Cgwnatesjy7aeddi2nzj

イギリス

CATEGORY | イギリス

【2019最新】スコットランドのお土産特集!お菓子や雑貨などおすすめ9選!

2019.07.03

スコットランドのお土産のイメージは、タータンチェック柄のショートブレッドでしょうか?スコットランドでは老舗のカシミアメーカー、ハリスツイードなどの雑貨をお土産におすすめします。また、スコットランドの伝統あるお菓子から、人気のあるお菓子をお伝えしていきます。

  1. おすすめのスコットランドのお土産①雑貨・Johnstons(ジョンストンズ)スカーフ
  2. おすすめのスコットランドのお土産②雑貨・Harris Tweed(ハリスツイード)
  3. おすすめのスコットランドのお土産③雑貨・Waitrose (ウェイトローズ)エコバッグ
  4. おすすめのスコットランドのお土産④雑貨・Scottish Fine Soaps(スコティッシュ・ファインソープ)
  5. おすすめのスコットランドのお土産⑤お菓子・Border Biscuits(ボーダービスケット)
  6. おすすめのスコットランドのお土産⑥お菓子・Walkers(ウォーカーズ)ショートブレッド
  7. おすすめのスコットランドのお土産⑦お菓子・Fudge(ファッジ)
  8. おすすめのスコットランドのお土産⑧お菓子・Chocolate Tree(チョコレートツリー)
  9. おすすめのスコットランドのお土産⑨お菓子・caramel wafer(キャラメルワッフル)
  10. まとめ

最初にご紹介する、スコットランドの雑貨のお土産に、「Johnstons(ジョンストンズ)スカーフ」をおすすめします。1797年スコットランドのハイランド地方にある小さな町エルギンにて誕生したブランドです。約200年以上の伝統と歴史のあるJohnstons(ジョンストンズ)は、高級素材のカシミヤ、メリノウールなど厳選した生地を使用してスカーフ、マフラーなどを生産しています。日本でも人気のあるJohnstons(ジョンストンズ)スカーフは、現地スコットランドにて買いたいですね。自分用へ、大切な方へのお土産に選びたいジョンソンズです。

Johnstons(ジョンストンズ)公式サイト

続いてご紹介する、スコットランドの雑貨のお土産に、「Harris Tweed(ハリスツイード)」をおすすめします。スコットランドのハリス島、ルイス島にて職人が手織りにて伝統的な製法をしている、ツイードです。英国のハリスツイード協会にて認められた生地だけが、協会認定のタグをつけることができるのです。スコットランドでは、お土産屋さんを始め、デパートなどでHarris Tweed(ハリスツイード)の雑貨、小物、ハンドバッグ、ポーチなど購入できます。ぜひお気に入りの色合いのハリスツイード雑貨をお土産におすすめします。

続いてご紹介する、スコットランドの雑貨・お菓子のお土産に、「Waitrose (ウェイトローズ)」をおすすめします。スコットランド、イングランドにて高級スーパマーケットのWaitrose (ウェイトローズ)は、イギリス王室御用達です。特に人気があるお土産は、ジュートでできたエコバッグです。限定のエコバッグから定番のデザインのもの、またデザイナーとコラボしたものなどあります。

Waitrose (ウェイトローズ)では、オーガニックのお菓子から人気のショートブレッド、紅茶など数多く揃っているスーパーです。スコットランド旅行にて、お時間があまりない方は、ぜひWaitrose でお土産探しをしてください。きっとお気に入りのお土産に出会えますよ〜!

Waitrose (ウェイトローズ)公式サイト

続いてご紹介する、スコットランドの雑貨のお土産に、「Scottish Fine Soaps(スコティッシュ・ファインソープ)」をおすすめします。1973年スコットランドにて誕生したナチュラルなコスメブランドです。全ての管理を自社のスコットランドにて行なっています。お土産におすすめなのは、缶入りのかわいいナチュラルソープです。シアバター、オリーブオイルなど肌に優しく泡立ちが良いソープです。また、バスソルト、ボディークリーム、ハンドクリームなど幅広いラインナップがあります。日本にはまだ未上陸なスコットランド生まれのコスメ、ぜひお土産におすすめします!

Scottish Fine Soaps(スコティッシュ・ファインソープ)公式サイト

続いてご紹介する、スコットランドのお菓子のお土産に、「Border Biscuits(ボーダービスケット)」をおすすめします。1984年にスコットランドにて誕生したお菓子メーカーのボーダーです。素朴な味わいがとっても美味しいボーダービスケットはスコットランドのスーパーマーケットにて購入できます。ショートブレッド、チョコレートビスケット、バタースコッチなどたくさんのフレーバーがありどれも美味しいです。箱入りのBorder Biscuits(ボーダービスケット)は、会社へのお土産に最適ですね。

Uvmxn1fxomwdy0u0m7wb
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1561020051/uvmxn1fxomwdy0u0m7wb.jpg

Border Biscuits(ボーダービスケット)公式サイト

続いてご紹介する、スコットランドのお菓子のお土産に、「Walkers(ウォーカーズ)ショートブレッド」をおすすめします。スコットランドと言えば、紅茶のお供にショートブレッドが大人気ですね。お土産屋さんには、缶入りのかわいいウォーカーズが揃っています。

Z1iljgvqcjnnebfmufsi
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1561020197/z1iljgvqcjnnebfmufsi.jpg

Walkers(ウォーカーズ)公式サイト

続いてご紹介する、スコットランドのお菓子のお土産に、「Fudge(ファッジ)」をおすすめします。スコットランドの伝統あるお菓子はショートブレッドとFudge(ファッジ)です。ファッジは、バター、ミルク、砂糖から作られるキャラメルのような食感の甘いお菓子となっています。紅茶と一緒に食べたいお菓子のファッジ、ぜひお土産に紅茶と共に渡してくださいね。

スコットランドお菓子お土産情報

*名称:The fudge House(ファッジ・ハウス) *住所:197 Canongate, Edinburgh EH8 8BN, UK *営業時間:10時00分~17時30分

The fudge House(ファッジ・ハウス)公式サイト

続いてご紹介する、スコットランドのお菓子のお土産に、「Chocolate Tree(チョコレートツリー)」をおすすめします。スコットランドの首都エディンバラにあるチョコレート専門店のChocolate Tree(チョコレートツリー)です。厳選されたカカオ豆を契約農家から仕入れ、生産まで一貫して行うこだわりがあります。スコットランドのお土産に選びたい、チョコレートです!

スコットランドお菓子お土産情報

*名称:Chocolate Tree(チョコレートツリー) *住所:123 Bruntsfield Pl, Edinburgh EH10 4EQ *営業時間:10時00分~19時30分

Vms1heavs6ictx1iatev
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1561020702/vms1heavs6ictx1iatev.jpg

最後にご紹介する、スコットランドのお菓子のお土産に、「caramel wafer(キャラメルワッフル)」をおすすめします。スコットランドのグラスゴー生まれのお菓子のcaramel wafer(キャラメルワッフル)は、チョコレートとキャラメルのウエハースとなっており、とっても美味しいですよ。8本入りですので、ばらまき用のお土産におすすめします。

スコットランドには、高級感あるカシミアブランドから、歴史あるハリスツイード、老舗のお菓子メーカーなどたくさんあり、お土産選びが楽しめます!ショートブレッドはみんなが大好きなお菓子ですね。どうぞ、スコットランドで素敵なお土産をみつけてくださいね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BxBSGQmFrkG/