Dqf2224sclhdl6bkppyp

北海道

CATEGORY | 北海道

地元民もおすすめ!冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット11選

2018.06.06

北海道の中でも最も広い盆地が広がり、四季がはっきりしている旭川。旭川動物園など魅力的な観光地が多く年間を通して大勢の観光客が訪れる地です。今回は旭川の冬にスポットを当てておすすめの観光地をご紹介します。ぜひ、冬しか楽しむことのできない観光を満喫して下さいね。

  1. 冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット1 旭山動物園
  2. 冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット2 雪の美術館
  3. 冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット3 旭川冬まつり
  4. 冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット4 層雲峡温泉 氷瀑まつり
  5. 冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット5 旭岳
  6. 冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット6 しもかわアイスキャンドルミュージアム
  7. 冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット7 カムイスキーリンクス
  8. 冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット8 あさひかわ街あかりイルミネーション
  9. 冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット9 嵐山展望台
  10. 冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット10 就実の丘
  11. 冬にこそ訪れたい旭川の観光スポット11 平和通買物公園
  12. まとめ
旭川の定番観光スポット『旭山動物園』。園内には、137種類730点の動物が飼育されています。北海道ならではのペンギンやホッキョクグマなどの動物のほか、爬虫類やサルなど様々な動物の生活シーンを見て楽しむことができますよ。また、旭川雪まつりが行われている時は、動物園でも雪あかりの動物園が同時開催され、閉園時間が延長になりますので、夜の動物たちの姿を楽しむことができます。
また、冬の旭山動物園の一番の見どころは約500mほどの雪の中をゆっくりと散歩するペンギンの姿が見れるペンギン散歩です。この散歩は、12月月末から3月中旬にかけて行われますので、ぜひ愛くるしいペンギンの姿を間近で見に出かけてみてください。

旭山動物園のスポット情報

1条通7丁目からバスで15分ほど北海道伝統美術工芸村内にある観光スポット『雪の美術館』。こちらの美術館は雪の結晶をテーマにして造られており、館内ではブライダルイベントや結婚式ができたり、演奏会などが開催されています。ヨーロッパのお城のような佇まいなので、アナと雪の女王のお城のようだ、という声も多いです。
館内にある、氷の回廊では、人工に造られた-20度の氷壁をガラス越しに楽しむことができますよ。旭川の冬の美しさを体感するのにもってこいの施設となっています。

雪の美術館のスポット情報

冬の旭川に訪れた際に、ぜひ見ておきたい大規模な雪の祭典『旭川冬まつり』。このお祭りは毎年2月初旬に約6日間ほど開催されています。雪・氷・あかりをテーマにした有名なお祭りで、1960年に第1回目の祭典が開催されてから現在までずっと続いています。イベント開催中は、プロジェクションマッピングや世界最大級の大雪像、ステージでの音楽ライブやお笑いのステージなどが繰り広げられ、見どころがたくさんあります。
旭川冬まつりとあわせてチェックしておきたいのが、氷彫刻の国際大会である氷彫刻世界大会です。この大会は冬祭りの期間中展示が行われ、迫力たっぷりの氷の彫刻を間近で見て楽しむことができますよ。趣向や技を凝らした作品の数々に圧倒されます。

旭川冬まつりのスポット情報

毎年、1月下旬から3月下旬にかけて層雲峡温泉で開催される雪と光の祭典『層雲峡温泉 氷瀑まつり』。層雲峡といえば断崖絶壁のところから流れ落ちる滝が有名ですね。冬に層雲峡を訪れると、滝も凍っておりとても幻想的な姿を見せてくれます。層雲峡温泉氷瀑まつりの開催期間中は氷で造られた建造物が色鮮やかな光でライトアップされ、とても見ごたえがあります。
イベント期間中は花火が打ち上げられたり、太鼓演奏など様々なステージが繰り広げられますので老若男女問わず楽しむことができますよ。また、心の中で願い事を唱えながらお賽銭を投げると願いが叶うという雪のかまくら神社も登場しますので、お願い事がある方はぜひ試してみてくださいね。

