X0pxycanj9uvh9l1yoan

イギリス

CATEGORY | イギリス

イギリスの湖水地方を観光!行き方や天気までご紹介【2019年版】

2019.05.14

イギリスでも有名な湖水地方。そこにはピーターラビットの絵本の中の世界が広がっています。ようやく世界遺産にも登録された湖水地方ではイギリスでもっとも美しい景色が見られます!湖水地方への行き方、天気、人気の観光スポットなどをお伝えしていきます!

  1. イギリスの湖水地方①湖水地方とはどんなところ?
  2. イギリスの湖水地方②人気観光スポット:ヒル トップ(Hill Top)
  3. イギリスの湖水地方③人気観光スポット:ブリッジハウス(bridge house)
  4. イギリスの湖水地方④人気観光スポット:ウィンダミア湖(Lake Windermere)
  5. イギリスの湖水地方⑤人気観光スポット:ビアトリクス・ポターの世界
  6. イギリスの湖水地方⑥人気観光スポット:アンブルサイド(Ambleside)
  7. イギリスの湖水地方⑦行き方は?
  8. イギリスの湖水地方⑧天気は?
  9. イギリスの湖水地方⑨湖水地方は世界遺産なの?
  10. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/BwwixBOArL9/
イギリスの湖水地方(Lake District)は、最も自然が美しいと言われており人気の観光スポットです。イギリスの北西部に位置しており、16の大きな湖に大小さまざまな500個もの湖があります。ロンドンから4時間ほどでアクセスのできる湖水地方は、ようやく2017年に世界遺産に登録されました。湖水地方では、四季折々の景色が楽しめ、湖を中止にクルージングをしたり、フットパスを歩いたり、ピーターラビットの世界に入ったりと素敵な時間が過ごせます。日本より涼しい夏の天気、イングリッシュガーデンがとてもきれいです。
引用: https://www.instagram.com/p/BX7xfutlPEB/
引用: https://www.instagram.com/p/Bw_LH-FFqSd/
最初にご紹介する、イギリスの湖水地方のおすすめの観光スポットは、「ヒル トップ(Hill Top)」です。世界中で愛されている絵本、ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターさんが晩年暮らしていたのが、ヒル トップ(Hill Top)となっており、湖水地方でとっても人気のあるスポットです。まるで、絵本の中そのものの景色が待っていますよ。畑からはピーターラビットが出てきそうな風景を楽しむことができます!
引用: https://www.instagram.com/p/BwhrRfuj3Ol/

イギリス湖水地方観光情報

*名称:ヒル トップ(Hill Top) *住所:Near Sawrey, Ambleside LA22 0LF *営業時間:10:00〜16:30
引用: https://www.instagram.com/p/BwPQMMTF0Hz/

ヒル トップ(Hill Top)公式サイト

引用: https://www.instagram.com/p/BV8g77-lFrz/
続いてご紹介する、イギリスの湖水地方のおすすめの観光スポットは、「ブリッジハウス(bridge house)」です。湖水地方にある絵葉書のような素敵な街、アンサンブルにあるブリッジ・ハウスは、橋の上に立つ石造りの小さな家です。17世紀ごろリンゴを販売するために建てられた家です。今はイギリスのナショナルトラストのインフォメーションとして活躍をしています。湖水地方で写真に収めたいブリッジ・ハウスですね!
引用: https://www.instagram.com/p/Bp41IQXFONQ/

