Qkx9e1tbfwe3lkqcbzcv

ポーランド

CATEGORY | ポーランド

【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説

2019.06.20

東欧にある美しい国ポーランド。日本でも人気の観光国ですが、ポーランドの治安は悪い?良い?どちらなのか気になりますね。ここではポーランドの治安についていろいろまとめます。世界の治安ランキングや外務省の海外安全情報などもまとめますので、是非参考にしてくださいね。

  1. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説①比較的治安が良いポーランド
  2. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説②世界の治安ランキングでは第何位?
  3. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説③外務省の海外安全情報では?
  4. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説④テロの危険性はある?ない?
  5. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑤首都ワルシャワの治安
  6. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑥ポーランド各都市の治安
  7. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑦とくに注意が必要な場所はある?
  8. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑧最も気をつけるべきは軽犯罪
  9. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑨タクシーのぼったくりに注意
  10. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑩夜の散策は基本的にNG
  11. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑪酔っ払いや物乞いに関わらない
  12. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑫ニセ警察官に気をつけよう
  13. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑬身の回りのものはしっかり管理
  14. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑭現金よりカードがおすすめ
  15. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑮服装はなるべく落ち着いたものを
  16. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑯携帯電話はつねにスタンバイ
  17. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑰緊急連絡先をひかえておこう
  18. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑱パスポートのコピーも用意しよう
  19. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑲外務省のたびレジに登録
  20. 【2019最新】ポーランドの治安は悪い?良い?ランキングの順位は?疑問を解説⑳海外旅行保険の加入もおすすめ
  21. まとめ

東欧にあるポーランドはとても美しい国。中世の街並みや建築物が楽しめるとあって観光客に大人気。ヨーロッパをはじめとして世界各国から大勢の旅行者が集まります。日本でも近年人気が急上昇。ヨーロッパのなかでは比較的治安が良いので、安心して旅行ができると高い評価を得ています。

そのうえ物価が安いので、少ない予算でヨーロッパを旅したい人やバッグパッカーにはとくにおすすめでしょう。ただ、やはりポーランドは海外でありヨーロッパ。そのため日本と同じというわけにはいきません。旅行中に注意すべきことがいくつかあります。それをここではまとめていきましょう。

ポーランドの治安は世界的にみて、どのくらいなのでしょうか?ここではイギリスの経済雑誌『Economist(エコノミスト)』が毎年発表している世界平和度指数のデータを参考にみてみましょう。最も新しい「Global Peace Index 2019」によると、世界163ヵ国中ポーランドは第29位にランクイン。前回のランキングより3つ順位を上げています。

日本は第9位にランクインしていますから、日本ほど治安は良くないのでしょう。ただ世界163ヵ国の中では相当上位ですし、ポーランドの下には日本では治安が良いとされる台湾やソウルなどがランクインしています。それよりも上の順位にポーランドはランクインしているわけですから、治安は決して悪くないのでしょう。

次に外務省の公式ホームページに掲載されている海外安全情報をみてみましょう。外務省が発信する海外安全情報では世界各国の最新犯罪情報や感染症情報などが入手できます。それによるとポーランドからは現在(2019年6月18日)危険情報も感染症情報も出ていないようです。また渡航に関する制限や禁止も一切出ていません。

安心・安全に旅行ができるということでしょう。ちなみに渡航前には必ず外務省の海外安全情報をチェックしましょう。現在は安全でも渡航時には状況が変わっているかもしれません。外務省の公式ホームページでは世界の最新情報を逐一発信していますので、こまめにチェックするのをおすすめします。

ポーランドではテロが発生する可能性はあるのでしょうか?テロの情報も外務省の公式ホームページでチェックすることができます。それによるとポーランドでは現在テロ組織や国際テロ組織、反政府組織の活動は確認されていないとのこと。同時にそれらの関連組織の動きもみられないとのことです。したがってテロ発生の可能性は低いと言えるでしょう。

ただこれも外務省による情報ですが、大規模な国際会議の開催時にテロ警戒レベルが一時的に引き上げられたことはあったようです。またイスラム過激派組織から攻撃の対象国として名指しされていることから、可能性は低いとはいえ油断は禁物。必ず渡航前に外務省の公式ホームページでテロに関する情報をチェックするようにしましょう。

ヨーロッパでは比較的治安の良いポーランド。首都ワルシャワの治安はどうなのでしょうか?世界各国からの旅行者が集まるワルシャワですが、危険な雰囲気は皆無。普通に行動していれば、安心して観光を楽しむことができるでしょう。

ただ貴重品の管理はしっかりと行ってくださいね。危険な雰囲気はありませんが、スリや置き引きなどの軽犯罪は頻発しています。でも自身の注意によって回避できますので、それほど心配はいらないでしょう。

クラクフ

ワルシャワ以外の都市の治安はどうなのでしょうか?ポーランド随一の観光地クラクフは、さすがに観光客が多いせいか軽犯罪の発生率が高いようです。詐欺やグループによる犯罪も起きています。クラクフではワルシャワ以上に貴重品の管理を徹底しましょう。また話しかけてくる人や、わざとらしくぶつかってくる人には特に注意してくださいね。

