R9nbqdf3vruoyedsmnx0

チェコ

CATEGORY | チェコ

【2018年完全版】チェコ旅行のおすすめ旅行プランをまとめてご紹介!

2018.03.18

市街のあちこちに中世の面影が残る中央ヨーロッパの国、チェコ。綺麗かつ可愛いチェコに旅行へ行きたい方は多いでしょう。荘厳なプラハ城や彫像が立ち並ぶカレル橋。他にも世界遺産となる観光地が多くあります。この記事ではそんなチェコのオススメ旅行プランを紹介していきます。

  1. チェコってどんな国?
  2. チェコの首都プラハをのんびり歩いて、中世気分を味わおう!
  3. 旅行中の食事はチェコの名物料理を
  4. ストレスはチョコの自然で癒そう
  5. プラハからちょっと小旅行、チェコのオススメ都市
  6. おとぎの世界へ、「チェスキー・クルムロフ」
  7. 旅行客を癒す都市、「カルロビ・バリ」
  8. 旅行中のショッピングは可愛い小道で
  9. 旅行のお土産は何がオススメ?チェコのオススメお土産をご紹介!
  10. まとめ
チェコは中央ヨーロッパのほぼ真ん中に位置する共和制国家の国です。中世の歴史が強く残る国であり、歴史的な建造物が多いほか、多くの文学者や音楽家を輩出してきました。。
市街地には中世の頃と変わらない町並みが広がり、一人旅や女子旅に人気があります。ではそんなチェコの旅行プランをご紹介する前に、チェコを旅行するにあたってあらかじめ知っておいた方が良い情報をご紹介しましょう。

治安

パリのテロ事件があった後からヨーロッパを旅行する方は治安に関して心配をしていると思います。チェコはヨーロッパの中では比較的安全な国で、貴重品に気を配っていれば安心して観光ができる国です。
しかし、犯罪自体は日本と比べるとかなり発生率が高いです。スリや置き引き、両替トラブル等の他、偽警官などが出没したりします。観光地、移動に利用する地下鉄などでは貴重品には気を配りましょう。
また、チェコは日本に比べると該当が少ないため、夜は暗く細い道は危険です。大通りを歩いたり、あまり遅くまで出歩かないようにしましょう。
112:警察と消防の緊急番号/158:チェコ警察署への番号

物価

チェコの通貨はチェコ・コルナといい、現在のレートでは1コルナ= 5円です(2018年3月現在)。他のヨーロッパ諸国と比べるとかなり安いです。また、ユーロ圏でもあるので観光地ではユーロが使えます。
物価自体かなり安く、レストランでは食事が約500円から800円。ビールはバーで飲んでも100円程度にしかなりません。地下鉄は、日本とは違い時間で区切って料金を設定しています。 30分間地下鉄に乗っていて24コルナ(現在のレートで120円程度)。食事、交通機関ともに基本的に質は良いため、皆さん安心して買い物してください!
チェコの首都プラハはヴルタヴァ川に二分されており、中世からの歴史を残した古都であり、その美しさを表して「百塔の街」「北のローマ」「黄金のプラハ」「建築の宝石箱」と呼ばれています。(田中充子『プラハを歩く』より)
それらの呼び名の通り、プラハには素晴らしい観光地や世界遺産が数多く存在します。また、プラハは小さい町なので歩いて周れます。チェコを旅行するときは、ぜひ1日はプラハを周る時間をプランに組み込んでいただきたいです。それでは、そんなプラハの見所をご紹介していきましょう。

