Ptb9gcterpcwqygyvd6b

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

【2019最新】サイパンの物価は高い?安い?疑問を徹底調査!グアムと比較も!

2019.10.27

常夏の島サイパン、日本から近く人気の観光地ですね。サイパンの物価は高い?安い?イメージがありますか?グアムとサイパンどちらに行こうかと迷う人も多いですよね。サイパンとグアムを比較して物価をお伝えします。サイパン旅行の予算決めの参考にしてくださいね!

  1. サイパンの物価は高い?安い?①日本やグアムと比較した物価はどれくらい?
  2. サイパンの物価は高い?安い?②外食にかかる料金はどれくらい?
  3. サイパンの物価は高い?安い?③お酒はどれくらい?
  4. サイパンの物価は高い?安い?④スーパーマーケットはどれくらい?
  5. サイパンの物価は高い?安い?⑤お土産はどれくらい?
  6. サイパンの物価は高い?安い?⑥ショッピングは楽しめる?
  7. サイパンの物価は高い?安い?⑦交通費はどれくらい?
  8. サイパンの物価は高い?安い?⑧レンタカーはどれくらい?
  9. サイパンの物価は高い?安い?⑨ホテルはどれくらいの相場?
  10. サイパンの物価は高い?安い?⑩ダイビングの相場どれくらい?
  11. サイパンの物価は高い?安い?⑪シュノーケリングの相場はどれくらい?
  12. サイパンの物価は高い?安い?⑫ディナークルーズは高い?
  13. サイパンの物価は高い?安い?⑬空のアクティビティはどれくらい?
  14. サイパンの物価は高い?安い?⑭飛行機料金はどれくらい?
  15. サイパンの物価は高い?安い?⑮ツアー料金はどれくらい?
  16. サイパンの物価は高い?安い?⑯安い時期はいつ?
  17. サイパンの物価は高い?安い?⑰サイパンはどんな国?
  18. サイパンの物価は高い?安い?⑱サイパンの通貨は何?
  19. サイパンの物価は高い?安い?⑲チップの相場はどれくらい?
  20. サイパンの物価・まとめ

日本から4時間ほどのフライト時間で行ける常夏の島サイパン、子連れ旅行や女子旅、ダイビングをする人たちで賑わっています。グアムとサイパンどっちがいいのかな?と比較する人も多いですよね?リゾート地としてとても賑やかなのはグアムになります。サイパンはまだまだ手付かずの自然が残っており静かなホリデーが満喫できます。

グアムとサイパンの物価を比較すると同じような感じですが、ショッピング、レストランなどはサイパンの方が高いです。しかし、マリンスポーツ、ダイビングにシュノーケリングなど海のアクティビティーはグアムよりも安い物価で楽しむことができますよ!

続いてサイパンの物価、外食費についてお伝えします。サイパンでは人件費にお金がかかるために、レストラン、カフェなどの値段設定が高いのです。日本、グアムと比較してレストランの料金は高いです。グアムほどまだ発展してないというのもあるかもしれませんね。そして、観光客向けのビーチ沿いのレストラン、カフェは日本より高い食事料金です。もちろん、ファーストフード、ローカルな場所でのランチでしたら10ドル以下でいただくことができます。

サイパンのランチにかかる金額は、だいたい15〜20ドルほどが相場となっています。夜ですと、バーベキュー、ステーキ、ロブスターなどは約50ドルほどです。ステーキディナーのみでしたら、30ドルくらいの相場です。ボリュームが多いためにシャアして食べてもいいかもしれませんね。

サイパンではグアムと同様に、「チップ」がかかります。そのために合計金額は高くなります。

サイパンで食費を安い値段で済ませたい方は、ガラパンのマーケットをおすすめします。毎日ではないですが、ガラパンのナイトマーケットが開催され、ローカルな串焼き、炒め物などを5〜10ドルほどでいただけますよ。

続いてサイパンのお酒の物価をお伝えします。レストランと同じようにアルコール類が高いサイパンです。もちろんスーパーマーケットでビールなどを購入すれば安いですが、日本と同じ物価です。

サイパンの観光客向けのバー、ビーチ沿いのレストランでカクテルを飲むと10〜15ドルはします。ホテルのプールサイドのバーも高い金額です。

続いてサイパンの物価、スーパーマーケットについてお伝えします。外食費が高いサイパンでは、うまくスーパーを活用したいですね。グアムと同じように水道水は飲むことができません。ホテルやお土産やさんで売っているミネラルウォーターは高いですので、スーパーマーケットでまとめ買いをする方が安いです。ジュース、ビールなども安い値段で買えます。ホテルで飲むようにまとめて購入することをおすすめします。ミネラルウォーターなどの物価は日本、グアムと比較して同じような金額です。だいたい1本のミネラルウォーターは、1ドルほどです。

6本セットなど大量パックを購入する方が安いですよ。

続いてサイパンのお土産の物価についてお伝えします。大きなスーパーマーケットや、繁華街のガラパンではお土産屋さんが並んでいます。ハワイ、グアムの海外旅行定番のマカデミアマッツチョコレートなどは10ドルほどで購入できます。アメリカらしいお土産を買いたい方はスーパーマーケットでシリアルやコーヒー、お菓子など手頃な値段で買うことができますよ。

サイパンの有名なお土産は、「マリアナオーシャン(MARIANA OCEAN)」の100%ナチュラルなソープですね。また、美白効果が期待できる、ノニソープなど4、5ドルほどで購入できます!

