Nntrk3xpmzuplvxgp2mc

広島

CATEGORY | 広島

宮島の人気お土産9選!定番の食べ物や名物のしゃもじなどご紹介【2019年版】

2019.05.31

広島県の宮島は、世界遺産の厳島神社に水族館と見所いっぱいの観光地です。そんな宮島のお土産になにを選ぶのか。名物のしゃもじに、お菓子屋特産品など食べ物のお土産など。そういった定番はもちろん、2019年最新のおすすめお土産もご紹介します。

  1. 宮島のおすすめ人気お土産!しゃもじや食べ物お土産など①牡蠣屋のオイル漬け
  2. 宮島のおすすめ人気お土産!しゃもじや食べ物お土産など②にしき堂の生もみじ
  3. 宮島のおすすめ人気お土産!しゃもじや食べ物お土産など③宮島杓子
  4. 宮島のおすすめ人気お土産!しゃもじや食べ物お土産など④やまだ屋の桐葉菓
  5. 宮島のおすすめ人気お土産!しゃもじや食べ物お土産など⑤zakkaひぐらしのバンビクッキー
  6. 宮島のおすすめ人気お土産!しゃもじや食べ物お土産など⑥宮島珈琲
  7. 宮島のおすすめ人気お土産!しゃもじや食べ物お土産など⑦宮島ビール
  8. 宮島のおすすめ人気お土産!しゃもじや食べ物お土産など⑧宮島張り子
  9. 宮島のおすすめ人気お土産!しゃもじや食べ物お土産など⑨○錦本舗の蒸しまん
  10. 宮島のおすすめ人気お土産!しゃもじや食べ物お土産など まとめ
宮島の名物でもある牡蠣!宮島の牡蠣専門店である「牡蠣屋」で販売されている「牡蠣のオイル漬け」は、宮島の沖合でとれた牡蠣を厳選し、オイスターソースに絡めながら、オーブンで低温でじっくりと焼き上げます。そして、鷹の爪やローリエと一緒にグレープシードオイルに漬け込み、寝かせられたものが、瓶詰になって販売されています。牡蠣の旨味がしっかりと詰まった一品は、ご飯のあてとしても、酒のつまみとしても最高です。 パスタソースやドレッシングとしても、余すところなく楽しめるのが人気です。

牡蠣屋

住所:広島県廿日市市宮島町539 アクセス:宮島桟橋より徒歩7分。広電宮島口駅より2キロ。 電話番号:0829-44-2747 営業時間:10時から18時(売り切れ次第終了) 定休日:不定休

公式サイト

にしき堂は、昭和26年創業の老舗の和菓子屋です。にしき堂の「生もみじ」というもみじ饅頭は、宮島お土産の定番にもなっています。 にしき堂が使っているこだわりの小豆は、北海道十勝産。土づくりにこだわり、8年に一回収穫する八輪作でチクられた小豆です。国内産の小麦粉に、水にもこだわり、名水として名高い、海田町の日浦山湧水が使われています。 餅粉と米粉が使われた生生地タイプのもみじ饅頭はしっとりもちもちした食感で、中の餡は、柚子の風味がたまらないこし餡、抹茶の香りが人気の抹茶餡と、定番の粒あんの三種類があります。その他にも、チョコレート餡やチーズクリーム餡など、季節にあわせた商品も展開されています。

にしき堂直営店

住所:広島県広島市東区光町1丁目13-23 電話番号:082-262-3131(代) 営業時間:8時から20時 定休日:無休

にしき堂広島駅ビルアッセ店

住所:広島県広島市南区広島駅ビルアッセ1階 電話番号:082-286-2345 営業時間:8時から20時

公式サイト

「宮島杓子」は宮島を代表するお土産として知られています。起源は寛政(1800年頃)に、神泉寺の修行僧である誓真という人があるとき、弁財天が持つ琵琶の美しい線か杓子を思い描き、山に生えているご神木を使って作ることを島民に教えたのが始まりと言われています。 宮島の商店街に行くと、土産物屋で必ずおいてあるのがこの宮島杓子。いまや日本一の木製のしゃもじの産地となっています。料理に使うだけではなく、「幸せをめしとる」お守りになっているのです。 宮島しゃもじ専門店「杓子の家」では、結婚式に使う「誓いの杓子」や、自分の名前を書いてもらえる杓子ストラップ、その他様々なバラエティに富んだしゃもじが売られていますので、楽しくお土産選びができますよ。
1 / 3