)。牛乳1lは18Kč(約90円)、チェコ産チーズは1㎏183Kč(約915円)。鶏胸肉は1㎏139Kč(約695円)となります。
引用: https://www.instagram.com/p/Bw1cB6PHKsG/
チェコには美味しいレストランがいっぱい!でもチェコでの外食にかかる費用は日本とそれほど変わりません。とくに首都プラハのレストランは高いと旅行者の間では評判です。例えば、普通のレストランでのランチは80~200Kč(約400~1000円)、ディナーなら200~500Kč(約1000~2500円)ほどになります。ランチの方がお得ですので旅費を安く抑えたい人は、昼食時にレストランを利用しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bw2RWuylHds/
ちなみにチェコではレストランでのぼったくりに気をつけてください。入り口にメニューが出ていない、あるいはメニューが出ていても値段が書かれていないお店は怪しいと考えて間違いなし。気になるレストランについては、トリップアドバイザーなどのサイトで事前に調べるのをおすすめします。
引用: https://www.instagram.com/p/Bwzl7vEFHDr/
チェコのカフェはとてもおしゃれ。つい入りたくなるようなお店がたくさんありますよ。チェコのカフェでは、例えばエスプレッソコーヒーが1杯31Kč(約155円)、カプチーノ(レギュラーサイズ)が1杯44Kč(約220円)などで飲むことができます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bwu6jQBFEjR/
チェコのカフェではコーヒーの他、ホットチョコレートも飲めますし、ワッフルや手作りのケーキ、クッキーなどのサイドメニューも楽しめます。観光に疲れて休憩したい時は是非利用してみましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bw3n-iXj6DT/
世界的なグローバル企業であるマクドナルド。もちろんチェコでもマクドナルドが利用できます。チェコのマクドナルドにしかないメニューもいろいろありますので、是非行ってみましょう。2017年の情報によるとメニューの価格は、例えばマックチキンセット(ドリンク、ポテト付き)が129Kč(約645円)。
引用: https://www.instagram.com/p/33_Fwgggjc/
他のチキンバーガーセット(ドリンク、チキンスティック付き)が124Kč(約620円)などになります。他にもメニューが豊富で充実していますし、日本のマクドナルドと変わらず美味しいですよ。とくにチキン系のメニューが美味しいと評判なようです。
引用: https://www.instagram.com/p/BskZItvlE8L/
マクドナルドと同様、世界中で展開しているスターバックス。チェコではとくにプラハに店舗が集中しています。なかでもプラハでは、プラハ城にあるスターバックスが大変有名です。世界遺産の街並みを一望しながらコーヒーを楽しむことができます。2017年の情報によるとメニューの価格は、例えばカフェラテが69Kč(約345円)、カプチーノが69Kč(約345円)。
引用: https://www.instagram.com/p/BiPf6KrBict/
カフェアメリカーノが65Kč(約325円)、キャラメルマキアートが99Kč(約495円)、カフェモカが99Kč(約495円)などとなっています。2017年の情報ですので現在は少し値段が上がっているかもしれませんが、日本のスタバとそれほど大きな差はないでしょう。チェコのスタバにしかないサイドメニューもありますので是非行ってみてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BwtT9HSl1yK/
チェコには素敵なホテルがたくさんあります。高級ホテルもありますし、日本よりも安い宿泊費でメルヘンたっぷりの可愛らしいホテルに泊まることもできますよ。宿泊する時期にもよりますが、チェコの3つ星ホテルの宿泊費はだいたい1泊1500Kč(約7500円)程度。
引用: https://www.instagram.com/p/BvJqzC2lL10/
4つ星ホテルは2500Kč(約12500円)、5つ星ホテルは4000Kč(約20000円)ほどになります。首都プラハのホテルは宿泊料金がやや高めですが、地方都市のホテルならもっと安い値段で泊まれるホテルがあるでしょう。ネットなどでいろいろ探してみてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/6zjo_ik8PQ/
旅費を少しでも抑えたい人には、ホステルのドミトリーに宿泊するのがおすすめ。チェコにもバッグパッカー向けのホステルがいろいろあります。ホテルよりもずっと安い値段で泊まることができますよ。安いところであれば200Kč(約1000円)台からありますし、1000Kč(約5000円)以上の高いところもたくさんあります。
引用: https://www.instagram.com/p/BMmTXlqA7mm/
やはり立地が良かったり、新しくて清潔だったりするホステルは宿泊費もやや高め。女性が安心して泊まれるホステルもありますので、いろいろ探してみてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BTdlN6EFCT5/
複数人でチェコを旅行するなら、airbnbなどの民泊を利用していませんか?1部屋に3~4人が宿泊できる物件がたくさんありますし、みんなでワリカンすればとても安く泊まることが可能です。ここではairbnbに掲載されている物件を取り上げてみましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BsoJMvBgw8F/
とくにプラハの物件では600~1600Kč(約3000~8000円)の物件が多い印象です。なかには200~400Kč(約1000~2000円)程度の物件もちらほら。一緒に旅行に行く人数や予算に合わせて良い物件を探してみてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BeVlvq1HxRc/
最後はチェコでの郵便料金をご紹介します。チェコから手紙や小包を送る際は、チェコの郵便局を利用しましょう。例えばチェコから日本までのポストカードの送料は39Kč(約195円)。ポストカードには必ず「POST CARD」と「AIR MAIL」の両方を記載しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BV2Mh5iFPCA/
また2㎏以下の小包は国際普通郵便あるいは書留国際郵便で送りましょう。国際普通郵便で1~2㎏の小包を送る場合は408Kč(約2040円)、書留国際郵便の場合は718Kč(約3590円)になります。ただこれらの送料は2017年の情報に基づいています。現在はもっと高くなっているかもしれませんので、事前に送料確認した方が良いでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BwCjNuFloxi/
ここまでチェコのいろいろな物価をご紹介してきました。日本と比べてもチェコの物価が安いことを納得していただけたでしょうか?ただ安いからといって、チェコに税金がないわけではありません。実はチェコで販売されている商品やサービスには、VATという付加価値税(内税方式)がかかっているのです。
引用: https://www.instagram.com/p/BvwyXjeHVC-/
VATの標準税率はなんと21%。その他、食品やホテル、レストラン、医療費、旅客輸送、新聞には15%、書籍や衣料品、ベビーフードには10%のVATがかかっています。日本の消費税率よりはるかに高いですね。それでもチェコの物価は安いのですから、元々の物価が相当安いということなのでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BhAZBcMhKjP/
中欧や東欧ではチップが必要ない国が多くみられます。ではチェコではどうなのか、ご存知ですか?正解はチェコではチップが必要です。ただ高級レストランや高級ホテルでのみ支払えば大丈夫なようです。高級レストランでは支払い料金の10%程度。
引用: https://www.instagram.com/p/-ytzFlQoCU/
高級ホテルではポーターに荷物1つにつき10Kč、コンシェルジュにレストランなどの予約をしてもらったら50Kč、ドアマンにタクシーを呼んでもらったら20Kčをチップとして支払いましょう。タクシーでは基本的チップは必要ありませんが、運転手に特別な頼み事をした場合は乗車料金の10%程度を払うと喜ばれます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bw3qtUQFUae/
ここではチェコの物価をいろいろまとめましたが、いかがでしたか?チェコの通貨や両替所、ユーロの使用についてもまとめました。旅行者にとって滞在する国の物価が安いのはとても嬉しいこと。チェコでの旅行を是非楽しんできてくださいね。