サイパンとグアムのショッピングを比較して見ましょう。グアムにはたくさんのショッピングモールに高級ブティックなどがあり買い物が安い値段にて楽しむことができます。残念ながらサイパンでは高級ブランドなどのショッピングはあまりできないです。

女子旅などで、半分以上はコスメ、ブランドバッグなどのショッピング目的の方にはグアム旅行をおすすめします。

サイパンでは自然派のコスメ、ソープなど人気が高いものが買えますし、「I Love Saipan」のグッズなども人気がありますね。

続いてサイパンの物価、交通費についてお伝えします。グアムとは違い、サイパンではタクシーやレンタカーの移動しかありません。安い値段で移動をしたい方は、ショッピングモールから出ているシャトルバスで移動するしかないです。日本からオプションでレンタカーを申し込んでおくほうが観光や移動にとても便利です。

続いてサイパンでの物価、レンタカー料金の相場をお伝えします。オプショナルツアーに申し込まずに自分たちで観光スポットなどへ移動したい場合はレンタカーとなります。レンタカーは、借りる時期、車種、レンタルする日数によって様々ですが平均的に1日50ドルからとなっています。レンタルする期間が長いと割引サービスなどあります。

子連れ旅行の方でも、チャイルドシートなどは別途料金にてレンタカーすることができます。

続いてサイパンのホテルの物価をお伝えします。グアムの方がリゾート開発は進んでいるためにホテル内のアクティビティやプールなどは充実しています。しかしサイパンのガラパンでもリゾートホテルは多くあります。そしてダイビングを目的とした方ようのホステルなど格安なホテルもあるサイパンです。

サイパンのホテルは行くシーズンによって金額は変わりますが、平均的に1泊の1部屋の料金は100ドル〜180ドルほどです。高級リゾートホテルも充実しており1泊200ドルほどでしょうか。

続いてサイパンの物価、ダイビングについてお伝えします。サイパンとグアムの海を比較すると、透明度が高いのはサイパンの方です。有名なダイビングスポットも多く、海の中のアクティビティーを楽しみたい方にはサイパンをおすすめします。ダイビングのライセンスも安い値段で取ることができるのも魅力的です。ライセンスの値段はレベルによって異なりますが200ドルから400ドルほどです。

ビーチで体験ダイビングも充実しているサイパンでは、1回のダイブ料金の相場は50ドルほどです。もちろん道具(ウェットスーツ、フィンなど)も含まれた金額ですので安いですよね。そして海ダイブスポットまでの送迎も込みとなっています。オプショナルツアーやダイビングの会社によってはまちまちな金額とはなりますが、体験ダイビングは平均的に1回50ドルほどでできます。

サイパンでは上級者のダイバーも多く訪れます。ダイビングの聖地と言われていますね。ライセンスのある方は、1回のダイビングの値段は70ドルほどです。ボート、ランチ、機材などすべて含まれた値段となっています。1日に2回ダイビングしたい方は2ダイブで90ドル〜とお値打ちな値段です。

続いてサイパンのシュノーケリングの物価をお伝えします。ダイビングも人気が高いようにシュノーケリングでも十分に海の中を満喫できます!

シュノーケリングをするスポットによって金額は変わりますが、インストラクターとボートに乗りいく場合には1回40ドルとなります。所要時間も3時間ほどと大満足のコースとなっています。

自分でビーチからシュノーケリングをする場合は無料となっていますが、フィンやシュノーケルをレンタルしたい方は10ドルほどで借りることができます。

続いてサイパンの物価、ディナークルーズをお伝えします。美しい海からのサンセットを眺めながら豪華客船にてお酒、食事を楽しみたいですよね。ダンスショーにライブなどもお酒を飲みながら見ることができます。

ディナークルーズは約70ドル〜くらいとなっており、お子様の場合には半額の料金です。楽しい夜が過ごせますね〜!

