Geibqnk9h0j3o0yfy7se

ラトビア

CATEGORY | ラトビア

【2019最新】ラトビア旅行で気になる治安!世界治安ランキングは何位くらい?

2019.09.30

人気急上昇の観光都市ラトビア。旅行へ行きたいけど治安が気になりますよね?ヨーロッパに位置するラトビアの治安のランキング、外務省からの情報も合わせてお伝えしていきます。ラトビアの旅行が楽しくできるように治安情報を読んでヨーロッパへ向かいましょう〜!

  1. ラトビア旅行の治安は安全?①ラトビアってどんな国?
  2. ラトビア旅行の治安は安全?②世界ランキングはどれくらい?
  3. ラトビア旅行の治安は安全?③外務省による犯罪ランキングは?
  4. ラトビア旅行の治安は安全?④スリ・置き引きに注意しましょう
  5. ラトビア旅行の治安は安全?⑤ホテルにも気をつけましょう
  6. ラトビア旅行の治安は安全?⑥ホテル選びにも気をつけましょう
  7. ラトビア旅行の治安は安全?⑦バーには気をつけましょう
  8. ラトビア旅行の治安は安全?⑧ぼったくりバーに注意しましょう
  9. ラトビア旅行の治安は安全?⑨タクシーは正規の会社に乗車しましょう
  10. ラトビア旅行の治安は安全?⑩夜の1人歩きには注意しましょう
  11. ラトビア旅行の治安は安全?⑪長距離バスの移動に注意しましょう
  12. ラトビア旅行の治安は安全?⑫ラトビアのリガで気をつけたい場所
  13. ラトビア旅行の治安は安全?⑬デモには注意しましょう
  14. ラトビア旅行の治安は安全?⑭テロの危険性はある?
  15. ラトビア旅行の治安は安全?⑮マダニに注意しましょう
  16. ラトビア旅行の治安は安全?⑯交通事故に注意しましょう
  17. ラトビア旅行の治安は安全?⑰外務省からの情報
  18. ラトビア旅行の治安は安全?⑱在ラトビア日本国大使館の情報
  19. ラトビア旅行の治安は安全?⑲ラトビアへのアクセス方法は?
  20. ラトビア旅行の治安は安全?⑳ラトビア観光のベストシーズンはいつ?
  21. ラトビア旅行の治安・まとめ

ラトビアってどこにある国なのか知らない人も多いのではないでしょうか。ラトビアの雑貨は日本ではとても有名で人気急上昇中ですね。特に、ラトビアの伝統的な編み方のミトン、ニット、バスケットなどは日本の雑貨屋さんやセレクトショップで購入できます。

ラトビアの正式名称は、「ラトビア共和国( Latvijas Republika)」となっており、北ヨーロッパに位置しています。首都はリガとなり世界遺産に登録された街並みがとても素敵です。中世のヨーロッパの面影が残る街並みです。

そしてラトビアは、『バルト海の真珠』と呼ばれておりヨーロッパからの旅行者がとても多い人気の観光都市です。

ラトビアはバルト3国の1つとなっており、北にはエストニア、南にはリトアニア、東にはロシアと国境を接しています。公用語はラトビア語となっており、ロシア語も話せる人が多くいます。観光スポットでは英語を話すラトビア人も多くいます。

ラトビアは、EU加盟国ですのでユーロが通貨となっています。

続いてラトビアの世界ランキングをお伝えしていきます。グローバル・ファイナンス誌から毎年のように世界の治安の良い悪いランキングが発表されます。

毎年ランキング1位になるのは、北欧ヨーロッパのアイスランドです。そのほかランキング上位を占めるのは同じように北欧のフィンランド、デンマーク、ノルウェーがトップ10に入ります。

2019年度のラトビアの世界ランキングは24位となっています。同じようにバルト3国のエストニアは17位、リトアニアは25位となります。そして日本は43位の結果です。

世界治安ランキングは、自然災害、個人の安全、戦争と平和の3つから順位が決められます。日本は自然災害が多いために43位となっています。また、世界ランキングの上位に入っているから、治安が良い!とは限りません。ランキング=治安良好とは限りませんので旅行の際には気を緩めることなく行動をしましょう!

ラトビアの治安、外務省によるランキングをお伝えしていきます。2017年ではラトビアの犯罪は44、250件となっており昨年より減少をしています。ヨーロッパの中でも治安の良いランキングに入るラトビアです。犯罪が多いのは、夏場の観光シーズンの時に起きる、「スリ、置き引き」の軽犯罪が割合を占めています。

外務省によると、日本人観光客がスリ、窃盗などのソフトターゲットになっているとホームページに記載されています。日本人はお金を持っている、ブランド品を身につけているなどのイメージが強いためです。なるべく目立つような服装はやめておきましょう。

続いてご紹介する、ラトビア旅行で注意したい治安は、スリ・置き引きです。観光客で賑わっているスポット、リガ旧市街、公共交通機関などではスリが多発しています。スリの人たちはグループになっている場合もあります。不審な人を見かけたら貴重品などに気をつけて歩きましょう。

