Mywwfjkwzxpvytu33omn

カナダ

CATEGORY | カナダ

【2019最新】カナダの治安は悪い?良い?ランキングは何位くらい?疑問を解説

2019.06.14

カナダの治安は良いイメージが強いですよね。世界で住みやすい国ランキングにカナダの各都市が毎年上位に入ります。しかしカナダでは治安の悪いエリア、夜間には避けたい場所、社会問題となっていることなど多くあります。カナダで安全に過ごせるように、治安情報をまとめました。

  1. カナダの治安は悪い?良い?①日本と比較して治安は悪い?
  2. カナダの治安は悪い?良い?②住みやすいランキングは?
  3. カナダの治安は悪い?良い?③日本と比較して犯罪率は?
  4. カナダの治安は悪い?良い?④都市別の治安ランキング・バンクーバー
  5. カナダの治安は悪い?良い?⑤都市別の治安ランキング・トロント
  6. カナダの治安は悪い?良い?⑥都市別の治安ランキング・モントリオール
  7. カナダの治安は悪い?良い?⑦都市別の治安ランキング・ケベック
  8. カナダの治安は悪い?良い?⑧都市別の治安ランキング・ビクトリア
  9. カナダの治安は悪い?良い?⑨都市別の治安ランキング・オタワ
  10. カナダの治安は悪い?良い?⑨都市別の治安ランキング・カルガリー
  11. カナダの治安は悪い?良い?⑩スリ・置き引きに注意
  12. カナダの治安は悪い?良い?⑪夜の外出は注意して
  13. カナダの治安は悪い?良い?⑫性犯罪には注意して
  14. カナダの治安は悪い?良い?⑬大麻には注意
  15. カナダの治安は悪い?良い?⑭薬物には注意
  16. カナダの治安は悪い?良い?⑮銃犯罪には注意して
  17. カナダの治安は悪い?良い?⑯車上荒らしには注意
  18. カナダの治安は悪い?良い?⑰金銭トラブルには注意
  19. カナダの治安は悪い?良い?⑱テロについて
  20. カナダの治安は悪い?良い?⑲外務省からの情報
  21. まとめ

カナダの治安は比較的良好で、旅行、ワーキングホリデー、留学の都市に選ばれるランキング上位に毎年入ります。日本と同じような治安とはいえ、海外のカナダにいるという意識を常に持って行動しましょう。治安が悪いエリアも都市によってはあるカナダですし、銃を持っているギャングもいます。留学、ワーキングホリデーとなると長期の滞在になります。長く住むにあたり、カナダの実際の治安はどうなのか?どの都市が治安が悪いのか、良いのかを含めお伝えしていきます。

続いてカナダの治安、住みやすいランキングについてお伝えします。「The Economist」が、140都市を対象に毎年行う住みやすい都市のランキングがあります。医療、教育、安定性、文化、環境、インフラなどを対象にしています。毎年カナダの各都市はトップ10には入っています。2018年度発表の、The Economistからによると、カナダの”カルガリー(Calgary)”は第4位、続いて”バンクーバー(Vancouver)”は第6位、そして”トロント(Toronto)”は第7位と3つの都市がランキングトップ10に入っています。

ちなみに日本の大阪は第3位、東京は第8位というランキング結果となっています。そして、カナダのバンクーバーは2013年〜2017年まではランキング3位に毎年入っていましたが、2018年は6位に落ちてしまいました。トロント、カルガリーの都市も毎年のように上位に入っています。余談ですが、毎年ランキング1位になる国は予想がつきますか?オーストラリアのメルボルンが毎年のようにナンバー1となっているのです。

カナダと日本の治安を比較すると、カナダの犯罪率は日本の約5倍。治安の良いランキングでも上位に入るカナダですが、犯罪は日本より多いため気をつけてください。ギャング、薬物、銃保持などの治安の悪さが海外では常にあります。犯罪に巻き込まれないように日頃から注意が必要です。

続いてカナダの都市バンクーバーの治安についてお伝えします。住みやすい都市のランキング上位に入る人気都市のバンクーバーは、語学留学、ワーキングホリデーの人が多いですね。バンクーバーの治安の悪いエリアは、チャイナタウン、ダウンタウンの1部のエリアです。夜女性の1人歩きには気をつけてください。ダウンタウンには観光スポットが多くある反面、路地裏などでは薬物の売買、アルコール依存の人、ホームレス、売春婦が多くいるエリアがあります。

カナダのバンクーバーでは、治安が悪い場所、良いエリアがくっきりと分かれているため気をつけやすいですね。悪いエリアには行かない、夜には周辺にも行かないなど注意していれば安全なバンクーバーの生活が送れます。また、治安の良いバンクーバーですが、ナイトクラブが集まるエリアではギャング同士の争いに巻き込まれないようにしましょう。ナイトクラブへ行った時には、お酒はほどほどにしてタクシーにてホテルへ帰りましょう。