続いてサイパンの物価、空のアクティビティについてお伝えします。日本では高いスカイダイビングなどサイパンでは250ドルほどで体験できます。またパラーセリングは大人は60ドルほど、子供は40ドルくらいで空の散歩ができます。海のアクティビティもいいですが、空の上から美しいサイパンの海を眺めたいですね。

続いてサイパンまでの飛行機料金をお伝えしていきます。1番お金がかかるのが旅費ですね。個人で手配していこうとなると、まず飛行機のチケットを抑えないといけません。今では、LCC(格安航空会社)があり安い金額で行くことができます。大手の航空会社とのメリット、デメリットはやはりありますが、サイパンまでは乗り換えをしても4時間ほどですので、リーズブルなチケットがあれば早めに予約することをおすすめします。

JAL、ANA、アメリカのユナイテッドなどを利用する際にはシーズンオフで7万円〜10万円ほどです。それに比べてLCCは3万円〜往復チケットがあります。

格安航空券スカイスキャナー公式サイト

続いてサイパンの物価、ツアー会社を見ていきましょう。自分で手配するとホテル代、飛行機料金が割高になる場合もあります。サイパン、グアムでしたら格安ツアーやオプションがついたもの、レンタカーがついたプランなど選べます。

各会社のツアーでも夜に出発するものや滞在時間が短く、ホテルのグレードも安いと時期によっては5万円ほどで行けるものもあります。平均的なツアーの相場としては10万円前後でしょうか。

HISサイパンツアー・公式サイト

JTBサイパンツアー・公式サイト

サイパンは、1年中を通してベストシーズンとなっています。年間を通して平均気温は27度と過ごしやすいです。日本と違い、雨季と乾季があります。雨季のシーズンは4月〜10月となり、1日にスコールのような雨が降ります。日本の梅雨のように雨が降り続くわけではないです。ですが、台風が来る場合もあります。

逆に乾季は11月〜3月となり毎日のように太陽がサンサンと輝いています。海の透明度が高いのは乾季ですが、雨季でも同じようにマリンスポーツは楽しめますよ。

1年中がベストシーズンとなるサイパンでは、日本からの時期によって旅費が変わります。日本のゴールデンウィーク、夏休み、年末年始は1番高い観光シーズンです。逆に、ゴールデンウィーク明け、6月から7月の夏休み前、年始明けの時期にはツアー料金や飛行機料金が下がってきます。もちろんシーズンオフでは高級リゾートホテルの金額も下がってきますよ。お値打ちに行きたい方は時期をずらしていくことをおすすめします。

アメリカ合衆国の自治領である北マリアナ諸島の島、サイパン(Saipan)。サイパンの最大都市は「ガラパン(Garapan)」となっており観光客が1番集まる賑やかなエリアです。治安も比較的良好となっており子連れ、女子旅にとても人気が高いですね。

サイパンでは海の透明度が高いことからマリンスポーツ、ダイバーの憧れの場所となっています。透明度が高い時では60メートルともなります。また、海のアクティビティとは別にゴルフ場もたくさんあり人気のスポーツです。

サイパンの通貨は、「アメリカドル」が使われています。紙幣は、$1、$5、$10、$20、$50、$100の6種類となっており、硬貨はセント1¢、5¢、10¢、25¢が流通しています。100ドルではタクシーなどお釣りがなかったりします。そして、チップには1ドルがたくさん必要となります。

アメリカドルへの両替は、空港やホテル内では高いレートのために銀行で両替することをおすすめします。日本の銀行で両替をするなら1ドル札を多めにもらいましょう。また、クレジットカードが使えるために現金は少なめに持参する方が、治安の面を考えると安心ですね。

サイパンはアメリカ合衆国の自治領となっており、「チップ」が必要な国となります。ハワイ、グアムと同じようなチップの料金です。

サイパンでは、レストランでは「サービス料金」が最初から含まれている場合があります。その際にはチップは必要ありません。

チップの相場はレストラン、バーですと合計金額の10%〜15%を渡しましょう。クレジットカードで払うときにはチップを含めた金額を伝えてもいいですし、チップのみをトレーにおいて渡す方法の2つがあります。

チップは義務ではないですが、ウエイターなどはチップがもらえるために時給や給料が少ないというのも現実です。素晴らしいサービスを受けたらチップをたくさん払うのは欧米人たちです。

サイパンのホテルでは同じようにチップが入ります。荷物を運んでくれたポーターへは1ドルを、ベッドメイキングをしてくれた清掃の方にも1ドルを渡しましょう。ベッドサイドに置いておきましょう。部屋やシーツを汚した時などは、余分にチップを置いておくのがスマートですね。ホテルでルームサービスを頼んだ時には、合計金額の10%〜15%のチップを渡してください。

いかがでしたか。サイパンとグアムを比較して物価をお伝えしていきました。同じように魅力的な常夏の島ですね。のんびりと過ごしたい方やダイビングメインの方にはサイパンはおすすめです。子連れ旅行でプールや海、ショッピングを楽しみたい方はグアムいいですよね〜!

サイパンもグアムも素敵なところ、両方とも行けら1番の理想ですね〜!どうぞ、サイパン、グアムで素敵な旅をしてくださいね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BwbY0auBKUk/