スリに合わない対策としては、斜めがけのチャック付きのバッグ、リュックの人は人混みでは前に抱えるように持つなど配慮が必要です。

ラトビア旅行では置き引きも多くあります。ホテル内、カフェ、レストランでは椅子にバッグをかけるのはやめましょう。またテラス席でのパソコン、スマートフォンなどもテーブルに置いておくのは危険ですので気をつけたいですね。

続いてご紹介するラトビア旅行で気をつけたい治安は、ホテルです。格安ホテル、ホステルなども多くあるラトビア、貴重品の管理は注意してください。外務省からの情報によると、南京錠でロックをしていたリュックサックがナイフで切られて、盗難事件にあったとの報告もきています。ホテル、ホステル内は簡単に入ることができます。パスポートや貴重品、パソコンなどは自分で持ち歩く方が安全と言えるかもしれません。セキュリティーボックスも開けられる可能性があります。

外務省によると、ラトビアのリガのホテルでビュッフェを食べていたところ、朝食を取りに行った際に椅子に置いてあったバッグが置き引きにあったそうです。ホテルでの置き引きも多発していますのでバッグからは目を離さないようにしましょう。ホテルだからと安心してはいけません。日本ではなく海外旅行にいるということを常に忘れないようにしましょう。

続いてラトビア旅行で気をつけたい治安は、ホテル選びです。ラトビアの冬はとても長く11月から3月までは寒くて日照時間が短いです。そのシーズンに旅行をされる方はホテル選びに気をつけませんか。女子旅、1人旅などが多いラトビアでは冬の時期に旧市街から離れた場所にあると暗い道を歩いて帰るのも怖いです。リガの旧市街ですと観光客も多く街灯があり安全です。雪の降る中、タクシーやバスで移動するのも大変ですよね。シーズンオフの方はホテル選び慎重に検討しましょう。また、観光シーズンとなる夏場は早めにホテルを予約することをおすすめします。

続いてご紹介するラトビア旅行で気をつけたい治安は、バー、ナイトクラブです。外務省によるとバーへ入るだけでお金を取られる「外国人バー」の詐欺があります。バーやクラブへ入ってアルコール、ドリンクを注文する時には、値段を確認しましょう。多額のお金、入場料を取るバーもあります。リガのホテルや地元の人たちの評判を聞いてみるといいです。怪しい雰囲気のバーやナイトクラブの際には被害に合う前にすぐに外へ出ましょう。

続いてご紹介する、ラトビア旅行で注意したい治安は、ぼったくりバーです。特に男性の旅行の方は気をつけてください。美しいラトビアの美女からお酒に誘われたらついつい1杯くらい飲んでもいいかなーと思ってしまいそうですが……。バーと女性はグルになっていますので、1杯のビールがとっても高い値段となります。決して誘いには乗らないようにしましょう。また、バーではスキミングの犯罪も多くなっています。何度もピンナンバー(暗証番号)を入れ直してと言われたら、スキミングされている可能性が高いです。警察に通報するなり、クレジットカードを止めるなり気をつけてください。

続いてご紹介する、ラトビア旅行で注意したい治安は、タクシーです。ラトビア旅行でタクシーを乗る時には、「黄色いナンバープレート」のタクシーに乗りましょう。また、正規の会社は、「レッドキャブ」と、「バルティックタクシー」となっています。リガ空港から市内へタクシーへ乗る時には正規のタクシー乗り場から乗車してください。そしてメーターがちゃんと回っているのかも確認しましょう。ツーリストインフォメーションで、空港から市内までのタクシーの相場を教えてくれます。ぼったくりをされるのが嫌な人は聞いてみましょう。

続いてラトビア旅行で気をつけたい治安は、夜の1人歩きです。世界ランキングの上位に入っていても女性の夜遅くの外出は危険です。街灯のない小道、公園などへは行かないようにしましょう。レストランで食事をして遅くなった時には、お店から正規のタクシーで帰りましょう。いくらランキングが良くてもヨーロッパの夜の1人歩きはおすすめできません。

続いてラトビア旅行で気をつけたい治安は、長距離バス移動です。ラトビアといえば、バルト3国の1つですが、リトアニア、エストニアへは長距離バスで簡単に移動ができ、周遊旅行を楽しむ人も多いですよね。休憩の際にはハンドバッグなど貴重品をバスの中へ置いていくことのないようにしてください。また上の荷物置き場には貴重品など大切なものは置かないようにしましょう。

続いてご紹介するラトビアの治安で注意したい点は、バス、トラムなどの公共機関です。夏のハイシーズンにはたくさんの観光客が押し寄せ、リガ旧市街へ窃盗などの出稼ぎに来る人たちも増えます。そんな人たちに隙を見せないようにしましょう。写真を撮って欲しいとかフレンドリーに話しかけてきて、相手の気持ちを油断させ、ハンドバッグの中の貴重品をとるプロの人たちがいます。

