Njnbefzs4enczlok0ycs

ペルー

CATEGORY | ペルー

【2019最新】ペルー旅行で気になる物価!日本と比較して徹底解説!

2019.10.21

一生に一度は見たいマチュピチュ遺跡、ナスカの地上絵があるペルー。どれくらいの物価なのか日本と比較してお伝えします。美味しいペルーの食事、観光費用などの物価も詳しくみていきましょう。ペルーの旅行の予算立てに役立ててください!

  1. ペルーと日本の物価を比較①日本よりどれくらい安い?
  2. ペルーと日本の物価を比較②食事はどれくらい?
  3. ペルーと日本の物価を比較③宿泊費はどれくらい?
  4. ペルーと日本の物価を比較④長距離バスはどれくらい?
  5. ペルーと日本の物価を比較⑤ミネラルウォーターはどれくらいの値段?
  6. ペルーと日本の物価を比較⑥コカコーラはどれくらいの値段?
  7. ペルーと日本の物価を比較⑦ビールはどれくらいの値段?
  8. ペルーと日本の物価を比較⑧タクシー料金はどれくらい?
  9. ペルーと日本の物価を比較⑨お土産の相場はどれくらい?
  10. ペルーと日本の物価を比較⑩マチュピチュの観光費用はどれくらいかかる?
  11. ペルーと日本の物価を比較⑪ナスカの地上絵の観光料金はどれくらい?
  12. ペルーと日本の物価を比較⑫飛行機代金はどれくらい?
  13. ペルーと日本の物価を比較⑬ツアー料金はどれくらい?
  14. ペルーと日本の物価を比較⑭ペルーの通貨は?
  15. ペルーと日本の物価を比較⑮チップは必要?
  16. ペルーと日本の物価を比較⑯治安は良い?悪い?
  17. ペルーと日本の物価を比較⑰ペルーとはどんな国?
  18. ペルーと日本の物価を比較⑱旅行で気をつけたい健康管理について
  19. ペルーと日本の物価を比較⑲在ペルー日本国大使館 
  20. ペルーの物価・まとめ

日本とペルーの物価を比較していくと、食料品や日用品は半額以下の値段となっています。ペルーの料理は美味しくて色々と有名ですね。地元の人たちが食べる場所では200円あればお腹いっぱいなるでしょう。しかしどの国でもあるように、ペルーの人たちの価格、外国人(観光客向け)価格があります。

日本とペルーの人たちの給料を比較してもとっても安いですし、日系企業で働く人も安い給料となっています。そのためとても物価は安いのです。しかし観光スポット、マチュピチュ遺跡、ナスカの地上絵、ティティカカ湖などの観光料金はペルーの物価に比較するととても高いです。しかし日本から24時間ほどかけてたどり着くペルーに行ったら、マチュピチュ遺跡などは見たいですよね〜!

ではペルーの物価、健康管理に注意したいことなどお伝えしていきます!

続いてペルーと日本の物価、食事料金について比較していきます。ペルーでは観光客向けの場所で食事をするのと、ローカルなレストランで食べるのではかなりの食事料金が変わってきます。節約の方、バックパッカーの旅行の方ですととっても安い食事料金の物価です。どのようなスタイルで旅をするかによって、南米ペルーの予算は変わってきます。

ペルー・ローカルの食事

ペルーの地元の人たちが行くようなローカルな場所での食事はとっても安い物価となります。200円〜300円もあればお腹いっぱいの食事ができます。しかし衛生面を考えて少し不安な方は食事する場所を選びましょう。

ペルーの食事・スイーツ

ペルーと日本のスイーツを比較してみましょう。ペルーのスイーツは100円以下で食べることができます。ローカルなマーケットで買うスイーツはもっと安い物価となります。

ペルー名物の食事

ペルーの名物の食事「セビーチェ」はローカルなレストランですと、1000円ほどで食べることができます。中級、高級レストランでいただくと倍以上の食事料金となります。

ペルーの食事・観光客向けレストラン

続いてペルーの物価、食事料金についてお伝えします。ペルーの首都リマ、クスコなどの観光客向けのレストランで食事をするとなると、1500円〜2000円ほどとなります。ランチですと1000円以下の食事料金で食べることができます。食事の量が多いためにシェアして食べることをおすすめします。そうすると1人あたりの食事料金も安くすみますね。

高級レストランのフルコースですと、7000円ほどになります。

ペルー安いドミトリー物価

続いてペルーと日本の物価、宿泊料金を比較してみましょう。ペルーではホステル、ドミトリーなどの安い宿からホテルまで様々なタイプがあります。ドミトリーでは1泊の料金が、500円〜1000円ほどです。ペルーでは、ドミトリーは格安で泊まれて嬉しいですが、治安の悪いエリアは避けましょう。

