Mbl9ulliofbcfhgwzqzt

愛知

CATEGORY | 愛知

【2019年版】愛知の野外民族博物館リトルワールドを大特集!

2019.05.14

愛知にあるテーマパークのリトルワールドは世界一周ができ、世界各国のグルメも楽しめます。リトルワールドは、野外民族博物館となっており、世界の文化や歴史が学べます。また世界各国の民族衣装を着て写真撮影もできます。一日楽しめる愛知のリトルワールドをご紹介します。

目次

  1. 愛知・野外民族博物館リトルワールド①どんなテーマパークなの?
  2. 愛知・野外民族博物館リトルワールド②基本情報
  3. 愛知・野外民族博物館リトルワールド③世界一周をしよう〜!
  4. 愛知・野外民族博物館リトルワールド④民族衣装を着てみよう〜!
  5. 愛知・野外民族博物館リトルワールド⑤世界のグルメを食べよう〜!
  6. 愛知・野外民族博物館リトルワールド⑥世界のお土産を購入しよう〜!
  7. 愛知・野外民族博物館リトルワールド⑦園内バスに乗って楽に回ろう〜!
  8. 愛知・野外民族博物館リトルワールド⑧世界各国のイベントの参加しよう〜!
  9. 愛知・野外民族博物館リトルワールド⑨公式サイトをチェックしましょう〜!
  10. まとめ
Azd4gw3olsojdqtn8wd2
引用: https://www.instagram.com/p/BxNXH-yDBZJ/

愛知県にある『野外民族博物館 リトルワールド』は、世界のグルメ、民族衣装、世界の文化や歴史が学べる民族博物館となっています。大人から子供まで1日中大満足のテーマパークですよ!日本の愛知にいながら、1日で世界一周旅行体験ができるのです。日本の沖縄から世界のグルメをいただける食べ歩きコースもありますよ!

Wn9qrxdhplshazhiusrd
引用: https://www.instagram.com/p/BxHy6L7BDhS/

野外民族博物館 リトルワールドは、博物館など野外の展示スペースが約⒉5キロにわたってあります。所要時間は2時間ほどで見て回ることができますが、様々な国の民族衣装を着たりするともっと長い時間になりますね。リトルワールドでは時期によっては各刻のイベントを見たり参加することもできます。愛知にいながら、世界のことが詳しくわかる人気の博物館です!

Lncwj635hrqkmxtmva4p
引用: https://www.instagram.com/p/BxHZwEpD4GA/

愛知リトルワールド情報

*名称:野外民族博物館 リトルワールド
*住所:愛知県犬山市今井成沢90-48
*電話番号:0568-62-5611

Jxmyvr7h6umeihbe2wfw
引用: https://www.instagram.com/p/BxCh81rn7yP/

愛知リトルワールド・入場料

*大人・大学生:1800円
*65歳以上シルバー:1400円
*高校生・中学生:1100円
*小学生:700円
*幼児3歳以上〜:300円
*お得な年間パスポートあり、さらに犬山城とセットの割引、20名以上の団体割引あり

Gkndpbierc3s5blfmtiu
引用: https://www.instagram.com/p/BxDz7AHhYt0/

愛知リトルワールド・営業時間

*3月〜11月:9時30分〜17時まで
*12月〜2月:10時〜16時まで・土日祝日は16時30分まで
*休館日:2019年7月1~5日・8~12日・12月2~6日・12月31日
*休館日:2020年1月6~10日

Pmscpnl7v5efqnm2wyve
引用: https://www.instagram.com/p/BxKN7e_nA-d/

続いて愛知の野外民族博物館愛知リトルワールドの世界一周をする歩き方をお伝えします。リトルワールドでは、大きくエリアごとに8つに分かれています。ゾーン1〜8まで順番に見ていくのもいいですし、気になる見たい国を見ても大丈夫です。

W29jx3ounuig9aynviku
引用: https://www.instagram.com/p/BxG4N21HU-A/

ゾーンIには、「沖縄・石垣島・北海道アイヌ・台湾」となっており、ゾーンIIには、「北アメリカ・ティピ・ナバホ族・ペルー」があります。
さらにゾーンⅢには、「インドネシアのバリ・ミクロネシア・ポリネシア」が見れます。そしてゾーンⅳでは、「ドイツ・フランス・イタリア」となっています。

Yxuht2ts6eltldyzkfid
引用: https://www.instagram.com/p/BxFJ2BgBM4K/

ゾーンⅤには、「世界のテント村」となり、中国・モロッコ・ケニア・シリア・スウェーデンのテントが展示してあります。そしてゾーンⅵには、「アフリカ」が、ゾーンⅶには、「ネパール・トルコ・インド・タイ」を見れます。最後にゾーンⅷは「韓国の家」が展示してあります。

1 / 3