治安の悪いランキング・リガ旧市街

続いてご紹介するラトビアの治安の悪いランキングに入っているエリアは、「リガ旧市街」です。日本人をターゲットにしたスリ、置き引きなどの被害が外務省に寄せられています。特に観光シーズンとなる夏場は、スリなどの盗難事件に気をつけましょう。歩きながらのスマートフォンは危険です。

治安の悪いランキング・中央駅周辺

続いてご紹介するラトビアの治安の悪いランキングに入っているエリアは、「中央駅周辺」です。スリも多く、また薬物中道者、酔っ払いの人々も多くなる夏場のシーズンです。ホームレスや物乞いの人を見かけても無視をしましょう。さらに、市場などで買い物をした時にお釣りをごまかす人たちもいますので十分に気をつけましょう。

治安の悪いランキング・リガ国際空港

続いてご紹介するラトビアの治安の悪いランキングに入っているエリアは、「リガ国際空港」です。日本からバルト3国へ行くハブ空港となっているために多くの観光客が訪れます。空港内でもスリ、置き引きに気をつけましょう。

続いてご紹介する、ラトビア旅行で注意したい治安は、デモです。ラトビアではデモは頻繁には起こらないですが、デモに遭遇した時には巻き込まれないようにしましょう。政治問題についてデモが行われます。近くに寄らないことが1番です。外務省からもリガ市内でのデモについてホームページに記載されています。目を通しておきましょう。

続いて外務省によるラトビアのテロについてお伝えします。2019年現在、ラトビア全土にてテロは発生していませんが、今の現在どこにいてもテロが起こる危険性はありますし、未然に防げるものでもありません。万が一テロが発生した時には、外務省、在日本大使館の指示に従い安全に行動をしましょう。

外務省からの情報によると、リガ市内を含めラトビア全土で、マダニによる被害が出ています。日本にはない風土病となっています。ラトビアの森林へ行く人は、帽子、長袖長ズボンを着用してください。ラトビア全土にて春から秋にかけてマダニが繁殖する時期となっています。

外務省によると、ダニ脳炎で毎年死者が出るほど重症化するそうです。長期間、ラトビアへ滞在するかた、森林へ行く方は日本から予防接種を受けていきましょう。

外務省・厚生労働省検疫所公式サイト

続いてご紹介するラトビアの情報は、交通事情についてです。ヨーロッパの中でも交通事故が多い国となっています。石畳の道、舗装されていない道などが多くあります。さらにラトビアの人たちは運転が荒いために交通事故が多発しているのです。長い冬の時期には道が凍っていてさらに危なくなります。車の多い道を歩く時には気をつけましょう。また、ラトビアでレンタカーを借りて運転する人は十分に気をつけてくださいね。必ず、海外保険に入りましょう。

2019年8月現在、外務省による危険レベル、感染症の情報はありません。しかし、リガ市内でのスリが多発しているために十分に気をつけて旅行をしてください。

また、ラトビアへ旅行へ行かれる方は、外務省からの「たびレジ公式サイト」に登録をしましょう。最新のデモ、テロなどについての情報を知ることができます。

外務省・たびレジ公式サイト

外務省・ラトビア共和国Republic of Latvia

ラトビア旅行で、パスポートの紛失、貴重品などの盗難にあった場合などは、在ラトビア日本国大使館および、外務省へ連絡を入れましょう。

在ラトビア日本国大使館情報

*在ラトビア日本国大使館

*住所:Vesetas iela 7, Riga LV-1013, Republic of Latvia

*電話:6781-2001/2002

在ラトビア日本国大使館・公式サイト

女子旅にとても人気があるラトビア旅行、日本からは直交便はないですが、ヨーロッパ経由で楽にアクセスすることができます。

名古屋、成田、関空からは「フィンランド航空」が毎日運行しています。フィンランドのヘルシンキへ行き、ヘルシンキ経由で1時間ほどでラトビアの首都リガ国際空港へ着きます。また、ロンドン経由では3時間ほどでリガへ着くことができます。リガ国際空港はバルト3国のハブ空港となっています。人気のエストニアのタリンへは長距離バスで移動ができます。

スカイスキャナー公式サイト

ラトビア旅行のベストシーズンは、6月〜8月の夏場となります。日本のような湿度がなく過ごしやすい夏のシーズンです。ラトビアは高緯度に位置しているため、寒さの厳しい冬が続きます。11月から3月下旬は寒い冬となり、マイナスの気温となっています。もちろん旅行もできますが、防寒対策をしっかりとしましょう。道路が凍り滑りやすくなるので、靴にも注意してくださいね。

いかがでしたか。ラトビアはヨーロッパの中でも治安が良く、少しのことに注意をするだけで快適で安全な旅行をすることができます。海外旅行へ行ったら、自分の身は自分で守るしかないですが、スリ、置き引きなどは気を緩めることなく観光をしていれば防げますね。ラトビアの治安情報をしっかりと頭に入れて、楽しい旅行にしてくださいね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/B1YtedFlSNJ/