続いてカナダの都市トロントの治安についてお伝えします。カナダの最大の都市トロント、観光にもワーキングホリデーにも人気の都市です。住みやすい都市のランキング上位に入るトロントですが、治安の悪いエリアと高級な住宅街とに分かれています。トロントで昼間の治安は良くても、夜のチャイナタウンなどには注意が必要となります。また、トロントの人たちからスラム街と言われる「ダファリン(Dufferin)」は、麻薬の売買が多いです。駅周辺での強盗にも気をつけてください。

カナダのトロントで治安が悪いエリアは、「ジェーン&フィンチ(Jane & Finch)」です。ダウンタウンから離れているために、観光で行くことはないものの、間違えてバスに乗って踏み込むことのないようにしましょう。昼間であっても、ギャング同士の銃撃事件、傷害事件が多く多発しています。 また、「エグリントン(Eglinton)」は、日本人駐在員、裕福層な人々が暮らす高級住宅街がありますが、治安の良い悪いエリアに分かれています。しかし「エグリントン・ウェスト」周辺は、家賃の安いアパート、シェアハウスが多くありますが、夜の治安は悪くなるためにアパートを借りるには慎重になりましょう。

続いてカナダの都市モントリオールの治安についてお伝えします。トロントに次いで人口の多いモントリオールは、住みやすい都市のランキング以上位に入り、治安も良い反面、車上荒らし、日本人観光客を狙うスリが多いです。また、モントリオールは英語、フランス語を話す都市ですので、言葉の問題の差別もあると言われています。

カナダの都市モントリオールのダウンタウンでは、ホームレス、物乞いがとても多いです。無視をして早歩きで通り過ぎましょう。治安が良いですが、夜の人通りが少ない道、街灯がない暗い場所は歩かないようにしてください。また公園への近道はしないようにしましょう。

続いてカナダの都市ケベックの治安についてお伝えします。ケベックでは、モスクを狙ったテロが2017年1月に起きています。テロ、イスラム過激派の行動には注意が必要です。 また、ケベックではデモがよく行われますが、危険なことに巻き込まれないためにもデモの近く、集会などには近づかないようにしましょう。ケベックではモントリオール同様に、英語とフランス語のバイリンガルの都市となっています。

続いてカナダの都市ビクトリアの治安についてお伝えします。治安の良いビクトリアと言われますが、夜の外出には男女問わず注意が必要です。ビクトリアでは、夜の公園で薬物を使用したりが日常茶飯事です。決して夕方以降には公園へ入るのは危険ですので近道であってもやめましょう。 ホームレスの人が多いビクトリア、薬物を買いたくてお金を求めてくる人が多くなる夜間、昼間の顔とはまったく違うエリアになるために、夜間の外出は控えましょう。

続いてカナダの都市オタワの治安についてお伝えします。カナダの首都となるオタワ、昼間の治安は良くても夜のダウンタウンを歩くのは気を引き締めてください。アルコール中毒者の方、薬物依存性の人などが夕方に多くいるダウンタウンです。 危険なことに巻き込まれないためにも夜の行動はタクシーに乗る、バスで帰宅する、人気のない道は行かないなど最低限の注意は必要となるオタワです。

続いてカナダの都市カルガリーの治安についてお伝えします。世界的に見ても安全な都市となるカルガリーですが、注意したいエリアはダウンタウンの北東North East(ノースイースト)です。格安のホテルの多く、夜に治安が悪いため、避けた居場所となります。 また、カナダの都市には、ホームレス、物乞いがいてお金をちょうだいと言ってくる人が多いですが、無視をしていれば大丈夫です。それよりも酔っ払い、薬物中毒の人には近寄らないようにしましょう。

続いてカナダの治安で気をつけたいのは、スリ・置き引きの軽犯罪です。治安が良いと言われるカナダでも起こる軽犯罪で多いのは、スリ、置き引きです。特に観光客を狙ったスリが多発しています。 歩きながらのスマートフォン、カメラを手に持って歩いているのはやめましょう。スマートフォン、カメラなどはバッグへ入れて人混みの多い場所、公共交通機関の中、空港などでは抱えるように持ちましょう。 また、ホテルの中であっても置き引きの被害があります。決して荷物から目を離すことのないように注意する必要があります。

カナダでは治安の良い場所と悪いエリアが分かれており、夜の1人歩きには十分に注意が必要です。悪いと言われるエリアへは行かない、近づかない、街灯のない人通りの少ない道はあるかないなど最低限のことに気をつけましょう。カナダの都市によっては夜に治安が悪化する場所もあり、ギャング同士の争いも多くなります。女性1人で歩くのではなく、集団で行動をしてください。また、ナイトクラブ周辺ではドラッグ、ギャング達に気をつけてくださいね。