チェコへ旅行に来たら一度は見てほしい、「プラハ城」

プラハ城は世界で最も古く大きな城であり、10世紀には既に現在の大きさであったと言われています。
プラハ城には聖堂や宮殿、庭園などが敷地内にあります。城内は観光客に解放されており、聖堂や宮殿という美しい歴史的建造物を見ることができます。
また、国立歴史博物館やおもちゃ博物館、プラハ城絵画美術館など多くの博物館が存在していて1日では周り切れないかもしれません。そして夜はプラハ全市の観光地が深夜0時までライトアップされるため、プラハ城の美しい夜景を楽しめます。
〈アクセス〉地下鉄A線マロストランスカー駅から徒歩15分。城まで続く坂道はネルドヴァ通りと言われ、お土産店やレストランがあり、駅からプラハ城までの道のりはかなり楽しいと思いますよ!
〈料金〉大人:350コルナ、学生175コルナ(建物によって料金は違います)
〈営業時間〉6時から22時。それぞれ建物、季節や月によっても時間帯が違います。行く前には必ずプラハ城のホームページ(英語)を見ておいた方が良いでしょう。

美しい彫像が立ち並ぶ、「カレル橋」

プラハ旧市街とその周囲をつなぐ橋であり、3つの橋塔と合計30個の彫刻があります。その中でも十字架像が有名です。また橋の上は露店があったり、ジャス演奏等が楽しめます。
夜はライトアップがあり、昼間とはまた違った美しい夜景を見ながら歩くことができますよ。

歴史を感じる、「旧市街広場」

カレル橋からしばらく歩いた場所にあり、ゴシック様式やバロック様式の教会など、多くの歴史的な建造物を見ることができる広場です。広場の中央には宗教改革者のヤン・フスの銅像があります。

チェコで1番大きな教会、「聖ヴィート大聖堂」

プラハ大司教の司教座聖堂であり、ボヘミア王たちの墓があります。ゴシック建築の代表的な建造物であり、前述したプラハ城の内側にあります。
聖堂の内は美しい装飾とステンドグラスがあります。特に、思わず溜息が出てしまうほど綺麗なステンドグラスの絵は必ず見てほしいポイントです。北側の窓の絵はチェコ出身の有名な画家アルフォンス・ミュシャが手がけています。
〈営業時間〉9時から18時。11月から3月までは9時から16時で、日曜日は開館時間が夏季と冬季ともに12時からです。
〈入場料〉チケットA(旧王宮から博物館、美術館とプラハ城内の多くの場所へ入場可)約1800円。チケットB(旧王宮、聖イジー教会、黄金小道、リボルカ)約1300円。

チェコのシャンゼリゼ、「ヴァーツラフ広場」

観光客が多く通り、とても賑やかな広場です。約700mの通りであり、フランスのシャンゼリゼ通りのような雰囲気があります。中央にはヴァーツラフ騎馬隊像があり、通りはブティックの店等があってショッピングにも良い場所です。
〈アクセス〉プラハ中央駅から国立博物館の方面

チェコの時を知らせてくれる、「プラハの天文時計」

旧市街広場にはあり、プラハの中世天文時計の一つです。天文図の文字盤や「使徒の行進」と呼ばれるキリストの使徒の人形が一定時間ごとに動いたり、とても見応えがある天文時計ですよ。

チェコで1番ユニークなビル!?「ダンシング・ハウス」

まるで人が踊っているかのような不思議な形をしたビル。冷戦後、チェコが民主化してから建てられたビルで、他の歴史的な建物に対して、近代的な印象が伺えるビルです。中世の旅をちょっと休憩して、この不思議なビルを見てみるのはいかがでしょう?
〈アクセス〉イラースク橋の近く、パラツケホー駅から北方面。
チェコの料理はドイツ、オーストリアの影響を受けており、伝統的なチェコ料理はじゃがいもと量の多い濃い味の肉が定番です。チェコを旅行中、是非味わって欲しいチェコ料理をご紹介します。

チェコは世界一のビール大国!?