ポズナン

ワルシャワに遷都する以前の首都であったポズナン。ポーランド西部に位置し、国内では最古の都市とされています。クラクフほど観光客が多くないので、スリや置き引きなどの軽犯罪が発生することはあまりありません。ぼったくりや詐欺の心配もほとんどいらないでしょう。だからといって油断は禁物ですが、少しだけ気を抜いてのんびり観光するのも良いでしょう。

ヴロツワフ

南西部に位置するポーランド第4の都市・ヴロツワフ。とてもカラフルで小人がたくさんいる街として人気があります。ポズナンと同様ワルシャワやクラクフほど観光客が多くありませんので、軽犯罪が起きることもあまりありません。貴重品をしっかり管理するなど、最低限の注意を怠らなければ比較的安心して観光することができるでしょう。

グダニスク

グダニスクはポーランド北部にある港湾都市。バルト海に面しているため、夏にはリゾート地としてヨーロッパ中から観光客が集まります。そのため夏にグダニスクへ行く場合は注意が必要です。人が多くなり軽犯罪も発生しやすくなります。いつも以上にしっかりと貴重品を管理しましょう。

ヨーロッパでは治安が良いとされるポーランドですが、ちょっと注意が必要な場所が2つあります。1つ目は、ワルシャワ中央駅です。人口の多いワルシャワのなかでも、とくに多くの人が集まるのが駅。しかも国際列車も運行していますから、ポーランドだけではなくヨーロッパ中の人がワルシャワ中央駅を利用します。そうなると多くなるのがスリや置き引き。トラブルに巻きもまれないように重々注意しましょう。

もう1つは、バスやトラムなどの車内です。空いている時は良いのですが、混んでいるバスやトラムには要注意。バスやトラムの車内にはプロのスリがうようよしています。慣れた手口で盗むため、気づかないうちに貴重品がなくなっていることもしばしば。とくにショパン空港とワルシャワ中央駅の間を走る市バス175線で多くの被害が発生しています。175線を利用する際はくれぐれも気をつけてくださいね。

安全・安心に旅行するためにも、ポーランドで最も気をつけるべき犯罪は何なのでしょうか?それは、スリや置き引きなどの軽犯罪です。比較的治安の良いポーランドでは、殺人や強盗などの凶悪犯罪は滅多に起きません。ただスリや置き引きなどの軽犯罪は日常的に頻発しています。

スリには単独犯もいればグループ犯もいます。とくにグループでの犯行は巧妙です。1人がぶつかったり話しかけたりして注意をそらしている間に、もう1人が貴重品を盗みます。そのため人ゴミの中では貴重品の管理をしっかりするように心がけましょう。

スリや置き引きのほか、ポーランドではタクシーのぼったくりにも注意しましょう。初めて行く場所では土地勘がないためタクシーを使いがち。でもポーランドでは車で5分のところでも、わざと遠回りして乗車料金をぼったくる犯罪が横行しています。

なかでも空港や駅で客引きをしているタクシーや流しのタクシーはぼったくりの可能性が高いと考えてください。タクシーを利用する場合はなるべくホテルに呼んでもらう、あるいは配車アプリを使いましょう。配車アプリではUberが使えますので、旅行前にインストールしておくのをおすすめします。

美しい街並みが楽しめるポーランド。夜の景色も楽しみたいですよね。でも夜の長時間の散策は基本的にNG。1人歩きの場合は、最小限の散策に抑えましょう。女性なら尚更です。人通りの多い場所は街灯がついていますし、それほど危険を感じないかもしれません。でも昼間と違って夜にはどんな危険が潜んでいるかわかりません。

またナイトスポットにも近づかないのが賢明です。危険のないお店もたくさんありますが、なかにはぼったくりバーやぼったくりクラブもあります。とくに客引きをしているお店は警戒してください。声をかけられても無視をきめこんでくださいね。

お酒好きの人が多いポーランドでは、昼夜を問わず街の中に酔っ払いがいます。泥酔して路上で寝ているだけなら良いのですが、観光客にしつこく絡んでくる人もたまにいるようです。そんな時は、なるべく距離を置いて一切関わらないようにしてください。仮に酔っ払いから何らかの被害を受けた場合は、すぐ警察に連絡を入れましょう。

またポーランドでは物乞いを見かけるかもしれません。お金を要求されることもあるでしょう。でも酔っ払い同様、物乞いもなるべく無視するようにしましょう。最初は心が痛むかもしれませんが、ポーランドでは普通のことです。無視しても怖いことはありませんので、安心してくださいね。

さらに気をつけたいのが、ニセ警察官による盗難です。ポーランドでは警察官に扮したニセ警察官による盗難が頻発しています。そのターゲットは主に観光客。観光客を呼び止め、荷物検査をするふりをして財布などの貴重品を盗み取るのです。観光客は本物の警察官だと信じているので、貴重品が盗まれたとすぐには気づきません。その意味で実に巧妙な犯罪なのです。