層雲峡温泉 氷瀑まつりのスポット情報

標高2,291mという高さを誇る北海道最高峰の山『旭岳』。こちらでは、12月~5月上旬までという日本一長い期間スキーが楽しめるとして有名です。白銀が眩しいほどに輝く中でのスキーはとても開放感があり気持ちがいいですよ。冬の旭川旅行でスキーを楽しみたいという方にもってこいのスポットです。
旭岳スキーコースまではロープウェイに乗車すると行くことができるのですが、冬のロープウェイに乗ると、眼下に広がる真っ白な世界を拝むことができてとても美しいですよ。運がよければ光の柱のような物体が出現するサンピラーを見ることができるかも?しれません。

旭岳のスポット情報

アイスキャンドル発祥の地・下川町で毎年開催されるキャンドルの祭典『しもかわアイスキャンドルミュージアム』。この祭典は例年2月中旬に約3日間の日程で開催されています。メイン会場のにぎわい広場には直径10メートルという巨大なアイスドームが登場したり、犬ぞり体験などを楽しむことができ、冬ならではの旭川を満喫することができます。
イベント期間中は、各家庭の前やイベント会場などにたくさんのキャンドルが灯って、優しい光を放ちます。その姿を眺めているだけでほっこりした気分を味わうことができます。

しもかわアイスキャンドルミュージアムのスポット情報

冬の旭川といえばやはりウィンタースポーツ!冬になるとスキーやスノーボードなどを楽しもうと大勢の観光客が旭川を訪れます。旭川に数あるスキー場の中でも最も古い歴史を持つのが旭川市内からも車で30分ほどという好立地にある『カムイスキーリンクス』です。こちらのスキー場は、幅150mの急斜面が500mほど続いており、初級者から上級者まで楽しむことができるコースが設備されています。

カムイスキーリンクスのスポット情報

12月初旬から3月中旬にかけて、JR旭川駅周辺では『あさひかわ街あかりイルミネーション』が開催され、旭川の街のあちこちが煌びやかな光に包まれます。大きなクリスマスツリーのほか、光のトンネルや平和通買物公園のモニュメントが照らし出されたりと、とても迫力がありますよ。ロマンティックな雰囲気を感じながら散策してみるのがおすすめです。

あさひかわ街あかりイルミネーションのスポット情報

旭川八景の1つに選ばれている嵐山。こちらの山頂にある展望台からは晴れていれば、パノラマに広がる市街地や大雪山系を見下ろすことができます。冬に展望台まで上ると、白銀に包まれた景色を楽しむことができ、とても幻想的です。ただし、積雪などの状況によっては展望台までの道が危険なこともありますので、注意が必要です。

嵐山展望台のスポット情報

旭川空港の近くには、約400haほどにわたって続く『就実の丘』と呼ばれる丘があります。冬はかなりの積雪量になるため、丘の頂上手前ほどまでしか行くことができませんが、真っ白なパノラマの世界を楽しむことができます。どこまでも続いている白銀の世界は清らかな気持ちを感じさせてくれますよ。

就実の丘のスポット情報

ショッピングを楽しみたいときには、旭川市のメインストリート『平和通買物公園』がおすすめです。このストリートはJR旭川駅前から8条通までの道のりが歩行者天国になっており、様々なお店が軒を連ねています。ショッピングやお土産品を購入したいときにもってこいの場所です。冬になると、ストリート全体が雪景色になりとてもきれいです。

平和通買物公園のスポット情報

冬にこそ訪れたい旭川の観光スポットをご紹介してきましたがいかがでしたか?冬ならではの旭川を満喫することができる観光スポットがたくさん登場しましたね。冬の旭川観光を検討されている方は、ぜひ今回ご紹介した観光スポットへ足を運んでみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BggRWA2ne3Q/?hl=ja&tagged=%E6%97%AD%E5%B7%9D%E8%A6%B3%E5%85%89