続いてカナダの悪い治安は、性犯罪があります。フレンドリーで優しいカナダ人ですが、知り合ったばっかりな人を安易に信用するのはやめましょう。バンクーバーでは日本語で親しく話しかけてくる人もいます。全て悪い人というわけではないですが、性犯罪も多発しているカナダということを頭においておきましょう。

日本と違い、カナダでは2018年10月17日より、大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されています。しかし日本では、大麻取締法により、マリファナの所持・売買・使用した場合は違法となり罰せられます。日本国外であろうと、大麻取締法は適用されますので、カナダにおいて大麻に手を出すことのないように気をつけてください。

カナダでは、大麻(マリファナ)が合法化されていますが、それ以外の薬物は違法です。ヘロイン、コカインなどの薬物の売買が多くなっているカナダですので、薬物取り締まりもとても厳しいです。決して薬物に手を出すことないようにしましょう。また、薬物中毒の人たちの犯罪が多くなっていますので、巻き込まれることのないように注意して行動してください。

カナダでは、銃の所持に対して厳しいですが、アメリカと国境を接しているために、銃の密輸が多くあります。銃による強盗、発砲事件も多発している治安の悪いエリアもありますので、十分に気をつけてください。万が一、銃で脅された場合には相手の言うことを聞き、お金を差し出し、身の安全を守りましょう。

続いてカナダの悪い治安は、車上荒らしです。カナダのどの都市でも良く起こる犯罪ですので、車を持っている方、レンタカーを借りて移動する方には注意が必要です。 車の中に、貴重品、パスコンなどを置いたまま数分でも離れない、当たり前のことですが、鍵をしっかりとかけ、荷物は見えない位置に置く、カーナビなど見えない場所へ隠すなど対策をしましょう。また、車にセキュリティーアラームをつけることも対策となります。

続いてカナダでよくある金銭トラブルについてお伝えします。フランス語圏でアパートの契約には英語、フランス語の2枚の契約書があります。そのほかに契約書がないのかその場で確かめることも大切です。また、また貸しのような場合には契約書がなく、後で金銭のトラブルになることもよくあります。最初からサインをしっかりして、不明なところは尋ねるようにしましょう。さらに、アパートの契約をした際にデポジット(前金)だけを振り込んで、不動産屋が逃げたという事件も多くあります。英語やフランス語がわかる人、留学をする人はエージェンシーを通して信頼のできる大家さんから賃貸を借りましょう。

カナダでは、残念ながらケベック、オタワにておいてテロが起こっています。これからも起こる可能性はあるために、外務省の海外安全ホームページの最新の治安情報をチェックしましょう。テロの被害に遭わないように、イスラム教のラマダンの時期、モスク周辺は常に注意してください。

外務省ホームページ(日本語):トップページ

外務省海外へ渡航される皆様へ・たびレジサイト

在カナダ日本国大使館・基本情報

*在カナダ日本国大使館 *住所:255 Sussex Drive, Ottawa, Ontario K1N 9E6, Canada *電話: (1-613) 241-8541 *開館時間:平日9時〜17時

在カナダ日本国大使館・ホームページ

在カルガリー日本国総領事館・基本情報

*在カルガリー日本国総領事館 *住所:Suite 950 517-10th Avenue SW, Calgary, Alberta, T2R0A8 Canada *電話: (1-403) 294-0782 *開館時間:平日・9時〜12時30分・13時30分〜17時

在カルガリー日本国総領事館・ホームページ

在バンクーバー日本国総領事館・基本情報

*在バンクーバー日本国総領事館 *住所:900-1177 West Hastings Street, Vancouver, B.C., V6E 2K9, Canada *電話:(604)684-5868 *開館時間:平日9時〜12時・13時〜17時

在バンクーバー日本国総領事館・ホームページ

在モントリオール日本国総領事館・基本情報

*在モントリオール日本国総領事館 *住所:1 Place Ville Marie Suite 3333, Montréal, Québec, H3B 3N2, Canada *電話: (1-514) 866-3429 *開館時間:平日・9時〜12時30分・13時30分〜17時

在モントリオール日本国総領事館・ホームページ

在トロント日本国総領事館・基本情報

*在トロント日本国総領事館 *住所:Suite 3300, 77 King St. W., Toronto, Ontario, M5K 1A1, Canada (P.O. Box 10 Toronto-Dominion Centre) *電話: (1-416) 363-7038 *開館時間:平日9時〜17時

在トロント日本国総領事館・ホームページ

カナダは世界的に見て安全な都市となっていますが、その中でも治安の悪い場所へは行かない、夜の1人歩きを控える、スリ・置き引きには日本と違い注意するなど、海外にいるんだという常識的な考えがあれば、楽しく旅行、留学などができます。治安に気をつけて楽しいカナダの旅としてください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bx-qfVXFXSf/