Ymf13qcns2f8otcklnww

奈良

CATEGORY | 奈良

廃墟病院の恐ろしさは関西随一!奈良県の廃墟・心霊スポット10選!

2019.08.30

奈良県には廃墟や心霊スポットがいっぱいあります。しかも心霊スポットの種類が豊富!防空壕や池、廃病院などバラエティに富んでいます。ここでは奈良県の廃墟・心霊スポット10選をご紹介しましょう。廃墟マニアや怪談好きの人は是非読んでみてくださいね。

  1. 廃墟病院の恐ろしさは関西随一!奈良県の廃墟・心霊スポット10選!①天理ダム【恐怖度★★★】
  2. 廃墟病院の恐ろしさは関西随一!奈良県の廃墟・心霊スポット10選!②くろんど池【恐怖度★★★】
  3. 廃墟病院の恐ろしさは関西随一!奈良県の廃墟・心霊スポット10選!③屯鶴峯防空壕【恐怖度★★★】
  4. 廃墟病院の恐ろしさは関西随一!奈良県の廃墟・心霊スポット10選!④信貴生駒スカイライン【恐怖度★★★】
  5. 廃墟病院の恐ろしさは関西随一!奈良県の廃墟・心霊スポット10選!⑤白高大神【恐怖度★★★】
  6. 廃墟病院の恐ろしさは関西随一!奈良県の廃墟・心霊スポット10選!⑥恵愛橿原病院【恐怖度★★★】
  7. 廃墟病院の恐ろしさは関西随一!奈良県の廃墟・心霊スポット10選!⑦暗峠【恐怖度★★】
  8. 廃墟病院の恐ろしさは関西随一!奈良県の廃墟・心霊スポット10選!⑧プラザ松本【恐怖度★★】
  9. 廃墟病院の恐ろしさは関西随一!奈良県の廃墟・心霊スポット10選!⑨行者環トンネル【恐怖度★★】
  10. 廃墟病院の恐ろしさは関西随一!奈良県の廃墟・心霊スポット10選!⑩大渕池【恐怖度★★】
  11. まとめ

最初にご紹介する奈良県の廃墟や心霊スポットは、天理ダムです。天理ダムは奈良県天理市下仁興町にある心霊スポット。奈良県を代表する自殺の名所であると同時に、急カーブが多く交通事故多発地帯にもなっています。うなだれている男性の霊を見たなどの目撃情報が寄せられている他、ダム近くの電話ボックスでは受話器から血が滴れる、少年の霊が出没するなど噂が飛び交っています。また、天理ダムの周辺を夜に走行するだけで背筋が冷え冷えすると言われています。

天理ダムの詳細情報

■住所:奈良県天理市下仁興町 県道247号線

■アクセス:【電車】JR・近鉄「天理駅」よりタクシーで約14分

【車】名阪国道「天理東IC」より県道51号線などを経由して約11分

次にご紹介するのは、くろんど池(黒渕池)です。くろんど池は奈良県生駒市高山町にある心霊スポット。元は農業用溜池として整備され、現在も下流の農地へ水を流すのに利用されています。すぐ近くに自然公園があり、地元でも親しまれているのどかな池です。しかし一方では首のない少女が追いかけてくるなどの噂も飛び交っており、少々不気味がられています。数年前までは「赤い三輪車に乗った女の子に話しかけられても、答えないでください」という立て看板があったと言います。

くろんど池の詳細情報

■住所:奈良県生駒市高山町5035

■アクセス:【電車】京鉄けいはんな線「学研北生駒駅」よりタクシーで約13分

【車】第二京阪道路「交野北IC」より府道7号線などを経由して約15分

次にご紹介するのは、屯鶴峯(どんづるぼう)防空壕です。屯鶴峯防空壕は奈良県香芝市穴虫にある心霊スポット。屯鶴峯には二上山の火山活動によって出来た奇岩群があり、奈良県の天然記念物に指定されています。その地下には2㎞にも渡る大きな防空壕があり、第二次世界大戦の本土決戦に備えてつくられたものだそうです。過酷な強制労働によってつくられたため、当時の作業員の霊が出没する、夜になると空に無数の顔が浮かんで見えるなどの噂が飛び交っています。最近では防空壕の中で自殺をする人も増えているそうで、その死者たちの霊も防空壕内を彷徨っていると言われています。

屯鶴峯防空壕の詳細情報

■住所:奈良県香芝市穴虫

■アクセス:【電車】近鉄南大阪線「上ノ太子駅」よりタクシーで約13分

【車】西名阪自動車道「柏原IC」より国道165号線を経由して約16分

次にご紹介するのは、信貴生駒スカイラインです。信貴生駒スカイラインは奈良県生駒市門前町にある有料道路で、奈良県から大阪府まで続いています。走り屋に大人気の道路であると同時に、夜景スポットとしても有名です。一方で交通事故の発生率が高い場所でもあり、首無しライダーや足無しライダーなど事故で亡くなった人々の霊が頻繁に出没しています。また首無しライダーに追い抜かれると事故死する、白い軽自動車とすれ違う事故を起こすなどの噂も飛び交っています。