ペルーホテルの物価

ペルーの中級ホテルの料金は、首都リマ市内で10,000円〜15000円ほどとなります。8000円ほどにランクを下げることもできるリマ市内のホテルです。

マチュピチュの玄関口、クスコになるとホテルの料金は少し高めの設定となります。といっても、同じように10000円ほどで泊まることはできます。

ペルーにある高級ホテルでは、1泊30,000万円から50,000円ほどの相場となっています。セキュリティーもしっかりしていて快適に泊まることができますね。

続いてペルーと日本の長距離バスの物価を比較していきます。ペルーでは、観光スポットをめぐる時にとても便利な、長距離バス。飛行機よりも安い値段で移動することができます。しかし、長距離バスの治安は悪いと言われているペルーです。地元の人たちが使うバスはとっても安く移動できますが、スリや強盗などの治安面を考えて、割高にはなりますが安全なバスに乗りましょう。

ペルーの人気のある長距離バス会社、「クルス・デル・スール(Cruz del Sur)」は身分証明書のチェックもあり安心して乗車することができます。また、Wi-fiも完備されています。長距離バスでの移動で、リマ、クスコ、またペリーから南米のエクアドルへも行くことができます。

バスは早めに予約したり、プロモーションがあったりとお値打ちに乗ることもできます。

クルス・デル・スール(Cruz del Sur)公式サイト

続いてペルーと日本の物価、ミネラルウォーターを比較していきます。ペルーでは600mlのミネラルウォーターが約30円ほどで買えます。日本と比較すると半額以下ですね。とっても安いですね。ペルーの旅行の際には、水道水は飲めませんし、なるべく歯磨きをする時もミネラルウォーターの方が安全ですのでまとめ買いをしておきましょう。

続いてペルーと日本のコカコーラの物価を比較していきます。日本ではコーラはだいたい100円〜150円ほどで買えますよね。ペルーではペットボトルの500mlが約80円ほどとなっており、缶のコーラですと230ml入りで30円ほどと安い物価ですね。

さらに、フルーツジュースは1リットル入りで100円くらいです。

続いてペルーと日本のビールの物価を比較していきます。ペルーのビールは、約150円ほどで買うことができます。ペルーを代表するビールは、『クスケーニャ・ビール(Cerveza Cusqueña)』です。ラガービール、黒ビールもあって飲み心地が良いです。ペルーでのビールの物価は安いので、ぜひ色々な味を試してくださいね。

続いてペルーと日本のタクシーの物価を比較していきます。ペルーのタクシーはとても安く移動することができます。路線バスでスリなどの治安が悪いために、正規のタクシーを利用しませんか。日本の3分の1くらいのタクシー料金です。

続いてペルーと日本のお土産にかかる物価を比較してみましょう。ペルーといえば、コーヒー豆が特産品であったり、カラフルな民族模様の雑貨などとてもたくさんあります。女子旅で行かれる方はペルー雑貨を買うのも楽しみの1つではないでしょうか。日本よりも安く買える、本場のエケコ人形、アルパカの雑貨、パシュミナなども買えますね。

ペルーで買えるお土産としておすすめなのはパシュミナ!日本ではとっても高価なパシュミナですがペルーでは安く買えますよ。大人買いしたくなる色合いのパシュミナ、カラフルなポーチ、ニット帽などが安く手に入ります。スーパーマーケットでは、ソルト、コーヒー、チョコレート、インカコーンなど定番もお土産を購入してください。観光地で買うお土産はやはり高めの設定がされています。

続いてペルーのマチュピチュ遺跡の物価をお伝えしていきます。誰もが1度は見たい!行きたい!と憧れのマチュピチュ遺跡ではないでしょうか。ペルー自体の物価は安いのですが、観光地への入場料金は割と高く、そして年々と値上がりしていきます。

2019年、マチュピチュ遺跡への入場料金は、大人が「152ソル(約5000円ほど)」、そしてマチュピチュ遺跡とワイナピチュ山の入場チケットが値上がりをしており、大人「200ソル(約6600円ほど」となっています。

ペルーのマチュピチュ遺跡へ行くには、マチュピチュ村からバスに乗って行かないといけません。その往復バス料金も値上がりをしています。往復のバスチケットで1人あたり大人料金は、2600円ほどとなります。

マチュピチュ遺跡へ行く人は、ガイドツアー、旅行代理店に頼むのも楽にバス移動ができますね。割高にはなりますが…。

続いてペルーの有名な観光スポット、ナスカの地上絵についてお伝えします。ナスカまでの移動交通費がかかりますし、地上絵を見るセスナ機に乗る場合には、平均的な相場は10,000円ほどとなっています。首都リマから1日日帰りツアーも各種あり、会社によって様々ですが平均して30,000円以上はします。距離的には400km以上も離れていますが、日本のツアーと比較すれば安いのかもしれませんね。

続いて日本からペルーまでの格安飛行機についてお伝えします。安いシーズン、料金が下がってくる時期を狙うと、ペルーまで10万円〜17万円くらいとなります。ピークの時期ですと25万円〜35万円ほどです。日本からペルーまでは遠く、直行便もありませんので途中アメリカ、カナダなどで乗り換えをします。飛行機のチケットは、旅行の予定が決まり次第早めに取る方が安くなっています。