イギリス湖水地方観光情報

*名称:ブリッジハウス(bridge house) *住所:Rydal Road, Ambleside, LA22 9AN

ブリッジハウス(bridge house)公式サイト

引用: https://www.instagram.com/p/BSMvjY4D3N-/
続いてご紹介する、イギリスの湖水地方のおすすめの観光スポットは、「ウィンダミア湖(Lake Windermere)」です。イギリスの湖水地方の玄関口となるウィンダミア湖では、クルージングを楽しむことができます。イギリスの最大規模の大きさのウィンダミア湖となっており、観光客で賑わう町です。カヌーを楽しんだりとアクティビティが満喫できます!ベストシーズンの春、夏の天気は20度前後となり気持ちよい気候の中でアクティビティを楽しめますね。
引用: https://www.instagram.com/p/Bn6YLlchaHl/
引用: https://www.instagram.com/p/BfCUahCnbTl/
続いてご紹介する、イギリスの湖水地方のおすすめの観光スポットは、「ビアトリクス・ポターの世界」です。ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターさんの世界を見ることができる博物館となります。人気のピーターラビットを始めキャラクターたちが展示されており、まるで絵本の中の世界を見ている感覚です。絵本を読んだことがない方でも、もちろん楽しむことができます。マクレガーさんの庭もあり、見どころ満載のビアトリクス・ポターの世界へ足を運んでくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BJiTjXMgciy/

イギリス湖水地方観光情報

*名称:ビアトリクス・ポターの世界(The World of Beatrix Potter Attraction) *住所:Crag Brow, Bowness-on-Windermere, Cumbria LA23 3BX

ビアトリクス・ポターの世界

引用: https://www.instagram.com/p/Bj9jS5SHjYq/
続いてご紹介する、イギリスの湖水地方のおすすめの観光スポットは、「アンブルサイド(Ambleside)」です。湖水地方の中で小さな町となる田舎町のアンブルサイドは絵本の世界が広がっています。ホテルやレストランも古い建物が多くイギリスらしい町並みを見ることができます。
引用: https://www.instagram.com/p/BWKilPbhzjS/

ロンドンから湖水地方までの行き方

引用: https://www.instagram.com/p/BUjua6gAmPc/
続いてイギリスの湖水地方への行き方をお伝えしていきます。イギリスの『ロンドン・ユーストン駅(London Euston)』から電車に乗り、湖水地方の入り口の駅『オクセンホルム Oxenholm Lake District』まで3時間〜4時間ほどとなります。オクセンホルム(Oxenholm Lake Distric)から、電車に乗りかえて約20分ほどでWindermere(ウィンダーミア)へ行くことができます。ロンドンから電車で行かれる方は、少しでも早めにチケットを購入する方が安くなります。2、3日前にチケットを取るととても高く、1ヶ月以上前ですと半額の料金で購入できます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bwyi1CpgW5x/

マンチェスターから湖水地方までの行き方

続いてマンチェスターからの行き方をお伝えします。ロンドンからは4時間ほどかかる湖水地方ですが、マンチェスターから同じように電車に乗って湖水地方への行き方もおすすめです。所要時間は、1時間40分ほどとなっています。日本からマンチェスターへの直行便もあり便利ですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BxYhbh9jDHE/

National Rail Enquiries (ナショナルレイル)公式サイト(湖水地方への行き方)

引用: https://www.instagram.com/p/BwY3HbZgR0q/
続いてイギリスの湖水地方の天気についてお伝えしていきます。北海道よりも北に位置するイギリスの気温は日本と比べて涼しいです。遅い春のイギリスでは5月〜6月にかけて快晴の天気が続くことが多く観光シーズンの始まりです。湖水地方のベストシーズンの夏の天気は気温が25度まで上がる日は少なくとても過ごしやすいカラッとした天気です。秋、冬の天気は寒く日照時間が短くなります。春、夏に観光へ来られる方は朝晩寒い日がありますので、ジャケットなど必要となります。
引用: https://www.instagram.com/p/BxLFqGqnD0z/
引用: https://www.instagram.com/p/BxIbZFBnwZF/
最後にイギリスの湖水地方は世界遺産なのかについてお伝えします。今まで2度、世界遺産への登録を試みましたが審議された結果見送りになっていました。しかし2017年に3回目の世界遺産登録へ挑戦した結果、イギリスで最も美しい、文化的景観の価値が認められたのです。ようやく世界遺産になった湖水地方です!
引用: https://www.instagram.com/p/Bu1BxxPHonV/

イングランドの湖水地方 |世界遺産オンラインガイド

引用: https://www.instagram.com/p/BvMCDg9lyge/
イギリスでも美しい湖水地方、ようやく世界遺産に登録されました。ロンドンとは違う景色を楽しめる湖水地方はとてもおすすめの観光都市です。絵本の世界のような風景を見に湖水地方へ訪れてくださいね。きっと大満足の景色が待っていますよ。