信貴生駒スカイラインの詳細情報

■住所:奈良県生駒市門前町2 信貴生駒スカイライン

■アクセス:【電車】近鉄「生駒駅」よりタクシーで約6分

【車】第二阪奈道路「壱分ランプ」より約11分

次にご紹介するのは、白高大神です。白高大神は奈良県奈良市大和町にある心霊スポット。奈良県の心霊スポットでは最恐との呼び名が高い場所です。鳥居があるため一見普通の神社のようですが、戦後に現れた中井シゲノという民間宗教者が活動していた場所なのだとか。中井は「玉姫協会」という宗教法人を起こし、悩める人に応えていたそうです。しかし1992(平成4)年に中井が亡くなった後、白高大神は廃神社に。白高大神には興味本位で近づかないように注意しましょう。噂では廃神社を訪れた16歳の女性が実際に憑りつかれたそうです。

白高大神の詳細情報

■住所:奈良県奈良市大和田町

■アクセス:【電車】近鉄橿原線「九条駅」よりタクシーで約14分

【車】西名阪自動車道路「大和まほろばスマートIC」より県道249号線を経由して約20分

次にご紹介するのは、恵愛橿原病院です。恵愛橿原病院はかつて奈良県橿原市五条野町にあった廃病院。住宅地の中にあり、異様な雰囲気を醸し出す病院だったと言われています。1991(平成3)年に閉鎖、2000(平成12)年に解体されたため建物は現在ありません。閉鎖した理由は不明ですが、医療ミスや経営破綻など様々な噂が飛び交っています。建物があった当時は肝試しに訪れる若者もいたようですが霊を見るに止まらず、何者かに憑りつかれたという話もあるようです。

恵愛橿原病院の詳細情報

■住所:奈良県橿原市五条野町742

■アクセス:【電車】近鉄吉野線「岡寺駅」より徒歩約5分

【車】京奈和自動車道「橿原高田IC」より県道207号線を経由して約13分

次にご紹介するのは、暗(くらがり)峠です。暗峠は奈良県生駒市西畑町にある心霊スポット。霊山と言われる生駒山の峠で、なかでもとくに暗峠は霊的なパワーが強い場所だとされています。狭くて急な道が続くので「酷道」と揶揄されることもしばしば。首無しライダーや無人の車が走っているなどの目撃情報が多数寄せられています。その他、峠にあるトンネルの入り口では僧侶の霊が出没したり、読経が聞こえたりするそうです。

暗峠の詳細情報

■住所:奈良県生駒市西畑町

■アクセス:【電車】近鉄奈良線「額田駅」よりタクシーで約10分

【車】阪神高速道路13号東大阪線「水走IC」より国道308号線を経由して約17分

次にご紹介するのは、プラザ松本です。プラザ松本はかつて奈良県橿原市兵部町にあった廃ビル。サウナやスーパーマーケットなど様々なテナントが入る複合ビルとして使われていました。別名「幽霊ビル」と地元では呼ばれていたそうです。1990年代、このビルでは中学生の飛び降り自殺があったといいます。それ以降、幽霊ビルと呼ばれるようになり2005年にはほぼ閉鎖。廃墟では子供の霊がたびたび目撃されていたと言います。なお現在は解体され、建物はすでにありません。

プラザ松本の詳細情報

■住所:奈良県橿原市兵部町2-2 (株)グローバルコミュニケーションズ

■アクセス:【電車】JR「畝傍駅」より徒歩約7分

【車】京奈和自動車道「橿原高田IC」より大和高田バイパスを経由して約9分

次にご紹介するのは、行者環トンネルです。行者環トンネルは奈良県吉野郡天川村北角にある心霊スポット。標高1,500mを超える行者岳という山にあるトンネルです。トンネル内に照明はなく、昼間も薄暗く不気味な雰囲気が漂っています。険しい山道にあるため、暗峠と同様「酷道」と揶揄されるほど。老婆の霊を見たという目撃情報が寄せられている他、トンネル内で叫ぶとエンジントラブルが発生するという噂があります。

行者環トンネルの詳細情報

■住所:奈良県吉野郡天川村北角

■アクセス:【電車】JR「五條駅」よりタクシーで約1時間10分

【車】「五條IC」より国道168号線などを経由して約1時間10分

最後にご紹介するのは、大渕池です。大渕池は奈良県奈良市登美ヶ丘にある心霊スポット。大渕池公園の中心にある大きな池ですが、過去には母親と子供による投身自殺が発生。それ以来、母子の霊が出没すると言われるようになりました。また、池の近くにある神社の木には、藁人形が打ち込まれているという噂もあるようです。

大渕池の詳細情報

■住所:奈良県奈良市登美ヶ丘1丁目5-25

■アクセス:【電車】近鉄「学園前英」よりタクシーで約6分

【車】京奈和自動車道「木津IC」より平城2号線を経由して約20分

ここでは奈良県の廃墟・心霊スポット10選をご紹介しましたが、いかがでしたか?身の毛がよだつほど恐ろしい廃墟や心霊スポットが奈良県にもいろいろありましたね。しかも近づくと、祟られそうな怖い場所ばかり。興味本位では決して近づかないように注意しましょうね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/20170524146post-11703.html