格安航空券の比較 スカイスキャナー ホームページ

ペルーへ行くときには、格安ツアーもおすすめの旅行方法です。長くペルー、南米を巡りたい人以外はツアーで安い値段で行ける時期もあります。HISの7日間〜9日間のマチュピチュ遺跡ツアー、ナスカの地上絵、ガイドがついて時期によって金額は変わりますが、平均的な相場は25万円〜となります。

ペルー旅行ならH.I.S 公式サイト

ペルーで流通している通貨は、「ソル(Sol)」です。ソルの紙幣は、10・20・50・100・200の5種類が使われています。ペルーの通貨の硬貨は、「センティモ Centimo」です。1・2・5・10・20・50のセンティモ Centimoコインが流通しています。

ペルーでは大型のスーパーマーケット、お土産ショップなどアメリカドルでの支払いができます。

日本円からペルーの通貨ソルへの両替は、日本国内ではできません。日本からアメリカドルを両替して持っていきドルからソルへ替えてもらうののが1番レートもいいですし、簡単にできます。

宿泊先のホテル、銀行、街中の両替所にてソルを手に入れましょう。ペルーの街にはたくさんの両替所『カサ・デ・カンビオ』があります。1番レートがいいのが、カサ・デ・カンビオです。レシートをもらって誤魔化されていないのか確認してください。

2019年9月現在、1ペルーソルは約3.25円です。

為替は常に変わりますので、オンラインでチェックしてくださいね。

続いて日本にはない『チップ』をお伝えします。ペルーではファーストフード、ローカルな食堂、マーケットではチップは必要ありませんが、観光客向け(外国人向け)レストランでは必要となります。合計金額の10%ほどをチップとして渡しましょう。

ペルーのホテルでは、ルームサービスを頼んだ時には2〜3ドルほど、荷物を運んでくれたポーターには1ドルをチップとして渡しましょう。日本と比較すると給料が安いです。そのためチップはペルーの人たちにとって大切な収入源となっています。

日本とペルーの治安を比較していきます。ペルーではスラム街もあり、スリや強盗などの犯罪が多い地域となっています。観光地、公共交通機関ではスリ、置き引きの被害に注意してくださいね。治安の悪いエリア、夜の行動には気をつけましょう。

南米に位置するペルー(República del Perú)は16世紀までは世界最大のインカ帝国の中心でした。ペルーは3つの地形に分かれており、それぞれ違った気候となっています。ペルーの北にはコロンビア、東にブラジル、南にはチリ、東西にはエクアドル、南東にはボリビアがあり、首都はリマ、公用語はスペイン語が話されています。

憧れのマチュピチュ遺跡、リマの旧市街、見どころ満載のペルーですが、健康管理には注意してくださいね。南米に位置するペルーは日本とは反対の気候となっています。夏と冬が反対ですね。

ペルーの首都リマでは、年間を通して高温多湿となっています。そして4月〜10月のリマでは太陽の光をあまり見ることができず、曇りがちな日々が続いているのです。雨が降ったり霧が立ち込んでいます。この時期は寒い日も多くなり暖かいジャケットが必要です。

ペルーの首都リマは逆に11月〜3月は夏場となり、太陽がさんさんと輝きとっても暑くなります。紫外線がとても強いので、紫外線対策、水分補給に気をつけてください。またリマでは自動車の排気ガス、霧でスモッグ状態となり呼吸器疾患にならないように気をつけましょう。

ペルーの観光地として有名な『クスコ』は標高が3400メートルとなっていますので、リマからクスコへ行く方は「高山病」に注意が必要です。また、ティティカカ湖のある『プノ』は標高が3800メートルとなり、朝晩の気温差が激しいです。5月〜8月には気温が氷点下になることもあります。

高山病の対策としては初日はゆっくりと過ごし、なるべく階段を使わずに1歩1歩ゆっくりと歩くことを心がけましょう。水分を多く取り初日はゆっくり休息をしてから身体を徐々に慣らしていきましょう。

ペルーでは高山病にも気をつけたいですが、デング熱、マラリア、ジカ熱にも注意してください。なるべく蚊に刺されないようにすることが大切です。長袖長ズボン、虫除けスプレーなど使用しましょう。

*在ペルー日本国大使館

*住所:Avenida Javier Prado Oeste 757, Pisos 15 y 16, Magdalena del Mar, Lima

*電話:(01)- 219-9500

在ペルー日本国大使館公式サイト

いかがでしたか。南米のペルー、マチュピチュ遺跡、1度は見たいですよね。日本とペルーの物価を詳しく比較していきましたので、旅行へ行く予算の参考にしてください。節約したいバックパッカーの方には安い物価のペルー旅行は魅力的ですね〜!どうぞ、素敵なペルー旅行をしてください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bo9IIqBgk_P/