もし警察官と思しき人に荷物検査を要求されたら、断固拒否しましょう。ポーランドでは警察が観光客の荷物検査をすることはまずありません。またクレジットカードの提示や暗証番号を要求することも絶対にありませんので、くれぐれも気をつけましょう。

ポーランドでトラブルに巻き込まれないために、旅行者はまず何をしたら良いのでしょうか?それは身の回りのものをしっかりと管理することです。とくに財布やスマホなどの貴重品は肌身離さず持ち歩きましょう。また手持ちのカバンはファスナー付きもの使う、頑丈な素材のカバンを用いる、大事なものは一ヶ所にまとめず小分けにするなどもトラブルを回避することにつながるでしょう。

スーツケースやボストンバッグといった大きな荷物も、自分の目に見える範囲でしっかり管理しましょう。スーツケースには常に鍵をかける、出来ればスーツケースベルトも締めることも徹底してくださいね。

ポーランドで多額の現金を持ち歩くのはNG。スリにとって現金は一番の盗品ですので、多額の現金を持っている人は狙われやすいのです。そのため現金は必要最低限のみ準備して、ホテルやレストランでの支払いはなるべくクレジットカードで済ませましょう。

クレジットカードなら盗まれても使用停止が可能ですし、暗証番号がわからなければ使用できません。万が一クレジットカードが盗まれた時のために、カード会社の電話番号とクレジットカードの番号をひかえておいてください。盗難された際もスムーズに手続きできますよ。

ポーランドの観光では、派手な衣服やブランド品を身に付けるのはNG。なるべく地味で目立たない服装を心がけましょう。ブランド品を身に付けると、お金を持っていることがばれてしまいます。スリのターゲットになるのも時間の問題です。

同様に、ブランドのロゴが大きく描かれた紙袋を持つのもやめておきましょう。それでなくても白人ばかりのポーランドでアジア人は目立ちます。安心・安全に旅行がしたいなら、地味で目立たない衣服を身に付けるのが賢明です。

ポーランドでトラブルに巻き込まれた際、いろいろなところに連絡をする必要が出てきます。そのためいつでも携帯電話はいつでもWi-Fiに接続できるようにしておきましょう。ポーランドで使えるポケットWi-Fiをレンタルするのも良いですし、ポーランドでsimカードを利用するのも良いでしょう。

とにかく接続できる環境を常に整えておきましょう。また携帯電話は電池がなくならないよう、こまめに充電しておいてくださいね。モバイルバッテリーを持ち歩くのもおすすめです。

ポーランドでトラブルに巻き込まれた際の緊急連絡先は、次の通りです。緊急連絡先の代表番号は112(ポーランド語のほか英語でも対応可)、警察は997、救急は999、消防は998、ワルシャワ市警護局は986になります。

電話がつながったら、トラブルが起きた場所、トラブルの内容を出来るだけ詳しく話しましょう。またポーランド語も英語も話せない場合は、まず在ポーランド日本国大使館へ連絡するのをおすすめします。日本国大使館の連絡先は、22-696-5000(閉館時も同様)です。

緊急連絡先をひかえると同時に、パスポートのコピーも準備しておくと良いでしょう。さらにパスポート用の証明写真があると尚良いでしょう。それらがあるとパスポートを紛失した際の手続きがスムーズになります。

パスポート紛失後の手続きや必要書類については、在ポーランド日本大使館の公式ホームページに詳細が掲載されています。その他、外務省の公式ホームページにも掲載されていますので、旅行前にチェックしておきましょう。

旅行前に外務省のたびレジに登録しておくのもおすすめです。たびレジは外務省が提供する「海外安全情報配信サービス」のこと。たびレジに登録すると、旅行前だけではなく旅行中も外務省が発信する渡航先の最新情報が入手できます。

わざわざ外務省の公式ホームページをチェックせずとも、自動的に配信されるのでとても便利。しかも無料ですので是非登録しておきましょう。外務省の公式ホームページで、早速たびレジを検索してみてくださいね。

さらに安心・安全にポーランドを旅行したい場合は、海外旅行保険への加入をおすすめします。プランによりますが、海外旅行保険では渡航先での入院費や治療費のほか、携行品の物損、ロストバゲージなども補償してくれます。

最近ではテロによる被害を補償する特約付きのプランも出てきました。保険料は1日数百円で、旅行の日数分だけかけることが可能です。治安に不安を感じる場合は、是非加入を検討してみましょう。

ここではポーランドの治安についていろいろまとめましたが、いかがでしたか?ヨーロッパでは比較的治安の良いポーランドですが、やはりスリや置き引き、ぼったくりなどには注意が必要です。ただ自身の心がけ次第で回避できるトラブルも多いので、それほど心配はいりませんよ。安心・安全にポーランド旅行を楽しんできてくださいね。