実は、チェコはビール大国であり、多くの種類のビールが醸造されています。オススメはプルゼニスキー・プラズドロイやヴドヴァイゼル・ブドヴァルです。市街には多くのビールバーがありますから、ぜひ寄ってみてください。

チェコのポテトパンケーキ、「ブランボラーク」

すりおろしたじゃがいも、小麦粉、卵を混ぜて焼いたポテトパンケーキ。手軽に食べられますから、旅行中小腹がすいた時にはオススメですよ。

チェコ自慢の肉料理、「スヴィチェコヴァー・ナ・スメタニュ」

牛ヒレ肉に甘いクリームソースをかけた料理です。クランベリーソースとホイップクリーム、茹でたじゃがいもや硬くなったパンを潰して作ったクネーデルが添えられていることが多いです。甘いソースが意外と牛肉に合いますから、是非ご賞味ください。
チェコは自然が豊かな国としても知られています。首都プラハから少し遠いですが、滞在期間が長い方は日頃の疲れを癒すために是非訪れて欲しい、チェコのオススメ自然スポットをご紹介します。

鍾乳洞を探検!?「プンクヴァ洞窟」

チェコの都市ブルノから車で約1時間のところにあるモラヴィアカルストの洞窟です。鍾乳洞は幻想的な風景が広がり、地底湖はとても美しい景色です。日々の疲れが取れて清々しい気分になりますよ。

旅行中にリフレッシュ、「シュマヴァ国立公園」

チェコとドイツの国境地帯に広がる広大な国立公園です。原生林や氷河湖という自然の荘厳かつ、美しい景色を見られる素晴らしい場所です。アウトドアが好きな方は是非訪れて欲しいです。
長期滞在ではないけれど、首都プラハ以外の街も見てみたいと言う方はちょっとした小旅行がオススメです。チェコにはプラハ以外に美しく可愛らしい街がたくさんあります。その中から、是非訪れて欲しい都市をご紹介します。
オレンジの屋根が可愛らしい街、チェスキー・クルムロフ。南ボヘミア州にある都市で、ゴシック様式やバロック様式という色々な様式で建設されたチェスキー・クルムロフ城や聖ヴィトゥス教会という素晴らしい建築物があります。また、旧市街は狭い石畳の道や歩道橋があり、おとぎばなしの世界を歩いているような気分になります。女子旅にはオススメの都市です。
19世紀から20世紀にかけて、多くの著名人が訪れたという温泉保養地です。12の源泉があり、温泉水を楽しみながら優美な街を眺めます。日頃からストレスが溜まっている方にはオススメですよ。
チェコには可愛らしい小道がたくさんあり、そこには多くのカフェや雑貨屋があります。ショッピング好き、可愛いもの好きという方にはチェコの小道でショッピングするのをオススメします。

黄金の小道

プラハ城内にある、チェコで1番有名な小道です。名前の由来は、皇帝ルドルフ2世が金細工師を住まわせていたことから来ています。建物もカラフルで可愛いですが、雑貨やカフェがあり、そこで可愛いお土産を買うこともできます。
しかし、この小道は有料でプラハ城のチケット料金に含まれていますからご注意ください。

カフカの家を見学

黄金の小道には有名な詩人・小説家のフランツ・カフカが数年間住んでいた家があります。現在は書店と博物館になっていますが、カフカの作品を読まれたことがある方は是非訪れてみてください。
旅行プランにはやはりお土産を買い時間を入れたいですよね。旅の思い出に、友人や家族のお土産にオススメのチェコの雑貨やスポットをご紹介します。

旅行の思い出に、「ブックマーク」

黄金の小道にあるお店、コロス・アルケミスト。ここでは馬やクマの可愛い銀細工がチャームとなっているブックマークが買えます。アンティークな雰囲気のブックマークを是非旅の思い出にして欲しいです。

友人や家族のお土産には、「ハヴェルスカー市場」へ

旧市街にある市場であり、可愛くてプチプラな雑貨を売る露店が多くあります。価格も手ごろなため、まとめてお土産を買いたい方にはオススメです。
いかがでしたか?チェコには歴史的な建築物や可愛らしい街、美味しい料理、素晴らしい自然がたくさんあります。ちょっと長めに滞在する方は自然観光へ出かけてみてもいいですし、1週間くらいの滞在予定の方は、プラハを観光して、美味しい料理を満喫するのがオススメです。また、ちょっと時間あれば1時間程度で行ける街へ小旅行へ出かけてみてもいいですよ。皆さんがチェコで素敵な時間を過ごすことを願っています。